EZOくじら さん プロフィール

  •  
EZOくじらさん: EZOスピリチュアル
ハンドル名EZOくじら さん
ブログタイトルEZOスピリチュアル
ブログURLhttps://ameblo.jp/harumakiebichiri/
サイト紹介文北海道の神仏とコンタクト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 28日(平均6.5回/週) - 参加 2018/10/18 21:34

EZOくじら さんのブログ記事

  • 黒岩の奇石ー北海道 八雲町の神域ー
  • 北海道には八雲町という町があります。今日はそこで偶然お見かけした神様のことを書かせていただこうと思います。 八雲町をご存じない方もおられると思いますが、どの位置にあるかというと・・・ このあたりです。※地図は八雲町役場のHPからお借りしました。札幌から函館に行く途中の町です。観光ではあまりよらないかもしれません。昔は片栗粉の生産がとても有名でした。 訪れたのは2015年頃でした。訪れたといっても、函 [続きを読む]
  • 豊川稲荷札幌別院ー力あるお稲荷様ー
  • 豊川稲荷札幌別院ーあの有名な豊川稲荷の札幌別院というのがススキノという繁華街の中にあります。EZOくじらはここにいったことがあります。なぜか・・・過去の記事、霊能力はどうあげるのかその4〜その6まで読んでいただいた奇特な方はお分かりだと思いますが、会社の経営がまずくて、まずくて・・・どうしようもない時にもうだめだ・・・力ありそうなお稲荷様にお金を借りよう・・・と、とんでもないことを思いついたのです。 [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのか −EZOくじらの場合 その7−
  • やっとここまできました。長々のシリーズですいません。どうも私は実体験をもとに検証するタイプで、頭で考えたことだけでは文章がすすまないようです。 霊能力はどうあげるのかシリーズ その4〜その6までは私の実体験をもとにこれまでのことを書いています。その中で、え?これどこが霊能力の話なの?と思われた方、多かったと思います。 今、私は自分の経験から確信して言葉にしますが、私たち人間を神様たちが応援、または [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのかーEZOくじらの場合 その6−
  • すいません、前置きながくなりましたがここからスピリチュアルの話です。でもたぶん、この話はこの前置きが非常に大事なところだとも感じます。どう受け止めるかはお任せします。 2014年冬があける前のある寒い朝、私は会社のトイレに行きました。するとそこに金色の髪飾りの着物のお姫様が立っているのです。顔は覚えられなかったのですが、金色の髪飾りは小さな紐?くさり?のような飾りが何本もさがっていました。 怖かっ [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのかーEZOくじらの場合 その5−
  • でも助ける、といったってどうやって?農業はやったことがない、農業知識もない、トラクターも乗れない、経理もあやしい、体力も人並み以下、できるのは文章書くことぐらいのそれこそ全くの畑違いの私は社長を助けるすべがありませんでした。 どうしたらいいのか悩みました。おまけに畑をつくるというのはすごく大変で、心身ともに削れていきます。みなさまやったことおありでしょうか?北海道の畑というのはものすごーく大きいの [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのかーEZOくじらの場合 その4−
  • 毎日書くのを目標に・・・しています。一応!間あきました、自分に 喝!!というわけで霊能力シリーズ(EZOくじら暴露話)のつづきです。 霊能力は一言でいうと五感を高めてひらかれる第六感のことです。このシリーズではだんだん能力を開花させたいろんな事を順を追って書いています。ようするにEZOくじら過去の暴露話です。 その3でご紹介しましたように、EZOくじらは2012年、貧乏で変な農業会社に就職することになってし [続きを読む]
  • 天罰はあるのか?ー水子とおじぞうさま―
  • すいません、なかなか忙しい冬支度の合間をぬってブログを書いています。なかなかブログ写真をつけての北海道神仏ご紹介!ができていないです。反省・・・ というわけで、本日夕方、急にミエゾウの話を思い出したので続きますが、ミエゾウシリーズです。 天罰ってあるとおもいますか?ほとんどの人は考えたこともないと思います。よっぽど身に覚えがないと、この言葉は想像しません。私もそうでした。でも、ミエゾウは天罰を見た [続きを読む]
  • 貧乏神様は本当にいるのか?
