TAKAFUMI さん プロフィール

  •  
TAKAFUMIさん: 本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです
ハンドル名TAKAFUMI さん
ブログタイトル本は何通りの人生を見せてくれる面白いものです
ブログURLhttps://takafumi1991.hatenadiary.jp/
サイト紹介文自分のサイトを見て、自分が紹介した本が気に入ってくれるよう頑張って伝えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 7日(平均22.0回/週) - 参加 2018/10/10 23:16

TAKAFUMI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 頭脳を鍛えるには
  • こんばんは。今回は「一流の頭脳」についてお話致します。一流の頭脳一流の頭脳作者: アンダース・ハンセン,御舩由美子出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2018/02/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るこの本は、「脳細胞は時間とともに減っていき、増えることはない」という見解の逆の見方で、「脳細胞は年を取っても増やせる」ことが書かれています。ただ、ゲームにある脳を鍛え [続きを読む]
  • コンビニ人間
  • こんばんは。今回は、今日読んだ下記の本についてお話致します。コンビニ人間コンビニ人間 (文春文庫)作者: 村田沙耶香出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2018/09/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見るこの本は、大学生の時にコンビニでアルバイトを始め、その後、18年間コンビニでアルバイトとして働き続けてきた主人公のお話です。主人公は、小さい頃から普通ではない人間として見られていて、その通 [続きを読む]
  • ノムさんが選んだ名投手
  • こんばんは。今回はこの本についてお話しいたします。プロ野球 最強のエースは誰か?野村克也さんの「プロ野球 最強のエースは誰か?」この本は、ノムさんがプロに入る前の名投手、プロに入って何度も対戦した名投手、評論家として評論した名投手、監督として対戦した名投手、自分が監督を務めた球団の名投手について語っている本です。自分が知っている投手はいないかな?と探していました。ノムさんの著書を読んでいたので [続きを読む]
  • お金も欲しいけどそれより信用が欲しくなった。
  • こんばんは。今回は、こちらの本についてお話しいたします。マンガ版堀江貴文の「新・資本論」マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)作者: 堀江貴文,アイグラフィック出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2018/09/10メディア: 新書この商品を含むブログを見るこの本は、お金のことや家のことで色々悩んでいる人にホリエモンがアドバイスするお話です。中でも、この言葉に魅力を感じました。ローンを組んで家を買おう [続きを読む]
  • 雀荘のサエコさん①
  • こんばんは。今回は下記の漫画についてお話しいたします。雀荘のサエコさん雀荘のサエコさん(1) (近代麻雀コミックス)作者: 重野なおき出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2014/09/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの漫画は、新宿にある雀荘「ちゅんちゅん」を舞台に繰り広げられる物語です。主人公のサエコさんは、麻雀がすごく強いのですが、それ以外はからっきしダメ。こんなことは日常茶飯事。麻 [続きを読む]
  • 今日読んだ3冊の本
  • こんばんは。今回は今日読んだ3冊の本を紹介致します。藤原和博の必ず食える1%の人になる方法きみといたい、朽ち果てるまで「発達障害」と言いたがる人たち藤原和博の必ず食える1%の人になる方法藤原和博の必ず食える1%の人になる方法作者: 藤原和博出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2013/08/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るこの本は、どのように生きていきたいのか、それに合わせた方法 [続きを読む]
  • 株は勉強
  • こんにちは。今回は株についてお話致します。知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)作者: 池上彰出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2011/10/13メディア: 新書購入: 6人 : 71回この商品を含むブログ (25件) を見るこの本は、お金のこと。すなわちローン、税金、株、投資、歴史などについて書かれています。中でも株の所が頭に引っ掛かりました。株を買うことによって、人は経済の情勢を必然的にチェックする [続きを読む]
  • 今日読んだ2冊の本
  • こんばんは。本日読んだ本についてお話しいたします。こちらです。「プロ野球 勝ち続ける意識改革」プロ野球 勝ち続ける意識改革 (青春新書INTELLIGENCE)作者: 辻発彦出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2012/08/02メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る現在西武の監督を務めている辻発彦さんの著書です。内容は、辻さんが西武時代に監督を務めていた広岡監督と森監督、ヤクルト時代に監督を務めていた野村監 [続きを読む]
  • 毎月行く本屋
  • こんばんは。今日は毎月定期的に訪れる本屋についてお話致します。私が毎月行く本屋は、リヴィン大泉店の4FにあるLIBROです。ここは、ウォルマートカードで買い物をすると5パーセント引きになる日は、Tポイントカードが3倍入るので、この日に備えて、欲しい本をhonya.clubで注文しておいて当日取りに行くということを毎月やっています。ちょっと前は、平日に該当することがあったので仕事が終わったら速攻で帰宅して向かうとい [続きを読む]
