kitazaki さん プロフィール

  •  
kitazakiさん: 函館の建築家『北崎 賢』日々のブログ
ハンドル名kitazaki さん
ブログタイトル函館の建築家『北崎 賢』日々のブログ
ブログURLhttps://www.kitazaki-s.com/blog
サイト紹介文函館市/北斗市を拠点に建築設計活動中です。 日々の事を、家や家具の事などブログで発信中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 19日(平均14.4回/週) - 参加 2018/10/31 14:38

kitazaki さんのブログ記事

  • 中古物件選びと購入する時
  • 中古物件選び、、、不動産情報だけでは判断が難しいですよね。 僕は設計依頼を前提にされる方々に対して、不動産物件を一緒に見学して不具合を見つけたり、設計アイデアを提供しています。 購入者だけで物件を見ても、リノベーション後の生活イメージが沸きませんよね。 物件見学後、概算で建築工事費を過去に設計した新築/リノベーション見積書を参考にして概算金額を伝えています。 もちろん、工事中に不具合が見つかる事もあり [続きを読む]
  • 60代からの家づくり セカンドリビングのある家
  • 夫婦それぞれの趣味やライフスタイルに合わせて、60代から作る家には『セカンド リビング』があると良いかも、、、 個室を優先的に確保しなくても良いはずなので、軽い運動が出来るスペースや冬期間のガーデニングスペースなどリビングとは違った要素をもつ空間があると良いですね。 リビングに隣接したタイル敷きのセカンドリビング少しくらい汚れても清掃しやすいタイル床にする事で、活動の幅が広がりますね。 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ8
  • 工事前 デザイン提案 完成 当初デザイン案にあった、アイランドキッチンと天井の間接照明デザインは予算の都合上、実現は叶いませんでしたが、明るく人が集まりやすい雰囲気は実現出来たかと思います。 リノベーションに関して打ち合せを重ねる事で、当初予定になかった外壁の再塗装と補修工事なども要望され、計画した予算をそちらに割り当てる事となりました。 内装への予算が減額となりましたが、中古住宅では長期的なメンテナ [続きを読む]
  • 緊張する?オープンハウス
  • 函館市や北斗市、北海道全域で家づくり/店づくりを検討中なら、実際に居住している建築家の住居兼アトリエを見学しませんか? 演出されたモデルハウスとは違って、日々の生活を過ごしながら現実的に起こる家の不具合や経年変化、維持費など、、、、 新築後の生活に役立つアドバイスを聞きながら、設計依頼検討を行えます。 函館リノベーションや函館店舗設計をお考えの方、ぜひお越し下さい。 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ7
  • 壁から取り外したキッチンを移設です。 キッチンを囲う壁を製作し、対面式キッチンに変更デザイン提案時は、『アイランドキッチン』を新設予定でしたが、予算減額に伴い、既存キッチン使用です。 シンクとガスコンロの位置は逆の方が良いのですが、、、、既存キッチン再利用のため、このままです。 ガスコンロ廻りの壁を強化ガラスにして、見た目の圧迫感を無くします。 完成後、移設したキッチンからコンクリート土間の明るい玄関 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ6
  • 床材の施工です。床材は、既存の合板フローリングの上から新たな無垢フローリングを直接貼ります。 既存の床に傾きが無いので、あえて床材を剥がさず直接床材施工した方が、解体費用や床材処分費用を節約する事ができます。 北海道産の『からまつ フローリング』 木目の美しい床材ですね。 無色透明な蜜蝋塗装を施して貼って行きます。 最後に最終塗装を施して、床材施工を完了です。 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ5
  • リノベーションする空間の要となる『曲面壁』を施工です。既存リビングを『曲面壁』で仕切り、パントリーを新たに作ります。 CGイメージ 完成風景 曲面壁の裏側は、こんな感じ約2帖のパントリーになります。 完成するとこのようになります。曲面壁に埋め込まれたドアは、既存ドアを再活用して建築予算を抑えます。 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ4
  • さらに解体工事が進みます。狭くて暗かった玄関とキッチンのあった場所を一つに繋げます。 同じ場所からの写真玄関とリビングを一体化します。 クライアントの要望だった人が訪れやすい環境を作ります。それには明るく、広い玄関スペースが必要ですね。 玄関ドアを木製断熱ガラスドアに変更 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ3
  • まずは、既存キッチンを移設します。予算の関係上、既存キッチンをそのまま使います。 どこも傷んでいないので、使用に問題なさそうですね。デザインに、当時の流行を感じます。 キッチン撤去後の風景。窓を撤去して、大きな窓に取り替えます。床も撤去し、コンクリート床暖土間に作り替えます。 床を撤去した風景。床下に断熱材が充填され、地面には乾燥砂を敷き込む断熱工法ですね。断熱材は湿気を含まず、問題ないですし、地面 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ2
