さとっち さん プロフィール

  •  
さとっちさん: 鬼嫁・さとっちの バタバタ遠距離介護とおなかの事情
ハンドル名さとっち さん
ブログタイトル鬼嫁・さとっちの バタバタ遠距離介護とおなかの事情
ブログURLhttps://oniyomekaigo.blogspot.com/
サイト紹介文遠距離介護。認知症。グループホーム。特別養護老人ホーム。負担限度額認定証。経験してきたことをもとに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 15日(平均5.1回/週) - 参加 2018/10/30 15:44

さとっち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 10. 特養は親世帯の地域がいいのか? 子世帯の地域がいいのか?
  • 介護費は義父と義母ふたりの年金を合わせ、その中から二人分を捻出していますが、収支は 赤字。やはりグループホームの費用がそうとう圧迫しています。 スポンサーリンク義父母の場合、年金でまかなえる範囲で入れる施設は特養のみということがわかり、現在、子世帯(わが家)の住んでいる地域の特養に申し込み中ですが、入所の連絡はまだ来ていません。一つの施設にどれくらいのペースで入所・退所があるのかは、各都道府県ごと [続きを読む]
  • 9. 入所しやすい特養がある?
  • 6ヶ所の特養を見学し、それぞれの担当のかた(生活相談員)にお話を伺ってきました。どの担当者にも「申し込み用紙の書き方」や「早期に入所できますか?」などの同じ質問をしてみたところ、、、 スポンサーリンクA:ユニット型個室のみ 定員約100名(派手な季節イベントあり)B:ユニット型個室のみ 定員約100名(上品で静かな雰囲気)C:ユニット型準個室のみ 定員約150名(居室と居室がふすまのようなもので仕切られている) [続きを読む]
  • 7. 特養の費用はこんなに違う
  • 前回の続きです。A:ユニット型個室のみ 定員約100名(派手な季節イベントあり)B:ユニット型個室のみ 定員約100名(上品?で静かな雰囲気)C:ユニット型準個室のみ 定員約150名(居室と居室がふすまのようなもので仕切られている)D:ユニット型個室と多床室 定員約100名(アットホームな雰囲気)E:従来型個室と多床室 定員約60名(アットホームな雰囲気だが古さが感じられる)F:従来型個室と多床室 定員約60名(安価だ [続きを読む]
  • 6. 特別養護老人ホーム、6ヶ所を訪問比較
  • 特別養護老人ホームの居室は4種類あります。ユニット型個室、準ユニット型個室、従来型個室、多床室近年に建てられたホームは居室費用が最も高いユニット型個室が多いようです。年代が古い施設は、従来型個室と多床室の2種を併せ持っているパターンがほとんど。近年はプライバシー尊重の時代になっているんでしょうか。それでも最近は待機者が多いという理由から、多床室を作る必要性が出てきているという話も聞きました。 スポン [続きを読む]
  • 4. 親の世帯は課税世帯?それとも…
  • 特養は所得水準により費用が4段階に分かれている、と書きました。具体的には、以下のようになります。第1段階:本人が生活保護受給者。第2段階:本人の課税対象年間所得が80万円未満で世帯全員が住民税非課税対象者(課税対象年間所得が211万円未満)。第3段階:本人の課税対象年間所得が80万円以上211万円未満で世帯全員が住民税非課税対象者(課税対象年間所得が211万円未満)。第4段階:課税世帯(住民税を払っている世帯)課 [続きを読む]
  • 2.【徘徊】遠距離介護の限界を感じたとき(その2)
  •   徘徊防止や防犯のための補助錠としていろいろなものが売られていますが、オットの実家では、ワンタッチで開け閉めが簡単にできる「ワンタッチ・シマリ」を使用。玄関は昔ながらの引き戸タイプなので、真ん中の本来の鍵のほかにこの補助錠を上と下の2カ所につけて対策を試みました。しかし、義父が補助錠をし忘れることが多発し、もはや意味をなさない状態に…。誰かシッカリした人が同居している場合は使えると思います!! [続きを読む]
  • 1.【徘徊】遠距離介護の限界を感じたとき(その1)
  • はじめまして。さとっちです。仕事の都合上、核家族状態。オットの両親はクルマ(または電車)で2時間弱の町に。義父母ともに要介護状態。遠距離介護の限界を感じ、奔走中です。・・・・・・・・・・義母は要介護3プラス中度の認知症。義父は要介護4プラス軽度の認知症。ケアマネさんと相談の上、義父母ともに週2回のデイサービスとヘルパーさんに 入っていただくプランでお願いしていましたが…。介護度によって使用できる点数に [続きを読む]
  • 過去の記事 …