ファイトケミカル さん プロフィール

  •  
ファイトケミカルさん: ファイトケミカル事典
ハンドル名ファイトケミカル さん
ブログタイトルファイトケミカル事典
ブログURLhttp://phytochemical-dictionary.com
サイト紹介文第7の栄養素として注目されているファイトケミカルについて、管理栄養士が解説しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 25日(平均7.3回/週) - 参加 2018/10/19 22:21

ファイトケミカル さんのブログ記事

  • DHA (ディーエイチエー)
  • 青魚に多く含まれていることで知られるDHAは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれ、EPAとともに多様な働きがあるとして期待されている成分です。この2つの成分は同一のものとして取り扱われることが多いのですが、細かく見ていくとそれぞれ違った働きを持っています。DHAの効果認知症予防学習能力の向上精神安定DHAは、EPAに比べると抽出するのが難しい成分で、純度100%のDHAを用いた研究はありません。そのため、実際にはDHAの働きや効果 [続きを読む]
  • DHA (ディーエイチエー)
  • 青魚に多く含まれていることで知られるDHAは、ドコサヘキサエン酸と呼ばれ、EPAとともに多様な働きがあるとして期待されている成分です。この2つの成分は同一のものとして取り扱われることが多いのですが、細かく見ていくとそれぞれ違った働きを持っています。DHAの効果認知症予防学習能力の向上精神安定DHAは、EPAに比べると抽出するのが難しい成分で、純度100%のDHAを用いた研究はありません。そのため、実際にはDHAの働きや効果 [続きを読む]
  • グルコサミン
  • グルコサミンは軟骨成分の一種で、ヒアルロン酸の原料となるものです。栄養学的にはアミノ糖に分類され、小さい分子であることから体に吸収されやすいという特徴を持っています。エビやカニの殻に含まれていますが、人の体でも全身の細胞に存在し、健康づくりには欠かせません。グルコサミンの効果関節の動きを滑らかにする関節の痛みを軽減する肌に潤いを与える関節の動きを滑らかにする1997年にアメリカで出版された本のなかで、 [続きを読む]
  • ケルセチン
  • ケルセチンは、玉ねぎに含まれるフラボノイドの一種で、黄色く、微かに苦味があるというのが特徴です。ケルセチンは抗酸化作用を持ち、動脈硬化予防や生活習慣病予防に効果が期待されています。ケルセチンの効果生活習慣病予防認知症機能改善生活習慣病予防ケルセチンには抗酸化作用があり、体内での活性酸素の発生を抑えたり、働きを抑制したりする効果があると考えられています。活性酸素は、体の中で増えすぎると細胞や脂質の酸 [続きを読む]
  • 調理の基礎まとめ〜これってどれくらい?
  • レシピを見ていると、塩少々、ひたひたの水など、曖昧な表現に出会って困ったという経験はありませんか?これについては個人の加減で、曖昧でも良いのかもしれません。もちろん料理を作ることはできます。しかし、実際には事細かに量が決められているということがわかりましたので、今回まとめてみることにしました。今回は、塩の測り方、水加減、火加減についてお伝えします。塩の手ばかり塩は、計量スプーンを使うほど多く使うこ [続きを読む]
  • 調理の基礎まとめ〜これってどれくらい?
  • レシピを見ていると、塩少々、ひたひたの水など、曖昧な表現に出会って困ったという経験はありませんか?適当なさじ加減でも、もちろん料理を作ることはできます。しかし、実際には事細かに量が決められているということがわかり、料理の美味しさにも影響するのではないかと感じましたので、今回まとめてみることにしました。今回は、塩の測り方、水加減、火加減についてお伝えします。塩の手ばかり塩は、計量スプーンを使うほど多 [続きを読む]
  • 管理栄養士が食品衛生責任者を取得するためには?
  • 栄養士や管理栄養士の資格を活かして、いつかは飲食店をしてみたいなと考えている人もなかにはいると思います。飲食店を開くためにはもちろん許可が必要ですし、そのなかで食品衛生責任者の配置というのは必須事項となっています。食品衛生責任者は講習を受ければ、誰でも1日で取得できる資格ですが、講習の日程が限られている、申込者が多いといった理由で取得が難しい地域もあるようです。しかし、栄養士・管理栄養士が食品衛生 [続きを読む]
  • ホスファチジルセリン
  • ホスファチジルセリンはリン脂質の一種であり、PSとも表記されます。ホスファチジルセリンの研究は欧米で盛んに行われており、人に対して多くの健康効果が期待されています。ホスファチジルセリンの効果脳の活性化認知症改善脳の活性化ホスファチジルセリンは、加齢に伴う認識力や記憶力の低下、若者のストレスに伴う認識力の減退を改善する効果が期待されています。精神的ストレスは脳に悪影響を与えてしまうと考えられており、受 [続きを読む]
  • ホスファチジルセリン
  • ホスファチジルセリンはリン脂質の一種であり、PSとも表記されます。ホスファチジルセリンの研究は欧米で盛んに行われており、人に対して多くの健康効果が期待されています。ホスファチジルセリンの効果脳の活性化認知症改善脳の活性化ホスファチジルセリンは、加齢に伴う認識力や記憶力の低下、若者のストレスに伴う認識力の減退を改善する効果が期待されています。精神的ストレスは脳に悪影響を与えてしまうと考えられており、受 [続きを読む]
