管理人 さん プロフィール

  •  
管理人さん: のうぎょうとぼく 〜農業×土木〜
ハンドル名管理人 さん
ブログタイトルのうぎょうとぼく 〜農業×土木〜
ブログURLhttps://nougyoudoboku.com/
サイト紹介文農業土木に必要な専門知識・資格などを勉強したことをフィードバックする総合サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 26日(平均4.8回/週) - 参加 2018/10/27 19:27

管理人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 単位体積質量試験(コアカッター法)の試験方法と結果について
  • 目次単位体積質量試験(コアカッター法)とは?単位体積質量試験(コアカッター法)方法とは?単位体積質量試験(コアカッター法)とは?細粒土を対象とする試験方法です。作業性もよく測定値のばらつきも少ないのでコアカッターの貫入が可能な地盤では良く用いられる方法です。粗粒土であっても砂質土で貫入に支障がない場合には適用することができます。粗粒分を含まない粘性土を静的に切り出して切り出した分の質量と体積を測定 [続きを読む]
  • 農地転用の条件・許可について
  • 目次農地転用するのに許可が必要な農地は?農地転用に必要な書類は?農地転用する場合、誰が許可をするか?農地転用の流れについて農地転用するのに許可が必要な農地は?市街化区域は、農地法による農地転用・転用目的権利移動については農業委員会への事前の届出で行うことができます。都道府県知事・農林水産大臣の許可は必要ありません。市街化調整区域の農地を転用し、そこに建物を建設する場合には、農地転用と同時に「建築許 [続きを読む]
  • 単位体積質量試験(砂置換法)の試験方法と結果について
  • 目次単位体積質量試験(砂置換法)とは?単位体積質量試験(砂置換法)方法とは?試験器具試験方法まとめ参考文献単位体積質量試験(砂置換法)とは?現場における地山または盛土の単位体積質量(=密度)を求める試験です。砂置換法(JIS A 1214 「砂置換法による密度試験方法」)は、掘り取った土の質量と、掘った試験孔に充填した砂の質量から、原位置の土の密度を求める試験です。土の密度を求めるには、土の質量と体積の測定が [続きを読む]
  • 現場透水試験の試験方法と結果について
  • 目次現場透水試験とは?現場透水試験方法とは?試験器具試験方法試験を結果を用いて、土質判定の仕方(極限支持力Pu)まとめ参考文献現場透水試験とは?地盤の透水係数を簡便に求める試験です。単一のボーリング孔あるいは単一の井戸を利用して地盤の透水係数を求めます。現場透水試験方法とは?試験方法については、「非定常法」と「定常法」の2種類があります。 非定常法は、測定用パイプ内の水位を一時的に低下・上昇させて [続きを読む]
  • 平板載荷試験の試験方法と結果について
  • 目次平板載荷試験とは?平板載荷試験の試験方法とは?試験器具試験方法試験を結果を用いて、土質判定の仕方(極限支持力Pu)試験を結果を用いて、土質判定の仕方(降伏荷重)試験を結果を用いて、土質判定の仕方( 長期許容支持力qa)試験を結果を用いて、土質判定の仕方( 地盤反力係数kv)まとめ参考文献平板載荷試験とは?平板載荷試験は、地盤反力係数や極限支持力などの地盤の変形および支持力特性を調べる試験です。原 [続きを読む]
  • ベーン試験の試験方法と結果について
  • 目次ベーン試験とは?ポータブルコーン貫入試験の試験方法とは?試験用具試験方法1-2:機器設置と摩擦トルクM1の測定(ボアホール式の場合)試験方法2-2:測定最大トルクMの測定適用範囲試験を結果を用いて、土質判定の仕方(ベーンせん断強さτ)試験を結果を用いて、土質判定の仕方(鋭敏比Stv)まとめベーン試験とは?ベーン試験は、土の原位置試験の1つで、軟弱地盤のせん断強さを測る試験です。正式名称は、地盤工学会基準 JG [続きを読む]
  • ポータブルコーン貫入試験の試験方法と結果について
