ケロケロ子 さん プロフィール

  •  
ケロケロ子さん: 再入学、放送大学卒業します。
ハンドル名ケロケロ子 さん
ブログタイトル再入学、放送大学卒業します。
ブログURLhttps://ameblo.jp/kkeroko/
サイト紹介文会社員、母、娘、妻、そして最近大学生。 放送大学卒業までの軌跡と、家族との情景。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 9日(平均5.4回/週) - 参加 2018/10/12 13:15

ケロケロ子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2回読んで分からなければ、3回読む
  • 仕事上、その道を極めたすんばらし過ぎる方々に触れる機会があります。 皆様アラウンド後期高齢者(<こんな言葉ありませんが、、)その道を極めただけあって、それはそれはそのお歳とは思えぬほど頭脳明晰で、かくしゃくとしています。この方々の中で最高に楽しい方が、ひ孫までいらっしゃる80歳のおばあ様(T先生)。この方合格が難しい士業を生業となさっています。ご容姿はジブリ映画のおばあさん達、ご想像頂けます?あん [続きを読む]
  • 初歩からの数学('18)
  • 〜数学の家庭教師1/ 会社生活、四半世紀を超えました。専門ガッコを卒業して、新入社員として入った会社にずぅーーーと居続けております。長きに亘りどんな仕事をしてきたかといいますと、いわゆる「一般事務」です。そこにこの20年ほどは「秘書」という仕事も加わり、ついた上司によっては面白い風景が見られます。さて、今の上司が出世をしたので、彼が付き合う人たちも二つ、三つ上のクラスになり、また守備範囲も広くなった [続きを読む]
  • これなら卒業できる!
  • 私が放送大学に初めて入学した時には、ネットなんて素敵な環境がなく、すべては郵送や電話での問い合わせ。 今はHPにほぼ必要な情報が載っているので、HPを熟読。そこに見つけたなんとも有り難いお言葉。「途中で放り出した人も、放り出すまでの単位認定しますわ。」 えーーーーっ!衝撃でした。もっと、早くにこの情報を知っていたら、もっと早くに戻って来たでしょうに。その上、大学HP上に単位認定試験の過去問や、ネット [続きを読む]
  • pricelessな喜び
  • 二男が、同じ日の街中で二組の親子を見かけた時の感想を話してくれました。「今日さ、××君とラーメン屋に向かっていた時に、6才くらいの男の子とそのお母さんがいたの。その年くらいの子ってさ、意味もない動作とか無駄な動きするじゃん。 (ああ、するねぇ、普通にまっすぐ歩けばいいのに、ジャンプしたりとか、グネグネ蛇行しながら歩いたりとか、、、、) それを見ていたお母さんがさ、マジ怖い顔で『うるさいから止めてくれ [続きを読む]
  • なぜまた学ぶのか2
  • 高三・二男がある日突然「化け学」をやりたい、と言い出した。有機化学だと、苦痛なく永遠にやり続けられるそうで。国語が壊滅的に駄目な二男は元々理系希望だったので、『そうですか、分野は「化け学」でいきますか。はいどうぞ。』でしたが、ついては、『とある「地方の」大学に行きたい!』、と。長男・タマゴもそうだが、あなたたち首都圏に住んでいるメリット、全く活かせていないよね。。合格したらタマゴに続き、あなたも仕 [続きを読む]
  • なぜまた学ぶのか1
  • 「何学部でした?」 某読書会後の親睦会で言われた一言。トリガーは色々ありますが、このトリガーが大きかったな。 この歳になって、『何故!また試験を課されるような学びをするのか?』大学受験真っ盛りの二男(高3)からすると、「ママさあ、時間があるならさぁ、アマゾンプライムでドラマ見るとか、もっと読書会行くとかさあ、楽で楽しいことしなよ」 と心の底から不思議がられます。まあ、ね。受験生のあなたがそういう気持 [続きを読む]
  • 人生最後の体育祭
  • 親業22年目にして初めて、息子が選ばれた「リレー!」の見学に行ってきました。二男に「僕、リレーに出るから」と言われた時は衝撃でした。なになに、どういうこと、あなたそんなに足早かった??二男「クラスの三分の二が出る。」 なによそれ、種目名、本当にリレーなの? さあ、それから、俄然行く気が起きた私!仕事の性質上、自分の予定ではとてつもなく休暇を取りにくい。。。人生最後の体育祭とは言え、おいそれと終日休暇が [続きを読む]
  • 過去の記事 …