あまぐり さん プロフィール

  •  
あまぐりさん: たべぶろ
ハンドル名あまぐり さん
ブログタイトルたべぶろ
ブログURLhttp://tammy-bg.site/
サイト紹介文食べることが大好き。食に関して興味があり、自分の知識や試してみて良かった情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 20日(平均7.3回/週) - 参加 2018/11/01 15:20

あまぐり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 野菜は50度洗いで美味しくなる!野菜をシャキッとさせる方法
  • スーパーなどで購入した野菜が元気になり、おいしさが引き出される方法として知られている「野菜の50度洗い」。50度のお湯とボウルがあれば誰でも簡単に行うことができるのも嬉しいところ。ただし洗い方を間違うと、逆に風味を損ねたり食材をダメにしてしまうことも。50度洗いの方法と手順を知って、野菜をもっとおいしくいただきましょう。スポンサーリンクこの記事の目次50度洗いとは50度洗いの手順まとめ50度洗いとは野菜には、 [続きを読む]
  • さつまいもは種類がたくさん!自分好みの焼き芋はどれで作る?
  • さつまいもの食べ方といえば、やはり王道は焼き芋でしょう。しかし最近のさつまいもは種類が豊富。見た目は同じように見えるさつまいもでも、品種によってその味わいや食感はさまざまです。ねっとり、しっとり、ホクホクといろんなタイプがありますよね。さつまいもの種類とその特徴を知って、自分好みの焼き芋を食べてみませんか?今回は、タイプ別のさつまいもの品種やその特徴と、タイプ別の焼き芋の作り方について、ご紹介して [続きを読む]
  • 焼き芋を冷凍保存!保存方法やおいしく食べる方法
  • 最近はスーパーなどで焼きたての焼き芋を手軽に買えるようになり、寒くなると「肉まん」派だった私も、いい香りに誘われて焼き芋を買うことが増えてきました。焼き芋の場合、家族が多いとみんなで食べようとつい人数分買ってしまいがちです。全部食べられればいいのですが、たくさん買いすぎたり自宅で焼き芋を一度に作ると余ってしまうこともありますよね。そんな場合に、焼き芋ってどう保存したら一番おいしく食べられるかご存知 [続きを読む]
  • トースターで簡単!専門店みたいな【焼き芋】の作り方
  • 石焼き芋って最近はあまり売りに来なくなりましたね。スーパーやコンビニなどで手軽に焼きたてが買えるようになったからでしょうか。手軽に買えるようになったとはいえ、焼き上がり時間じゃないと買えなかったりもします。スーパーで時間を潰したり、もう一度焼き上がりを見計らってお店に戻るのも、なかなか大変。秋から冬のさつまいもの旬の時期になると、スーパーでは生のおいしそうなさつまいもが、お手頃価格で買うことができ [続きを読む]
  • 大根にスが入る?食べられるのかと、原因や見分け方を詳しく解説
  • スーパーで購入したりいただいた大根にスが入っていると、ちょっとショックですよね。なぜ大根にスが入ってこんな状態になるのでしょう。スが入った大根は食べられるのでしょうか。また、できればスが入った大根は避けたいところ。見分ける方法はあるのでしょうか。今回は大根のスについて詳しく解説していきます。この記事の目次スが入るってどういうこと?原因や見分け方はコレ!スが入る原因見分け方スが入った大根は食べられる [続きを読む]
  • 大根おろしが辛い!辛さを軽減する方法と辛くならないコツ
  • 大根おろしはピリッとした辛みが特徴ですが、舌がしびれるほどの辛さになることもあります。あまりの辛さに「これは..食べられない..」と大根おろしを食べるのを諦めてしまったこと、ありませんか。こんな時に辛さを軽減できれば、嬉しいですよね。大根おろしはピリピリと辛いもの。でも時によっては、まろやかで甘いものもあります。実は、大根の部位やおろし方次第で辛さが違ってくるんです。今回は、大根おろしを食べるとき [続きを読む]
  • 大根をまるごと1本買って、賢く保存する方法。
  • 秋から冬の大根はみずみずしくて甘みも増し、大きく育って食べ応えも十分。厚切りにカットして、おでんや大根ステーキなどたくさん食べたいですよね。まるごと1本買っても、煮物やなべ物などすぐ使い切ってしまいます。おでんなどたくさん大根を使う場合はさほど問題にはなりませんが、ちょっと困るのが少し使ってあとはどうするか予定が無いとき。保存方法を間違うと、切り口から傷んでしまったりスがはいって美味しく無くなって [続きを読む]
  • 大根の甘みは部位によって違う!使い分けのコツ。
  • 秋から冬になると食卓では大根が大活躍。この時期は大根が旬の季節でもあり、大きくて値段も安め。みずみずしくて甘みも増した大根を前にすると、ついついまるごと1本買ってしまいたくなります。ところで、大根は部位によって、味も食感も違うのをご存じでしょうか。せっかくのまるごとの大根ですから、部位に合った料理法で使い分けるのがおすすめです。そこで、今回ご紹介したいのが、大根の「部位ごとの特徴」と「どんなお料理 [続きを読む]
  • さつまいもに「芽が出たときの対処法」食べられる?食べられない?
