Miho Sakurai さん プロフィール

  •  
Miho Sakuraiさん: 薔薇色のバツイチ婚活白書ーハイスペ男子を探す旅ー
ハンドル名Miho Sakurai さん
ブログタイトル薔薇色のバツイチ婚活白書ーハイスペ男子を探す旅ー
ブログURLhttps://blindwillow.hatenablog.com/
サイト紹介文バツイチ30代女子がハイスペ男子を捕まえるべく日々活動するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 20日(平均2.5回/週) - 参加 2018/10/17 18:04

Miho Sakurai さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Tinder(ティンダー)で男性から届いたヤバすぎるメッセージ
  • マッチングアプリのTinder(ティンダー)。マッチングアプリとしては歴史も古く、世界中で使われている有名なアプリである。使った感想として、pairsなどの他のアプリに比べて、明らかにイケメンが多い。しかしTinderを使っている男性の9割がクズ!(ミホ調べ)6割の男性が「割り切った関係」を希望しているプロフィールの時点ではっきりと、「彼女はいりません。割り切った関係のみを希望しています」「結婚しているので、彼女 [続きを読む]
  • Bachelor(バチェラー)でデートしてみた結果
  • ある日Facebookに流れてきたコピー。「Bachelor ハイクラス限定 週1で出会い(デート)をお届け」週一でデート、といううたい文句が気になった。Bachelor(バチェラー):ハイクラス限定 週1で出会い(デート)をお届けBachelorとはどんなサービス?Bachelor(バチェラー)は年収や容姿がハイクラスの男女と出会える、マッチングサイトである。入会するには審査に合格しなければならず、容姿、職業などが基準を満たしている人しか使 [続きを読む]
  • 不倫している人妻が浮気相手と再婚できる可能性はあるのか?
  • 私は今までたくさんの既婚女性からそういう相談を受けてきた。結婚しており、旦那に満足できず、他の男性と不倫をする。不倫をしている中で、彼が「ずっと一緒にいたい」というような結婚を匂わせることを言ってくる。駆け落ちも辞さないドラマティックな愛・・・さて、実際に結婚できる可能性はどれくらいあるのだろうか。私のケース ー始まり実は私も離婚直前に男がいた。彼とはもともと仕事で知り合った友人であり、半年ほど [続きを読む]
  • 海外在住者が離婚する時の手続き完全マニュアル
  • 私が日本人の夫と離婚することに決めたのは、私たちがまだ海外に住んでいる時でした。元旦那は離婚を期に日本へ本帰国することとなり、私は海外へ残ってそのまま働き続けることに。その手続きが大変だったのでまとめます。誰かのお役に立ちますように。この手続きは・日本人同士の離婚・子供なし・協議離婚を前提としています。離婚届について日本に帰国しなくても、その国の日本人大使館窓口で書類をもらって、海外にて離婚手 [続きを読む]
  • <TOKYO WINE PARTY>高収入男性が集まる婚活パーティー潜入レポ
  • 最近やたらとfacebookやInstagramで広告を見かける、「TOKYO WINE PARTY」なるものに行ってきた。TOKYO WINE PARTYとは自然に、楽しく、出会う場所「TOKYO WINE PARTY」は、忙しい社会人が仕事のあとや週末に集まり、ワインや食事を楽しみながら交流できるイベント。ワインの知識を語り合う場ではなく、参加した人のそれぞれのコミュニケーションを大切にします。ーTOKYO WINE PARTY HPより銀座や六本木、表参道などのラグ [続きを読む]
  • バツイチであることをどのタイミングで相手に伝えるか問題
  • バツイチです。と伝えたことで相手が去っていったことは、ない。だけど、バツイチです。と伝えると、相手が全力で向けてくる無邪気な好奇心に耐えられなくなってしまった時期が一時期あった。なぜ、付き合うかどうかもわからない人に、私の傷を晒さなければいけないの?と。笑い話にするのはとても簡単で、その場も盛り上がるけれど。でも家に帰ってからとても悲しい気持ちになる。バツイチであることを隠してデートしてい [続きを読む]
  • バツイチ女子はハイスペイケメンとの再婚の夢を見るか?
  • 見る。32歳の歳に離婚した。一緒にいると疲れると言われてしまった。よくある話だ。その時彼は別の理由から鬱で病院に通っていたこともあり、彼がそう望むならそうしてあげるのが彼のため。そう思って離婚を承諾した。もちろん、離婚なんて全然したくなかった。私はアメリカの高校に通い、日本の大学を出た後CAになり、同じ会社で働いていた彼と付き合い、結婚した。そのまま彼の海外赴任について行き、現在は日本で外資系企業 [続きを読む]
  • 過去の記事 …