中井@うつ病寛解 さん プロフィール

  •  
中井@うつ病寛解さん: 病院にも薬にも頼らずにうつ病を完治する方法
ハンドル名中井@うつ病寛解 さん
ブログタイトル病院にも薬にも頼らずにうつ病を完治する方法
ブログURLhttps://c-depression.com/main/
サイト紹介文うつ病を改善、寛解する方法を紹介。誰でも簡単に効果の実感できる1日たった10分の治療法です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 6日(平均12.8回/週) - 参加 2018/10/22 19:16

中井@うつ病寛解 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あなたは本当にうつ病を治すつもりがありますか?意外に怠け病の人
  • うつ病を治すつもりはありますか? と聞かれれば あなたもは「もちろん」と答えるのではないでしょうか? 私も間違いなくそうでした。 しかし意外にも多いのが、もう少しゆっくり療養したいと思っている人や、今は休業中で手当てももらっているから休んでおきたいという人です。 このような人は、うつ病は治そうとは考えているけれど、今はそれほど真剣に考えていない人です。 一般的には「怠け病」と言われることが多いのですが、 [続きを読む]
  • その「死んでしまいたい気持ち」は一体どこからやってくるのだろうか?
  • 「生きている意味がわからない」「もう消えてしまいたい」「まだ俺は生きているのか」 あなたも一度は経験したことがあると思う、「死んでしまいたい気持ち」は本当に厄介です。考えようと思っていないのに、心の奥から自然に湧いてくるようこの気持ちとの向き合い方は本当につらいものがあります。 私は家族にほとんど話すことはなかったと思いますが、それでも指摘されたことがあります。 今でこそ私もその気持ちが理解できるの [続きを読む]
  • あなたの一日の生活は?あなたはどのタイプの生活を過ごしていますか?
  • うつ病を患いながらも、薬で症状をごまかしながら仕事に向かう人がいます。 うつ病で朝起き上がることが出来ずに、一日中布団の中で生活する人がいます。 朝は何とか起き上がることが出来ても、一日中憂うつな気分で何もする気のない人がいます。 普段は問題なく生活が出来ていても、負荷のかかる仕事になると体調が悪くなる人がいます。 本当にうつ病の症状は、一言では語ることが出来ませんし、人によっても違いますし、日によっ [続きを読む]
  • 「働かない夫、家事をしない妻」を愛し続けることが出来ますか?
  • 「働かない夫、家事をしない妻」または「働かない妻、家事をしない夫」 「そんなパートナーを何の見返りもなく無条件で愛してくれるでしょうか?」 もしかすると私が闘病中に、ずっと自分の心の中に押さえ込んでいたこの気持ちと、同じことを考えている人もいるかもしれません。 うつ病になってしまい、今までのように仕事や家事を出来ない人も多いと思います。 そんな時に私が考えていたのが、「こんなダメな俺を、妻はどう思って [続きを読む]
  • 現代型うつ病を知っていますか?遊びと仕事の間の越えがたい高い壁
  • 仕事の時だけ「うつ状態」 あなたは現代型うつ病を知っていますか? 医学的にはまだ明確な定義はないようですが、そんなうつ病が若年層サラリーマンに多くなっているようです。 あなたは、仕事の時だけ「うつ病」と聞くと、何だか怠けているだけのようにも思えませんか? でも、私には何となくわかる気がします。 なぜなら「遊びに行く」と「仕事をする」の間には、越えがたい高い壁が存在することを知っているつもりだからです。 [続きを読む]
  • うつ病は怠け病ですか?闘病中に家族との関係に悩み、うつ病を悪化させた話
  • 「うつ病 = 怠け病」 周りからこう見られていると思うことはありませんか?私は本当によくあります。 私は一番身近な家族からさえ、その感じがひしひしと伝わってきていました。それは日頃から、私が何も話さなかったことが一番の原因です。 私が休職してから半年を過ぎた頃から、家族との意思疎通の難しさを感じるようになりました。改めて家族の大切さについて考えてみたいと思います。 家族の理解が得られない。そんなあなたに [続きを読む]
  • 早まって会社を辞めないこと!傷病手当金の制度をご存知ですか?
  • 過労やストレスで本当に仕事を辞めようかと悩んでいるあなたへ。 会社を辞めてはいけません! 確かに仕事が原因でうつ病になった場合、その原因となった仕事から離れるのも一つの選択になります。しかし、 仕事を辞めると生活に困窮しませんか?うつ病を治療する間のお金はどうするのですか? 落ち着いて考えましょう。病院で仕事が原因のうつ病と診断された時に、まず考えることは有給休暇の消化、そして傷病手当金の制度を活用す [続きを読む]
  • 過去の記事 …