  • さつまいもは比較的日持ちのする食材のひとつで、よく部屋の隅っこに新聞紙に包んで保存したりします。そうするとうっかりそのままにしてしまい、気が付くとニョキニョキ芽が生えてしまってたってこと、ありますよね。我が家もまだ大丈夫だろうと置いていたさつまいもを見たら、10センチ以上も芽が生えて、葉っぱも出ていたことがあります。どう見てもこの状態はもう、食べるよりは植えた方がいいのでは?って思ってしまいました。 [続きを読む]
  • さといもの選び方、下ごしらえの方法
  • さといもは秋になると食べたくなる食材です。とろっとした煮っころがしは家庭料理の定番ですよね。いざ煮っころがしを作ろうと思っても、さといもは土がついていて状態が分かりづらく、買ってから傷んでいたなんてこともありますよね。また、土つきの野菜は洗うのが面倒だし下処理にも手間がかかって敬遠しがちになることも。今回は、そんなさといもの選び方と、手軽にできる下ごしらえの方法をご紹介します。スポンサーリンクこの [続きを読む]
  • レンジで簡単!にんにくの臭いを消して翌日残らなくする方法
  • にんにくの香ばしい匂いを嗅ぐとそれだけで食欲をそそられ、なんだかパワーもアップしそうですよね。嗅いでも食べても美味しいにんにくですが、食べた後の臭いを気にして控えてるって方もいらっしゃいますよね。女性だけでなく最近は男性も気にされる方が多いようです。今回はそんなにんにくの臭いが気にならなくなる、電子レンジを使った調理方法をご紹介します。スポンサーリンクこの記事の目次にんにくは丸ごと電子レンジで加熱 [続きを読む]
  • 手順は3ステップだけ!?さつまいもで「干しいも」を作る方法。
  • 実りの秋は、収穫の秋でもあります。子供のころに保育園や幼稚園、小学校などで「芋掘り体験」をした方も多いのではないでしょうか。最近でも秋になると園児が芋堀り体験をしているニュースがテレビや新聞で報じられます。この時期はスーパーなどにも大きなさつまいもが並び、価格もお手頃になってきます。そんなときは、チャンスです。旬のさつまいもをお値打ち価格でたくさん買って、自宅で「干しいも」を作ると、お日さまをたっ [続きを読む]
  • 簡単なさつまいもの食べ方!炊飯器で焼きいも作り
  • 秋の味覚のひとつ、さつまいも。いちばん身近な食べ方は「焼きいも」ですよね。「いしや〜きいも〜〜〜おいも」のフレーズを聞くと無性に食べたくなってしまいます。今はスーパーやコンビニでも焼き芋が買える時代ですが、わざわざ焼きいもを買いにいかなくても、さつまいもさえあれば、自宅で簡単にしっとりあま〜い焼きいもを炊飯器で作れます。今回は、簡単に炊飯器で焼いもを作る方法をご紹介します。この記事の目次用意するも [続きを読む]
  • にんにくの薄皮をむくのが面倒な人へ。簡単にむけるコツ4つ!
  • にんにくの香りのする料理は食欲をそそります。にんにくを常備しているご家庭も多いと思いますが、薄皮を剥くのって結構面倒に感じますよね。包丁でめくろうにも、なかなかにんにくから離れずにイライラしたり、そのうちに手に臭いが移ってしまったなんてことも。食べる時にはいい香りですが、手から匂うのはくさい臭いです。今回はそんな面倒に感じる薄皮むきを、簡単にするコツを4通りご紹介します。全ての方法が簡単に出来る上 [続きを読む]
  • にんにくに含まれる栄養効果と臭いの秘密とは
  • 香味野菜の代名詞である「にんにく」ですが、おいしいけど、においが気になって控えてしまうという方もいるのではないでしょうか。でも、実はにんにくには、小さな一粒のなかに、疲労回復や滋養強壮にバツグンの効果があるんです。食べないなんてもったいないことですよ。今回はにんにくの栄養効果、食べ方や保存法についてご紹介します。気になる臭みを避ける情報も合わせてお伝えしますね。スポンサーリンクこの記事の目次にんに [続きを読む]
  • にんにくの上手な保存方法!冷凍や調味漬けもアリ
  • にんにくをちょっと加えるだけで、お料理の風味がアップしてとてもおいしくなります。にんにくは常備しているってご家庭も多いですよね。にんにくは野菜の中ではわりと長持ちする食材ですが、気がついたら芽がでてしまったってこと、ありますよね。にんにくの芽は毒性がなく食べられますが、にんにく自身の香りや食感、そして栄養も芽にとられて失われてしまっています。今回は知ってるようで知らない、にんにくの旬や選び方から芽 [続きを読む]
  • 「かきたま汁」を美味しく作るコツ。これだけ押さえればOK!
  • 出汁と卵さえあれば簡単にできる「かきたま汁」。冷蔵庫にあるもので簡単に作れるので、いつもの汁物のレシピとして、出番が多い存在でもあります。ありあわせの具材をプラスするだけで、様々なバリエーションも楽しめます。ですが簡単そうなかきたま汁も、スープが濁ってしまったり、卵がふわふわにならないなど上手くいかないことがありますよね。今回は「かきたま汁」をお店のようなふんわりした卵と澄んだスープにするコツをご [続きを読む]
  • 銀杏を拾いに行こう!拾い方や下処理の方法、食べ方まで
  • 銀杏は季節感が強く、お料理に一粒入っているだけでも秋を感じさせてくれる存在です。子供のころは嫌いだったけど、大人になってその魅力にはまった人も多いのではないでしょうか。秋の公園や神社、お寺などに出かけると、そんな秋の味覚「銀杏」の実が落ちているのをみかけることがあります。そんな時、「これって食べれるのかな?」なんて思いながらもその臭いに恐れをなして素通りしてしまうことも。でも、下処理の方法さえ知っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …