島村春穂 さん プロフィール

  •  
島村春穂さん: 島村春穂のビストロ官能小説
ハンドル名島村春穂 さん
ブログタイトル島村春穂のビストロ官能小説
ブログURLhttps://shimamurashunpo.wixsite.com/kannoushousetublog/
サイト紹介文キンドル個人出版に関する情報と電子書籍、官能小説についてのエッセイを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 18日(平均20.6回/週) - 参加 2018/10/17 02:11

島村春穂 さんのブログ記事

  • 書くことを恐れるな!書き直すことを躊躇うな!
  • これはよく自分に言い聞かせている言葉です。 祈りにも似た誠実な気持ち 小説を書けば書くほど、言葉を置いていくのがどんどん怖くなってきます。 なまじ文章がうまくなってくれば、書いたその瞬間にこれじゃダメだ、というのが分かってしまうからです。 おそらく、この地点にいるとき、自分のスタイルがまだ確立されていないと思います。誰かの文体をコピーしつつ、作品ごとに文体が異なっている実験的な段階です。 だから書いた [続きを読む]
  • 官能小説を耳で聞け!千草忠夫 相姦の家
  • 官能小説の朗読CDを探してるなら。コレ! 官能小説の大家。千草忠夫先生の作品を紹介します! 官能小説の朗読は僕も探してました。 現在。ユーチューブで青空文庫を朗読しているチャンネルなら多数あります。芥川龍之介や太宰治ならすぐに見つけることができるでしょう。 官能小説も部分的な朗読なら、数分うpしている人もいます。 小説を朗読で聞いてみるのもいいものです。 なので官能小説をまるまるひと作品朗読してもらったら [続きを読む]
  • 君の小説に1%でもメッセージはあるか!
  • キレるな! 怒れ!(イカレ!) なんの為に創作をするのか。小説に限らず、歌にしても映画にしてもだ。その中には1%でも伝えたい何かがあるはずだ。 では。伝えたい何かとはなんだろう。 怒りだ! 怒りに他ならない。 怒っているから創作をするのだ。メッセージの源泉とは怒りだ! 誤解のないように補足するが。キレるではない。 誠実な怒りだ。 イジケたままの人は創作なんかしないし、怒りの表現方法を知らない人は、現実に人を [続きを読む]
  • 小説は好きなとこから書いていい!
  • 疲れているときは疲れているシーンを書け! いまこの瞬間。この記事を書いているいま。とても疲れている。頭がまるで働かない。靄がかかっている状態だ。 でも執筆中は緊張状態にある為、これから解放されたいあまり、原稿を書きたい衝動は消えない。でも頭が働かない。 こんなときは、疲れているシーンを書くのが効率がいい。疲れているからこそ筆も進む。 このトピックで何が言いたいのかといえば、小説は好きなとこから書いてい [続きを読む]
  • 個人出版のページ数はどうする?
  • まずは答えから言います。 完結してこそ小説です! これは、書き手だけに言っているのではありません。読者に対しても言っています。小説とは最後の1行まで読んでもらってやっと完結します。 では、次に書き手側から考察します。 個人出版の小説を紙媒体同様に、170ページから350ページまで読んでもらうのは、ほぼ不可能です。 僕がいままで出版したKindle本で、ランキングの推移とKDPのページ数KENP (Kindle Edition Normalized P [続きを読む]
  • なぜあなたの推敲は増えてしまうのか!
  • 重要トピックです! 推敲の三段階! その手順! 推敲第一段階 推敲一発目は、書き上げた草稿とプロットを見ながら、過不足があれば書き足します。 ストーリーの伏線などもチェックします。つまり、この推敲一発目で原稿は増えることになります。 推敲第二段階 第二段階でいよいよ文字通りの推敲をするわけですが、おそらく大抵の素人作家がここでも原稿を増やしてしまいます。 そして、推敲をすればするほど、文章に贅肉が付いて [続きを読む]
  • 官能小説ファンも読書家には変わらない!
  • ひとつの小説ジャンルをひたすら読んでみる 小説にも、さまざまなジャンルがあります。 青春群像から、ミステリー。サスペンス。恋愛。ショートショート。コメディ。ホラー。ラノベ。SF。時代小説。歴史小説。そして、官能小説。エトセトラ。 僕は書き手にもなりたかった為、官能小説をたくさん読んだ時期がありました。 そして50冊ほど越えたあたりから、官能小説にはある種のセオリーがあることに気付き、そのセオリーを無視する [続きを読む]
  • 官能小説のプロットで悩むな!
  • 官能小説の「結」は常に射精! あなたはプロットのカードを4枚用意した。その最後の1枚はすでに決まっている。 官能小説以外のジャンルを書いている人は、いつも「結」で頭を煩わす。これが、ショートショートともなれば、明確な「結」を導き出してからでないと執筆にすら入れない。 一方の官能小説は、「結」は常に射精で終わる。 4枚のカードのうち、最後の1枚は射精なのだ。 「結」が射精なのだから、その後に、7行も8行も余韻 [続きを読む]
  • 官能小説の濡れ場は延々と書いていられる!
  • 官能小説の公式ルール! 官能小説を執筆するとなった場合。そこには公式ルールが存在する。 濡れ場を書かなければならないということです。 (稀に、濡れ場を書かない作品もある。視姦という性癖が存在するからです!) しかし、実のところ。この濡れ場が官能小説家にとって有り難いルールとなる。なぜなら、濡れ場は延々と書いていることができるからです。 需要があるか、ないかを別とすれば、一冊丸ごと濡れ場を書くこともでき [続きを読む]
  • 恋愛小説と官能小説では恋愛曲線の使い方が違う!
  • 男女のドラマは恋愛曲線の中にある! 恋愛曲線グラフを見てみよう! この恋愛曲線は、はじめ男がピークに向かって急速に上昇するのに対して、女の恋愛曲線は、緩やかに様子を窺うようにして伸びていく。 そして、男の恋愛曲線がある伸び代で停滞しはじめると、急に男が冷たくなってしまったと思いはじめる女の恋愛曲線が、あとを追って急速に上昇するようになる。 恋愛曲線グラフから恋愛小説と官能小説のストーリーを考える! 恋 [続きを読む]
  • キンドル個人出版の電子書籍は試し読みをしてから買え!
  • 素人作家の電子書籍を買って失敗しないか 確かに心配です。しかし、見つけたその個人出版の電子書籍が妙に気になる。興味がある。そうなった場合に、背中を押してくれるひと押しが欲しい。 試し読みをダウンロードしてみる! キンドルでは、「無料サンプルを送信」で電子書籍の冒頭10%を試し読みすることができます。では、この10%で一体どう判断すれば良いのか。 ハウツー本であれば、目次を熟読してください。電子書籍のタイト [続きを読む]
  • 愛情を注がれたいなら、本音をみせろ
  • 恋愛小説と、官能小説での恋愛曲線をみてみよう。 この恋愛曲線は、はじめ男がピークに向かって急速に上昇するのに対して、女性の恋愛曲線は、緩やかに様子を窺うようにして伸びていく。そして、男性の恋愛曲線がある伸び代で停滞しはじめると、急に男性が冷たくなってしまったと思いはじめる女性の曲線が急速に上昇するようになる。 恋愛小説のドラマ性 恋愛小説を描くのであれば、この流れに沿って描くことになる。つまり、男性 [続きを読む]
  • SMの様式美を芸術と思うか否か
  • 僕の答えはNOだ。もちろん理由がある。実用美ではないからだ。首枷や手枷、拘束、そして緊縛は、古くは罪人に対して行ったものだ。そこには実用性がある。けれど、その実用性の衣ばかりを取って、緊縛した女をグラビアにおさめても芸術性はない。 芸術とは、実用美のことだ、というのが僕の信念だ。 たとえば、腕のいいラーメン屋の店主がいたとする。そのラーメン屋の店主は毎度決まったルーティンでラーメンを作る。一糸違わぬ [続きを読む]
  • 官能小説の結は常に射精!