  • 百科事典を読む
  • こんばんは。今回は百科事典についてお話致します。私が百科事典に興味を持った原因は、ホリエモンが子供時代に百科事典を読んで多くの知識を仕入れていたと聞き、それをマネしようとしたのがきっかけです。そして、一昨年アカデミアの百科事典の昭和50年あたりのものと、平成6年くらいに出たものを購入しました。読んでみると、色々な情報が載っていて、教科書を見るより何倍も楽しくて良いと思いました。特に地理が気に [続きを読む]
  • きららで気に入った漫画
  • こんばんは。今日は、きららの漫画で私が好きになった漫画を紹介致します。ブレンド・Sブレンド・S 1巻 (まんがタイムKRコミックス)作者: 中山幸出版社/メーカー: 芳文社発売日: 2015/02/13メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るこの「ブレンド・S」は、目つきが悪くてなかなかアルバイトに採用されなかった主人公・桜ノ宮苺香がやっとのことで採用された喫茶店で、ドSキャラを演じて接客するお話です。他のホー [続きを読む]
  • オズの魔法使い
  • こんばんは。今回は、「オズの魔法使い」についてお話致します。私がオズの魔法使いに興味を持ったのは、こちらの本を購入したのがきっかけです。この本は、英語だったので日本語で読んだことが無い自分にとっては読むのが難しかったです。そこで、日本語版の本を購入して読みました。このお話は、カンザスに住んでいた少女のドロシーがある日竜巻に巻き込まれて、オズの国に飛ばされてきて、カンザスに帰るためにエメ [続きを読む]
  • 洋書を読む
  • こんばんは。今回は洋書についてお話致します。洋書に興味を持ったきっかけは、脳科学者の茂木健一郎さんが著書で、学生時代に「赤毛のアン」の原書を読んでいたと言っていたのがきっかけです。頭が良い人は日本語で書かれていない本を読むのかと思い、あやかろうと思いました。そして、インテリ人間を気取るためにこちらを購入しました。読んだ結果、全く分からないわけではないですが、とっつきにくかったです。「オズの魔法使い [続きを読む]
  • 著書を読む
  • こんばんは。今回は著書についてお話致します。私が著書を読むきっかけになったのは、私は野球が好きで、特に野村克也さんと落合博満さんに憧れていて、図書館で著書を見つけて読んでハマったのがきっかけです。それ以来、興味を持った人の著書を読むようになりました。著書を読むと、著者が結果を出すまでどんなことをやって来たのかを知ることが出来たり、これまで自分が魅力的に見えなかったことが魅力的に思うようになったり、 [続きを読む]
  • ライトノベルはオタク向けの本なのか?
  • こんばんは。今回はライトノベルについてお話致します。ライトノベルは、文章の中でキャラクターの絵が描かれています。 可愛いキャラクターが映っていることが多いのでライトノベルはオタク向けのものと捉える人もいると思います。しかし、絵が可愛いだけでは飽きられて手放します。私自身がそうでした。やはり重要なのは文章です。絵が描いてあるかどうかは問題ではなく、ストーリーが面白いかどうかなのです。なので、ライトノ [続きを読む]
  • 小説の文体
  • こんばんは。今回は、小説の文体についてお話致します。小説では主に、一人称と三人称が多いです。一人称の長所は、物語の語り手が読者のアバターとなって作品の世界に入ることが出来るので、語り手の経験全てが自分の経験みたいな感じになります。短所としては、語り手がいない時の状況が分からない点です。一人称の文体は、語り手が物語の中心にいることが前提になっているので、語り手以外のキャラクターの心理、倫理観が台詞 [続きを読む]
  • 漫画は夢を持つには良いツール
  • こんばんは。今回は漫画の利点についてお話いたします。私は、現在、システムエンジニアの仕事をしています。私が、この職業を選んだ理由は、理系の人々この作品に影響を受けたためです。この漫画の主人公は、理系で、理論付けて物事を考えています。私は学生の頃、国語や社会は出来なくても気にしませんでしたが、算数と数学だけは出来ないと嫌でした。ですが、連立方程式等は分かっても、図形の問題が全然分からず、4年くら [続きを読む]
  • 小説の良さ
  • おはようございます。今回は、小説を読んで自分が感じた感想をお伝え致します。私は、子供の頃は本を読むと言ったら漫画でした。小説を読み始めたのは高校を卒業してからです。初めの頃は、活字だけの本を読むのは退屈だと思っていましたが、読んでいくうちに、漫画には感じなかった小説の良い部分を見つけることが出来ました。小説は、漫画と違って絵が描かれていませんが(ライトノベル等を除く)、登場人物がどのような意図で [続きを読む]
  • 漫画を読むこと
  • こんばんは。今回は漫画を読むことについて話します。活字だけの本を読み始めたのは高校を卒業してからだけど、漫画は小学生の頃から読んでいました。漫画を読むのはゲームと同じように教育上良くないという見方をする人もいた。自分の親もそのような感じでした。しかし、本は漫画、活字本に限らず、読んでいて楽しいという気持ちになることが一番大事だと思います。本の内容が楽しいからページをめくりたくなる。面白くなければ最 [続きを読む]
  • 本を読むとどんな効果があるか
  • おはようございます。今回は本を読むとどういう効果があるのかを書きます。本を読むと、その本を書いた人の脳の欠片が手に入ります。例えば、新庄剛志さんの本を読めば新庄さんの脳が自分の脳の中に入っていきます。また、有名なビジネスマンは年間で200冊以上の本を乱読していると言います。もちろん、自分のペースで読んでも全然大丈夫です。良い言葉やアイデアに出会えることは確かです。ぜひ本を読んで憧れの人に近づきまし [続きを読む]
  • 開設において一言
  • おはようございます。私の趣味は、読書、将棋、麻雀、ゲームです。本は漫画、小説、ビジネス書、数学書等色々読みます。麻雀で好きな役は、タンヤオです。趣味に関すること、中でも読んだ本に関する感想を書いていきます。どうぞよろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …