シングルKids さん プロフィール

  •  
シングルKidsさん: おひとりさまの団地暮らしの日々
ハンドル名シングルKids さん
ブログタイトルおひとりさまの団地暮らしの日々
ブログURLhttps://danchisingle.hatenablog.com/
サイト紹介文おひとりさまの人も結構多い団地生活。そんな団地の一人暮らしの日々を綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 51日(平均8.5回/週) - 参加 2018/10/26 14:39

シングルKids さんのブログ記事

  • 嗚呼 東京ウォーカー
  • 東京ウォーカー。創刊したのはバブルのころだったでしょうか。東京の情報を紹介する雑誌としては当時はぴあが断トツの存在で、ぴあと同じようなコンセプトのシティ・ロードという雑誌もありました。ポチっと応援していただけると嬉しいです! まだインターネットが世の中に浸透する前、コンサートなどの情報は雑誌に頼るしかありませんでした。その情報量が圧倒的だったのがぴあでした。ただ、このぴあ、情報だけの雑誌とい [続きを読む]
  • こんな料理本 どこかで作ってくれませんかね?
  • 料理のレシピをネットで調べてみると、よくひっかかるのがクックパッド。それぞれの家庭でひと工夫したような料理のレシピが掲載されています。どんな料理を作っているのか、家庭の中の状況がうかがえるようでなかなか興味深いものがあります。ポチっと応援していただけると嬉しいです! ただ、万人受けするかというとそうでもないような気がします。いくつか、クックパッドのレシピにしたがって作ってみたのですが、正直 [続きを読む]
  • やっぱり定番の力 NHK「きょうの料理」
  • 料理教室だけで料理ができるようになるわけでは、もちろんありません。何事にもトライアンドエラーを繰り返しながら、経験を積み重ねることで上達していきます。おひとりさまなら、料理は自分のためだけに作るもの。少しくらい失敗してもいいからどんどんつくってみましょう。ポチっと応援していただけると嬉しいです! そこで頼りにするのが料理本。料理の場合は、本屋に行けば何を選べばわからないくらいの料理本が並んでい [続きを読む]
  • 料理教室 通うならどこ?
  • ベターホームの料理教室に通ったのは1年だけ。男性だけのクラスは初心者向けのものしかありませんから、全課程を修了したらそれっきりになりました。同じグループの人は、イタリアンとかお菓子のコースに進んだ人もいましたね。当時の私はそこまでの必要性を感じなかったので打ち切りにしましたが、今なら他のコースに行ってもいいかなと思います。ポチっと応援していただけると嬉しいです! でもねえ、料理教室で作った料理 [続きを読む]
  • ベターホーム料理教室 体験記(2)
  • 料理教室の楽しさは、一人ではなくグループで作ることです。共同作業は苦手という人も多いでしょうが、同じ初心者グループですから、あまり気にしないですみます。みんな包丁の使い方もぎこちなく、男なので力だけはあるので材料をつぶしすぎたり、なかなか楽しかったです。ポチっと応援していただけると嬉しいです! そんな中、料理教室の一番のメリットは、料理のだんどりを学べることでしょう。最近は一つのお皿でずべての [続きを読む]
  • ベターホーム料理教室 体験記(1)
  • 私が料理教室に通ったのは、2007年のことですから今から10年以上前です。当時、母は存命でしたが年々体が弱ってきており、将来自分が料理することになるからでした。幸か不幸か、母は寝たきりになることなく亡くなったので、料理は自分のためだけに行っています。ポチっと応援していただけると嬉しいです! さて、私が通った料理教室のクラスはベターホームの男性初心者専門のクラスでした。年齢層はけっこうバラバラで、20代 [続きを読む]
  • 料理教室こそ最強の自己投資です。
  • 最近はどうか知りませんが、定年を迎えた男性がそば打ちを趣味にするのが流行した時期がありました。楽しそうではありますが、そのままずっと長続きしているのでしょうか。そばには詳しくないのですが、そば粉は産地によって味が違うのであれば、いろいろ食べくらべ(作りくらべ?)できるでしょう。でも、水や作る途中の過程によっても味が違ってくるでしょうから、なかなか安定した味はだせないのではないでしょうか。ポチっと [続きを読む]
  • 自炊のススメ
  • ひとり暮らしで一番大事にしなければならないのが健康。万一病気になってしまえば、すべて自分一人でやらなければなりません。緊急入院なんて事態は、想像するだけでぞっとします。大事な自分の体を守るのは日々の習慣であることは、常識ですよね。特に重要なのが食事です。手間がかからない外食についつい頼ってしまいがちですが、なるべく自炊の回数を増やしたほうがいいです。ポチっと応援していただけると嬉しいです! 外 [続きを読む]
  • 個人事業 メリットとデメリット(3)
  • 個人事業にも当然デメリットはあります。一番のデメリットが収入や社会的評価といったものの不安定性でしょう。収入についてはいわずもがなでしょう。毎月一定額の収入が保証されている会社員とは立場が違います。どれだけ頑張っても結果が出るとは限らないのがつらいところです。逆に何もしなくても収入を得られる可能性もまたあるのですが。ポチっと応援していただけると嬉しいです! さて、社会的評価。端的に現れるのがク [続きを読む]
  • 個人事業 メリットとデメリット(2)
  • 個人事業のメリットについてもう少し。会社員の所得はほぼ100%税務署に把握されているのはよく知られています。所得が給与所得だけの人が多く、会社から税務署に情報が行きますから、対策のしようがないですね。個人事業主は、節税の仕組みを最大限生かすことのできる立場にあります。これが最大のメリットといえるでしょう。別に法に背くようなことをするわけではないですよ。ポチっと応援していただけると嬉しいです! [続きを読む]
  • 個人事業 メリットとデメリット(1)
  • 給与所得者から個人事業主になって、一番大きな変化は収入の不安定さでしょう。会社員の場合、会社がよほどの事態にならない限り給料は支払われます。病気で休んでも有休休暇内であれば減額されることはありませんし、仕事も誰かが代わってやってくれます。それゆえ社会的な評価も高いです。URの入居条件も会社員なら、ほとんど問題ないでしょう。個人事業主の私は、URの入居で一括払い以外の選択肢はなかったことは以前書いたとお [続きを読む]
  • 確定申告の季節 サービス業は楽です(2)
  • 前回書いたように、私の現在の主たる職業は日本語教師です。ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、極めて薄給です。収入の安さは承知でこの道に進んだので別にいいのですが、実態を知らずに飛び込んでくる人も結構いますので、そういう人はショックを受けていますね。スーパーのパートの方が割りがいいですから。ポチっと応援していただけると嬉しいです! さて日本語教師の場合、多くは日本語学校で教えることで収入を [続きを読む]
  • 確定申告の季節 サービス業は楽です(1)
  • 2018年も12月になり、いよいよ押し詰まってまいりました。会社勤めの頃は、年末を感じるのは年末調整にハンコ押すくらいで、これといったイベントは最終日の大そうじと納会程度。この最終日と年始の日は、1週間もしないうちにどうせ顔を合わせるのに、年末と年始のあいさつをわざわざするのが苦痛でたまりませんでした。フリーランスになった現在はそういったイベントはなくなりましたが、確定申告の時期がすぐそこまで来ています [続きを読む]
  • CD・DVDの断捨離ルールは簡単に決まりましたが・・・
  • 量の多さで悩んだのはDVDとCDです。引っ越しは減らすいいチャンスです。デジタルものは今はPCなどに取り込めますので、捨てやすいとは言えます。CDは車を運転中に聞くか聞かないかで判断しました。聞くと思われるものだけ残し、あとはitunesでPCにとりこんだ後にブックオフに売りました。ポチっと応援していただけると嬉しいです! ところで、結構意外だったのは、CD創成期に買ったCDが予想以上に高く売れたことです。CDが本格 [続きを読む]
  • 本の断捨離 マイルール
  • 服に続いて断捨離しなければならないのは書籍類。服はまだ着る着ないの判断が容易ですが、本はなかなか割り切れません。20XX年版とか、その期間にしか使えないようなものはまだいいですが、辞書的にとってあるものもありますから、なかなか判断が難しい。「中山式捨て方メソッド」によると、取っておく・捨てる・売る・長期保存に分けます。1年読まなかったら捨てるに分類するそうです。ポチっと応援していただけると嬉しい [続きを読む]
  • 引っ越しで服を断捨離? 甘く見てはいけません
  • 以前も書きましたが、前に住んでいた場所から直線距離にして数百メートルですから、引っ越しにあたっては、自分で自転車や車を使って何度も往復しています。家具や家電は対象外でしたから、一番重く量があるのが衣服ということになります。断捨離の本をみても、一番槍玉に上がっているのが服です。着もしないのにタンスの中にある服がなんと多かったことか。自分としては引っ越し前にかなり捨てた(90Lのビニール袋3つ分)ので [続きを読む]
  • 物の捨て方・整理の仕方 達人の考えはいかに
  • URの部屋は内覧でいくつか見ましたが、1R中心のせいか収納がやや少ない印象です。その分は部屋に何らかの収納用のものを設置するか、断捨離して持っているものを少なくするかのどちらかになります。実は私は子どもの頃から整理整頓が極めて苦手。親や先生からどれだけ叱られたことか。とはいっても、50歳すぎのシングルですから、できるだけ持ち物は減らしていかなくてはいけません。いつどうなるかわからないので、なるべく面倒 [続きを読む]
  • URの資源ごみ収集は特別でした
  • 私が住んでいる地域では、ビン・カン・ペットボトルが同じ日に資源ゴミとして回収されます。一応、8時30分までに出すのがルールとなっています。朝出かけるついでに出すので、遅くとも8時ころには出していました。午前中いっぱいは回収しないことが多いので、時間を守らなくてもいいかなと思っていたのですが、そうでもないことがわかりました。たまたま遅くなって8時40分頃に捨てに行くと、ビンとペットボトルが入っているカゴは [続きを読む]
  • 冷蔵庫を購入する時の死角に注意
  • 家電の中で、レビューするのが難しいのが冷蔵庫だと思います。何せ、機能としては物を冷やすか凍らせるかだけ。製品によっては付加価値をつけているものがありますが、基本的にはこのふたつ。デザインにも独自性を発揮するのは難しい。さらには、冷蔵庫にいれておいたものが悪くなっていないか、見た目以外には料理してみないとわからないこと。そう考えると、冷蔵庫のCM内容を考える人の苦労がしのばれます。もっとも一番大変なの [続きを読む]
  • ベッドサイドのものおきは百均で
  • 以前の家の寝室は和室でしたから、床とほぼ同じ高さで寝ていました。なので、目覚ましやら水やら手にするものは枕元に置いておけたのですが、フローリングのURの部屋ではベッドになるのでそういうわけにもいきません。そこでベッドサイドに置くテーブルが必要になるのですが、これが小さい割には結構な値段のものばかり。それほど重いものを置くわけでもないのでそこまでのものは要りません。となると、100円ショップの出番でしょ [続きを読む]
  • UR 古紙回収からセキュリティを考えてみました
  •  新聞の古紙回収、URはどうなのかと思っていましたが、しっかりやってくれるんですね。しかも玄関先まで来てくれます。新聞配達だけかと思っていましたが、大変ありがたいことです。URに引っ越す前、古紙回収日にURの集合ポストがある場所を外から見てみても何も置いていなかったので、てっきりURでは回収してくれないものだと思っていました。30〜40軒近くの数で集合ポストの前に置いたら、収拾つかなくなるからでしょうね。ポ [続きを読む]
  • 部屋の暖かさと引き換えに空気清浄機の出番?
  • だんだんと寒くなってきて、TVでも定番のフレーズ「朝ベッドからすぐ出られなくなった」を耳にするようになりました。前にも書いた通り、私の部屋は暖かくて、そんなことはなく暖房も当面必要なさそうです。以前住んでいた一軒家とは5℃〜10℃くらいは違うと思います。いわゆる気密性の関係でしょうね。そのせいでしょうか、部屋の空気が前の家と比べると少々汚れているような感じを受けます。一軒家の場合は四方に窓があるので、 [続きを読む]
  • 買って失敗した家電は洗濯機
  • 買った家電がすべて満足したかというとそんなことはないわけで、買って激しく後悔しているものもあります。その筆頭が洗濯機。夜遅く帰宅することが多いので、乾燥機付きは必須でした。安いもので10万円前後するのですが、6万円を切る価格の洗濯乾燥機がありました。しかも日本メーカーの製品。迷うことはなかったですね。これ一択です。今でも家電量販店で売っています。90分というシールを貼ってあるところもありますね。利益率 [続きを読む]
  • 炊飯器はアイリスオーヤマ製で大満足
  • 引っ越しの時に買った家電。だいぶ使い勝手もわかってきました。買ってよかったものもあれば、とても残念なものもあります。まずは買ってよかったものをご紹介します。なんといっても、大満足だったのは炊飯器です。アイリスオーヤマの圧力IHジャー炊飯器。意外なことに近所にあるケーヨーデーツーが一番安い値段でした。お値段は税抜で15,000円程度。他の家電量販店は20,000円前後しますから、消費者からすると結構お得な値付け [続きを読む]