賀茂 あたる さん プロフィール

  •  
賀茂 あたるさん: 人見知りでも営業とか経営 できるんです
ハンドル名賀茂 あたる さん
ブログタイトル人見知りでも営業とか経営 できるんです
ブログURLhttps://kamoataru.hatenablog.com/
サイト紹介文営業や経営 健康など様々なノウハウやコツを紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 17日(平均16.5回/週) - 参加 2018/10/29 14:11

賀茂 あたる さんのブログ記事

  • 個別交渉(密談)
  • あえて2人だけで話す状況をつくる時があるこれは顧客関係者数名、自社関係者数名の商談から脱して、本音を聞き出す場合に用いる方法たとえ自社関係者でも 席を外させて顧客側キーマンとサシで話すようにする集団の前では言えなかった本音や、裏に隠れた背景が自然と吐露されるため、非常に有効である厳しい交渉 謝罪の場面 機微な情報の取得の際には、別件を話すからと許可をもらい密談形式持っていくもちろん別件ではな [続きを読む]
  • パワーバランスを変える
  • お客様の方がエライに決まっているパートナーとか Win Win とか言っても パワーバランスはお客様側にある極端に悪い状態が存在する様々なトラブルでお客様に迷惑をかけたり、コミュニケーションがうまくいかず満足度も最悪の場合、さらにお客様側の担当者が特に厳格な人物である状況では、売り手である営業は頭を下げる事が多く、言いたいことも言えない実は顧客にとってこれは良い状態ではないのだプロジェクトになると双 [続きを読む]
  • 話したい事ではなく、聞きたい事を話せ
  • 「お前が話したい事ではなく、相手が聞きたい事を話せ」まだ駆け出しの営業マンだった頃、社長に言われた言葉であるが、その当時は そんなのあたり前じゃん としか思っていなかった営業管理職になって この事がよくわかる今でも多くの会社の社内でこんな風に言われているのではないだろうか「結論から先に言え」前置きが長く、いつまで経っても肝心な事が聞けない職位が上になればなるほど忙しく時間がないさらに大体の [続きを読む]
  • ”売り” が出る
  • ” 売り ” とは 売りたいが前面に出てしまうこと営業現場によるが、ある会社では ”そろばんをぶら下げる” と言っていたつまり 自分の営業成績に固執し、お客様の立場や状況などおかまい無しの 独りよがりの様を指すセリングプロセスの後半になると、むしろ購入者の意思を確認するため、あるいは営業の締めの関係で お願い することはあるここで言う ”売り”は 営業の初期段階から ずっと変わらない姿勢の事で [続きを読む]
  • 知らないと売れない 知っているだけでも売れない
  • 知らないと売れない、ただ知っているだけでは売れない 自社製品 マーケット状況 競合情報  営業活動で最小限必要となる知識や情報は確かに存在します技術的な事を習得しなければ営業ができないと考えている人が意外に多い また、営業職は技術や財務を経験してから という風潮があるのも事実 特にこの風潮には真っ向から反対したい 人とのコミュニケーションから始まる営業職は、人間力や感性が大切であり、これらを醸成させる [続きを読む]
  • 能力と実力 そして運
  • あるコンサルティングの先生から指摘されたことがある誰にでも何をやってもうまく行かない時期がある私も2年ほどダメな時期があり、問題を抱えたままループしていたこの先生とは付き合いも長く、私のスキルやポテンシャルもよくご存知で、うまく行ってない事も認識されていた「能力と実力は違う」先生にはこれだけ言われ、考えては見たものの30代前半で人生経験もまだ少ない若造には解は見つからないでもその先生はすぐに [続きを読む]
  • 花粉症 攻略(2)
  • 整腸ということは 乳酸菌ーヨーグルトを食べてもさほど快腸というわけではなかったので、サプリを漁ってみた確かに腸の調子が悪いと 雨の時の花粉飛散量が少ない時でも症状はひどいかといって普通調子だとアレルギー症状が軽いかと言えばそうでもない乳酸菌の腸内での効力は摂取してから2週間要するとのこと少し余裕を見て3週間とすると 花粉の季節である2ヶ月間で3種類試せるということだ効かない、、、ということ [続きを読む]
  • 花粉症 攻略(1)
