新川薬品 野嵩店 さん プロフィール

  •  
新川薬品 野嵩店さん: 沖縄の漢方専門店!新川薬品のブログ!
ハンドル名新川薬品 野嵩店 さん
ブログタイトル沖縄の漢方専門店!新川薬品のブログ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/arakawa-kampo/
サイト紹介文東洋医学や漢方を中心とした情報や実際に来店されているお客様の体験などをお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 17日(平均16.9回/週) - 参加 2018/11/01 19:22

新川薬品 野嵩店 さんのブログ記事

  • 腸を元気にする「ビフロ」!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、腸を元気にする生きている酵母『ビフロ 』をお伝えいたします。 これは、ほんとにオススメです!!私も飲んでいますよ。 アレルギーの方にもオススメなんですが、私は、ダイエット感覚で服用しています。 食べすぎ時や油モノ、甘いものを摂った時の必需品です。 ビフロを薦める理由の一つに、効果が目に見えるのです。 ※生きている酵母実験! ①まず42度ぐらいのぬるま湯で20%ぐらい [続きを読む]
  • グルコサミン・コンドロイチンが痛みをモトから断つ!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 前回の続編ですが、「ケアマックスNEO」 という漢方療法推進会で推奨している商品を紹介します! 「ケアマックスNEO」は飲むだけで、膝の痛みを緩和します。 その時だけの「痛み止め」ではなく、痛みの原因をモトから断つ健康食品なのです。来店される服用者からは朗報が続々届いています。(ブログなどで書かれている声ではありません。 実際に来店されている方の本物の声です) 中高年以降の [続きを読む]
  • TVで放映されている健康食品は、本当に効果があるのでしょうか?
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。良くテレビや雑誌で膝に良く効くというサプリが紹介されていますが、 どうなんでしょうね??サプリを購入できるブログやHPなどでは、口コミで凄い好評と書かれていますが、実際に来店されているお客様にお聞きするとあまり良くならないみたいです。。。 何故か分かりますか?? 膝に効果があると言われている主成分のヒアルロン酸を主体とするサプリは、痛みを取る効果はないのです。(簡単に言 [続きを読む]
  • 関節の痛みは漢方で治しましょう!!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。本日は、関節の痛みに合わせた漢方薬をご紹介します。心当たりのある方は、是非、お試し下さい。 ◆寒いとツライ症状・引きつるような痛み・手足が冷える・寒くなると痛みが強くなる・寒がり ※オススメの漢方※桂枝加苓朮附湯(ケイシカリョウジュツブトウ) 効能:身体を温め、血行を促進して、関節や神経の働きを調節し痛みを改善します。 ◆湿気が多いとツライ・重だるい痛み・雨が降ると [続きを読む]
  • 不眠、だるい、気力の低下・・・
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、心の疲れについてお話しさせていただきます。 ◇心の疲れは脳の疲れが原因新しい仕事、学校、転居など新しい環境の変化に伴い、知らず知らずの間に心身にさまざまな症状が現われる場合があります。なぜか「気分が落ち込む」「集中できない」「眠れない」などといった症状の方はいませんか?これは「心の疲れ」が原因といえます。 そして「何とかしなければ・・・」と思えば思うほど、心 [続きを読む]
  • 「肝斑」には4つのパターンがあります
  • おはようございます。新川薬品 野嵩店です。 本日は、前回にてお伝えしました肝斑の対策についてご紹介します。 「肝斑」には4つのパターンがあります。肝斑は見た目の特徴から4つに分けることが出来ます。 A, もやっと広がった蝶々パターン 「蝶々が羽を広げたみたいに両頬を覆っています。」 B, 頬骨に沿って筆で描いたようなパターン「外来で一番多いパターン。左右対称ですが、形や大きさが違います。」 C,チビ肝斑のパタ [続きを読む]
  • 女性なら誰もが悩むシミ。。。
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、誰もが悩むシミについてお話しさせて頂きます。 シミには種類があり、それぞれ適した対処法をとることが美肌への近道です。 今回は、「肝斑(かんぱん)」というシミを中心にご紹介します。 肝斑は一般にはあまり知られていませんが、決して珍しいシミではありません。まずは、その他のシミの種類と対処法についてご紹介します。 ■タイプ①日光性黒子(にっこうせいこくし)    「 [続きを読む]
  • 美肌は健康の後からついてくる!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、美容と健康についてお話しさせて頂きます。 〜牛黄でつくる美と健康〜顔面のリンパマッサージが、一時期、マスコミ等で取り上げられ、今では、定番のコースになっていますね。 顔面のリンパマッサージは、リンパの流れに沿ってマッサージをすることで、老廃物の代謝を良くして、肌を若々しく保ちましょう、ということで人気になりました。 とはいえ、顔から首へと流した老廃物は、その [続きを読む]
  • 「身土不二」について
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、「身土不二」についてお話しさせて頂きます。 漢方では、「身土不二」の食物、つまり「自身が住んでいる土地で採れる旬」の 食物を摂る事こそ健康の原則と考えられています。 しかし今、私たちのまわりには、季節外れの、または外国産の食物が氾濫しています。 特に南方産の食物の過剰摂取は身体を冷やすのです。 また、水分を余分に摂り過ぎて充分に排泄できないと、体内に水分が溜ま [続きを読む]
  • 頭のテッペンが薄くなっている方は・・・
  • こんばんは。新川薬品 野嵩店です。前回、ご紹介したケアリプラですが、頭のテッペンが薄くなってきている男性にもオススメしています。 頭のテッペンが薄くなってきている男性は、女性ホルモンの低下が要因の一つとしてあります。 人間は、男性でも女性でもバランスよく男性・女性ホルモンを持っています。頭のテッペンは女性ホルモンが関与しています。 サザエさんに出演している波平さんが典型的ですね。 男性の特徴としてサイ [続きを読む]
  • 我が家のワンちゃん!
