マル さん プロフィール

  •  
マルさん: kyotodezのブログ
ハンドル名マル さん
ブログタイトルkyotodezのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyotodez/
サイト紹介文dezのマルがアンチエイジングや抗糖化の情報、京都の観光名所のお話を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 53日(平均5.5回/週) - 参加 2018/10/15 09:49

マル さんのブログ記事

  • 糖尿病と認知症
  • 今回は糖尿病の患者さんには認知症が多いというお話を… 糖尿病の患者さんは高血糖にさらされているので、体内のタンパク質が糖化しやすいことがわかっています。 体内のタンパク質の糖化が脳で起こると老人斑といわれるアミロイドの沈着が起き、認知症を引き起こすといわれています。 さらに、糖尿病の患者さんは動脈硬化を起こしやすいことがわかっています(これにも体内の糖化が関係しています)。動脈硬化による脳血管障害 [続きを読む]
  • 役に立たない…
  • 今回は表題のとおりのお話を…。 先日、犬の散歩をさせている綺麗な身なりの初老(70歳前?)の男性とすれ違いました。 その男性は手に何も持たずにリードだけを握って犬の散歩をさせていたので驚きました。 ほとんどの犬は、散歩の際に「おしっこ」と「ウンチ」をするのでは?(盲導犬の訓練を受けている犬は別なのかもしれませんが…) もし、普通のペット(犬)だとして、散歩途中に放置されたウンチは誰が片づけるのですかね [続きを読む]
  • 京都の紅葉名所:金戒光明寺
  • 今回も京都の紅葉名所をご紹介します。 今回ご紹介するのは、京都市左京区にある浄土宗の大本山・金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)です。 浄土宗七大本山の一つである金戒光明寺は山号を紫雲山(しうんざん)といい、浄土宗の開祖である法然上人がその師である叡空(えいくう)からこの地を譲り受けて庵を結んだのが始まりだそうです。 金戒光明寺へは市バスを利用されるのが一番便利なのですが、この時期は便利といえるかど [続きを読む]
  • 京都の紅葉名所:鷺森神社
  • 今回も京都の紅葉名所をご紹介します。 今回ご覧いただくのは、京都市左京区にある鷺森神社(さぎのもりじんじゃ)です。 この神社は素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祀る平安時代からの歴史を有する神社です。 鷺森神社へは、京都駅から京都市バス5系統で約50分、修学院道で下車して東へ徒歩10分ほどです。 ただし、紅葉シーズンは京都の市バスは定刻での運行がなされていません。 この神社を撮影に行った日は、乗ろうとしたバ [続きを読む]
  • 京都の紅葉名所:勧修寺
  • 今回は京都の紅葉名所をご紹介させていただきます。 今回ご覧いただく京都市山科区の勧修寺(かじゅうじ)は、平安時代に創建された真言宗山階派(しんごんしゅうやましなは)の寺院です。 氷室池を中心とした庭園は平安時代の遺構ともいわれ、京都市の名勝に指定されています。 庭園では四季折々の花を楽しむことができます。 紅葉シーズンの勧修寺へは、JRと地下鉄を利用されるのが一番かと思います。 JR京都駅から滋賀県方面 [続きを読む]
  • 特許侵害って…?
  • 今回は京都の紅葉名所をご紹介しようと思ったのですが、アンチエイジングの有名ブロガーが良からぬことをやっているとの噂を耳にしたので、そのお話を… アンチエイジングという名のもとに化粧品やサプリメント、飲料などのビジネスが急激に拡大していますが、大企業をはじめ健全な会社は、自社が販売する商品や原料に関する「特許」を取得してニセモノ(類似品)対策をされています。 今回、ある有名なブロガーが関係する企業が [続きを読む]
  • モンスター…?
  • 久しぶりにブログを更新します。 この数日間にいろんなことがありました。 今回はモンスターペアレントのお話を… モンスターペアレントというのは学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親のことですが、そのような人が通勤時間帯のバスの中にも存在していました。 就学前の子供を連れたその女性は、運転手に向かって「アホな大人たちに子供や老人に席を譲るようにアナウンスして頂戴!」と声を張り上げていました [続きを読む]
  • 嘘…安易に許してはいけません
  • 今回は前回に引き続き「卑しい人」についてのお話を…。 世の中には平気で嘘をつく人間がいますね…。世の中には平気で悪口をいう人間がいますね…。あなたはそんな嘘や悪口の被害遭われたこと(巻き込まれたこと)はありませんか。 今回は嘘や悪口をいって人を貶めるような卑しい人たちへの対処法を書いてみます。 1.卑しい人の話は鵜呑みにしないようにしましょう。2.卑しい人とは距離を置きましょう。3.卑しい人と1対 [続きを読む]
  • 卑しい人って…
  • 今回は「卑しい人」(いやしいひと)についてのお話を…。 というのも、私自身が「卑しい人」という意味を食(物)への執着心が強い人としか理解していなかったため、知人との会話がうまくかみ合わなかったことを昨日の「味噌も糞も一緒にするな!」を書いていて思い出したので、今日は卑しい人の話を書いてみようと思いました。 以下の6項目は卑しい人の特徴といわれています(食に関しては他人への配慮の項…?)。 1.独占 [続きを読む]
  • 味噌もくそも一緒にするな!
