pumpkintan さん プロフィール

  •  
pumpkintanさん: ほんのメモ
ハンドル名pumpkintan さん
ブログタイトルほんのメモ
ブログURLhttps://pumpkintan.hatenablog.com/
サイト紹介文本を私なりに解釈したメモです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 29日(平均8.2回/週) - 参加 2018/10/17 21:26

pumpkintan さんのブログ記事

  • アウトプット大全「Chapter3:能力を最大限に引き出す書き方 44」
  • 主題アイデアをものにするためには4つのプロセスが重要問題と徹底的に向き合ったあとは来るべき時をリラックスして待とう以下のプロセスが重要* 準備:問題との格闘* 孵化:問題を寝かせるつまりぼーっとする* ひらめき:アイディアが生まれる* 検証:正しいか確認学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)作者: 樺沢紫苑出版社/メーカー: サンクチュアリ出版発売日: 2018/08/03メディア: 単行本(ソフトカバー)こ [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter3:能力を最大限に引き出す書き方 40」
  • 主題集中力を切らさないためにTOOOリストを書こうTODOリストにはメリットがある1.1日の仕事の流れが確認できるTODOリストは、一日の仕事の設計図。仕事の流れを確認し、効率の良い仕事の流れを設計する。2.集中力が途切れない「次になんの仕事をしよう」と考える必要がなくなり集中力が途切れない。3.うっかりミスがなくなるTOODリストには「やるべきこと」が全て書き込まれているので、仕事の漏れが少なくなる。4.仕事が効率化で [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter3:能力を最大限に引き出す書き方 39」
  • 主題入力速度が速くなれば仕事の速度が上がる「PCに早く入力する」のは、ビジネスマンにとって必須のスキル慣れた入力環境を使う日本語入力(IME)を最適なものにする単語登録を徹底するショートカットキーを活用する便利な機能を使って仕事のスピードを上げよう。学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)作者: 樺沢紫苑出版社/メーカー: サンクチュアリ出版発売日: 2018/08/03メディア: 単行本(ソフトカバー)この商 [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter3:能力を最大限に引き出す書き方 38」
  • 主題文章を早く書くコツは「時間を決める」と「構成を決める」時間を決めて書く「制限時間を決めて文章を書く」主観をつけると、脳がそのようにトレーニングされる。構成を決めてから書く構成を決めずに文章を書くことは、設計図を書かずに家を建てるのと同じこと。以下のパターンに合わせて1行ずつ書くだけでも立派な構成になる序文→本論→結論起→承→転→結結論→根拠・理由→まとめイントロダクション→コンテンツ1→コンテ [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter3:能力を最大限に引き出す書き方 37」
  • 主題上手な文章を書くには、たくさん読んで、たくさん書くしかない書いた文章に対するフィードバックを得よう一番簡単なのは、SNSやブログに文章を書くこと。「読まれる」という緊張感が、集中力を高め、より良い文章を書こうとする動機になる。また、アクセス数やコメントが文章に対するフィードバックになる。学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)作者: 樺沢紫苑出版社/メーカー: サンクチュアリ出版発売日: 20 [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 30」
  • 主題メールやメッセージよりも「電話」のほうがいい場合も間違いなくある電話は、最強の確認ツール電話のメリットは早くて確実だということ。ただし、相手の仕事をじゃましない気遣いが必要。また、相手が「電話」と「メールやメッセージ」のどちらが好きか考えよう。電話は非言語的メッセージやニュアンスが伝わる電話では感情を非言語的に伝えることができる。また、電話はメールなどに比べて微妙なニュアンスが伝えやすい。電話 [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 27〜28」
  • 主題営業は「売り込む」のではなく「価値」を伝えよう価値があるものは買いたい。価値のないものは買いたくない。営業は、売り込むことでも、「買ってくれ」を連呼することでもない。商品の本当の価値を紹介することである。価格を下げずに商品を売るには、商品の価値を高めること自分が売るべき商品の魅力を改めて洗い出し、アピールしよう。学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)作者: 樺沢紫苑出版社/メーカー: [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 26」
  • 主題自分の本心を明かすことが絆につながる自己開示するほど、親近感がアップする自己開示は相手の心の扉の開き具合に合わせて少しずつ。ゆっくりと親近感を育てていくようにしよう。自己開示すると相手も自己開示する自分が自己開示すると相手も自己開示してくれる。これを自己開示の返報性という。打ち明けることを上手につかうと絆の強い人間関係を結べる。あえて弱い部分も見せていこう!学びを結果に変えるアウトプット大全 ( [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 25」
  • 主題自分の本心を明かすことが絆につながる自己開示するほど、親近感がアップする自己開示は相手の心の扉の開き具合に合わせて少しずつ。ゆっくりと親近感を育てていくようにしよう。自己開示すると相手も自己開示する自分が自己開示すると相手も自己開示してくれる。これを自己開示の返報性という。打ち明けることを上手につかうと絆の強い人間関係を結べる。あえて弱い部分も見せていこう!学びを結果に変えるアウトプット大全 ( [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 20〜21」
  • 主題叱ると「気づき」を誘発し、「対策」を講じて、「行動」の変化が起こり、「自己成長」が促される叱るときは「For You」の視点で「For Me」(自分のため)の視点で叱ると怒りをぶちまけることになる。「For You」(相手のため)の視点で、「修正してほしい具体的な行動」を指摘する。重要なのは「気づき」と「対策」が得られること。叱るには信頼関係が必要力で説き伏せようとする前に、リスペクトされるような努力を。 [続きを読む]
  • アウトプット大全「Chapter2:科学で裏付けられた、伝わる話し方 18〜19」
  • 主題「ほめる」はアウトプットであり、同時にフィードバック。相手を「ほめる」「叱る」ことによって「気づき」が誘発され「自己成長」が引き起こされる。「強化したい行動」をほめる「ほめる」べきは結果ではなく「強化すべき行動」具体的にほめる強化したい「具体的な行動」をできるだけ細かくほめると、相手もこれからもっと「そこ」を頑張ろうと考える。承認欲求を満たすほめるときに他の人や組織への貢献を強調すると承認欲求 [続きを読む]