  • おはようございます。新川薬品 野嵩店です。 今回は、健康情報や薬についてではないですが、インスタグラムで我が家のわんこ達を紹介しています! 是非、覗いてみてください! ↓インスタ新川薬品とワンちゃん ↓ ↓-漢方の相談なら-   ・更年期障害  ・不妊治療  ・自律神経失調症  ・ストレス  ・皮膚疾患症(アトピーなど)  ・不眠 ・糖尿病 ・その他 新川薬品 野嵩店http://arakawa-kampo.com/沖縄県宜 [続きを読む]
  • 膀胱がんで全摘手術へ
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 フジテレビ系「とくダネ!」のメインMC 小倉智昭氏が膀胱がんで全摘出手術に踏み切ったとの記事が出ていましたね。。。 小倉智昭氏、膀胱がんで全摘手術へ 記事を読みましたが、これまで、きつい中、お仕事をされたようですね。 早く根治してお仕事に復帰して欲しいです。 がんは、若ければ若いほど進行が早いです。皆さんも定期的に検査を受けて健康を保ってくださいね。 ↓ ↓-漢方 [続きを読む]
  • 大豆イソフラボンを摂取するには!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 前回の続きになります。 女性ホルモンが低下するすると更年期のツライ症状がでてきます。女性ホルモン(エストロゲン)は、身体の様々な機能をバランスよく調整する働きがあり、欠乏するとホットフラッシュ(のぼせや手足のほてり)、発汗、不眠、閉経などの症状を引き起こします。また、女性ホルモンの低下が長期化すると骨粗鬆症、動脈硬化、萎縮性膣炎、尿失禁、皮膚萎縮などの危険な症状に [続きを読む]
  • Yahooニュースで頻尿の記事が掲載
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 今日、Yahooニュースで頻尿の記事が載っていました。若者でも頻尿はつらい!映画中も会議中も・・・頭の中はトイレのことだけ、、、 以前にこのブログで「尿」について書いておりますので、是非、ご参考にされてください。 【ご参考に 】↓ 「排尿障害の謎を解く!」「排尿障害の原因について」「中高年女性に多い尿失禁」「排尿障害の種類について」 -漢方の相談なら-   ・更年期障 [続きを読む]
  • 大豆イソフラボン
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 何でツライの?不眠・憂うつ・不安感・のぼせ・ほてり・どうき・息切れ・肩こり 40〜50歳代の女性を悩ませるこれらの症状、放っておくと大きな病気につながることもあります。 バランスのくずれこれらの症状の原因はホルモンのバランスがくずれ自律神経・血行の乱れが起こることで、本人にしかわからないツライ症状が出ます。 症状を軽くできます!症状を軽くするのに役立つのが女性ホルモンの [続きを読む]
  • 排尿障害の種類について
  • こんばんは。新川薬品 野嵩店です。 ちょっと長いので読むのも大変ですが、 男性の皆さんは、下記で紹介する病気になりやすいのでお気を付けください。 男性特有のものとして、付属生殖腺の前立腺に関わる病気が、排尿障害の原因となることが 知られています。そのなかで最も多く見られるのは、 前立腺肥大症です。 他に、前立腺炎、前立腺がんなども排尿障害の原因となります。一方、女性の排尿障害として知られるのは、尿失禁 [続きを読む]
  • 大切なのは身体を温めること
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 ここ数日、「冷え」についてお伝えしてきましたが、身体を冷やすことに良いことはありません。 大切なのは、身体を温める生活を送ることなんです。 私たちがもっている「病気を防ぎ、病気を治そうとするために備えた能力」が免疫です。 風邪などの感染症をはじめ、ガンでも単なる疲労でも、 発熱や食欲不振が生じると、免疫現象の主役を担っている白血球の力が促進されます。 また、入浴後やス [続きを読む]
  • 身体を温める野菜!