  • もう30年近く前になるが、いきなり襲われたくしゃみや鼻水はあたりまえ、目は少し腫れる 口や耳の中までかゆい鼻炎薬を服用してもほぼ効かない夜はくしゃみで起きてしまうあまりにひどいため耳鼻咽喉科に行った「花粉症だと思いますよ、アレルギー検査してみましょうか」お医者がそういうので、血液検査で正体をつかもうと返事したスギ ヒノキ ブタクサ たんぽぽ ハウスダストなど50種類程度の検査対象が [続きを読む]
  • シナリオを描く
  • 営業のシナリオを必ず描くこと行きあたりばったりではCLOSEできません有能な営業は、顧客から注文書を受領する 日付・時間までを自身のシナリオに描き、結果その通りに案件を動かすことができます シナリオとは以下の活動内容と それを誰に向かって誰といつどのようにしていくかということ 初回提案 概算見積 デモ 詳細提案 最終見積  決裁者面会 役員会議 この主要なアクティビティを週次で仮置き設定をし、毎 [続きを読む]
  • ピロリ菌をやっつける(3)
  • 2ケ月後−再び病院に行き、呼気検査袋に息を吹き込み、蓋をして完了じれったいが、1週間待たなければ結果が出ない「残念−」え?医者が笑いながら除菌失敗だと結果を告げるこのやろうそして今度はもっと強い薬を出すとのこと2度目が失敗すると、3度目からは保険が適用外となるらしい3度目は1回目の薬を2週間、4度目は2度目の薬を2週間と 長く服用するのだと言う「今回のは本当にアルコールだめだから」じゃあ前回 [続きを読む]
  • ネガティブキャンペーン
  • ネガティブキャンペーンはやるべきではない競合の弱点をことさら主張しても逆効果になることを認識すべきです購入者は競合製品を正しく評価していますそれを否定するということは、購入者 お客様を否定することにほかならないのです自分がが否定されているようで、決していい気持ちはしません弱点や欠点が仮に事実であっても、購入者から評価を得ることはないのです営業マンの言動そのものが、契約を取りたいからだと流されるで [続きを読む]
  • 人材の流動化
  • 人材の流動化が起きています40代以上のシニア層も好条件での転職が可能な時代です入社3〜5年目の20代社員から転職の相談も多くなってきました相談というより退職の宣言です 前からやりたい事があったので 尊敬きる上司がいないので 給料が1.5倍になります 新卒では入社できなかった会社からオファーが出ました 実は〜がやってみたかったのです理由は様々です上長に退職を宣言すると、その事がいかに愚かなことかを指 [続きを読む]
  • に人材の流動化が起きています40代以上のシニア層も好条件での転職が可能な時代です入社3〜5年目の20代社員から転職の相談も多くなってきました相談というより退職の宣言です前からやりたい事があったので尊敬きる上司がいないので給料が1.5倍になります新卒では入社できなかった会社からオファーが出ました実は〜がやってみたかったのです理由は様々です上長に退職を宣言すると、その事がいかに愚かなことかを指摘されま [続きを読む]
  • 問題と課題の違い
  • 問題と課題の違いは?自分なりに他人に説明できるか 営業のシーンで利用する場合の違いのことです”提案書”を見ると、提案書ではないことが多い会社紹介 見積書 保守体制 事例などだけで仕上がっており、課題に対する解決策を提案しているものは あまり見かけませんその中で 問題 と 課題 の使い方に誤りのあるものが大半なのですコストが負担となっている残業が重荷になっている最新で正しい情報を得ること [続きを読む]
  • 断られてからが営業
  • とある水曜日−部下からの報告月曜日の顧客社内での経営会議で競合他社に決まりました−もっともやってはいけない負け方月曜日に知るべき内容他社に選択すると判断される前に手を打たなければならない最悪なのは、それを翌々日に知るということです役員会で決まった以上 ひっくり返すのはほぼ不可能です「断られてからが営業 ついて来い」部下と一緒にお客様に向かいましたアポイントも取らず、飛び込みでお客様 それ [続きを読む]
  • 役員は経営者と言えるか
  • 役員=経営者ではないと思います役職に就いているだけで その役割を果たしていないことが多いからです営業 についても同じ事が言えます営業部門に配属されて、名刺を持たされると「営業です」と名乗れますしかし これだけピン〜キリがある職種も他では見当たりません技術職がエンジニアと名乗る場合、確固とした技術を持たなければ 自分の事をエンジニアですとは言えません経営者も営業も その役に就けば名乗れるという意味 [続きを読む]
  • ピロリ菌をやっつける(2)
