Kizax さん プロフィール

  •  
Kizaxさん: 公立ひとすじ東大卒パパの2022中学受験マネジメント
ハンドル名Kizax さん
ブログタイトル公立ひとすじ東大卒パパの2022中学受験マネジメント
ブログURLhttps://ameblo.jp/kizax/
サイト紹介文地方公立高出身の東大卒パパが息子の中学受験対策を通して子供の能力開発に役立つノウハウをシェア
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 28日(平均8.0回/週) - 参加 2018/10/23 19:34

Kizax さんのブログ記事

  • 【大学からの海外留学】AGOS は使える?
  • Kizaxが20代前半でちょっだけ検討したことがあるMBA取得。英語もファイナンスも独学で修得できたので、考えるのをやめてしまった。当時、渋谷にあったMBA対策予備校 The Princeton Review (たしか)という会社がAGOSという社名に変わり、大学からの海外留学の入試対策もやっている?要リサーチ。http://www.agos.co.jp/ [続きを読む]
  • 【学校説明会】渋谷教育学園渋谷 - 自調自考
  • 11/17(土) 渋渋学校説明会 開始30分前に会場入りして、ざっと席数を数えたところ、2,000弱…「こんなに多いの⁉?」と驚いたが、なんとライブ中継でメイン会場とは別に2つの会場が用意されており、参加申込数は約6,000名とのこと!! (学校長談)- Key Takeaways - 教育目標・「自調自考」の力を伸ばす・国際人としての資質を養う・高い倫理観を育てる特長・「シラバス」にもとづく3ブロック制カリキュラム Aブロック(中1・中2), [続きを読む]
  • 【塾選び】ena (9769:学究社)取締役副社長はスゴい人!
  • 現在小学3年生で、中学受験される予定のご家庭では、そろそろ2019年2月からはじまる新4年コースで入る塾の選定プロセスが大詰めを迎えていることでしょう。すでに「ここに決めた!」という方も多いはず。 チームKizaxは、ほぼ日能研 で決まりです。12/2(日)の学ぶチカラテストの結果を見て、特段サプライズがなければ、そのまま入塾決定(応用クラス)になりそうな情勢。(日能研組の方々、どうぞよろしくお願いします!) さ [続きを読む]
  • 【日本史】渋幕 おそろしく「東大的」
  • 新幹線のなかで、小3SAPIXオープンを受けたときにもらった「教科別入試問題分析 2018年度中学入試」という冊子を読んでいたら、今年の渋幕の歴史分野の出題に驚きました…。― 引用はじまり―下線部 i に関して、この参勤交代について江戸幕府は3代将軍のときに出した武家諸法度中で次のように定めています。※もとの史料を現代文に改め、内容も分かりやすく直しています。大名が国元(領国)と江戸とを交代するよう定めるものであ [続きを読む]
  • 【学校では絶対に教えてくれないこと】多額の教育費にそなえる
  • 先月、大学時代のインターン同窓生向けに初開催した「長期的な資産形成のための株式投資・企業価値研究」勉強会が好評だったので、Kizaxの勤め先の会社(親会社)で、若手〜中堅社員向けに少しレベルをおとして(初心者向けに) 同様のテーマで勉強会を開催してみました。子どもが生まれたばかり、あるいは幼い子をかかえたパパが増えてきたので。 3時間半で、参加費1,500円。ほぼ場所代(貸し会議室)だけ。いちばん嬉しかったのは、参 [続きを読む]
  • 【最強エリートの勉強法】Study Hacker
  • Kizaxおすすめのスマホアプリ Study Hacker の「勉強」タブに、受験生の子を持つ親御さんにぜひ読んでいただきたい記事があったので、シェアします。https://studyhacker.net/columns/elite-study-methodとくに、勉強法その2: 全体像の把握から入るが100万回くらいうなづけます。このアプローチの大切さが分かってない人がいかに多いことか…。勉強で成果が出ない人は、「頭が悪い」んじゃなくて、「成果を出せる勉強法」を分かっ [続きを読む]
  • 【野球】名監督 落合博満から受験生の親が学べること
  • 今日は、Kizaxが新入社員時代から読んでいる、土井英司さんの「ビジネスブックマラソン」で紹介されていた本に着想を得て、 野球チームのマネジメントから中学受験生を支える親(監督)の役割、心掛けを考えてみます。うちの長男(小3)は今年の初めから地元の少年野球チームに入って、毎週土日に練習に励んでいます。9月、10月は毎週末のように模試が続いていたので、練習を休みがちになってしまいましたが、また11月からは可能な限 [続きを読む]
  • 【国語】小学生のうちにぜひ読んでおきたい170冊
  • 小学校低学年における国語力、読解力を身につける学習法については後日別途記事にするつもりですが、「どんな本を渡してあげたらよいか」と悩む親御さんたちのために、素晴らしい読書リストを発見しましたのでシェアします。小学生のための読解力をつける魔法の本棚 できる子は本をこう読んでいる [ 中島克治 ]1,404円楽天著者は麻布学園の国語科教師。「子どもの国語力をつける家庭はここが違う!麻布学園現役国語教師が教える家 [続きを読む]
