品川シーサイドSR さん プロフィール

  •  
品川シーサイドSRさん: 現役学習塾オーナーの本音ブログ
ハンドル名品川シーサイドSR さん
ブログタイトル現役学習塾オーナーの本音ブログ
ブログURLhttps://shinagawa-manabu.hateblo.jp/
サイト紹介文品川・北久里浜で個別指導学習塾のオーナーと講師をしております。日々感じていることを書いてみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 57日(平均3.6回/週) - 参加 2018/10/16 18:09

品川シーサイドSR さんのブログ記事

  • ◇◆成績を上げるため、絶対に知っておいて下さい◆◇
  • こんにちは、街並みはすっかりクリスマスモードになりましたね。品川教室でも北久里浜教室でもほぼ「内申」が確定し、志望校が決まりつあると思います。今回は「成績を上げる」ため、絶対に知っておいて損はないことを書かせていただきます。もちろん勝負はまだまだこれからですので希望を捨てないで下さい。なぜ私(僕)は成績が上がらないのだろう?うちの子はどうして成績が上がらないのだろう?とお考えの方は多いと思います。 [続きを読む]
  • ◇◆本気でオール「3」以上とりたいですか?◆◇
  • こんにちは、本日もお読みいただきましてありがとうございます。本日はオール「3」に届かなくてお悩みの方に「秘密」をお伝えしたいのですが、まずはご自身でも成績を上げる努力をしてみて下さい。実は成績表の中の細かいポイントに「関心・意欲・態度」の項目がございます。他にも色々な項目があり(AA、A、B、C、CC)のような評価がございます。自治体によっては表記が違う場合がありますが、おおよそこのように書かれています [続きを読む]
  • ◇◆中学生諸君、電波を絶て!脂肪をそぎ落とせ!◆◇
  • こんにちは、本日は日曜日にも関わらずお読みいただきありがとうございます。本日はいつもと違うテンションで書きたいと思います。・・・とは言いつつ、いきなり上から目線のタイトルで失礼いたしました。さて、中高生の皆様にご提案があり、是非一度やって頂きたいことがございます。私は過去に意図せずに「携帯やスマホの電波を絶った」経験があります。実は恥ずかしいのですが、標準体重よりも7Kgオーバーしていた時期がありま [続きを読む]
  • ◇◆幼稚園からの学習塾入会◆◇
  • こんにちは、本日もお読みいただきましてありがとうございます。本日は幣塾の例を挙げまして、学習塾にはいつ頃から通うのが良いかということについて一個人としての意見を申し上げたいと思います。山手線沿線などの東京都心部には幼児向けの学習塾なども乱立していますし、早期教育の考えが浸透していると言えます。特に新駅ができ、タワーマンションなどが建つと教育意識の高い街並みができてくると言えます。東京都を例にします [続きを読む]
  • ◇◆車いすの高校生◆◇
  • こんにちは、本日は再び寒くなりましたね。どうぞお身体にはご留意下さい。私は通勤で、夜は横須賀市(北久里浜)から品川まで京急線で帰宅します。55分位の長い乗車時間になるのですが、もう何年か前になりますがいつも決まった時間の電車で、決まった駅で降りる「車いすの高校生」をお見掛けしました。あまり深く詮索はしないつもりでしたが、やはりこのような仕事をしている関係で気にはなってしまうものです。(まあ、職業病 [続きを読む]
  • ◇◆中学校・成績「3」の曖昧さについて思うこと◆◇
  • こんにちは、本日は雨上がりということもあり、東京・神奈川では昨日よりも7℃も高くなりました。久々に汗ばむ一日になりそうです。本日も宜しくお願いいたします。首都圏の中学3年生は高校入試の「最終内申」が確定いたしました。この時はいつものときよりも皆様は重く受け止めるように見られます。皆様は評定の「3」は普通だからよいという考えをお持ちかと思われます。勿論その考えには間違いはないと思います。理論上は「3 [続きを読む]
  • ◇◆中学生の効果的な勉強戦略について考えました◆◇
  • こんにちは本日も宜しくお願いいたします。テストや成績票であまり芳しくない結果だったとき、教員からもっと努力が必要だと言われた時など「自己反省」は非常に大切だと思います。部活やクラブチームの試合などで大敗した場合などでも同じことが言えるかと思います。きっと顧問の先生や、コーチの方と反省会などをするかと思いますが、すべてを他人や外部のせいにしていては自己成長はないと思います。実は勉強、学習についても同 [続きを読む]
  • ◇◆学習塾講師は「教育者」なの?それとも単に「サービス業」なの?◆◇