  • 再び健康診断昨年のヨーグルトパワーを検証すべくピロリ菌の検査を受診やはり昨年と同様採血し結果待を待った陽性-。無念である2カ月 120個ということだったから念のために140個を摂取約2万円を投じての結果がこれであるここまで来たら本格除菌に踏む込む決意を固めたそもそもなぜ強烈な酸性の中で活動ができるかということであるがピロリがアンモニアを吐き出し 中和できるからというのだ検査は血中や呼気のアンモ [続きを読む]
  • ネガティブキャンペーン
  • 他社へのネガティブキャンペーンはお勧めしません競合の弱点をことさら主張しても逆効果になることを認識すべきだからです購入者は競合製品を正しく評価します(またはそのつもりです)それを否定するということは、購入者 お客様を否定することにほかならないのです自分がが否定されているようで、決していい気持ちはしません仮に弱点や欠点が事実であっても、購入者から評価を得ることはないのです営業マンの言動そのものが、 [続きを読む]
  • ピロリ菌をやっつける(1)
  • 年に一度の健康診断ある年にピロリ菌検査が始まり、無料キャンペーンだったので受診血液検査で、一本余分に採られる針は静脈に刺したままであるため、なんのことはないこれまで採血で調子が悪くなったこともない陽性、、、1ヶ月後に診断結果がやってきた知らなきゃ知らないで良いものを知ってしまったから厄介である内視鏡(胃カメラ)検査せよとのこと喉が弱く 子供の時から、風邪で医者にグリグリと のどちんこ をやられ、何 [続きを読む]
  • 営業をされる立場になってみる
  • 買う立場になると、”営業をされる”シーンに出会えます昨今ではネット通販で最安値店を探し、クレジット決済、配達日時を決めて到着を待つということになり、値切る ことがなくなってきました営業される立場になる機会も減ってきたように思います売られる立場になってみましょう自分が営業なら、その立場から こんな表現はしない とか、ここまで言われたら特別に値引きしてでも売り切りたいなどと手に取るようにわかりま [続きを読む]
  • 見る 観る
  • 見る・ 観るこの間には大きな違いがあります前者は視野に入ることも含めて、見えているという意味が強く、観るはじっくり観察すること自分が普段身に付けている腕時計を見ずに正確に再現できるでしょうか表示版は算用数字、アラビア数字、記号、模様、ブランドロゴの書体と大きさ、位置は?リビングで使っているエアコンのリモコンのボタンの配列は正しく再現できますか?横断歩道の横線 縦線は入っている?見ては [続きを読む]
  • コンペリングイベント
  • やらなければならない時期と事柄 というのがわかり易い表現です差し迫った状況 などと言われることもあるようです例えば、製造機器で言えばリース満了時、不動産であれば賃貸契約期間終了や満了時期が決まっており、その時期に向けて新規置き換えや、継続更新を検討しなければならない状況です購入担当者がこのコンペリングイベントに向けて、様々な情報を収集し、知見を深め、契約の準備に入りますが、意外とこのイベントの [続きを読む]
  • 案件確度の考え方
  • 〜%で表現されるのが一般的ですが、50%や80%、90%の確率が客観的であるかが重要です営業部門では主観的な判断で確度が設定されているのが一般的と言えるでしょう部下が80%で申告した案件を、上司が間引いて70%と報告、さらにマネジメントは50%という具合に経営予測数値に読み込まれますさらに、50%案件は受注予定の総額を半分で予測するところもあります確率が半分であれば、受注額も半額ということで [続きを読む]
  • 営業職 経営者
  • 営業部門に配属された時点で「私は営業です」  と言えます技術部門では 技術スキルがなければ 自分の事をエンジニアとは呼べません財務経理についても仕訳もできない人が経理マンとは言えません一方で、経営者も営業と同じと言えます経営をしていないのに経営者と名乗れます会社の役員である人達です営業も経営も そのポジションに就けば堂々と言える不思議な職種ですしかし、これだけピンーキリ があるのも この2つ [続きを読む]
  • 営業職採用について
  • 特に技術系の経営者からよく尋ねられることがあります営業職の中途採用は難しいエンジニアであれば話していても大体のスキルはわかるが、営業マンは人あたりがよくても採用してから違ったということも多く難しいのだと実は、営業経験者でも採用は難しいのです経歴書は輝かしい成績 受け答えは申し分なしでも入社すると そこそこどころか 売れない営業マンだったりします1年も 2年も その先も成果が出ませんもちろん [続きを読む]