philosophical さん プロフィール

  •  
philosophicalさん: 漫画闇金ウシジマくんの人間学
ハンドル名philosophical さん
ブログタイトル漫画闇金ウシジマくんの人間学
ブログURLhttps://usijimakunnoningengaku.com
サイト紹介文闇金ウシジマくんの脇役には人生がある!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 49日(平均7.3回/週) - 参加 2018/10/26 11:12

philosophical さんのブログ記事

  • ゲストハウスの管理人の幸
  • 見合いや家長が結婚相手を決めていた時代の反動で、現代の結婚は親の参考意見さえも聞かない風潮です。むしろ、親の反対を押し切る事が大正義のような価値観です。その結果、相手選びの基準が楽しい人とか遊び友達選びのようになり、生活が成り立たない家庭が出来上がります。遊び感覚なので、別の楽しい相手が現れると、そちらに移ってしまったり。そして離婚が当たり前のように増えました。ゲストハウスの管理人の幸も、不毛な借 [続きを読む]
  • 肉まんまさんに見る、境界で生きる人々
  • 保護されるほど低いIQではなく、かといって人並みに考える事ができない境界の人。こういう人たちは学校を卒業すると、どうなってしまうのでしょうか。その答えが肉まんまさん。肉まんまは、食べたいものをすきなだけ食べて、朝からパチンコをする。ブクブクに太って歯が無いけど、客をとって日銭を稼いでいる。全部がデタラメで見ていて笑えるけど、その背景を知ると切なくなる。 目次 おバカキャラでは済まない人生男の場 [続きを読む]
  • 上京する女を食い物にする尚也
  • ヤンキーがわかりやすい粗暴な犯罪で捕まるのに対し、大学生の犯罪は陰湿で卑怯だ。法にひっかからないよう言い訳を用意した、汚い犯罪手法をとる。そういう事が卑怯だと感じる神経がなく、賢いとさえ思っている。大学生の尚也は学生という社会的身分に守られながら、女性を金に換えている。上京して守ってくれる人が居ない女性をターゲットに選ぶ。酒に何かを混ぜたり、女から金を盗んだりする小悪党な大学生が増えた現象を、尚也 [続きを読む]
  • 美人局があらわれた!
  • ウキウキの気分が一転して、萎え萎えになる美人局という犯罪。物陰から男が出てきて「俺の女に何してんだ?!」というのは古い。今は「未成年に何をしてんだ?!」というスタイル。そんな定番のコント型犯罪をする連中とは。 目次 女一人に男二人くらいのチーム被害者の社会的地位を調べてむしり取る 女一人に男二人くらいのチーム真鍋昌平著「闇金ウシジマくん4巻」小学館女は、田舎から家出した10代の少女、まいた [続きを読む]
  • 渋谷はどうしようもない人が集まりやすい
  • 何かあると、渋谷はすぐに騒乱が起こります。ハロウィーンもW杯も、祭りと言うより暴動に近いです。街が常に変化しているから、そこに居るだけで自分も変わったと思える街です。だから成長する事ができない、どうしようもない人が集まりやすいのです。 目次 即席感覚の人たちトローンとした人男もどうしようもない渋谷から抜け出せない人たち 即席感覚の人たち渋谷にできたラーメン店が、3ヵ月後にはケバブ屋になって [続きを読む]
  • 中身が無い人ほど人脈を広げたがる
  • 中身がない人ほど、人脈を広げようとする。有名な知り合いがいると、まるで自分がその有名人と同じステータスにいるかのように自慢する。自分に何もないから、他人に乗っかろうとする。すぐに「〇〇さんと友達で」と言ったりするが、相手は友達と思っていない。電話帳のメモリがパンパンになるくらい知り合いがいても、困った時に助けてくれる人はいない。そんな虚しい人の話。 目次 イベント屋の中西さん広告代理店の上原 [続きを読む]
  • 騙しの手口
  • 詐欺事件が起こる度に、被害者をバカにする風潮があります。被害者は本当に愚かなのでしょうか?騙しの手口は定型のフォーマットがあります。普通の人が不安や不幸で判断力が弱った時に、騙しの手口にひっかかります。身体が弱った時に風邪をひくのと同じように。。。 目次 お金に困った状態の被害者詐欺の役者は複数 お金に困った状態の被害者あまり働いていない宇津井優一を持つ母親、宇津井美津子の場合。ウシジマ [続きを読む]
  • ヤンキーは心が狭い
  • たまに良い事をすると目立つので、ヤンキーは実は良い人みたいな風潮がある。だが、実際は心が狭い者の方が多い。他人に少しでも付け入る隙きがあると、大声で責める。どうしてそんなに、他人に対して攻撃的なのだろうか?彼らの中では、社会の方が先に自分たちを見捨てたとなっている。 目次 現状に不満を持っているヤンキー心が狭いのは嫉妬のため 現状に不満を持っているヤンキーヤンキーと言っても、中・高あたり [続きを読む]
