ARI さん プロフィール

  •  
ARIさん: 資格自習室
ハンドル名ARI さん
ブログタイトル資格自習室
ブログURLhttp://fanblogs.jp/sikakujishusitu/
サイト紹介文試験の勉強方法などについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 23日(平均2.4回/週) - 参加 2018/10/23 17:22

ARI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 付箋の活用
  •  勉強中によく付箋を使っています。その使い方をいくつかまとめました。① 参考書を読むときの目印として使用する 具体的には、以下のページに付箋を貼りますa. 目標ページ:その日に読むべき部分の最後のページに貼ります。目標ページに付箋をはることで1日の課題が明確になるので、モチベーションが維持しやすいです。そして、その日の参考書での学習が終了したときは、目標ページにある付箋を、次回の目標ページに移します [続きを読む]
  • 自分の特性を知る ー視覚優位と聴覚優位ー
  •  物事を認識するときの脳の特性として、「視覚優位」と「聴覚優位」という分類があります。私はこれを知ることによって、勉強方法のヒントを得ることができました。1. それぞれの特徴 大雑把な言い方とすると、字の通り「見て理解・記憶」をすることが得意か、又は「聴いて理解・記憶」をすることが得意かという違いです。〇視覚優位の特徴 ①映像で考える。思考するときに映像が浮かんでくることが多い ②指示があるとき、読 [続きを読む]
  • テキストの分冊化
  •  参考書の中には1冊が厚いものもあります。そのような参考書について、私は分冊化して使うことがありました。簡単に言うと、1冊を自分で切って、数冊にする方法です。1. 分冊化のメリット〇持ち運びが楽 カバンに入れていても重くならず、電車の中などでも気軽に読めます。〇開きやすくなる(抑えがなくてもページが閉じない) 薄くすると、机の上で読む際、手で押さえていなくても自然に閉じなくなります。そうすると、条文や他 [続きを読む]
  • スケジュールの管理、学習の記録をつける
  •  私は資格試験の勉強をする際、学習計画を立て、その日に学習したことを振り返るようにしていました。1. 学習計画の立て方 計画には長期目標、中期目標、短期目標があります。〇長期目標:「試験日までにテキストを5回読む、過去問を3回解く」など、勉強開始時から試験日までに行うべき大まかな学習計画です。〇中期目標:「今週中にテキストの1章を読み終える、この科目の過去問を解き終える」など数日から数週間でやるべき課 [続きを読む]
  • 【資格スクエア】〜新しい形の資格学習方法〜
  • 1. 「資格スクエア」とは? 「資格スクエア」は様々な資格について、オンライン学習ができるサービスです。従来の通信教育とは少し異なったサービスのようです。 例えば、脳科学ラーニングというシステムがあったり、ネット上で簡単に論証集・単語帳を作れる機能があったり、ITを活用した資格学習の効率化を行っているところが特徴といえるかもしれません。 またインターネットを軸にしているため、受講料金は、一般の校舎を構 [続きを読む]
  • 資格専門学校を利用するか、独学か ―それぞれの特徴−
  •  資格取得のための学習方法にはいくつかの選択肢があるため、それぞれの特徴をまとめました。 どれが優れているというのではなく、それぞれの違いを踏まえたうえで、自分に合った勉強方法を選択することが重要だと思います。1. 学習方法 大きくは以下の3つの方法が挙げられます。①資格専門学校(以下「予備校」と書きます)を利用する 予備校を利用するとした場合に、通学で受講するか通信で受講するかの違いもあります。通学 [続きを読む]
  • 資格取得のための情報収集手段
  •  どの資格を取得しようか迷っているとき、あるいは目指す資格が決まった時、その試験の情報を調べることが多いと思います。そこで試験の情報収集手段についてまとめました。1. 当該資格の公式サイト 公式サイトは、試験情報についての正確性や信頼性が1番高いため、最初に見るべきものかもしれません。2. 資格の専門学校(以下「予備校」)のサイト、個人ブログなどのインターネットページ  資格名で検索すると、公式サイト以外 [続きを読む]
  • どの資格の取得を目指すか
  •  世の中にはたくさんの資格があります。 何か資格を取得しようと思い立った時、たくさんあり過ぎてどれにするか迷ってしまうこともあるかもしれませんね。そこで受験する資格を探す際に参考になりそうな項目を挙げました。1. 資格取得の目的、進路、興味のあるもの、惹かれるもの 仕事で活かすためや就職・転職のためであれば、それに関連した資格を目指すのが一般的です。希望する職業や職種が決まっていれば、取得すべき資格 [続きを読む]
  • 過去の記事 …