シングルKids さん プロフィール

  •  
シングルKidsさん: おひとりさまの団地暮らしの日々
ハンドル名シングルKids さん
ブログタイトルおひとりさまの団地暮らしの日々
ブログURLhttps://danchisingle.hatenablog.com/
サイト紹介文おひとりさまの人も結構多い団地生活。そんな団地の一人暮らしの日々を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 24日(平均9.9回/週) - 参加 2018/10/26 14:39

シングルKids さんのブログ記事

  • カーテンはニトリがおすすめ
  • 部屋作りで頼りになるのが、ニトリ・IKEA・無印良品といったところでしょうか。このうち、IKEAは近くにありませんので、対象外。こまごましたものは100均でも大丈夫ですが、長く使うとなるとしっかりしたものが欲しくなります。となると、やっぱりニトリと無印良品にお世話になることになります。引っ越し前は、ニトリはほとんどいったことがありませんでした。引っ越しをきめてからは頻繁に行くようになったのですが、品ぞろえは [続きを読む]
  • 不動産売却は苦戦中
  • 自宅を売りにだして早3か月。残念ながらまだ売却できていません。路線価がいくら、公示価格がいくらだの言っても買い手が現れなければ、結局値段はついていないことになります。一人でも買い手が現れれば、値段のめどはたつのですが。売り手のこちらとしては不動産屋さんに任せるしかないわけで、うまいこと家を買いたいと思っている人をどれだけ引っ張ってこられるかが実力になるんでしょうね。不動産屋さんとは専任媒介契約を結 [続きを読む]
  • UR 住んで感じた違和感の正体
  • 住み始めてまだ日が浅いものの、URに対してはあまり不満はありません。ですが、なぜか違和感を感じていて、それもあって住んでみての感想を何日か書いていたのです。その違和感がなんなのかようやくわかりました。URのエリア内の公園に子どもの遊ぶ姿が無いのです。まあ、無いというのは言い過ぎですが、いかにも子供が遊ぶために作られた公園で遊ぶ姿はあまりみかけません。事故が起きて全国規模で減少しているブランコとかシーソ [続きを読む]
  • UR住宅 しばらく暮らしてみての感想 その3
  • URに住んでみての感想、もう少し続けます。とにかく閉口するのが、郵便ポストに入れられるビラ・チラシの量。内容は高齢者向けの商品、新築マンションの案内、政治家、宗教、といったところです。午前に郵便物を取りにいって10枚くらい、それを捨てても夜行ったら5枚くらいは入っています。普通のマンションなら、管理人が目を光らせていますから配布する人もちょっと入りづらいでしょう。効果があるかわかりませんが、ビラ・チラ [続きを読む]
  • UR住宅 しばらく暮らしてみての感想 その2
  • 引き続き、UR住宅に住んでみての感想です。前回は「トイレが広い」と書きましたが、実は設備の中で広いと感じたのはトイレくらいです。全体的に高齢者仕様になっているのでしょうか。まず、お風呂は狭いです。浴室内の暖かさを優先したからなのかもしれません。浴槽自体はそれなりの大きさですが、それでも欧米人並みの体格の人はちょっとつらいかもしれません。それよりも身体を洗うスペースが狭いです。身体を動かすにも物にぶつ [続きを読む]
  • UR住宅 しばらく暮らしてみての感想
  • URに引っ越して何日か経ちました。URのことを語れるほど知っているわけではありませんが、これまで感じたことを書いてみます。1.女性のお年寄りが多いなんといってもこれでしょう。昭和の高度成長期に地方から東京に出てくる人が激増して、その住居をまかなうために各地に団地が作られました。当時の若者たちが団地の対象者だったんですね。月日が流れ、子供が結婚する世代になりました。しかし子ども夫婦と2世帯で住むには狭す [続きを読む]
  • UR引っ越し当日の誤算
  • 引っ越し当日の出来事を書いてみます。以前も書きましたが、家具類はまったくもっていきませんので、当日動かすのは体一つと身の回りのこまごましたもののみ。あとは電気製品とベッドの到着を待つくらいです。一応スケジュールは以下のように組んだのですが、その通りにいかないのは世の常。8:00 新居到着 電気・水道確認午前 冷蔵庫・洗濯機納品・設置、ガス開通立ち会い12:00〜15:00 TV納品・設置15:00〜17:00 ケーブルTV [続きを読む]
  • ライフライン(電気・ガス・水道)を申し込んでみたら
  • 電気・ガス・水道のライフライン。申し込み自体はネットでできますので、それほど手間はかかりません。ただ、「事前に」とありますので、余裕をもって申し込む必要があります。もちろんURからくれる資料にも書いてありますが、アクシデントなども考えられますので、かなり余裕をもつことをおすすめします。まずは、電気。以前も書きましたが、新住所での申し込みの内容によってはで電力会社側が住所を認識できない場合があります。 [続きを読む]
  • URの住所表示
  • ご存知のとおり、URの団地はたくさんの棟で構成されていることが多いです。困るのが住所の扱い。市内でもかなりのエリアを占めることが多いので、団地だけで*丁目となることも少なくないでしょう。そこでよくわからないのが団地の住所表示です。最初の内覧の時に渡された案内図には「**市**町**丁目」としか書かれておらず、その後は住戸番号だけでした。「**号棟**号室」という感じです。こちらは正確な住所を知りたい [続きを読む]
  • UR 鍵を受け取った後は
  • 鍵を管理センターから受け取れば、もう自分の部屋となります。まだ搬入前ですから、何も置いていない部屋です。今後別の場所に引っ越すまでは、この部屋には何かしらの家具類があるわけで、今だけの景色になります。せっかくだから記念に写真を撮っておきましたが、考えてみるとURのサイトでは募集中の部屋の内部を写真で公開しています。別に写真はいらなかったですね。入ってみると、当然室内は内覧当時のままです。どのURも同じ [続きを読む]
  • 電気ガスの申し込み 自由化ってなんでしょう?
  • 団地暮らしでなくても引っ越せば必ずやらなければならないのが電気・ガス・水道の手続き。訳あって、新規申し込みになります。電気・ガス・水道の順にWebで手続きをしましたが、まあわかりづらいこと。東京電力も東京ガスも、電気・ガスまとめて申し込むのがオトクですぜ、とばかりにやたらまとめるのがお好きなよう。ところが、やたら選択させる割には説明がわかりづらく、何を選んでどうすればいいのか、さっぱりわかりませんで [続きを読む]
  • 鍵の受け渡し当日
  • ちょっと順番は前後しますが、UR入居可能日になり、鍵を受け取りにいきました。場所は管理センター。事前に受け取り日時の連絡を入れなければなりませんが、そのためか受け取り自体は特に問題もなく極めてスムーズ。持参物は、賃貸住宅かぎ引き渡し通知書と、賃貸借契約書、免許証と印鑑といったところ。でも賃貸借契約書は特に確認しなかったような。鍵を受け取ったら書類に署名押印します。鍵の他には管理センターの連絡先とか、 [続きを読む]
  • 引っ越し作業記録 引っ越しは事前の計画が大事です。
  • 引っ越しにあたり、旧居からは自転車で行き来できる距離なので、引っ越し屋さんを使わないと以前書きましたが、そうなると事前の計画が必要になります。何せ体はひとつしかありません。家電や家具の搬入、設置には立ち会わなければなりませんから、その時間に動くことはできません。邪魔になりますので大物家具の設置が終わるまでは、こまごましたものは部屋に置かない方がいいのはわかりますよね。ですから、第一優先は冷蔵庫と洗 [続きを読む]
  • 引っ越しのあいさつ。するべきかしないべきか。
  • 団地住まいとなれば、一軒家とはちがった近所付き合いが求められます。コンクリート造りとはいえ、壁一枚隔てて別の家族が暮らしているのですから当然でしょう。そこで悩むのは、賃貸住宅の引っ越し時のあいさつ。やがて毎日のように顔を合わすので必要ないという考えもありますし、実際転居時のあいさつをしない人も多いようです。特に女性一人暮らしの場合は、セキュリティの面からもしない方がいいと書かれている本もあります [続きを読む]
  • 住所変更手続きが必要なもの(公的機関)
  • 契約締結時に、URからは「住まいのしおり」なる団地生活にあたっての手引書のようなものをくれます。入居関係も結構書かれていて、団地初心者でもそれなりに団地生活がイメージできます。その中に、「住民登録」という項目があり、入居後14日以内に市区町村に住民登録をするように訴えています。まあ、住民登録自体が14日以内とされているのでそれはいいのですが、住民登録すればおしまいというわけではない人も多いはず。例えば [続きを読む]
  • 引っ越しの住所変更手続きの憂鬱
  • 引っ越しで一番憂鬱なのが、引っ越し作業ではなく住所変更とその手続き。なにせ40年近くも住んでいた家を引っ越すのですから、何に住所登録したかを覚えているはずもありません。いくら泣き叫んでも、わからないものはわかりません。引っ越しを意識し始めたら、郵便物は捨てないでとっておいた方がいいです。「あ、こんなとこに登録してた」というのが必ずありますから。引っ越しのガイド本読んでも、「クレジットカードなどの移転 [続きを読む]
  • UR契約から入居までの手続き
  • ここでは契約後から入居までの手続きについて書いていきます。契約時にURから渡されるのは賃貸契約書をはじめとして、もろもろの細則や団地の暮らし方ガイドなど。結構な数の書類になります。その中でちょっと異色なのが、ライフラインの手続き。電気・ガス・水道の申し込みについては、入居者自身が行うよう、一番最初に説明された資料にありました。特に電気については自由化に伴い、入居者が自由に選べるのですが、逆に自分で調 [続きを読む]
  • 賃貸住宅の壁や柱に釘はうてません。ではどうするか?
  • 自己所有の家から賃貸住宅に引っ越した時に、一番気を使うのは原状回復でしょう。これまでは画鋲でも釘でも柱だろうが壁だろうが、全然意識せずに打ち付けていましたし、少しくらい汚れていても面倒くさければ掃除しなくても罰金を取られるわけではありませんでした。賃貸住宅の場合はそういうわけにはいきまえん。何しろ他人様の家に住むのですから、退去するときには元の状態にもどさなければなりません。比較的太っ腹なURも同じ [続きを読む]
  • 不動産売却の手続き(媒介契約後)
  • くどいようで申し訳ありませんが、これを書いている時点では自宅は売却できていません。なので、経験談ではありませんが、不動産屋さんから売却手続きについてレクチャーを受けていますので、それを書きたいと思います。買い手が見つからなかった場合、契約(大体3か月です)はそこで一旦終了となります。改めて契約しなおすか、別の会社に頼むかの判断になります。3か月の間にはいろいろ提案を受けると思います。一番多いのはやは [続きを読む]
  • 自宅売却手続き経験談 その1
  • このブログを書いている時点では、まだ自宅は売却できていません。やはり部屋を借りるのとでは、レベルが違います。人生で一番高い買い物になるだろう不動産ですから、そう簡単には決まりませんね。ここで不動産売却のプロセスを書いてみたいと思います。ポチっと応援していただけると嬉しいです! 売却すると決めたら、まず不動産屋さんに行くことになります。住所や広さなどを伝えると概算の金額をすぐ出してくれます。大体 [続きを読む]
  • 引っ越し屋さんに頼まないとしたら・・・
  • 今回引っ越すにあたって、引っ越し屋さんには頼まないことにしました。場所が近所ということもありますが、電気製品や家具は新しく買うからです。持っていくのは服と本、それにCD・DVDや食器などのこまごましたもの。特に面倒だったのが服。もちろん断捨離はしますが、夏物・冬物とあるのでそれなりの量になってしまいます。そこで使ったのが保管サービスです。保管サービスはいくつかの企業が展開していますが、一番よさそう [続きを読む]
  • UR 一時払い制度利用時の本申込
  • ちょっと話を戻して。本申込をしてきました。私の場合、一時払い制度を利用しますので、本申込イコール本契約ということになりました。一時払いではない場合、審査などがあるのでしょう。本申込日と契約日は別々になるようです。本申込できるところは限られていて、「XX営業センター」「XX賃貸ショップ」という名称のところまで足を運ぶ必要があります。案内資料を見ると、ほとんどが駅の近くですね。予約制ではないようなので [続きを読む]
  • 50代シングルが賃貸を選ぶべき理由
  • このブログのタイトルはおひとりさまと入っています。おそらく、このブログをご覧の方も私と同じ50代シングルの方が多いと思います。50代シングルの場合、まずこれから子供を作る可能性はないでしょう。ということは、子孫に残す財産は必要ないということになります。中には、離婚されて子供の養育費を払っていらっしゃるかたもいるでしょうが、ちょっと複雑になりすぎるので子供がいない前提で、以下話を進めます。この年代にな [続きを読む]
  • 不動産 買うべきか、賃貸を選ぶべきか
  • ここで、少し視点を変えて、不動産は購入すべきか賃貸にするべきか、私の考えを書いてみたいと思います。不動産はその名の通り、動かすことのできない財産です。最近は災害が多くなり、必ずしも「動かない」とは言えなくなりました。それはさておき、不動産が高額で売買されているのは人の生活の基盤となっているからでしょう。住む家があってこそ、人々は安心して暮らせます。ですから、他人に干渉されない自宅をもつことが一番重 [続きを読む]
  • 新しく購入した家具
  • 家電の次は家具類。これはもう、何を買うか正解はありません。インスタだの、ブログだのに自分の部屋の写真をアップしているひとは数え切れません。部屋の構造、広さ、色合い、陽当たりなどに加え、好み、ライフスタイルによっても違ってきますよね。せっかく引っ越しをするのですから、できるだけ物は少なくしたいもの。というわけで、まず槍玉にあげたのが収納系です。大きな洋服タンスは絶対に買わないと決めました。とはいえ [続きを読む]