kei さん プロフィール

  •  
keiさん: ビットコインのテクニカル分析
ハンドル名kei さん
ブログタイトルビットコインのテクニカル分析
ブログURLhttp://km-information-site.com/CryptocurrencyAnalysis/technical.html
サイト紹介文個人的に有効だと思われるテクニカル指標の使用方法や、実践での使い方等をご紹介していこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 5日(平均9.8回/週) - 参加 2018/10/28 02:34

kei さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年11月01日 CMOの使い方
  • CMOの使い方今回は、以前「2018年08月05日」の記事でご紹介した「RSI」の上位版と言っても過言ではない「CMO」というテクニカル指標についてご紹介します。Chande’S Mommentum Oscillator(シャンデモメンタム)の頭文字を取っています。CMOの特徴は下記の通りです。(特徴)・オシレーター系の性質を持つ。・トレンドの強弱を分析。・RSIの上位版。(計算式)A  : n日 [続きを読む]
  • 2018年07月01日 BTC2万ドルをエリオット波動理論で分析
  • メニューView All-->2018年07月01日BTC2万ドルをエリオット波動理論で分析はじめまして。本日より、仮想通貨について、テクニカル分析を交えながら情報発信していこうと思います。テクニカル分析を勉強したいけど、調べてもよくわからない、実際のチャートだとどう使えばいいの?空売りしたいけど、入るポイントがよくわからない。長期ホールドするだけでは、不安になっている方も多いと思います。そのような方の少し [続きを読む]
  • 2018年10月20日 パラボリックSARの使い方
  • メニューView All-->2018年10月20日パラボリックSARの使い方今回は、手仕舞いに用いる際に非常に有効な指標である「パラボリックSAR」についてお話します。パラボリックは放物線を意味し、SARは、ストップアンドリバースの頭文字になります。MACDやボリンジャーバンドに比べ、少しマニアック感のある指標ですが、相場に対する有効性は、引けを取らないぐらいの指標です。パラボリックSARの主な特徴は下記 [続きを読む]
  • 2018年08月26日 MACDによる分析
  • メニューView All-->2018年08月26日MACDによる分析今回は、テクニカル分析の中でも有名な指標である「MACD」についてお話します。正式名称を「Moving Average Convergence Divergence」と言います。MACDの主な特徴は下記の通りです。(特徴)・オシレーター系、トレンド系の両方の性質を持つ。・MACD線、シグナル線、ヒストグラムにより構成。・指数平滑移動平均線(E [続きを読む]
  • 2018年08月05日 BTC2万ドルをRSIを用いて分析
  • メニューView All-->2018年08月05日BTC2万ドルをRSIで分析今回は、前回の記事の中でBTC2万ドル付近において早めの利確が必要だったというお話をしたのですが、なぜ必要であったのかをお話しようと思います。オシレーター系テクニカル分析の中でも一般的な指標であるRSIを用いた分析を行います。RSIは、相場の過熱感、トレンド発生の有無等を価格の上昇幅と下落幅を用いて分析する手法です。(計算式)R [続きを読む]
  • 仮想通貨| BTC| テクニカル分析| 初心者| 使い方
  • ・価格の騰落率を分析。※騰落率とは、暴騰、暴落の事で、一定期間どれぐらい価格の変動があったのかを示します。・オシレーター、トレンド両方の分析が可能。(計算式)EMA1=終値のn日指数平滑移動平均EMA2=EMA1のn日指数平滑移動平均EMA3=EMA2のn日指数平滑移動平均TRIX={(当日EMA3−前日EMA3)/前日EMA3}×100%シグナル線=TRIXのn日指数平滑移動平均(王道的な使い方 [続きを読む]
  • 過去の記事 …