アヘラ さん プロフィール

  •  
アヘラさん: Babilado
ハンドル名アヘラ さん
ブログタイトルBabilado
ブログURLhttps://blog.ma4yi1ji2.com/
サイト紹介文「Babilado」はエスペラント語で「お喋り」という意味。世界一つまらないブログを目指す!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 32日(平均11.2回/週) - 参加 2018/10/20 10:35

アヘラ さんのブログ記事

  • ホテルアベスト羽ノ湯に泊まると朝食にステーキが出てくる
  • ビジネスホテルで出てくる朝食というものはバイキングが多い。大抵は和食か洋食、または両方チャンポンということもできる。だが、朝食でステーキが出てきたら、なんかわくわくしませんか? ビジネスホテルの朝食にステーキを、そんな夢を叶えてくれるホテルがあるのだ。9/8(土)〜9/10(月)の2白3日、名古屋は大須の「ホテルアベスト羽ノ湯」というビジネスホテルに泊まっていた。先ほどすでに書いてしまったが、ここは朝食付き [続きを読む]
  • 盲腸が消えた21の夏(4)あいつの正体
  • 腹の中から盲腸なるものが消えた。わたしは盲腸をなくした人間だ。膣を通って腹の子を産んでなくしたのではない。右下腹部をぶった切られこじ開けられ「沈黙の臓器」と呼ばれる謎の物体を消されたのである。 出産ならば「超」がつくほどの感動モノだが、盲腸の手術なんぞ感動どころかジャーナリズムのかけらもない。前回までのおはなし。blog.ma4yi1ji2.com外は暑いがここだけ寒いそんなことをむじゃむじゃ考えながら歯を磨いて [続きを読む]
  • 大須観音にある「新雀」本店のきなこ団子が美味しい
  • 以前台湾唐揚げを売っている「李さんの台湾名物屋台」という店を紹介したが、食べ歩きならば他にもオススメがある。 「新雀」という団子屋であ…違った、和菓子屋である。 ちなみに「にいすずめ」と読む。※訂正:正しい読み方は「しんすずめ」だそうです。申し訳ありません。新雀は和菓子屋であるこちらが新雀の店である。 屋根には団子の絵と一緒に「きなこ団子」と書いてあるし、店の前で団子を焼いているため側から見れば団子 [続きを読む]
  • 大阪府茨木市民から神奈川県横浜市民になります(お題スロット)
  • お題「今日の出来事」12月付で東京本社への転勤が決まりました。ということは引っ越しもそうですがその前に住む家を決めなくてはなりません。今日は会社を一日休み、これから住む家を決めてきました。社宅扱いになるので会社指定の不動産屋からの物件斡旋となるのですが…これがまぁた全然いいのがない。前回の大阪への転勤時もそうでしたが家賃の上限が管理費込みでいくら、規定家賃からはビタ一文超えてはならぬ!などと色々制 [続きを読む]
  • 大須観音の唐揚げと言ったら「李さんの台湾名物屋台」一択だと思…う
  • 名古屋での楽しみを挙げるとすれば、わたしの中では「大須観音での食べ歩き」である。 あの商店街の中はグルメの宝庫だ。間違いない。大須観音は唐揚げ天国?大須観音は唐揚げ屋が本当に多い。名古屋在住ではないのでどれほど多いかなどは知らないが、確かに大須観音をふらついていると所々で唐揚げ屋を見かけたのである。 これまで大須観音で数カ所、唐揚げ屋に寄ったが一番オススメしたいのが「李さんの台湾名物屋台」である。 [続きを読む]
  • 大須観音の唐揚げと言ったら「李さんの台湾名物屋台」一択だと思…う
  • 名古屋での楽しみを挙げるとすれば、わたしの中では「大須観音での食べ歩き」である。 あの商店街の中はグルメの宝庫だ。間違いない。大須観音は唐揚げ天国?大須観音は唐揚げ屋が本当に多い。名古屋在住ではないのでどれほど多いかなどは知らないが、確かに大須観音をふらついていると所々で唐揚げ屋を見かけたのである。 これまで大須観音で数カ所、唐揚げ屋に寄ったが一番オススメしたいのが「李さんの台湾名物屋台」である。 [続きを読む]
  • 東京土産には築地ちとせの「天ぷらせんべい」をオススメしたい
  • 自分の出身地のバラマキ系土産と言えば?と聞かれても意外と答えられないと思う。 が、よくよく考えると都道府県によってかなりばらつきがあるような気がしてきた。 答えられるとしたら例えば北海道の白い恋人、じゃがポックル、六花亭のバターサンドetc.、沖縄県だとちんすこうや紫芋タルト、愛知県であればゆかり(せんべい)、京都と言ったら八つ橋、広島県であればもみじまんじゅうなどなど。 あとは都道府県別の「ご当地プリ [続きを読む]
  • 元・わが街、東京都狛江市についてたっぷりと語ってやろうか。
  • 突然だがおよそ2年半の大阪生活に幕を下ろすことになった。12月付で東京本社への転勤が決まったからである。また引越しするのか。東京都民になるか神奈川県民になるのかはまだ未定。というのも、社宅扱いなので不動産会社から斡旋される物件がどこになるかわからないからだ。これからどこに住むのかは一旦置いておくとして、そういえば大阪に来る前に東京都民だった頃「狛江市」というところで一人暮らしをしていたことがあるので [続きを読む]