  • 官能小説以外のジャンルを書いている人は、いつも結で頭を煩わす。これが、ショートショートとなれば、明確な結を導き出してからでないと執筆にすら入れない。 一方の官能小説は、結は常に射精で終わる。結が射精なのだから、その後に、7行も8行も余韻の文章は書かないほうがスマートです。官能小説は、射精する為に、起承転、があるからです。 #官能小説を理解する #官能エッセイ [続きを読む]
  • 官能小説独特のセリフ回し
  • 言葉責めで女を愛撫しているか? 官能小説のセリフ回しは、いわゆる「言葉責め」ということになります。 また、濡れ場以外にも言葉責めをするわけですが、官能小説の前戯は男と女が出会ったその瞬間からはじまります。 ジゴロが「前戯はデートからすでにはじまっている」と語るのと理論は一緒です(笑) おそらく、優れた官能小説家は、草稿を書く前に、どのようなセリフを使うのか、すでに用意してあります。僕も、そうしています [続きを読む]
  • ひとつのジャンルをひたすら読んでみる
  • 小説にも、さまざまなジャンルがあります。青春群像から、ミステリー、サスペンス、恋愛、ショートショート、コメディ、ホラー、そして官能小説、エトセトラ。 僕は書き手にもなりたかった為、官能小説をたくさん読んだ時期がありました。そして、50冊ほど越えたあたりから、官能小説にはある種のセオリーがあることに気付き、そのセオリーを無視すると、逆に作品が読みづらくなることに感動しました。 もちろん、どの小説ジャン [続きを読む]
  • 官能小説は稚拙か
  • 官能小説ファン御用達!「官能小説用語表現辞典」永田守弘・編 官能小説家を目指しているのであれば、「官能小説用語表現辞典」永田守弘・編を持っているのではないだろうか。人気漫才師、ナイツでもネタになっていたあの文庫本である。 電子書籍が普及し、ハイライト・ブックマークが簡単になったとはいえ、いま現在、永田守弘先生と同じように、「官能小説用語表現辞典」をまとめてみろ、と言われても泣きがはいる仕事量です。 [続きを読む]
  • 官能小説に稚拙か否かを問うのはナンセンス
  • 官能小説は稚拙か 恥を掻いて人は成長する! 先程と矛盾するカウンターめいた見解となるが、官能小説は恥を書く文学です。 恥といっても人それぞれです。もしも、ナルシストチックに、キメ顔をしてみろ、と言われて躊躇するのなら、それはその人にとって恥ずかしい行為なのです。 もし、会社の飲み会でカラオケが歌えないのであれば、その人にとってそれは恥ずかしい行為なのです。 また、世の中にはアウトローを美学とする人たち [続きを読む]
  • 官能小説に登場する男は、なぜ外道なのか
  • 官能小説と恋愛小説には決定的な違いがあります。小説に登場する男が、すべて外道であるということです。 恋愛小説では主人公になり得ない人物、または、恋愛小説ではイケメンの主人公にぶっ飛ばされて、引きたて役に回るような人物が主人公となる。これが何を意味するのか考えてみよう。 官能小説の本質がそうさせる 答えは、官能小説が濡れ場を描く小説であるということです。小説を習作でもよいから、一本書いてみると納得でき [続きを読む]
  • 接続詞は作家のセンス!近代文学に接続詞を学べ!
  • ↓前トピック↓ 官能小説を耳で聞け!千草忠夫 相姦の家 文章は接続詞で決まる 石黒圭 ざっと列挙すれば、接続詞には、四種十類の接続詞があります。 論理の接続詞。整理の接続詞。理解の接続詞。展開の接続詞。 「だから」「それなら」「しかし」「とろこが」「そして」「それに」「かつ」「一方」「または」などなど。 本書の第三章 論理の接続詞。P57に接続詞の一覧が載ってあるので、ここにドックイヤーをしておくと便利だ [続きを読む]
  • キンドルのページ数は短く表示される
  • キンドルでは、文字を大きくしたり、小さくしたりして、自分の好みで表示できます。その為か、キンドルの出版ページに表示されるページ数が、紙媒体の印刷物と比べて、短く換算されます。 大体の目安として、+20ページくらいが、紙媒体に換算したページ数となります。 #キンドル [続きを読む]
  • 個人出版のページ数
  • まずは答えから言います。完結してこそ小説です。これは、書き手だけに言っているのではありません。読者に対しても言っています。小説は最後の1行まで読んでもらってやっと完結します。 では、次に書き手側から考察します。素人の小説を紙媒体同様に、170ページから350ページまで読んでもらうのは、ほぼ不可能です。 僕がいままで出版したKindle本で、ランキングの推移とKDPのページ数KENP (Kindle Edition Normalized [続きを読む]
  • 官能小説以外から官能文学を学ぶ!
  • 僕の手元にいま、三島由紀夫の「花ざかりの森・憂国」の文庫本がある。ページを捲ると、目次には、13編の短編が記載されている。注目するのは、最後から2番目にある、「憂国」だ。 巻末にある三島由紀夫本人による解説で、「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところをすべて凝縮したエキスのような小説を読みたいと求められたら、『憂国』の一編を読んでもらえればよい」とある。 物語は二・ [続きを読む]
  • 言葉責めは諸刃の剣!
  • サイバーセックスが普及したことにより、これからますます言葉責めの解説書は需要を増すだろう。しかし、この言葉責め辞典なるものを編纂できる人などいるのだろうか。 人の性癖は毛細血管の如く枝分かれしていて繊細だ。その癖、NGワード、地雷というものも人それぞれ持っている。 たとえば、男は安易に熟女好きを公言する。熟女好き芸人なる呼ばれ方をする人たちもいる。女性からしたら、チヤホヤされなくなった年上の女性の足 [続きを読む]