  • キャベジン
  • キャベジンは胃腸に良いとして有名な成分です。キャベツから発見された成分なのでキャベジンと名付けられましたが、ビタミンUという別名も持っています。ビタミンUとはいいますが、正式にビタミンというわけではありません。しかし、ビタミンと同じように体を健康に保つ働きを持っていることから、ビタミン様物質として扱われています。キャベジンの効果胃の働きを正常に保つ有名な胃腸薬にキャベジンがあります。胃のもたれやムカ [続きを読む]
  • オクタコサノール
  • オクタコサノールは、果物の皮に含まれるバックス論から抽出されるポリコサノールの一種です。ポリコサノールに関する研究は盛んに行われていますが、オクタコサノール単独での研究は多くはなく、性質や効果に関してまだわからない部分が多いというのが現状です。オクタコサノールの効果持久力を高める筋肉痛の緩和コレステロールの低下持久力を高める肝臓や筋肉にはグリコーゲンというエネルギーに変換される物質が貯蔵されていま [続きを読む]
  • スルフォラファン
  • スルフォラファンは、体内で解毒酵素誘導する硫黄化合物です。アブラナ科特有の辛味や臭いの元となる硫黄化合物が、咀嚼や切るという調理過程でスルフォラファンに変化します。正確にはスルフォラファン・イソチオシアネートを指します。スルフォラファンの効果抗がん作用抗酸化作用抗ピロリ菌作用自閉症の症状改善の可能性これらの効果はスルフォラファン単独の効果であり、ブロッコリーから摂取するスルフォラファンにはどの程度 [続きを読む]
  • セサミン
  • セサミンは、ゴマに含まれる脂溶性の抗酸化成分であるゴマリグナンの一種です。ゴマの1%がゴマリグナンであり、その中の半分をセサミンが占めています。セサミンは、健康に有益な効果をもたらすとされる一方で、安全性に関しては注意が必要なこともあります。セサミンの効果二日酔い・悪酔い防止ガン・老化予防血圧低下作用二日酔い・悪酔い防止セサミンは、肝臓の働きを高め、二日酔いや悪酔いの原因となるアセトアルデヒトという [続きを読む]
  • フコイダン
  • フコイダンは、ワカメや昆布、もずくといった海藻類のヌメリに含まれる多糖類で食物繊維の一種です。他の多糖類と異なり、硫酸化フコースを多く含んでいることが特徴となっています。どの海藻類に由来しているのかによって、成分組成や分子量が大きく異なります。ウロン酸を多く含む …U-フコイダン硫酸フコースとフコースで構成される… F-フコイダンガラクトースを多く含む… G-フコイダンフコイダンの品質には優劣の差が大きく [続きを読む]
  • ノコギリヤシ
  • ノコギリヤシは北アメリカの南東部に生息するヤシ科の植物です。葉がノコギリのような形をしていることから、ノコギリヤシと名付けられました。ノコギリヤシは、中国では古くから実の部分が泌尿器病の治療薬として用いられてきた、歴史の深い植物でもあります。ノコギリヤシの実は、潰して乾燥させたり、実全体をそのまま利用したりと、活用法はさまざまで、カプセル、エキス、錠剤と、形状の種類も多く、お茶も販売されています。 [続きを読む]
  • レッドクローバー
  • レッドクローバーは西洋ハーブの一種で、昔から薬用に用いられてきました。別名「アカツメグサ」や「ムラサキツメグサ」と呼ばれ、道端で自生もしている馴染み深い植物です。レッドクローバーには女性ホルモンと似たような働きがあり、健康や美容に役立つさまざまな効果が期待されています。レッドクローバーの効果更年期障害の症状緩和不妊症治療骨粗鬆症予防咳症状の改善更年期障害の症状緩和レッドクローバーには、イソフラボン [続きを読む]
  • ナットウキナーゼ
  • ナットウキナーゼは納豆や発酵ろ過駅に含まれているたんぱく質分解酵素です。1980年代に、血液中のフィブリンという血栓の元となるたんぱく質を分解する酵素として命名されました。ナットウキナーゼの効果血栓を溶かし、血液をサラサラにする血栓溶解作用ナットウキナーゼには、血栓の主成分となるフィブリンに直接作用して溶解する効果があるとされています。さらに、血栓溶解作用のある効果のある酵素の量を増やしたり、活性を強 [続きを読む]
  • タウリン
  • タウリンは栄養ドリンクにも多く使われている成分です。動物の生体内のほとんどに存在していますが、植物にもわずかに存在している場合があります。タウリンは、ヒトの体内では心筋、筋肉、肺、脾臓、脳、脊髄などに存在しており、動物ではイカやタコに特に多く含まれています。タウリンの効果肝機能を高める血圧を下げる血中の脂質を減らす肝機能を高めるタウリンを摂取することにより、血清ビリルビン濃度、胆汁酸濃度の低下速度 [続きを読む]
  • マカ
  • マカはペルー原産のアブラナ科の多年草です。マカマカという別名を持ち、海抜4,000〜5,000mの高地で栽培されています。マカは、「アンデスの女王」という呼び名を持ち、古くからスタミナアップ食材として重宝されてきました。食用としては株に似た根や茎の部分が使われます。根の部分に含まれる成分は、リノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸などの脂質、鉄、銅、カルシウムといったミネラルや必須アミノ酸です。その他、イソチオ [続きを読む]