  • 名古屋の老舗の喫茶店、コンパルのエビフライサンドが美味い
  • 名古屋グルメで有名なものは多々あるのだが、その中でも老舗の喫茶店「コンパル」のエビフライサンドは美味いとよく聞く。 一体どういうものなのだろうかとずっと気になり、名古屋へ行ったときには絶対に食べようと思っていた。 そして2018年9月、とうとう念願叶って堪能することができた。コンパルは名古屋市内と近郊に店舗を構える老舗のチェーン店。 栄西店でエビフライサンドを食べてきた。2018/09/08(土)の出来事。 午前1 [続きを読む]
  • ぐわぐわ団オリジナル「ごみちゃんシール」いただきました!!
  • 愛読中のブログ「ぐわぐわ団」で「ごみちゃんシールプレゼント」キャンペーンがやっていたので先日応募しました。本日、わたくしアヘラの手元に届きましたー!!www.gw2.bizこちらがごみちゃんシール!2枚セットでやってきました!簡易書簡(ミニレター)でやってきました。それにしてもあれです、ミニレターなんて久しぶりに見ました。おそらく20年ぶりじゃなかろうか。昔、高校生の頃LUNA SEAのファンだったのですが、ファンの子 [続きを読む]
  • 盲腸が消えた21の夏(3)やってきたXデー、さらば盲腸。
  • 入院生活が始まって早々、命がなくなるかと思った。 スキンヘッドの見るからに危なそうなジジイと出くわしたのである。もう手術どころではない、わたしはポアされる。 というわたしの心配は杞憂に過ぎなかった。あのジジイはフレンドリーすぎるほどいい奴だったのである。 とりあえず味方にはなってくれているようである。ひとまずホッ。前回までのおはなし。blog.ma4yi1ji2.com一日数回、ロビーでスキンヘッドジジイと会え [続きを読む]
  • 「最近知った言葉」- にべもない(お題スロット)
  • お題「最近知った言葉」「にべもない」という言葉を知った。万城目学のエッセイ「ザ・万歩計」137ページ、「ねねの話」の中の一文で出てきている。文中ではひらがなで記載されているが、漢字にすると「鮸膠も無い」。じゃ、「鮸膠」ってなんじゃ?という話になる。「鮸膠」というのは魚の名前。スズキ目ニベ科の魚だそう。青缶ニベアのことじゃないよ!この魚の浮き袋は接着剤の原料として使われていて、「にかわ」や「にべにか [続きを読む]
  • 愛読ブログ紹介:ぐわぐわ団 - 読んで損する楽しいブログ -
  • 毎日欠かさず読んでいるブログ「ぐわぐわ団」。鬱々とした毎日の中で唯一の心の潤滑剤である。心のオアシスである。「ぐわぐわ団」なしの生活は考えられない。考えたくない。考えちゃいけない。しかし困ったことにブログ名の「ぐわぐわ団」という時点ですでによくわからない。一体ブログ主は何者なのか、このブログはどこまで突き進んでしまうのか。もうすでに我々凡人にはレベルが高すぎるブログであるが頑張って紹介したい。www. [続きを読む]
  • 「思い出の味」 - 香港で食べた謎の蛇スープ (お題スロット)
  • お題「思い出の味」2011年の年明けに香港にいたのだが、そこで食べた蛇スープが忘れられない。2010〜2011年、諸事情で年越しを香港で迎えた。そのとき宿泊していたのは「尖沙咀」や「旺角」などの九龍地区の中心街でもなく、「中環」や「銅鑼湾」などの香港島中心地でもなく、「荃灣(チュンワン)」という郊外の、「新界地区」と呼ばれる場所だった。その「荃灣」に蛇スープのうまい店があるとのことで連れて行ってもらった。ち [続きを読む]
  • 盲腸が消えた21の夏(2)入院生活開始、謎の人物との出会い
  • それにしても参った。胃痛だと思ったら盲腸でやんの。 まさか自分が盲腸になるとは思ってもみなかった。 そして近いうちに腹を切ることになろうとは。人生ってわからんものである。前回までのおはなし。blog.ma4yi1ji2.com入院開始。病室へ連れて行かれ、点滴を刺される。今回は失敗せずに済んだ。 左腕の関節あたり。基本的には曲げない方が良いらしい。うーん、特に何するわけではないが、腕を曲げられないのは日常生活を送る上 [続きを読む]
  • ペクさん -高校の思い出-
  • 高校時代、「ペクさん」というあだ名の友人がいた。親友というか、悪友というか、悪友だった。ペクさんはわたしに「アヘラ」というあだ名をつけてきた。お前はアヘラだ。アヘラというあだ名をつける。お前は今日からアヘラなのだ。わたしのことはペクさんと呼んでくれ、と。その日を境にペクさん&アヘラ、ということになった。しかし、何をもって「アヘラ」なのかが全くわからない。インターネットというたいそう便利なものが [続きを読む]
  • 盲腸が消えた21の夏(1)胃痛だと思ったら盲腸だった話。
  • 21の夏、盲腸になった。 体から盲腸が消えた。つまり、切った。ちょん切った。切腹した。死なずにしぶとく生きている。 人間というものはそう簡単に死なないのだ。突如現る謎の症状社会人一年生の初夏のことである。 なんとなく胃のあたりが痛い、吐き気が止まらないという日が続くようになった。専門学校を卒業して慣れないOL生活とやらを送っているストレスなのだろうか、と特に気にしないでいた。これまでの人生、大きな変化 [続きを読む]