Tom さん プロフィール

  •  
Tomさん: タクドラのほんね
ハンドル名Tom さん
ブログタイトルタクドラのほんね
ブログURLhttps://www.taxi-drivers-realvoice.com
サイト紹介文タクシードライバーになって、人生をやり直した物語 タクドラのお仕事を現役タクドラがお答えします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 16日(平均6.1回/週) - 参加 2018/11/01 11:41

Tom さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 羽田空港タクシープールの並び方(国際線編)
  • 国際線タクシープールへの入構資格概要羽田空港シリーズの最後は国際線のタクシープールの並び方を紹介しよう。ここ国際線では国内線のように羽番でなければならないというルールはない。しかしながら、優良タクシー乗り場への入構資格を持ち、なおかつ、ユニバーサルデザインタクシーかワゴンタクシー、あるいはホスピタリティタクシーのいづれかであることが条件となっている。ちなみに最近めっきり増えたジャパンタクシーもこの [続きを読む]
  • 羽田空港タクシープールの並び方(国内線第1ターミナル編)
  • 前回に引き続き、今回は国内線第1ターミナルのタクシープールの並び方である。こちらは広めのタクシープールで入り口も大きく、案内板も大きいので、辿り着きやすさで言えば、こちらの方がわかりやすい。ただ、発進してからはぐるりと回らなければならなかったり、乗り場から出て直ぐの所に高速の入り口があったりするので、そのあたりの難易度が高いのが特徴である。こちらに並ぶ場合も第2ターミナルと同様に羽番であることなどの [続きを読む]
  • 羽田空港タクシープールの並び方(国内線第2ターミナル編)
  • 羽田空港は魔物が住む?入り浸らないように要注意!羽田空港は摩訶不思議。この場所はタクドラをダメ人間にしてしまう魔力がある。入ったら最後、だいたい2時間くらいは出られない。客単価は概ね五千円くらいだけど、いかんせん待ち時間が長すぎる。しかも必ず五千円くらい出るとも限らない。いやもちろん1万超えることも多いのだけど、それにしてもわざわざ来るところじゃないだろう。なのに引き寄せられてしまう羽田空港。そう。 [続きを読む]
  • 事故や違反は起こさない トラップ回避の術を学ぼう
  • 曲がれない。止まれない。そんな時どうする?都心を走っていると、沢山のトラップがある。バスレーンに時間規制、右折禁止にUターン禁止など、事前に気づけばまだいい方で、うっかりするとお巡りさんに捕まってしまうこともあるから油断ならない。これらを回避する方法は「注意深く標識を観察すること」と班長などに教わるのだが。。。そんなことはもちろんわかってるwそれでは解決策にはならないから困るのだ。そもそもお客様が乗 [続きを読む]
  • 流し方心得二十一箇条 街はこうやって流そう!(後編)
  • 続いて後編。(前編はこちら)11)青タンまでは降ろして1キロ以内で乗せろまぁ、1キロ以内で乗せれれば吉だよね。営業スタイルにもよるけど、青タンまではどこで乗せても基本的には近距離が多い。ここまでは数をこなし、基本ベースとなる数字を作り上げていく。そのためには数で勝負していく。私の場合は降ろしたところから近い乗り場へ向かい、その途中で手が上がればお乗せするスタイル。ちょっと外向きに走ったら、向きを変 [続きを読む]
  • 流し方心得二十一箇条 街はこうやって流そう!(前編)
  • 流し営業はタクドラの基本!じゃぁ、どうやって流す?タクドラの営業スタイルは3つしかない。「流し」「付け待ち」「無線」の3種類だ。そのうち、基本中の基本が「流し営業」であろう。この「流し」は基本でもありまた一番難しくもある。常に高営収(高い売上)を叩き出している人は必ずと言っていいほど「流し」がうまい。ここでは私が過去に先輩から教わった流し方の心得21箇条と言うのを披露しようと思う。私自身は全てを実 [続きを読む]
  • ルートの組み立て方をマスターせよ!効率的なルート組み立て方とは?