  • 比較的新しく、断熱性能も高い住宅のリノベーションは意外と難しいもの、、、、 築30年以上の物件だと、思い切った発想でデザイン提案するかもしれないのですが、築15年程度だと手を加えるのが『もったいない』と感じてしまいます(笑) そんな住宅に対してのクライアントの要望 /人が気軽に訪れ、集まりやすい空間/明るく、風通しの良い空間/対面キッチンにする 要望に対して、提案したデザイン 上記写真と同じ場所から見 [続きを読む]
  • 築15年住宅リノベ1
  • 函館西部地区に建つ一戸建て築15年比較的新しくリノベーションの必要が無い住宅です。 築15年のハウスメーカー施工造りもしっかりしているし、特段リノベーションの必要を感じない現状。壁紙の張り替えや床材張り替えでも見栄えが良くなりそうですが、所有者の理想を求めて、リビング/玄関を中心にリノベーションです [続きを読む]
  • ハーベストパネル
  • 麦わらを固めて、成型した内装材『ハーベストパネル』 『樹間の家』が建っている敷地内にある、古い蔵を見せて頂いた時に着想を得て、天井に素朴で、麦が香る黄金色の板材を使用しました。 間接照明に照らされて黄金色に輝き、見飽きない風景です。 [続きを読む]
  • 坪庭のある寝室
  • 専用の庭を配した寝室板塀で外からの視線を遮り、空と木漏れ日を楽しむ寝室です。 出入り可能な大きな窓を設置した明るい寝室です。 午後からは木漏れ日が室内に差し込みます。 専用庭から見た寝室 寝室に専用庭がある事で、寝室を『第二のリビング』とした設計を、今後は採用したいですね。 [続きを読む]
  • 気軽に相談!
  • 最近のオープンハウスで多い相談が、土地から一緒に探すパターンですね。 建築予算の総額を聞き、住みたい場所/延べ床面積などを教えてもらい、新築/リノベーションのどちらかを提案する事が多いです。 リノベーションだったら中古物件を一緒に見ながら相談し、簡単な間取りやデザインイメージをお伝えします。(設計依頼前提) オープンハウスで見学して頂く住宅は、四季折々の風景をリビングの大きな窓から楽しんでもらうコン [続きを読む]
  • 建築費50万円リノベ
  • 既存の素材を生かして低価格で実現した小さなリノベーション函館市の一軒家の2つの部屋を繋げるリノベーションです。 部屋の奥にWCL用の壁を新設部屋に対して『斜めに』WCL用の壁を作るのがポイント天井までWCL用の壁を作らない工夫で、部屋が広く見えます。 間仕切り壁を壊します。 WCL用壁を施工します。 内装材は既存のまま 再塗装して仕上げると、ビンテージ感出ますね。 1週間の工事で完成。 [続きを読む]
  • オンライン予約
  • ただ今、オープンハウス受付中です。冬の時期にじっくり建築プランを練り上げ、 ゴールデンウィーク明けに着工。 良いスケジュールだと思います。。。設計依頼も受付中です。まずはぜひお越し下さい!ちなみに以前見学された方々も、もちろん大歓迎です。以前と違う時間帯の空間を見学して下さい。 [続きを読む]
  • パントリーとキッチン
  • 『キッチンとパントリー』このキーワード検索が多いので、今まで設計した住宅のパントリーとキッチンを図面と写真で紹介します。 僕は、『すっきりした空間で素敵に毎日を過ごす』設計を目指していて、自然な成り行きで『パントリー』を設計に組み込んでいます。ありがちな『主婦目線の家づくり』を売りにしていませんので、ご了承下さいね(笑)『普通に設計したらパントリーがあった』これがコンセプトです! 右にシステムキッチ [続きを読む]
  • 一緒に物件探し
  • 予算内で新築?リノベーション?建主が判断して決めるには難しい問題ですね。 オープンハウスで設計相談の他に、物件探しから一緒にお願いしたい要望が多数あります。 更地だったらどんな家の設計が可能か、駐車しやすいか近隣環境の雰囲気、除雪に苦労しないか、景色は良いのか様々な事柄を念頭に土地探しをするのは、設計者がいないと難しいかもしれません。 リノベーションだって、中古物件を実際見ながら改修可能か減築/増築 [続きを読む]
  • 玄関に置く鏡
  • 玄関に鏡を置く場合、置く場所に気を使いますよね。玄関ドア開けて、目の前に鏡があると落ち着きませんしね 自宅の場合、白い箱に見立てた靴棚 裏側は、棚を黒塗装にして鏡を奥に設置全身服装チェックが可能です。背景は白壁で朝日が差し込む明るい玄関にした方が洋服チェックしやすいですね。 [続きを読む]
  • 『資産価値』より『感性価値』
  • 北斗市に自邸を建設してから8年。 地方都市では、資産価値が今後上がる事は難しいでしょうから、土地探しの基準を資産価値ではなく、感性価値に置き換えて住む場所を考えました。 たまたま、理想に近い場所が函館市ではなく、お隣の北斗市本町だったという訳です。 自分たちが考える理想は、、、 /徒歩5分圏内に銀行、行政機関、スーパー、コンビニがある /風景が素晴らしい場所 /敷地に樹木があり、野鳥が生息する /ドライ [続きを読む]
  • 家づくり 何が大切?
  • 建築家としての仕事、『図面制作』『デザイン構想』『建築費の調整』『工事現場の監理』ざっくりこの4点かと思いますが、何より大事なのが『相談力』だと思います。 自分たちがどんな家に住みたいのか?、、、 ほんとは良くわからなかったりします。 決める事柄が多くて、事務作業的に設計を進めると『相談力』が抜け落ちる場合が多く、些細な事柄でも気軽に相談し合い、理想を語り、現実を知る。 相談回数を多く取り、家のデザイ [続きを読む]
  • 妻のために『サクラハウス』
  • 自邸ですね 『サクラハウス』 妻の為に設計した住宅です。 いかに生活を楽しんでもらうか考えて設計しました。 朝日差し込むキッチン 新緑を見ながらの調理 河川公園を眺めての晩酌 山に沈む夕日を眺めて夕食 道路から離れた静かな寝室 夏の暖かな空気を感じる中庭 窓から木々を眺める浴室、、、、 数え上げたらきりがない程の叶えたい事があって、 ほぼ全てを叶えました。 住宅を建てるとき、『誰かの為に』が常にあるかと思 [続きを読む]