  • 【YouTube】なぜ勉強するのか? - ヨビノリ
  • おはようございます。書くべき記事のバックログが頭の中に膨大にあるのに、毎日毎日次から次へと新しいコンテンツが舞い込んできて、なかなか思うようにエントリーの蓄積が進みません…。また緊急投稿になってしまいました。お子さんから「どうして勉強しなきゃいけないの?」と聞かれたら、なんて答えますか? 一度は聞かれたことのある問いではないでしょうか?予備校のノリで学ぶ大学の数学・物理 (通称/略称 ヨビノリ)という [続きを読む]
  • 【EdTech】筑駒OBが作った英単語学習アプリ
  • 昨日行ってきた筑駒文化祭にちなんで、筑駒OBが作った英単語学習アプリをご紹介します。ベンチャーキャピタル業界やインターネット系スタートアップ界隈の動向に詳しいビジネスパーソンならよく知っているでしょうが、中学受験・高校受験応援ママさんたちの間での認知度は決して高くないのではないかと思いまして。その名も”mikan(みかん)" ご本家 “SAPIX”からの連想で命名した私のハンドルネームと発想が似ていて応援したくな [続きを読む]
  • 【知的格闘技】筑駒文化祭でディベートを観戦
  • 筑駒弁論部vs開成弁論部によるモデルディベート。テーマ「日本はSNSの匿名の利用を禁止するべきである。是か非か?」否定側: 開成高校 肯定側: 筑駒高通常ルールよりも各ターンの時間を短縮したショートバージョンで対決。勝敗のジャッジは、会場のオーディエンス。Kizax家は、妻も、小3の長男も、私も一致して開成に軍配。37対10で開成の勝利!小3でも、どちらのロジックに説得力があったか判定できるってスゴいね。はじめてデ [続きを読む]
  • 【数学】素数の神秘 -筑駒文化祭
  • 今日まる一日家族総出でレジャータイムを過ごした筑波大学附属駒場中学校・高等学校の文化祭でのパソコン研究会の展示内容に興味津々。素数発見のアルゴリズムを部員たちが作っていた。 これを踏まえて、Kizaxは以下の本(ブルーバックス)に進む。中学受験の出題範囲とかどうでもよく感じてしまう…。中学受験合格のためではなく、ただ単に探究心を刺激されるから。自分で感じて、学びを深める手段も完全に自由。素数が奏でる物語h [続きを読む]
  • 【タダで英語学習】RADIO JAPAN
  • 今日は土曜日。また、四谷大塚の全国統一小学生テストの実施日でもあった。そちらについては、わが子のデキを記事にしても面白くないでしょうから、はじめて英語教育系のポストにトライしてみます。Kizaxは東大受験を決心していた高3時代、東大英語のリスニング対策として、NHKラジオの「ビジネス英語」を聞いていました。まわりに東大合格者がいなかったので、もっぱら頼りにしていたのは『私の東大合格体験記』という本。当時か [続きを読む]
  • 【公文】あなどれないその効用
  • 受験ブログに定番のトピック、どうする「くもん」。サンプル母数が少なすぎて(だってN=1だもん)、統計的な有意性はまったく保証できないけれど、よく巷の「教育ママ」が推奨しているとおり、幼年期〜小学2, 3年生くらいまでに「くもん」に手をだすのは基礎学力を論じる以前の「態度形成」、とくに算数に苦手意識をもたせないための打ち手としてかなり有効なのでは?と思っている。Kizax長男は、小学2年(2017年)の6月から始めた。 [続きを読む]
  • 【習いごと】プログラミング教育全盛時代の逆張り戦略
  • Kizax長男は小2の5月からお習字を習いはじめた。私が薦めたのではなく、ペン習字を趣味とする妻が「やってみない?」と本人に聞いてみて、すんなり「やってみる」となり、近所で同級生のママさんが自宅でやっている習字教室に通っている。さして深い考えもなく一切介入せずに黙って見てきたところ、まぁ上達スピードの早いこと。パパの中学生時代よりだんぜん達筆になった。考えてみれば、これからますます小学生低学年向けにも「 [続きを読む]
  • 【Edtech】スタディプラス
  • インターネット企業で働いていた経歴のあるKizaxはEdtech (Education教育+Technology科学技術=エドテック; ITによって教育を変革) も子どもの能力開発にバンバン取り入れていきます。 おもに高校受験・大学受験、社会人の資格試験勉強などに使われている学習記録アプリ「スタディプラス」https://www.studyplus.jp/ 日本経済新聞社などの経済系媒体に何度も登場しているので日経新聞を読んでいるパパさんたちは知っていても、中学 [続きを読む]
  • 東大合格者ノートの美しさ
  • 楽天ブックスで、「東大生」「ノート」で検索すると、たくさんの本がでてくる。「東大合格生のノートは必ず美しい」(太田 あや, 2008年) をはじめとして、大人にとっても、子どもにとっても、「ノート術」はかなり根強い人気のある普遍的な「学習効率化」スキルのようだ。単に、板書や講義内容を転写するだけでは、自分の頭を使うトレーニングには全くならない。Kizax自らの体験を振り返ってみると、「自分専用の参考書」や「あと [続きを読む]