  • 今回は体調が回復したので…という書き出しにしたかったのですが、熱は下がったもののまだ足がふらつく状況が続いているため、しばらく休養する(仕事を休む)ことにしました。 というわけで、この数日間はいつもの倍以上の睡眠時間をいただくことができています(笑)。 爆睡し過ぎ(?)の今朝は、なぜか高校時代の授業中の「夢」で目覚めました。 夢に出てきた授業は英語(文法?)で、自分が先生からの質問に間抜けな答えを [続きを読む]
  • 高熱 インフルエンザ??
  • 先週末から体調を崩したため、ブログも仕事もお休みをいただきました。 昨日までは39℃を超える熱にうなされていましたが、今朝は何とか起き上がることができる状態まで回復しました。 自分自身ではインフルエンザに感染したと思い込んでいましたが、検査の結果は「陰性」…高熱は喉の炎症によるものでした。 ということは、この冬はもう一度(インフルエンザで)高熱にうなされる可能性があるということでしょうか。 何はともあ [続きを読む]
  • 不祥事の責任
  • 今回のブログは一昨日に撮影した京都市内を流れる鴨川をご覧いただこうと思います。 一枚目の画像の左側に写っているのが京都府立医大です。 この大学では、平成十三年、平成十四年と不祥事が続いたため、当時の学長であった吉川先生は退官されました。 今年の日本大学の不祥事に関係する往生際の悪い理事や理事長の行動とはまったく異なる吉川先生の生き方に共感します。 責任というのは、当事者はもちろんのことトップが取 [続きを読む]
  • 肌に浸透しない…?
  • 今回は化粧品成分のお話を… 皆さんがお使いの化粧品の中には、浸透する成分と浸透しない成分があることはご存知ですよね。 美容成分の中にはコラーゲンやヒアルロン酸のように、肌に浸透しないものがあります。 肌に浸透しないそれらの成分がどのようにその効果(保湿効果)を発揮するのか、そのメカニズムを皮膚科の先生に聞いてみたいと思っているのですが、なかなか機会がなくて…。 セラミドは肌に浸透するといわれている美 [続きを読む]
  • オフィス街の昼食
  • 今回は都会のオフィス街の昼食のお話を… 都会のオフィスでお仕事をされている方がこのブログを読んでいることはほとんどないと思いますが、そういった方々はどんな食事をされているかご存知ですか。 オフィス街で働く多くの方は、さまざまなお店で昼食を調達しているようです。 オフィス街のコンビニは12時(お昼休み)になると、お弁当を買い求めるお客様で超満員です。 12時過ぎのコンビニの店内からはお弁当以外に、調理パン [続きを読む]
  • 糖質ゼロ…?
  • 今回は「糖質ゼロ」への素朴な疑問のお話を… 巷(ちまた:世の中)では「糖質ゼロ」がダイエットに有効と言われているようですが、本当にそうなのでしょうか。 そもそもカットしたりゼロにすべき糖質とは何を指すのでしょう…。 「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称です。 この糖質は体や脳のエネルギーとなることは皆さんご存知のことと思いますが、糖質にはいろいろな種類があり、食品によって含まれている [続きを読む]
  • お茶のカテキンが医薬品に…
  • 今回は前回に引き続きお茶のお話を… お茶に含まれているカテキン(ポリフェノール)には、血糖の上昇抑制や抗肥満、抗菌など、さまざまな効果があることはご存知の方も多いかと思いますが、お茶のカテキンを主成分とする医薬品が存在していることをご存知の方は少ないかもしれませんね。 三井農林株式会社が開発した茶カテキン「ポリフェノンE」を主成分とする新薬が2006年10月米国食品医薬品局(FDA)に認可されました。米国FD [続きを読む]
  • アンチエイジングには緑茶
  • 今日はアンチエイジングの救世主「緑茶」のお話を… 緑茶とは生のお茶の葉を発酵させずに製造した不発酵茶のことで、煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、番茶(ばんちゃ)、抹茶(まっちゃ)、焙じ茶(ほうじちゃ)などの総称です。 これらの緑茶には、カテキンが10〜18%程度含まれています。 カテキンとはポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。 このカテキンには血糖値の上昇を緩や [続きを読む]
  • スモーカーズフェイス!?