  • 目的地がわかるのに、なんでたどり着けないの?目的地がどこか?それが分かったとしても、そこまでのルートが出てこない。これは誰も通る最初の壁だ。例えばみんなが知っている「東京タワー」そう。あの赤い電波塔で東京のシンボル的存在である。その東京タワーへ行きたいと言われた時、お客様はタクドラに「東京タワー知ってる?」とは聞かない。まぁ、普通は東京タワーは知っているからだ。ところが目的地は知っていても、そこま [続きを読む]
  • タクドラはこうして稼ぐ!一般道と高速の覚え方
  • 都心3区はなぜ重要?タクドラで稼ぐための最初の一歩は?「港区、中央区、千代田区」タクドラで稼ぎたいならこの都心3区を覚えるのが一番の近道だ。このエリアは大手企業や官庁が多く、タクシー需要が高い。そして、お客様もタクシーに乗り慣れている。普段からタクシーを利用されている方が多いので、トラブルも少ない。ましてや”N”に勤めているならば、ファンも多く、尚且つ専用乗り場も多いこのエリアを覚えない理由はない。 [続きを読む]
  • 未経験からタクドラになるなら?どんな会社を選べばいいの?
  • タクシー会社はどこも同じ?会社選びのポイントは?どこのタクシー会社も常に人を募集している。「二種免許取得費用は会社負担」というのは当然で、「寮完備」や「入社祝い金」なんていうのもあり、これからタクドラになろうとする人にとってはまさに選びたい放題であろう。だからこそ、会社選びは慎重に行いたい。ここでミスるとやり直しが難しいからだ。内容をよく吟味して、自分に合う会社を選んでほしい。私自身はいわゆる「4 [続きを読む]
  • タクドラのストレスは?ぶっちゃけストレス多そうだけど、その辺どうよ?
  • タクドラはストレスが多い?嫌なお客の割合は?意外にも思うかもしれないが、嫌なお客は少ない。あくまで感覚ではあるけれど、月に一回あるかないかくらいだ。これは感じ方なので、人によるかもしれないが、少なくとも私はそうだ。一回の乗務で、おおよそ20組から30組くらいお乗せするのだが、そうすると月12乗務するとして、月あたり、300組くらいお乗せするので、300分の1つまり0.3%くらいの確率ということになる。思いのほか嫌 [続きを読む]
  • 女性タクドラも増加!?誰もが平等に稼げるシステムは意外と魅力的かも
  • 最近のタクドラ事情!営業所に女性の姿があると淀めき立つ??一昔前までは、おっさんのリストラ再雇用先の救世主的な存在だったタクドラ。ところが時代は打って変わって最近では若い女性の姿もチラホラ。いちおっさんとしては、女性がいるだけで華やかになるし、良いことだと思っている。某大手タクシー会社には新卒の女性も入社しているとのこと。実際、街を流しながら見てみると、ホントに女性タクドラは増えたと思う。しかもべ [続きを読む]
  • タクドラの仕事は底辺か?そう言われる仕事に就いてみて
  • タクドラのお仕事は底辺か?ズバリ答えると、底辺だろう。正直、成りたくてなる仕事でもないし、子供が憧れる仕事でもない。「どうしてタクシー運転手になんかなったの?」と聞かれることもある。本人に悪気はないのだろうが、タクシー運転手なんか・・・とはねぇ。随分な言われようだ。建設業界に勤めていた頃、タクドラ用の寮の建設に関わったことがあった。その着工の日、近隣住民に猛反対にあったのだが、その反対理由が「ここ [続きを読む]
  • 道がわからなくてもやっていけるの?それでお金は頂ける?
  • 道は知らないより知っていた方がいい。タクドラになるなら、覚えていかなきゃならないのは事実だ。だけど道を知らなくても、タクドラは出来る。それはどうするのか?答えは「お客様に聞く」だ。だって解らないのだから聞くしかない。「恐れ入ります。新人でございます。道のご案内をお願い出来ますか?」意外に思うかもしれないが、これで普通に教えてもらえる。もちろん「他のタクシーに乗るよ」と言われて降りられることもある。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …