nature hunt さん プロフィール

  •  
nature huntさん: 孤独のアウトドアと狩猟ライフ
ハンドル名nature hunt さん
ブログタイトル孤独のアウトドアと狩猟ライフ
ブログURLhttps://nature-hunt.jp/
サイト紹介文冬は山で狩猟、春夏は渓流でテンカラ釣り、夏は海で魚突き、休日は庭で焚き火をするアウトドアライフ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 84日(平均4.3回/週) - 参加 2018/10/27 14:10

nature hunt さんのブログ記事

  • 千載一遇マガモと5メートル。忍び猟のコツを掴んだ?結果より過程が大事。
  • 久々に休みが取れたので、1日狩猟!といきたいがそうもいかない。自分の趣味家庭内の雑務友達と予定ゆっくりと休息家族とのふれあいなどいろいろあるのだ。そうはいっても冷凍庫のストックが貯まるまでは狩猟の優先順位は高い。ヨメに午前中だけ許可を得た。日の出から正午まで。どこに行こうかと前夜からワクワクが止まらなかったのは言うまでもない。もちろん日の出前から出発。最近の日の出は午前7時以降なので、もう少しゆ [続きを読む]
  • 鴨とスパイス。ジビエ料理を研究。鴨カレー。ジビエ料理。
  • 1月に入ってからは仕事がバタバタしていまして狩猟には行っていません。そのかわりジビエの消費生活に励んでおります。先日はスパイスと鴨の研究をしました。スパイス好きだし、めちゃくちゃ合うんじゃないかと思っていました。以前の記事でも紹介したスパイス料理屋です。↓空気銃の鳥撃ち専門狩猟。ジビエ消費月間とリーマン生活。カルガモをお店に持って行きました。むね1枚、モモ1本、手羽1本。内臓やガラは今回は無し。野生 [続きを読む]
  • 鹿肉の炭火焼・焚火を楽しむ。おつまみレシピに焼肉のタレは最強か?
  • ネイチャーハントのジビエ消費生活が始まってもうすぐ2週間。先日の物々交換で頂いた鹿のモモ肉。多分モモ肉。を美味しく食べてみようと思います。猟師に物々交換したとれたての鹿肉半解凍でカットして半分はまた冷凍する。正月に罠にかかった鹿ということで状態もいいようだ。切込みを入れるとまるで、粋のいい良いカツオのように身のしまった赤身の肉に期待が高まる。どうやって食べようか。実はネイチャーはこの時間が大好きだ [続きを読む]
  • アウトドア料理とジビエでビールのおつまみ。カモの燻製。
  • 1月はネイチャーハントのジビエ消費月間です。先日からソミュール液につけ込んでおいたカモ肉の燻製を作ろうと思います。ソミュール液白ワイン 200cc水    200cc塩    30g粗挽き胡椒 少々切らずにソミュール液につけ込むべきですが、お酒のつまみ用の為により塩分がしみこむように一口大に切ってから漬けました。さらに半日漬けようと思っていたけど、忘れていて丸1日つけ込んだ。辛いかなとは思いつつ、 [続きを読む]
  • 空気銃の鳥撃ち専門狩猟。ジビエ消費月間とリーマン生活。
  • どうもサラリーマン猟師あらためジビエ料理研究家のネイチャーハントです。みなさんお元気ですか?正月休み最後の日に、今年2度目の狩猟にでました。猟果はカルガモ1とコガモ1で終了。なんとなく順調な滑り出しで、射撃技術が上がりつつあるのか。と錯覚してしまうほどです。新年2回目の狩猟、カルガモ&コガモをゲットしかし料理が下手くそなネイチャー。実は昨年からジビエに興味がある料理人に肉を配り歩き、料理を教えて [続きを読む]
  • 2019年度の初出猟。空気銃によるカモ&ヌートリア猟。回収音痴
  • 1月3日、初出猟です。日の出はAM7:15、元旦の初詣の帰り道に普段は通らない川でカルガモ群を見つけたので、行って見ました。今年の目標はクール&クレバー安全狩猟です。景気良くゲットしたいです。 川に着くなり、早速5匹くらいの群を発見。対岸を散歩するビーグル連れの夫婦が通り過ぎるのを待ってから忍んで猛進です。もちろん立射です先日のキジ戦いで課題になりましたからね。?よかったら過去記事どうぞ↓https://nature-h [続きを読む]
  • 2018年狩猟の総括。獲った肉を失う悲しさを知る。自給自足。
  • いよいよ今年の終わります。今朝は狩猟に行く予定でしたが、前夜amebaTVの麻雀駅伝2018という番組を見てしまい。朝は起きれずに今年の狩猟は終了。約1ヶ月カモが獲れていないので、今朝カモを獲り、有終の美で鴨南蛮そばを食べて気持ち良く新年を迎えるはずでしたが、もつ鍋に変更になりました(笑)ヨメはまだ掃除に精を出しているので、先にカモの手羽焼きを食べながら平成最後の年の瀬に2018年の総括と参りましょう。脂の [続きを読む]
  • 自家製カブのアヒージョ。初心者による家庭菜園。失敗を糧に
  • 大晦日イブは遅植えのカブを収穫して、庭の野菜納めでした。前回の悲劇的なカブの時間差で植えた小カブをできる限りの対策をしてみた結果です。 過去記事どうぞ↓カブに巣食うネキリムシ!家庭菜園初心者サラリーマンの失敗前回の収穫では、大好きなカブが得体の知れない虫に食い荒らされて、最愛の娘を暴君に酷いことをされたような状態。軽いPTSD。今回の収穫は軽く手が震えましたよ(笑)家庭菜園初心者の2度目の挑戦、カブ収穫 [続きを読む]
  • 動物虐待は絶対にしない!自然に敬意を払い法令遵守、安全狩猟。
  • 仕事も納まり、新潟でゆっくりと温泉に入っています。新潟県新発田市の月岡温泉。年末寒波で暴風雪警報。田んぼには白鳥、真鴨、マガン、ヒシクイ。普段と違う光景に、ざわざわ。白く染まる越後平野ざわざわタイム。新潟は鴨が多いと聞いていたけど、半端ないです。本当に多い。どうやら鳥猟は網猟が多いらしく、集まっている鴨をガッポリ捕まえるらしい。見てみたい。やってみたい。食べてみたい。そんな想像をしながら月岡温泉。 [続きを読む]
  • 天然カモのささみポン酢。鴨肉の部位ごとに美味しい食べ方を試作。
  • さて冬の夜長は酒と食が進みます。ヨメと子どもが寝てから、ジビエ冷凍庫をごそごそと漁りにいくと。鴨肉の部位ごとに分けられたジップロックが無造作に詰め込まれている。基本内臓は冷凍せずにしない派で、すぐ食べたりします。鴨肉のメインとなるのが胸肉(ロース)です。むね(ロース)一番鴨美味しいと言われていてボリュームも部位の中では多く、鴨らしい濃厚で深い味わいと皮もたっぷりと脂身を帯びていて堪能できる もも  [続きを読む]
  • キジを空気銃で狙う。射撃姿勢は立射か膝射。霧が立ちこめる早朝。
  • 三度出会う。キジは同じ場所に住む習性なので当たり前なのだが。2年目ハンターのネイチャーにとってキジは以前の記事でも書いたように特別な存在。最後に見たのが狩猟解禁直後の1ヶ月前になる。虎視眈々とその機会を定めつつ、片時も忘れたことはなかっただろう。下見でキジ発見。1年越しの因縁のキジ。バトルの火蓋は11月15日に。距離150メートルをプレチャージ空気銃で狙えるか。雨や雨上がりにはキジがよく出ると言われている [続きを読む]
  • 鳥撃ち猟師の空気銃の弾を購入、道具より技術を磨け、FXプレミアムペレット。
  • 2年目ハンターのネイチャーです。12月も半分を過ぎても今期の目標をを一つ成り得ていません。そりゃまートラブルが多々ありまして。。。。過去記事をどうぞ↓ 今期の目標狩猟解禁直前!鳥撃ち猟師の狩猟道具。バイクで巡回。山・川・池まずはできることから、と今日も猟にでました。いつもの猟場でAM7時。けあらしが発生していた。結果は日の出から出勤まえの移動込みの2時間で6発の全ハズレ。今回はダメだ。今期の目標への焦 [続きを読む]
  • ジビエブームに脚光、経済的還元と拡大が課題。地方創生の一端。
  • 早朝狩猟に行く前、ポストの投函された16日付けの新聞にジビエの文字が!右肩に掛けたレインストームを下ろして、読み慣れない新聞の記事を読んでみる。17年度のジビエ利用が前年比27パーセント増、農林水産省の調査で分かった津。ジビエは農作物被害の軽減と農村の所得増の一石二鳥を狙い、今後も生産体制の強化や需要喚起を図っていくという。ジビエの用途として食用が前年比12.9%増、自家消費やその他が6.8%減。自家 [続きを読む]
  • 猪肉のおろしポン酢、猟師直伝の簡単レシピ。シンプルイズベスト。
  • 肉が手に入りました。猪肉!!!!ジビエ好きのネイチャーハントです。この時期は美味しいものがいっぱいあるので困ります。ジビエ好きが高じて狩猟免許まで取りました。2年目ハンターの鳥撃ち専門と社畜サラリーマンとしてあり二束のわらじを履いております。空気銃という火薬を使わない猟銃で狩猟をしている威力はやや弱い為、鹿や猪のような大きな野生動物は獲れません。なのであまり食べる機会が多いわけではありませんが大好 [続きを読む]
  • BBQと焚き火の薪を使い分ける。薪の種類とポテンシャルを最大限に引き出す。
  • 今年も薪棚のストックがなくなった。残りわずかになった薪(左)と薪割り用の株(右)薪の種類は主に広葉樹と針葉樹に分けられる。密度が高いので火持ちが良いとされる広葉樹。しかしその分乾きにくいので、十分な乾燥期間が必要。逆に針葉樹林は密度が小さく火持ちが悪い。ヤニや油分を含む種が多く火がつきやすい。着火しやすいので火起こしに良いとされる。そんなことを全く知らなかったネイチャーは広葉樹のクヌギを小さく割っ [続きを読む]
  • 解体用ナイフを購入。アウトドア・キャンプ・BBQ道具を使い分ける。
  • 私の趣味のナイフたちキャンプ・BBQ・野営・焚き火・ブッシュクラフト。様々な場面で活躍するネイチャーの相棒たち。機能美を追求した男の道具。今回は新しく購入した狩猟、捌き専用のナイフを紹介します。野生動物にはマダニや食中毒菌や寄生虫。解体や精肉はより濃い接触をする為、注意が必要になる。ヨメが嫌がるヤツです。つまりは衛生面やヨメの機嫌を忖度したわけだ。包丁・ナイフの種類洋牛刀ー肉を薄く細かく、野菜やパン [続きを読む]
  • 初ゲットしたキジバトの食べ方。塩胡椒のレモンバター蒸し
  • 今日も猟に出ていました。狙いはスズメでした。「いるけど撃てない」小さい・動き回るし・集団だから警戒の目がいっぱいですぐ逃げるふと見上げるとキジバトです!!!まだ獲ったことがない獲物です。食べることを考えたら頭や首を狙うのが鉄則ですが、何としても獲りたいのでより少し胴体に焦点を合わせる。ーばちんー初めてのキジバトをゲットです。胴体を狙ったけど、運良く首に命中していた。羽が多く、肉が小さいと聞いている [続きを読む]
  • 社畜が久しぶりの狩猟へ。吊るして鴨の解体が楽になった。
  • なんやかんやありまして2週間振りの狩猟となりました。猟銃が壊れ、回収用のラジコンが壊れ、冷凍ストッカーまで壊れる始末。さらに猟師の前に一応、会社員であるネイチャーは師走のバタバタと走る会社に社畜として時間と休みを搾取されて心まで奪われていました。それでもなんとか前を向き「明日は狩猟に行く!!!」、、、、もちろん仕事だけれども、午後出社なのだ。ー翌日ー午前6時ごそごそと家を出る。おはようございます。 [続きを読む]
  • 火消し壷の有用性で速攻で炭火の速攻で熾き火にする方法。
  • 焚き火好きサラリーマンのネイチャーです。昨晩もヨメや子どもが寝たら後にパジャマ姿でごぞごぞと火を熾し始めました。結果、風邪気味であります。12月初旬の寒い中でも火を見ていたら酒は飲みたくなります。でも純粋に焚き火を楽しみたいので、肉や魚は焼かず。乾き物がつまみになる。焚き火で暖かいとしてもキンキンに冷えたビールを深夜に寝巻姿で飲んでたら寒いですね。やっぱ風邪だ。のどが痛い。これは煙も影響あるのかな。 [続きを読む]
  • コストコの豆炭のコスパ最強説を徹底解明。焚き火好き必見!
  • BBQ、焚き火に必須アイテムと言えば炭!だけど炭代が馬鹿にならない。炭もいろいろあって黒炭、オガ炭、成形炭、備長炭、木炭それぞれ特徴があって用途によって、使い分けると利点を得られることもある。今回はハジ愛用のキングスフォードチャコールに絞った話です。私が買ったのは去年の夏にコストコで8.43キロ×2個セットで2,658円1年以上経ってもまだ半分以上残っています。8.43キロ×2個セットってめちゃくちゃ重いけど一 [続きを読む]