  • おはようございます。新川薬品 野嵩店です。 本日は、身体を温める野菜の区別をお教えします!! 温める野菜を選ぶのは簡単です。ポイントは、「土の中」!土の中で育った野菜(人参や大根)は、身体を温めてくれます。 逆に、枝にぶら下がっている野菜(ゴーヤやきゅうり)などは、 身体を冷やします。自然って理に適っていますね! 現代社会の女性に冷え性などが増えた原因に、冬にも夏の野菜が食べれるようになったのも関係して [続きを読む]
  • 食べすぎ注意!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 今日は、食べすぎは良くない点をご紹介します!食べすぎは、栄養過剰病を招きますが、身体を冷やす要因にもなります。食物を食べると、消化のため血液が胃腸に集まります。その結果、脳や手足を巡る血液の量が少なくなり、体温が下がってくるわけです。 食べすぎ傾向のある方は、過食を正すため、また体熱の上昇をスムーズにするためにも、たまには「プチ断食」をしてみてはいかかでしょうか。 [続きを読む]
  • 胃腸が冷えて血流が悪くなると、、、
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 前回の続きになりますが、冷たいものを摂取して胃腸が冷えて血流が悪くなると、食べ物を十分に消化出来なくなったり、腸のぜん動運動が正常に行われなくなり、便秘や下痢などの症状が現われることがあります。。 便秘の場合は、腸のぜん動運動が弱く、上手に排便できないことで起こります。逆に、下痢の場合は、運動が活発すぎて食べ物が腸を通過する時間が短すぎることによって生じます。とく [続きを読む]
  • 身体を冷やしたらダメなんです
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、冷たいものを摂取してはダメな理由をお伝えいたします。※冷房の悪影響や寒いのにファッションで薄着をして身体を冷やすこともダメですよ! 身体にいらない水分(特に冷たい水)がたまると、脂肪が燃えにくくなるので、体温が低下し、冷えが生じてしまいます。 冷えると身体は第一に内臓を守ろうとして優先的に血液を送り、抹消血管に血液を送る動きが弱まるため、はじめに手足が冷える [続きを読む]
  • 心臓と血液のめぐり
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日は、心臓と血液の関係を少しだけ紹介します! 漢方の古書では、血液をめぐらせる気について、「身体を補い、陰陽をめぐらし血液循環を良くし、筋肉や骨を潤おして関節の動きを潤滑にするもので、これを栄喜という」とあります。 「栄気」である血液の働きが正常であれば、身体は健康で筋肉や骨髄に栄養を与えることができ、関節の屈伸を滑らかにして痛みを感じさせることもない、ということ [続きを読む]
  • 不妊治療に使用した漢方薬!
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 前回、ご懐妊されたお客様について記事を書かせていただきました。改めておめでとうございます!! 本日ですが、不妊治療に使用した漢方薬をご紹介します! ●鹿茸大補湯 この漢方薬は、不妊治療のベースになります。血を補い体温をあげ、ホルモンを整える作用があります。また、東北地方の寒い地域の方は、冷えるため体温低下とエネルギー不足のため、上記の作用がある鹿茸大補湯を服用する方 [続きを読む]
  • ご懐妊報告
  • こんにちは。新川薬品 野嵩店です。 本日、おめでたいお話です!お客様(30代)がご懐妊されました! 病院で自然分娩は出来ないとまで言われて、人工授精を何度か試みましたが、1年以上も懐妊しませんでした。 その方は、初めは生理痛がひどいと言うことで相談を受けましたが、不妊治療も併用して行ったところ、3ヶ月でご懐妊されたのです。それも人工授精ではありません。 =主な治療内容=その方は、病院が苦痛でストレスになって [続きを読む]
  • 冠脈通塞丸(かんみゃくつうそくがん)
  • こんにちは!新川薬品 野嵩店です。 本日は、昨日紹介した冠脈通塞丸 について詳しく説明します。 なぜ冠脈通塞丸 を紹介したのか?? それは、、、 圧倒的に女性からのリピートが多いからです。じわじわとですが、効果が確実に現れるので再度、購入される方が多いのです。まずは、冠脈通塞丸 の効能をお伝えします。 ・しみ・頭痛・頭重・肩こり・動悸・生理通の貧血・血圧の安定 上記の効能で、「血圧の安定」とありましたが、冠 [続きを読む]