みっちー さん プロフィール

  •  
みっちーさん: みっちーの映画日記
ハンドル名みっちー さん
ブログタイトルみっちーの映画日記
ブログURLhttps://motoshidaa2.hatenablog.com
サイト紹介文観た映画の感想!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 17日(平均14.4回/週) - 参加 2018/10/31 13:52

みっちー さんのブログ記事

  • 「不思議惑星キン・ザ・ザ」の感想: 設定が不思議すぎていっぱい笑った
  • 不思議惑星キン・ザ・ザ(1986)監督:ゲオルギー・ダネリア出演:ユーリ・ヤコヴレフ、レヴァン・カブリアーゼ他満足度:☆☆☆☆★(☆4つ)ソ連時代の1986年に上映され、1570万人の観客を動員したというこの映画、SFコメディとして名高いそうだ。カルト的人気を集め、後に日本でも上映されたとのこと。脱力系SFとも言われているが、観ていて本当に気が抜けてしまう感じだった。そのバカバカしさがなんとも言えない。今回は [続きを読む]
  • 「search/サーチ」のストーリーはかなり練られたものだった!
  • search/サーチ(2018)監督:アニーシュ・チャガンティ出演:ジョン・チョー、デブラ・メッシング他満足度:☆☆☆☆★(☆4つ)「100%すべてPC画面の映像で展開する」というのがウリのサスペンス・スリラー。勝手にオカルト的なものを想像していたが、観てみたら全くちがった。行方不明の娘を探す話なのだが、ストーリーが本格的でとてもおもしろかった。今回はTOHOシネマズ日比谷にていきなり吉野家の豚丼の画像で失 [続きを読む]
  • 「藍色夏恋」は、これぞ青春と言うべき作品だ
  • 藍色夏恋(2002)監督:イー・ツーイェン出演:グイ・ルンメイ、チェン・ボーリン、リャン・シューホイ他満足度:☆☆☆☆☆(☆5つ)台湾の青春もので、女2人と男1人による恋愛物語。ストーリーは三角関係に発展していくのかと思えば、意外な方向に・・・。とは言ってもドロドロしているわけでなくさわやかな感じたっぷりの若者の恋を描いている。ユジク阿佐ヶ谷の黒板アート。「藍色夏恋」は特集「恋するアジア」として上映 [続きを読む]
  • 「バッド・ジーニアス」はただのカンニング映画ではなかった
  • バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017)監督:ナタウット・プーンピリヤ出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、イッサヤー・ホースワン他満足度:☆☆☆☆★(☆4つ)カンニングに関するコメディかと思って観たら全然ちがった。カンニングのスケールが大きくアイデアも斬新。そして、人間ドラマあり、社会的問題の要素もありのけっこうすごい作品だ。さすが「タイ映画史上歴代 [続きを読む]
  • 「ザ・プレデター」:究極のプレデターが強すぎた!
  • ザ・プレデター(2018)監督:シェーン・ブラック出演:ボイド・ホルブルック、ジェイコブ・トレンブレイ他満足度:☆☆☆★★(☆3つ)個人的には期待が大きかっただけに、ちょっと物足りなさが残ってしまった感はある。やはりシリーズものは期待をしてしまうものだろう。ただ、プレデターというキャラクターにはどうしても惹かれてしまう。次回作があるなら、やっぱり観てしまうだろう。「ザ・プレデター」のあらすじ場所 [続きを読む]
  • 「検察側の罪人」のニノの演技はすごかったね
  • 検察側の罪人(2018)監督:原田眞人出演:木村拓哉、二宮和也他満足度:☆☆☆★★(☆3つ)「検察側の罪人」のあらすじ都内で殺人事件が発生した。犯人は不明。事件を担当することになったのは東京地検刑事部のエリート検事・最上と、配属されたばかりの駆け出しの検事・沖野。捜査をすすめていくうちに、松倉という男が浮かび上がった。彼は、時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった人物だ。最上は松倉 [続きを読む]