  • 目次ポータブルコーン貫入試験とは?ポータブルコーン貫入試験の試験方法とは?試験用具試験方法適用範囲試験を結果を用いて、土質判定の仕方(コーン貫入抵抗qc)試験を結果を用いて、土質判定の仕方(一軸圧縮強さqu、粘着力 c )まとめ参考文献ポータブルコーン貫入試験とは?ポータブルコーン貫入試験(コーンペネトロメータ)は、人力でコーンを貫入し、貫入抵抗を求める静的貫入試験です。軟弱地盤の土層構成や厚さ (深さ) [続きを読む]
  • 標準貫入試験の試験方法と結果について
  • 目次標準貫入試験とは?長所短所標準貫入試験の試験方法とは?試験を結果を用いて、土質判定の仕方(N値)まとめ参考文献標準貫入試験とは?地盤の物性を原位置で簡便に測定する試験法の一つに「標準貫入試験」があります。Boring(=くりぬくこと)によって掘削した孔を利用して、1mごとに地盤の硬さを測定する標準貫入試験を行なう調査です。通常は、土のサンプリングと同時に行なわれます。単にボーリング調査と呼ばれる地盤 [続きを読む]
  • 防災重点ため池の定義について 〜点検と安全対策〜
  • 目次ため池の重要度区分AA種A種B種防災重点ため池の定義防災重点ため池の緊急点検応急対策緊急放流安全対策継続観測まとめため池の重要度区分重要度区分は、下流の土地利用や地形状況等を調査し、被害想定範囲や被害対象を明らかにした上で決定しなければなりません。しかし、地域ごとに配置条件や形状等が異なるので、具体的な数値指標を定義することは困難です。区分としてはAA・A・Bの3つに分けられます。AA種堤体下流に主要道 [続きを読む]
  • 用水路・排水路の種類と特徴 〜開水路〜
  • 目次開水路とは開水路の種類鉄筋コンクリート開水路フリューム水路鉄筋コンクリート二次製品水路無筋コンクリート開水路重力式擁壁水路もたれ式擁壁水路その他開水路矢板型水路コンクリートブロック積水路ライニング水路無ライニング水路まとめ開水路とは開水路は、自由水面を持ち、農業用水と農地等からの排水を流送を目的に設置される水路です。自由水面を持たず、水路断面いっぱいに満水状態で流れる場合は閉水路(管水路)と呼 [続きを読む]
  • ため池についての基礎知識
  • 目次ため池とはため池の構造ため池の種類ため池の多面的機能洪水調節機能土砂流出防止機能気候緩和機能地下水かん養の役割生態系の保全機能保健休養機能まとめため池とは ため池とは、農業用水を確保するために貯水し取水できるように、人工的に造成された池のことです。ため池に水を貯えておき必要な時に耕作地へ送水できるため、季節ごとの降水量の変化や気象変動による影響を抑え、農作物を安定して栽培することができます。日 [続きを読む]
  • 圃場整備の「均平整地」について 〜基盤整地と表土整地〜
  • 目次均平整地とは基盤整地について表土整地について均平整地とは均平整地とは、文字通り、均一で平らに農地を整える作業です。均平整地には、心土基盤の切盛完了後に行う基盤整地と、表土戻し完了後に行う表土整地の2つがある。基盤整地について基盤整地は表土整地とは異なり、表土戻しをした後で手直しができないので、基盤整地は精度が求められる。そのため、不等沈下を見越して、まず均平精度を±10cm程度の荒整地を行い、 [続きを読む]
  • 圃場整備(整地工)の基盤切盛について 〜切土・盛土〜
  • 目次基盤切盛とは計画標高高・切高・盛高について基盤切盛で注意すべきこと不等沈下対策余盛り透水性対策法面保護の処理含水比湧水処理石礫処理基盤切盛とは 基盤切盛は、表土剥ぎを行った後の心土部分について、計画標高に合わせるように高い部分の土を切り(切土)、低い部分に土を盛る(盛土)工程のことです。整地後の透水性や地耐力などの物理的性質はこの工程でほぼ決まります。 心土部分であるため工事完成土の不良個所の補 [続きを読む]
  • 圃場整備(整地工)の表土扱いについて 〜はぎ取り工法・順送り工法〜
  • 目次表土扱いとは表土扱いの施工方法はぎ取り戻し工法順送り工法表土扱いで注意すること 〜作土厚〜表土扱いが不要になる場合表土扱いとは 表土扱いは整備前の表土(耕土)を基盤土と別に扱い、基盤切盛前に表土部分を剥ぎ集める「表土剥ぎ」基盤切盛・均平整地あとに戻す「表土戻し」の一連作業で、耕土を確保するために実施されます。 耕土(表層または作土)とは、肥料を農具等で耕され、作物の生育に必要な栄養分を蓄えられて [続きを読む]
  • 過去の記事 …