メイド喫茶研究家 さん プロフィール

  •  
メイド喫茶研究家さん: メイド喫茶研究
ハンドル名メイド喫茶研究家 さん
ブログタイトルメイド喫茶研究
ブログURLhttps://meidokennkyuu.hatenablog.com/
サイト紹介文メイド喫茶を研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 23日(平均4.6回/週) - 参加 2018/10/30 14:13

メイド喫茶研究家 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • メニューについて 4
  • こんにちは。みなさん良いメイド喫茶ライフを送っているでしょうか。今回はメニューについて 4 です。「予約チェキ」「手紙」「メッセージ動画」の3つを紹介し考えていきたいと思います。先に書いておきますが、全てのメイド喫茶であるメニューではありませんのであしからず。そして、気づいている方もいらっしゃるでしょうが、今回は新規の方には少し敷居の高いメニューです。「予約チェキ」ですが、これは、そのまま [続きを読む]
  • コンセプトカフェについて
  • こんばんは。華金いかがお過ごしでしょうか。というかこのブログ読んでくれてる人いるのでしょうか。今回はコンセプトカフェについてです。「コンセプト」とは、辞書の大辞林によると、コンセプト【concept】① 概念。 ② 意図。構想。テーマ。 という意味だそうです。「新しいカフェのコンセプトどうしよう。」なんて使ったりしますね。メイド喫茶とは違い、必ずしも女性が接客してくれるものではありません。例え [続きを読む]
  • オタ芸について
  • こんばんは。寒くなり、冬が近づいて来ましたね。メイド喫茶の中には、ステージが設置されていたり、カラオケが設置されているお店がありますよね。そこでオタクとして必需品が「ケミカルライト」や「ペンライト」です。※サイリュームは登録商標だそうです。メイドさんが歌ったり、踊ったりしている時に光らせて振ればメイドさんも気分が良いってもんです、振っている私たちも共同作業で気分が良いですし。こんな時にオタ芸 [続きを読む]
  • 制服について
  • メイド喫茶には制服を採用しているお店も多いですね。全員が同じメイド服を着ることで統一感や仲間感も出やすいですし。またそれぞれのお店で違った制服(オーダーメイド、既製品揃え)を着ることによって比較されることもあるが、あのメイド服を着たいと思ってという志望動機もあるでしょう。メイドさんによっては、自分オリジナルにカスタムしている人もいます。例えば名札を付けたり、缶バッチを付けたり、カバンを持ってみ [続きを読む]
  • 専門用語について 3
  • こんばんは。今回はメイドさんがよく使う専門用語です。「まったり」「ろぐいん」「〇〇いいなぁ / △△欲しい」の3つです。まず、「まったり」ですが、これは今お席空いてますよーって意味です。シフト時間中にTwitterでつぶやいていることが多いです。使い方としては、「今まったりです〜(/・ω・)/」みたいな感じです。「まったりなんでお話しいっぱいできますよ(*'ω'*)」みたいなのも多いですね。続いて、「ろぐい [続きを読む]
  • 専門用語について 2
  • メイド業界には専門用語が意外にあるものですね。今回は、、、「オーラス」「DM」「ガチ恋」です!「オーラス」とは、オープンラストのことである!上級オタクになれば、お店の開店時間10分前から開店待ちして、お店の閉店時間まで居続けるもんなんです。このことをOPEN〜LASTと言うんです。「DM」これはダイレクトメールの略ですね。最近はメイド喫茶のお店だけではなく、それぞれのメイドさんもTwitterをやっている [続きを読む]
  • 生誕について
  • こんばんは。今日もメイド喫茶帰りです。生誕についてやけど、メイドさんの誕生月に、生誕パーティを実施するメイド喫茶が多い。やっぱこれから丁寧な書き方していこう。その日はもちろん誕生月のメイドさんが主役です。お客さんや他メイドが祝いに駆けつけてくれます。(ここで人気メイドと不人気メイドの差が如実にあらわれます)まずは、メニューが特別メニューになっていることが多いです。普段よりも豪華で高価になって [続きを読む]
  • 新規と常連について
  • よく聞く言葉の一つとして、「新規」と「常連」というワードがある。そのままの意味だが、「新規」は、始めて来店したお客さんのことだ。対して「常連」は、何度も通っているお客さんのことだ。当然ながら、常連も最初は新規だった訳だが、余裕がでて慣れてきたこともあり、威張っている人もいる。そうでない人ももちろん大勢いるが。だがそういう行為はしっかり人に見られていると思う。最近のメイド喫茶は多くで人気メイ [続きを読む]
  • 世界初のメイド喫茶について
  • これは色々な所で書かれているけれど、平成13年に秋葉原でCURE MAID CAFE (キュアメイドカフェ)が最初だと言われてる。当時からロングスカートの制服に落ち着いた店内、接客だったみたい。癒すことをテーマにしていたんだな。このお店は現在も営業を続けており、毎週土曜日はコンサート(ハープ、フルート、バイオリン)、人気アニメとのコラボレーション等珍しい内容も魅力的。また多数のメディア取材を受けている、まさ [続きを読む]
  • 専門用語について
  • メイド喫茶で使われる言葉には専門用語が存在する。例えば、「出禁(できん)」だ。出禁とは、出入り禁止のこと。これは他の飲食店でも使われることもあるが、お店に迷惑をかけたり、メイドさんへの嫌がらせ、お客同士のトラブルなどが原因で出禁を食らうことが多い。1店舗で出禁になってしまうと同系列の店舗でも出禁になってしまうことがあるので気をつけたい。それから、「推し(おし)」推しとは、好きなメイドさんのこと [続きを読む]
  • メニューについて 3
  • 前回の続きでメイド喫茶のあるあるメニュー紹介と考察を。・乾杯ドリンクメイドさんに飲み物をプレゼントするメニューだ。通常お客が注文する時よりも高い値段になる。その理由は、メイドさんへのキャッシュバック。またメイドさんがつきやすく(プレゼントした人と話す時間が長くなる)なることから、お客さんが多く話しづらい時に効果のあるメニューだ。・ビンタこれはメイドさんをビンタすることができるのではなく、メイド [続きを読む]
  • メニューについて 2
  • メイド喫茶には他の喫茶店とは違って特別なメニューが存在する。これがメイド喫茶の醍醐味とも言えるのではないだろうか。紹介しよう。・チェキポラロイドカメラによってメイドさんと写真を撮ることができる。お決まりのポーズは、二人でハート型を作るポーズだろう。メイドさん一人だけで写る場合もあり、ピンチェキなどと言われている。チェキにお絵かきやサインをしてくれる場合もある。次回来店が可能な場合は持ち帰り、宿題 [続きを読む]
  • メニューについて
  • 以前の記事でメイド喫茶は比較的安く入店することができると書いたが、少し追記したい。年々メニューーも増えて続け、現在では高額なメニューも多くの店舗で登場している。チャージ料(席料・入店料)はある店とない店が存在する。また時間毎に追加される店もある。一般的には喫茶店のくくりなので、ソフトドリンク(コーヒーやお茶やジュース)とパンケーキやパフェ、ケーキ、アイス、オムライスなどを扱う店が多い。しか [続きを読む]
  • メイド喫茶について 2
  • メイド喫茶というものは、基本的にお客様は主人なので挨拶は入店時に「おかえりなさいませ」退店時に「いってらっしゃいませ」と統一しているお店が多い。また執事喫茶というものも、同系列のお店であるが、こちらは執事(基本的に男性)がお客様(基本的に女性)をお相手する仕組みになっている。稀に男装した女性が働いているお店も存在する。またメイドや執事を呼ぶ際は、テーブルの上に置かれた可愛らしい呼び鈴を鳴らし [続きを読む]
  • メイド喫茶について
  • メイド喫茶とは、メイドさん(主に女性)がメイド服を着て、お客さんをご主人様(主に男性)として給仕する喫茶店である。お客さんが女性の場合はお嬢様年配の方の場合は旦那様、奥様と言う場合もある。インターネット上でメイド喫茶の始まりを検索すると、だいたい2000年代前半に誕生し、今日まで拡大、普及しているようだ。メイド喫茶の言い方としては、メイドカフェ、コスプレ喫茶、コンセプトカフェ、等もあるが、このブログ内 [続きを読む]
  • 過去の記事 …