しの さん プロフィール

  •  
しのさん: Crazy For You !
ハンドル名しの さん
ブログタイトルCrazy For You !
ブログURLhttp://luvgiru.blog.fc2.com/
サイト紹介文空白部分多めの韓ドラを、自分勝手に補完しております! 屋根部屋のプリンス、優しい男、赤と黒、など!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 11日(平均3.8回/週) - 参加 2018/10/20 21:46

しの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 異聞チャン・オクチョン 12
  • このころ朝廷では、党派争いも極まり、南人派と西人派の対立は一触即発の呈を成していた。その緊張状態は、ある事件を切っ掛けに瓦解する。あるとき、王宮に保管されているはずの油幄の紛失が発覚した。調べてみると、南人派の重臣ホ・ジョクが、自身の宴のため勝手に持ち出していたという。このことが公になると、怒った王によってホ・ジョクは罷免されたが、事はそれだけに済まなかった。この件を調べるうちに、ホ・ジョクの息子 [続きを読む]
  • 異聞チャン・オクチョン 11
  • 宴のために借りた屋敷の門を閉め、オクチョンは冴えない表情で、ヒャンイと共に帰路についた。オクチョンの美貌は母譲りであったが、奴婢である母は、それが故に騒動に巻き込まれることが多かった。母自身は身持ちの堅い女性であったが、仕える家の女性陣には常に嫉妬の対象となった。現在、母が仕えているのはチョ・サソク礼曹判書の屋敷だが、やはりここでも礼曹判書の妻から目の敵にされ、つらい境遇にあるようだ。オクチョンと [続きを読む]
  • 異聞チャン・オクチョン10
  • 芙蓉亭の門に飾り付けがなされ、わくわくと華やいだ雰囲気があたりを包む。新作発表の宴の日がやってきたのだ。門の前には雇われ執事が控え、次々とやってくる招待客から招待状を受け取っていた。招待客は、まず楽師が奏でる音楽に迎えられ、趣味の良い飾り付けの成された庭に、期待感をあおられる。芙蓉亭で以前購入した服や装飾品で身を飾った客たちは、互いを牽制しながら、微笑みを浮かべている。宴が始まると、次々に現れる技 [続きを読む]
  • 異聞チャン・オクチョン 9
  • 同じ頃、王宮では、王とその弟が互いに杯を傾けていた。「今回も、母上の計画は不首尾に終わったようだな」既に事の顛末を知りながら、兄王は面白そうに笑った。「わたしは行けと言われて叔父上の宴に行っただけですから」「それにしては、徹夜などをして随分と楽しんだようではないか?」スンが、彼の慕う叔父との宴を満喫したとて、責められるいわれはないのだが、それにしても、羽目を外すことの少ない弟にしては珍しい行動に、 [続きを読む]
  • 異聞チャン・オクチョン 8
  • 翌日、約束通りカン判官の館を訪れたオクチョンは、その家の一人娘に驚くような提案をされていた。「婚礼を成功させる手伝いをしてもらいたいの」カン判官の一人娘、カン・ジニョンは思い詰めたような顔でそう言った。「私が、ですか?」「そう、あなた以外に考えられないの!」「お嬢様、一介の針子にそんな大それた…」戸惑うオクチョンに、やつれた顔で深いため息をついたチニョンは、しくしくと泣きだした。涙に暮れるチニョン [続きを読む]
  • 異聞チャン・オクチョン 7
  • 母后の思惑は無視して、スンは東平君邸に着いてから、書庫に直行した。武経総要は王宮の書庫にもあるが、それは北宋後期の写本で有り、初刊本となると清に行きでもしなければお目にかかれない代物だ。目当ての本を見つけ、嬉々としてその頁を捲り始めたそのとき、書庫の扉の開く音がした。思わず書棚に身を隠したスンが扉のほうを伺うと、鮮やかな色の服を身に纏った女人が中に入ってくる。まさか、叔父上が例の娘をこの場に送った [続きを読む]
  • 過去の記事 …