  • 売れないグラドル・モデル崩れの末路
  • グラドルやモデルを名乗る人が増えた。そこまで多くの需要がある仕事でしょうか。実際、ありません。当然、仕事にあぶれる人の方が多いです。そういう人を待ち受ける末路とは。 目次 自称グラドル・モデルは日銭を稼ぐ愛人になったり成り上がったり 自称グラドル・モデルは日銭を稼ぐグラドルやモデルを名乗っても、その仕事はない。彼女たちは何をして稼いでいるのか?若い小金持ちが開くパーティーや合コンに参加す [続きを読む]
  • 「知り合いのヤクザ」の正体
  • コンビニ前にタムロしている、態度の悪いヤツらの言う「知り合いのヤクザ」とは、どの程度の者なのだろうか。安アパートに住み、居酒屋に行くお金がないのでコンビニ前でタムロしているレベルが召喚するヤクザとは? 目次 ヤンキーにとってヤクザの知り合いは切り札ヤクザも犯罪は不慣れ ヤンキーにとってヤクザの知り合いは切り札とてつもない切り札のように、コンビニ前にタムロする男は言う。真鍋昌平著「闇金ウシ [続きを読む]
  • 地味な保険外交員、瑠璃
  • 男は地味な女性なら、大概の事は許してもらえると思っている。不美人なら、何をしても許されるものと思っているかも知れないが、堪忍袋は容姿に関係ない。男女ともに、異性を外見によってランク付けをする。しかし男は露骨に、わかりやすく女性にそれを伝えてしまう事が多い。地味な保険外交員の瑠璃は、中年会社員の加茂と不倫をしている。その加茂に、どうでもいい女扱いをされた時、瑠璃はキッチリ報復する。 目次 容姿 [続きを読む]
  • 後輩女子を恐喝する卑劣な男子大学生
  • フーゾクくん編大学くらいから、卑劣でゲスな事をする男子大学生が出てくる。女子に酒を飲ませて乱暴や、金銭を盗む。まだ人生に負債を追っていない男子大学生が、卑劣な犯罪をするのは何故か?高校までの、親や学校のタガが外れて、その人間の本性が出始めるのが大学の頃。若気の至りと違って、卑劣は性格なので一生治らない。朝倉もその一人。 目次 後輩をしつこく口説く先輩大学生卑劣さは性格だから治らない 後輩 [続きを読む]
  • 闇金ウシジマくんでのパチンコ
  • 闇金ウシジマくんには、沢山の破綻家庭が出てくる。その中で多いのがパチンコによる貧窮家庭だ。人は何故、失敗を忘れて依存をしてしまうのか。 目次 パチンコは儲からないパチンコは中毒になるパチンコは脳内麻薬が出る パチンコは儲からない真鍋昌平著「闇金ウシジマくん1巻」小学館「パチンコ店なんて、客20人に1人が勝つ設定だから、通いの素人はまず勝てねェ。」それなのにパチンコ依存症の人は、負けをパチンコ [続きを読む]
  • ナマポの佐古彰(さこ あきら)
  • 生活保護くん編ナマポというのは生活保護受給者の略。少し侮蔑の意味が含まれる。生活保護の在り方が議論される際、過剰にはれ物に触るように扱うか、甘えとして糾弾するかのどちらかに偏る。ウシジマくんでの扱い方が、最も等身大で公平なものに思えました。不正受給の現実もありつつ、人の可能性を説教くさくなく教えてくれます。基本、ウシジマくんがむしり取る構図ですが、ウシジマくんの「・・・」には、読み手によって様々な [続きを読む]
  • スーパータクシー諸星
  • スーパータクシーくん編なりたい職業を聞いて、タクシー運転手がランクインする事はない。だが、この職業は多くの人が接する。それに数十分、同じ空間を共有する距離感の近いものだ。遠回りしたり態度が悪いドライバーに遭遇した話もある。だが、運転手が嫌な客に当たる方がずっと多い。客の毒気にあてられた運転手の中で、我慢が利かなかった者が別の客に仕返しをしている。グッと堪えている運転手の方が多い。諸星もそんな運転手 [続きを読む]
  • 肉蝮っつーキチ〇イだ
  • 電話口の尚也の悲鳴に心配するジュンだが、尚也に熱湯を浴びせている肉蝮が割って入って「大丈夫、俺は全然熱くない」と笑う。常識人は色々な事に縛られて生きているため、肉蝮の事を痛快に感じてしまう。無論、自分が絡まれたらそんな事は言っていられないが。他人が肉蝮に絡まれている分には、怖い者見たさで興味がわく。 目次 誰もが肉蝮をキチ〇イと言う肉蝮は小悪党が大好物 誰もが肉蝮をキチ〇イと言う真鍋昌平 [続きを読む]
  • ぶん殴られるピース尖閣
  • 毒づく♪毒づく♪ピース尖閣!!でおなじみの元芸人。人を笑わせるのが好きな芸人というより、単に金にがめついおじさん。芸人として売れなくなった後は不動産投資などをするが失敗し、今は株の投資会社の広告塔に。自らも出資しています。全部がうさん臭いです。当然、騙されてます。 目次 一発屋ピース尖閣投資信託詐欺の広告塔 一発屋ピース尖閣真鍋昌平著「闇金ウシジマくん23巻」小学館安っぽい芸でも出し渋りを [続きを読む]
  • 中年の恋愛は気持ち悪い
  • テレクラくん編より42歳でギャルファッションのギャル代(吉永美代子)と、腹の出たおじさん野村の気持ち悪い恋愛。中年が恋愛ではしゃぐのが気持ち悪いのは何故なのか?自由とは言え、大人は分別が必要。 目次 中年の恋愛はねっとりしている中年の恋愛は、最後は泥仕合 中年の恋愛はねっとりしている中年の恋愛には爽やかさがない。そこには、中年になってたまった人生の老廃物みたいなものを、誰かになすりつけようと [続きを読む]
  • G10と書いて後藤と読む
  • 原宿界隈で有名なオシャレ皇帝。その中身はペテン師。人は派手なペテンに惹かれる。 目次 雰囲気だけで嘘くさいG10AZEMICHIって何?G10はサイコパスG10が行く店もイカれている 雰囲気だけで嘘くさいG10ストリート系のファッション誌で表紙を飾ったりする。モデルというわけではなく、読者モデルのようなもの。地に足の着いた人には嘘くさい人物と言われるが、フワフワしている人には圧倒的に支持されている。そういう [続きを読む]
  • パチスロで生活する村田
  • フーゾクくん編よりパチンコ屋の前に並んでいるような人は、どんな人なのだろうか?その一人が、この村田。働きたくないから、就職までの猶予期間で始めたパチスロ。10年たってもやり続けている。 目次 パチスロをして時間を失うパチスロは辞める時期が決まっていないたまに勝つからやめられない パチスロをして時間を失う真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館村田がやっているのはパチスロだが、若い者に交じっ [続きを読む]
  • 歌舞伎町のスレた杏奈(あんな)
  • フーゾクくん編より美人なので売れていたが、スレていて売り上げが下がってきて焦っている。普通の女子大生が、夜の仕事をはじめたキッカケ。 目次 杏奈はいつでも不機嫌杏奈が風俗をやりはじめた理由若い女の散らかった部屋後輩と比較されて、半泣きになる杏奈ヒモの芳則とヨリを戻す 杏奈はいつでも不機嫌売り上げが落ちてきて、イライラして誰に対しても不機嫌。真鍋昌平著「闇金ウシジマくん5巻」小学館どこにで [続きを読む]
  • 追い出し部屋の陰湿さ
  • 会社員が自分から辞めるよう仕向けるための追い出し部屋。なんでそんなに回りくどい部屋ができるようになったのか?社会の裏側をリアルに表現する、闇金ウシジマくんでの追い出し部屋。 目次 追い出し部屋板橋のケース曾我部のケース追い出し部屋が生まれた背景 追い出し部屋板橋のケースサラリーマンくん編より。板橋の追い出し部屋は、オフィスの一角の間仕切りもない場所に設置されている。今日日のオフィスは、間 [続きを読む]
  • 汚い言葉遣いの愛沢の嫁
  • ヤンキーくん編より愛沢曰く、ブスで一緒に住んでいるだけの女こと、愛沢の嫁。一児の母だが、お母さんらしくない汚い言葉遣いをする。 目次 汚い言葉遣いの女男選びを失敗子供の前でも平気で口論する自称、曲がったことが嫌い 汚い言葉遣いの女愛沢が後輩を引き連れて、妻子と住んでいる狭いアパートに帰ってくる。そこで嫁と押し問答になる。出典 真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館後輩が見ている手前、愛 [続きを読む]
  • 食べ方が汚い滑皮秀信
  • 凶悪、滑皮秀信は食べ方が汚い。背中を丸めて犬のようにガッツガツと食べる。それに関する説明は一切ないが、滑皮の凶悪性と食事には関連がある。 目次 汚い食べ方は子供の頃に原因がある食べ方が汚い人は他も欠落人はやっぱり見た目 汚い食べ方は子供の頃に原因がある真鍋昌平著「闇金ウシジマくん2巻」小学館子供が物心ついてきて、最初の内にならうのが食事についてだ。箸の使い方や、いじきたない食べ方にならな [続きを読む]
  • 刈ベーの彼女のモエコ
  • フリーエージェントくん編より中卒で職業不詳の女の子。特に何もする事がないから、刈ベーの彼女に収まっている。 目次 流されやすい女の子モエコの歯は汚い流されてマルチの商材を買う 流されやすい女の子モエコのファッションは、例によって全身ド〇キファッション。ダボダボでド派手。アクリルっぽい生地のパーカー上下。靴はクロックス。寝起きの部屋着みたいな恰好で、どこへでも出かける。他人にどう思われるの [続きを読む]