  • 今回はタバコと老化のお話を・・・ 皆さんは「スモーカーズフェイス」という言葉をご存知でしょうか。 スモーカーズフェイスとは、喫煙習慣のある人に見られる特有の老け顔のことだそうです。 喫煙によって下記のような肌のトラブルが起きるといわれています。1.肌の張りがなくなりたるみがちになる2.シミやくすみが多く見られる3.シワが目立つようになる4.ほうれい線が目立つようになる5.目にクマができている このよ [続きを読む]
  • 肌のたるみの原因は…糖化?
  • 今回は肌のたるみのお話を… 歳とともに顔の肌がたるんでくる…といった悩みは誰もが抱えているのではありませんか。 肌のたるみの原因は大きく分けて3つあるそうです。 1.肌の弾力の低下 ハリを支えるコラーゲンやエラスチンが劣化(変化)して、肌の弾力が失われます。 2.筋肉の劣化(質の低下) 加齢にともない顔の筋肉が衰えて、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。 3.皮下脂肪の肥大化皮下脂肪 [続きを読む]
  • 京都ももうすぐ紅葉…赤山禅院
  • 今回のブログは、久しぶりに京都の寺院をご覧いただこうと思います。 京都の街でもそろそろ木々が色付いていきました。 紅葉の名所でも青葉から少しずつ赤みを帯びた楓を見ることができます。 ご覧の寺院は、京都市左京区にある赤山禅院(せきざんぜんいん)です。 この寺院は平安時代に創建された天台宗の寺院で、現在は比叡山延暦寺の別院・天台宗の修験道本山管領所となっています。 比叡山延暦寺の「千日回峯行」では、 [続きを読む]
  • 実年齢よりも老けて見える糖化
  • 今回も前回に引き続き糖化が体におよぼす影響についてお話しましょう。 前回のブログでも書かせていただきましたが、一般的に糖化とは「糖」と「タンパク質」に熱が加わることで結びつき、見た目が褐色に変化することをいい(たとえば焼いたパンケーキの状態)、体の中でも起こる反応です。 糖化反応によって体の組織をつくるタンパク質が茶色くなり硬くなるため、本来の機能にも影響が現れます。 この糖化反応によって最終的に [続きを読む]
  • 糖化が体におよぼす影響
  • 今回は糖化が体におよぼす影響についてお話ししましょう。 このブログですでに書かせていただいたかもしれませんが、一般的に糖化とは「糖」と「タンパク質」に熱が加わることで結びつき、見た目が褐色に変化することをいいます。 この糖化は、体の中でも起こる反応です。 私たちが食事で摂取した糖質(炭水化物)は血液中のブドウ糖=血糖になります。 これが、体の各組織をつくるタンパク質とともに体温によって加温されるこ [続きを読む]
  • バランスの良い食事を…
  • 前回のブログでは久留米大学医学部の教授「山岸昌一」先生の著書「老けたくなければファーストフードを食べるな」をご紹介しました。 日々多忙なビジネスマンの中には、昼食はいつもファーストフードという方もいらっしゃるかもしれませんね。 栄養バランスの悪い食生活は着実に老化を早めるそうです。 老化を早めるといえば、血糖値の高い方は今すぐにでも食生活の見直しをされることをお奨めします。 近年の研究成果として、血 [続きを読む]
  • 老けたくなければ…
  • 今回は久留米大学医学部の教授「山岸昌一」先生の著書「老けたくなければファーストフードを食べるな」をご紹介します。 山岸先生は30年ほど前から老化物質であるAGE(終末糖化産物)の研究をされていらっしゃいます。 「老けたくなければファーストフードを食べるな」の冒頭で山岸先生は、 人は長く生きていれば、皮膚にしわがよったり、目が悪くなったり、血管がボロボロになります。筋肉や骨が弱くなったり、腎臓や心臓の機能 [続きを読む]
  • 不在通知サギ
  • 今回は巷(ちまた)で流行っているらしい詐欺のお話を… 友人の携帯電話にこんなメッセージが届いたそうです。 佐川急便さんからこんなメールが届くわけがない…と思った友人が、このメールを「詐欺メール」と言って見せてくれました。 詐欺の手口はどんどん進化しているみたいですね。 「オレオレ詐欺」の次は「不在通知詐欺」、老人や中高年を狙っているような気がしないでも…? 何はともあれ「詐欺罪の刑」は極刑を含めても [続きを読む]