雨谷モカ さん プロフィール

  •  
雨谷モカさん: ひきこもりしゅふかも。
ハンドル名雨谷モカ さん
ブログタイトルひきこもりしゅふかも。
ブログURLhttp://utanimoka.blog.fc2.com/
サイト紹介文引きこもりがちな専業主婦です。アラサー夫婦二人暮らし。日々のもやもやを整理するために書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 16日(平均4.4回/週) - 参加 2018/10/16 09:26

雨谷モカ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 優しい先生で一安心。お薬をもらう。
  • ※前回の記事の続きです電話をかける事に不安感があったので、とりあえずネット上から診察の予約ができるクリニックを選びました。お医者さんは穏やかな雰囲気のお爺さんで、患者の話を沢山聞いてくれるタイプの先生でした。(他の先生を知らないので比較できないのですが…。具体的にどんな場面でどんな症状が出るかという他に、自分の性格についてどう考えているか、何がきっかけで具合が悪くなったか思い当たる点があるか、家族 [続きを読む]
  • 被害妄想・偏見まみれの現在。
  • 『会社員の頃』『アルバイトの頃』の記事を書いてみて改めて思い知ったのですが、私は「パワフルな年配者」に対してかなり苦手意識を持ってしまっているみたいです。前職の会社の「お局さん」。高圧的に振る舞う地域の有力者。気の利きすぎるお節介なおば様たち。孫のような年齢の女性に色目を使うおじ様たち。・・・もちろん、ご年配の方すべてがパワフルでキツい人とは限らないとは分かっているのですが、経験上、どうしても身構 [続きを読む]
  • 有言実行?笑っていただけたら。
  • すみません、アルバイトの頃のことを書いている途中なのですが、また当時のことを思い出してナーバスになってしまっています・・・。怠け者の自分が情けないやら、セクハラおじさんはまじで気持ち悪かったな〜やら。笑「吐き出したい!!」って気持ちは、膨らんで膨らんでもう割れそう〜ってくらいあるつもりなんですが、実際に文章にするとなると、なかなか難しいものですね。ところで、先日の記事に書いた通り求人誌を貰ってきま [続きを読む]
  • アルバイトの頃。※10/23 追記しました
  • 新卒で入社した会社を辞めた後、ダメ元で応募してみた小規模な公共施設で働けることになりました。ハローワークで見つけた求人票によると、アルバイトだけどフルタイムの事務の仕事、ということでした。「フルタイムの事務」というと聞こえは良いのですが、実情は5人くらいしか職員のいない、古びた施設の雑用係のようなもの。デスクワークといえるような仕事は、単純なデータ入力的な作業が月に数件。電話は本部から施設職員への [続きを読む]
  • 会社員の頃②
  • ※前回からの続きです※転職活動を始めたり、実際に会社を辞めたりすると、「どうして辞めようと思ったの?」と人から聞かれる機会がよくあります。私はそう聞かれるたびに「会社がブラックになったから」と答えていました。「ひどい会社だったんだね」「運が悪かったね」と同情してもらうたび、「会社に問題があったのは事実だけど・・・」と、モヤモヤした気持ちが大きくなっていきました。(ちなみに、その会社は労基の指導を受 [続きを読む]
  • 会社員の頃①
  • 大学卒業後、出身地に近い場所にある小さな会社に就職しました。お察しの通り就職活動はまったく順調にいかず、卒業間際の3月初めにやっと内定を貰えたのがこの会社でした。職種は事務員。人手不足で忙しい職場だったので、仕事中にお喋りしている暇はなし。ランチは各自、自分の机に弁当を広げて黙々と食べる。後々分かることですが、私が入社する以前から事務員さん同士(私の他に3人いました)はあまり仲が良くなかったこともあ [続きを読む]
  • 働いていた頃
  • 現在は引きこもりに近い生活をしていますが、2年ほど前まではフルタイムで事務の仕事をしていました。①出身地(かなり田舎)の小さな企業で、正社員として。②現在住んでいる市(出身地ほどではないけど、かなり田舎)の「お役所」的な施設で、アルバイトとして。(こちらで働いている時に結婚、その後半年ほどで任期満了のため退職となり、今に至ります)次回からは、それぞれの職場で感じたことについて書いていきたいと思いま [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、雨谷モカと申します。2016年に結婚、その翌年から無職になり、そのままなんとなくダラダラと、専業主婦として生活しています。アラサーになりましたが、子どもの予定も希望も、今のところまったくありません・・・。 人付き合いがとても苦手で、ひとりでいるのが大好き。共通の趣味を持っていたり、価値観の合う友人(片手で数えられるほどの人数ですが)とも、結婚してからは次第に疎遠になっていくのを感じていま [続きを読む]
  • 過去の記事 …