  • こんにちはお世話になります。本日も宜しくお願い致します。よくある学習塾広告では「学習塾の使命は生徒の学力向上です」とか、「成績を上げ志望校に合格させます」と誇らしく言う学習塾講師をよくお見かけします。しかし、私はその表現自体が古いし陳腐だと思います。旅行好きの私は、日本全国、地方でも同じようなありきたりの「学習塾」の看板や広告、キャッチフレーズを見かけます。郊外に行けば行くほど陳腐なことを言う塾講 [続きを読む]
  • ◇◆嫌われていて「成功」はありえません◆◇
  • こんにちは、本日もお読みいただきましてありがとうございます。私たちの周りには、必ず誰からも好かれる人がいます。まさにこれが天性と言えますし、やはりそのような子は学校の教員からも「まさに太陽のような存在です」といったコメントを成績表で書いてもらえています。本当に客観的に見て担任の先生からも好かれてる典型的な子の例です。私も、実はそのような方に男女問わず憧れます。社会に出てからもこれは仕事の能力以上に [続きを読む]
  • ◇◆中学生・高校生は無意識的に勉強しなくなるという仮説◆◇
  • こんにちは、本日も宜しくお願い致します。本日は中学生・高校生が勉強しなくなるのは「無意識的」であるという仮説について考えたいと思います。あくまで仮説ですので、もし間違いがございましたらどうかご容赦頂けたら幸いでございます。私はお正月に何年かに一度ですが、三重県の伊勢神宮に参詣に行くことがあります。伊勢市から近鉄名古屋に出て、名古屋〜品川までは新幹線を利用します。「のぞみ」ですと途中停車駅が新横浜・ [続きを読む]
  • ◇◆学習塾の建前とホンネ◆◇
  • こんにちは、日々に寒くなりますね。どうぞ皆様お身体にはご留意下さい。学習塾の現場ではお気付きかもしれませんが、「中を見られたくない」というのが多いと思います。よーく見ると分かるのですが、多くの学習塾は1階部分に作るよりも、あえて2〜3階部分に作ることが都市部では多いと思います。本当でしたら1階部分の方がテナント料も多少は安くなるのにと思います。理由は簡単で一般的には、中を見られないよう必要以上に目 [続きを読む]
  • ◇◆学習塾業界の今後の動向を考えました◆◇
  • こんにちは、本日もご覧いただきましてありがとうございます。本日は日曜日ということもありますので、おそらくお手すきの同業他社さんもご覧いただいているのかと考え、今後のこの業界について考えを書きたいと思います。私は、品川(東京都品川区)と北久里浜(神奈川県横須賀市)の40Kmくらい距離のある場所でそれぞれ自立型個別指導学習塾を経営しています。当然といえば当然ですが、地域が違うので「教育熱」もかなり違うこ [続きを読む]
  • ◇◆中学生で成績が下がる典型的なタイプ◆◇
  • こんにちは、本日は三連休の初日になりました。私は本日、在塾生の方、保護者様、卒業生の方と少ない人数でしたが、横浜の本格中華料理ランチバイキングに行ってまいりました。(アットホーム、少数精鋭が塾の理念のため、不定期にこのようなことを行います。)ちょうど一年前や、つい最近のことを考えるのですが、中学生の間で聞くのは「成績がだんだん下がってきた」という内容です。原因は本当に小さなことの積み重ねで上がる [続きを読む]
  • ◇◆「勉強することはめんどくさい」ですよね?!◆◇
  • こんにちは、本日も爽やかな天気となりました。本日は横須賀市公郷町にあります「一乃庵」さんでランチをしました。お店の歴史もかなり長く、店長さんの人柄とギャグセンスも良いので相変わらずの人気店です。その次に、横須賀市根岸町の「スイミングアカデミー横須賀」さんに挨拶がてら寄らせて頂きましたが、月末休館日でした(;O;) 何と5連休で羨ましいです。余談ですが私は社長を尊敬しております。さて、本題に入りますが [続きを読む]
  • ◇◆本気で成績を上げたいと思っていますか?!◆◇
  • こんにちは本日も宜しくお願い致します。季節の変わり目かどうかは分かりませんが、月曜日は本当に憂鬱です(-_-;) しかしながら、今日も定期試験が近い中学生が来ますので、負けないように笑顔で頑張りたいと思います。学習塾の役割として、学習指導により点数を取らせるだけではないことをお伝えいたします。内申点向上や私立への交渉など水面下での努力をしている学習塾もあります。まずはご自身で努力をして成績を上げるよう [続きを読む]
  • ◇◆マイナス思考の保護者が子供の可能性を潰しています◆◇
  • こんにちは、本日も宜しくお願い致します。大人が自主的に英会話や料理、ヨガなど「したいこと、好きなことを勉強する」のとは違い、生徒さん目線では「強いて勉める」勉強なので「やらされている感」があります。私は学習塾において生徒さんの心を支えることが重要な役割であると考え、常に実践している項目です。皆さまはお気付きかもしれませんが誰しもが承認欲求・自己肯定感を求めて生きています。大人である私たちでさえ、 [続きを読む]
  • ◇◆私が反抗期を止めたきっかけ◆◇