  • ミエゾウ―それは、私の一番のお友達であり、一番の理解者であり一番理解のできない人間でもあります。彼女は非常に霊視にたけていて、いうことは120%外れたことがありません。※100%を超える理由は、聞いたことの20%増しの真実をいうからです視えない世界に懐疑的な人間(私のことです)がまさかスピリチュアルの文章を書く気になる、ということはそれだけミエゾウの力があるということなのだと思います。 彼女はどん [続きを読む]
  • 札幌盤渓 妙福寺ー龍の珠の水の効果は その2−
  • 山奥にある妙福寺には、お寺で飼われているバーニーズマウンテンドッグのエリちゃんがウロウロしていました。私がバーニーズマウンテンドッグを見たのは江別市にあるレストラン 風の村 陶芸工房アトリエ陶 ファームレストラン食祭以来でした。エリちゃんの写真をとりわすれたので、これは江別の陶芸工房にいたバーニーズの写真です。※店の方にもらいました。親子で店内にいました。体重は40?くらいあるそうです・・・大型犬 [続きを読む]
  • 札幌盤渓 妙福寺―龍の珠の水の効果は―
  • 今日は札幌の盤渓にある妙福寺というお寺で出会った神仏のご紹介です。今年の夏、地蔵寺の寺カフェで私はある一冊の本が目に留まりました。 「写真で見る北海道の口承文芸 伝説は生きている」 ?田紀子著 2007 という本で、地蔵寺の紹介文が載っていました。おもしろかったので、パラパラとめくってみると一つの記事が目に留まりました。妙福寺ー竜神がくれた長生きの水― の文でした。 かいつまんで書きますと、 ★★★★★ [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのか −閑話休題 その1−
  • 当時のことをいろいろ思い出しながら書いているのですが覚えがわるくて、手帳を読み返したりしてなんとか思い出そうとしないと続きがでてこない・・・という状況です。 なので、今日ははっきり覚えている話を閑話休題として挟みます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−―――――――五感の高まりによって第6感をひらくことがわかったのですが、もう一つ特殊な状況によって第6感・・・ではないですが特別な神仏の守 [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのか ―EZOくじらの場合 その3―
  • 霊能力はたぶん五感の高まりです。え、じゃあ五感をあげるってどれくらい上げれば・・・?いっつも空腹で霊山のぼるのはさすがに無理!です。 ところが霊山から戻って来てから、数日後、当子さまと私の運命は思わぬ方向に動き始めたのです。 −−−−−−−−−−−−−−−−―――私は当時、花の無職になったところでした。というのも結婚し、退職して引っ越しすることになったのです。いやー、こんな私でも結婚できるなんて捨 [続きを読む]
  • カムイ岬―視えてなくても視えている―
  • 第6感の記事のつづきを書こうとしたのですが、本日は疲れがたまっていて気分転換に、また神仏にお会いした話をはさもうかと思います。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−―――――――――北海道にある神威岬、という場所をご存知でしょうか。積丹半島の先っぽにある岬です。古くから海上交通の難所として知られている場所です。伝説では首長の娘チャレンカが源義経を慕って後を追ってきのち、既に海の彼方へ去ったこ [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのか −EZOくじらの場合 その2−
  • すいません、言い訳にならないんですが仕事が激務で校正している余裕がなく、投降した後に何回か書き直したりする記事があります。それも時間をおいて・・・すいません! それでは前回の続きで、霊能力はどうやったらあがるのか、ですが結論からいいますと、この8年で、私なりの霊能力というものに答えを出しました。 EZOくじらの解釈では、霊能力、つまり第6感の力は、究極の五感の高まりです。 それをどうやって知ったのか、 [続きを読む]
  • 霊能力はどうあげるのか −EZOくじらの場合 その1ー
  • 私みえないんです。でも視たいし、神仏の声をききたいんです。そんな方はたくさんいるんだなぁ、とブログをみていておもいます。視えない、聞こえない、視えるってどんな感じ?聞こえるってどんなかんじ?今回はその答えにEZOくじらが解答します。 まず視えるという現象ですが、何度も書きましたが脳内で視るというのが圧倒的に多いと思います。本当に自分の頭の中の映像なんです。そう、だから危ないんです。それ妄想じゃない? [続きを読む]
  • 札幌の地蔵寺―あの世のやさしいお迎え―
  • それにしても文章下手になったな・・・おまけに書いていてものすごい時間がかかっていることに自分でもびっくりです。これでも元プロなんですが・・・・なにせ8年もの間、文章書くのは禁止になっていたので・・・ 8年もの間書いてはいけない理由ですか?わかりません。だれか当子さまから聞き出してください!! −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−―――――――本日は札幌の地蔵寺をご紹介します。オススメです。私 [続きを読む]
  • 神一重 であうまで。 その2
  • 私の経験上ですが、後ろの声に悩まされている、霊能力者にいろいろ言われて心配になっていわれるまま行動したら、改善しないし、どうもよくない方向に行っている気がする。 そういったもに対しては、人生の良きも悪きも自分で受け止める覚悟が、ある程度災厄を防いでくれます。判断できない、わからないから誰かに任せたい。自分の試練を考えなしに丸投げする気持ちにつけこむのが、魔物や幽霊です。もし、本当に視えない世界のこ [続きを読む]
  • 神一重 であうまで その1
  • 視えない世界の話って何の確信があってそんなこというの?そういうことを言う人はたくさんいますし、もっともな意見だと思います。 私自身は元記者だったこともあって(ずいぶん前ですが)今でもあいまいな事象は個人的意見の領域にすぎないという姿勢で生きている人間だと思います。 じゃあ、EZOくじらは何を基準に、視えない世界の事を書いているのか。はっきりいいますと、私の体験談、事実談です。ただ視えたもの、聞こえたも [続きを読む]
  • open your heart ー然別湖
  • 然別湖は、北海道のちょうど真ん中にある北海道一標高の高い湖です。昔はアイヌの方々が神の住む湖なので畏れ多いとして、近づかなかったという場所です。 冬には凍結し、湖で氷の村をつくったりするイベントもありますが、私は春〜秋に乗れる湖の周遊船がある時期に行きます。 この場所を知ったのは2012年でした。休みにどっかいきたいな〜とつぶやいたら「然別湖いいよ〜、いったことない?」と社長に言われたのです。正直、北 [続きを読む]
  • 菅の湯 生命の湯の波切不動さま その2
  • そこは小さな温泉でした。 ※この写真は2018年10月のものです。 なんだここ・・・でも確かにここから声がするけど・・・と進んでいくとどんどん力が強くなります。愛情深く正義に満ちたこの感じは・・・お不動様でした。小さな像ですがものすごく力があり、邪をよせつけない光に包まれておられました。 すいません・・・ありがとうございました。そういうと、うなずかれて風呂に入るとよい、と言われました。 その温泉は不思議な [続きを読む]
  • 菅の湯 生命の湯の波切不動さま その1
  • 本日はさかのぼって2013年頃の話です。その頃、私は今よりもっとあいまいな感じでコンタクトをとっており、自分自身もなんといいますか、優柔不断に物事を考えて迷っていたこともあり、あまりよくないモノ?幽霊?みたいな方にもちょくちょく出くわしていました。 ※怖い方はバックして読むのはおやめくださいね。不動様の写真があるので、怖いけど読みたいという方は薄めでながしめで、どうぞ! 私はその日、友人に会うために鹿 [続きを読む]
  • 美瑛神社のうつくしき女神様
  • 美瑛神社、ってご存知でしょうか。美瑛町のまあまあ町中のほうにあるきれいな神社です。美瑛中学がそばにあります。 私が訪れたのはおととしの冬でした。旦那さんの趣味に付き合って、美瑛町まで来たのですが、旦那を待つ時間が長かったので、車に乗ってパン屋さんを探していたのです。そこで何かのチラシをみたのか忘れましたが、「美瑛神社で人形のおたきあげをしている」というのを情報を得たのです。その時、私は長い間車の中 [続きを読む]
  • 千歳神社 3日目、4日目
  • それからしばらく千歳神社には足を運びませんでした。農繁期だったのもありますが、なんか嫌われた?とちょっと思っていたのです。 8月、うちの社長と一緒に恵庭に行く用事ができたので足を延ばして千歳神社にいきませんか?と、誘って一緒に行きました。2人でいるとコンタクトの回線がごちゃごちゃしてわかりにくいので、その時はお稲荷様とコンタクトできていません。果物が好き・・・といわれたことを思い出して、桃とお酒をも [続きを読む]
  • 千歳神社 2日目 
  • 鶏肉をお供えしてしまった・・・あのお稲荷さんちょっと人間でいうと読めない感じの方みたいだし反応もよくわからないし、どうしようかな。 そんな感じで1か月後にまたいけるチャンスがあったので怒ってはいないだろうけど、失礼したのだったら謝ろうかな、と千歳神社に車を走らせました。 今度はお酒とコンビニの焼き鳥をもって(鶏肉は眷属はよろこんだといってくれたので)千歳神社にいきました。時間は1時ころでした。 道中、 [続きを読む]
  • 千歳神社の先生 初日
  • 桜井識子さんが千歳神社へ・・・という記事を読んでからへぇ〜いってみようかな?と思いつつ、なんと1年半がたってしまいました。私の本業は農業ですのですごく忙しくて、いそがしくて忘れていたのです。それがこの夏やっといけるチャンスがあり、いってきました。というのも不純な動機ですが・・・ちょっと会社の経営が心配になってお稲荷さん、それもあまり後腐れがすごくない方をさがそう!と思い立ったからです。桜井さんの [続きを読む]