  • こんにちは、本日は爽やかな秋晴れの空になりましたね。本日もどうぞ宜しくお願い致します。中学生のお子様をもつ保護者様にとって「反抗期」は避けて通れないと思います。私自身は中学2年生の丸1年間は「反抗期の頂点」でしたので、各ご家庭の保護者様のお悩みには本当に共感できます。振り返れば母親が学校に呼び出しをされたのは何回あったでしょうか・・・。成績関係で○回、生活面での問題で○回という具合に、下校時間の [続きを読む]
  • ◇◆青い鳥がいると信じている親子◆◇
  • こんにちは、本日もお読み頂きありがとうございます。通常、幼稚園から就園させると母子分離は3〜4歳から始まっていると言えます。幼児のお子さまがご自宅にいると面倒を見るのに疲れてなかなか家事ができない。あるいは本当は昔の友達とランチ会でもしたいけど時間がつくれない。どんなに円満なご家庭でも本当はどこかで1人になりたい気持ちがあるのは当然の感情だと思います。そのような経緯から「習い事」「部活」をさせて [続きを読む]
  • ◇◆学習塾の評判なんてお金で作れるの?!◆◇
  • こんにちは本日も宜しくお願い致します。タイトルの内容ですが、まず、学習塾の「口コミ」と「評判」は別のものだと考えて下さい。「口コミ」とは、どんなことでも話題にして話してもらうことです。例えば、「新人の女性講師が来るって聞いて楽しみに首を長くして待っていたら、デブで口が臭くて教え方の下手なオバサンだった!!」・・・みたいな内容です。「評判」とは文字通り、学習塾の評価を話してもらうことです。「自分は入 [続きを読む]
  • ◇◆ステキな中学生◆◇
  • こんにちは、最近は少しずつ涼しくなりましたね。これから冬に向けて日々寒くなるかと思います。お身体にはどうぞご留意下さい。さて、今回はタイトルの通りお話しをさせて頂きたく思います。先々週の日曜日に、市場調査で北総線に乗りました。別名は成田スカイアクセス線とも言うみたいで、北総線自体の終点は「印旛日本医大駅」になります。京急線〜都営線からの電車のほとんどが「印旛日本医大駅」止まりになります。終点に到 [続きを読む]
  • ◇◆お子様にとって最も大切なことは○○○○だったの?!◆◇
  • こんにちは、本日もお読み頂きありがとうございます。私自身、学習塾を経営していく上で「理念」にしていることがあります。学習塾や家庭教師、また担当講師によってそれぞれのカラ―があり、厳しい指導を理念とするものや、褒めて伸ばす指導もありまさに十人十色です。学習塾の数、担当講師の数だけそのカラ―があります。同じような例で教室を100 校持つ大手学習塾でも、理念や指針は共通しているにしても100 のカラ―があるこ [続きを読む]
  • ◇◆誰にでもできる手っ取り早い「成績上昇法」のススメ◆◇
  • 本日は特別に2本目の記事を書かせて頂きます。内申書評価は定期試験が大切な部分ですが、実は点数だけではすべて決まらないと言えます。「定期試験などにプラス平常点」で、平常点とは簡単に表現しますといわゆる「教員からの気に入られ具合」です。人間ですから当然「好かれる」か「好かれない」かがあるのはお気付きのことと思います。「好かれる」タイプの子を例にすると、きれいなノート取りをしている、好ましい授業態度で [続きを読む]
  • ◇◆お子様との関わりが面倒だと思うお母様へ◆◇
  • こんにちは、本日もお読み頂きましてありがとうございます。子育ての時期はあっという間ですが、その中の乳児〜幼児期の時間はゆっくり過ぎています。しかし、小学生になると時間感覚が早くなるそうで、さらに中学生になると学校と部活でそれこそあっという間に過ぎます。まさに中学校生活は「1000 日修行」で一番充実している期間かもしれません。さらに高校生になれば青春期真っ盛り、恋人ができれば自然と帰宅も遅くなり、互 [続きを読む]
  • ◇◆いつまでも成績が上がらないお子様の典型例◆◇
  • こんにちは、本日もお読み頂きましてありがとうございます。例えば定期試験が返却され、その結果がご本人の予想を下回った場合、毎回のように自己反省をせずに口癖が「〜だったので、〜ができなかった」という言い訳ばかりしているタイプです。「学校行事が忙しくて勉強ができない」とか、「○○の科目を頑張っていたので、○○の科目に時間が回らなかった」など、「明らかに正論じみたことを言っている生徒さん」です。学年問わ [続きを読む]
  • ◇◆お子様に「正論」ばかりを突きつけていませんか?◆◇
  • こんにちは、本日もお読み頂きありがとうございます。ここでは講師や教員をされている方、保護者の皆さま、あるいは社会生活で人の上に立つ方々に是非とも「正論は他人を傷つける」ということを身近な例を用いて考えていただけたらと思います。例えば、先生から生徒さんへ、お母様からお子さまに対し「あなたは宿題も忘れるし、遅刻欠席も多いし態度も悪い、さらにやる気も見えない。そんなことでは成績は上がるわけがない」と正 [続きを読む]