香織 さん プロフィール

  •  
香織さん: Kandy - 主従の香り
ハンドル名香織 さん
ブログタイトルKandy - 主従の香り
ブログURLhttp://kandy2018.blog.fc2.com/
サイト紹介文大切なご主人様との日々。変態牝奴隷として仕えさせて頂ける幸せを赤裸々に綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 11日(平均13.4回/週) - 参加 2018/11/02 21:11

香織 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 伝える想いと、感じる想い
  • 例えばシンプルに、How do you like it? ただ、好きです。というだけではなく、どのように好きか。なんでそう思うのか。その根拠は。自分の気持ち、意見をどんどん発言し表現することが評価の全てとなる。そのような環境下の中に居ました。伝えないと、伝わらない。間違うのは当たり前で、発言しなければ間違っている事にすら自分でも気づかないままかもしれない。言わなければ、表現しなければ、相手には思いは伝わらないのだ。そ [続きを読む]
  • 世界のすべて
  • 週末は11月とは思えない暑さでしたね。23度とか…!暑がりの私は、半袖1枚で過ごしました。ヾ(・ω・`;)ノご主人様と出逢ってから、私は見るもの全てにご主人様を重ねてしまっていました。映画を観れば、登場人物とご主人様のキャラが似てると感じてしまったり、音楽を聞けば、歌詞にご主人様を想い、お買い物に出れば、ご主人様ぽい物を探して嬉しくなる、お料理を作れば、ご主人様の好みをもっと知りたくなる、という風にです。心 [続きを読む]
  • 牝犬の首輪
  • 外出先にて、ペットショップを通りがかった時に首輪が売ってあるのが目に入りました。以前ご主人様より、「香織に私だけの首輪を付けたい」と言って貰えた事を思い出しました。首輪をご主人様に付けてもらえるなんて…可愛がって飼われている証拠です。これを付けてもらえるM女さんは幸せだなぁと羨ましく思いました。でも私は。過去の虐待の恐怖から、無理だ怖いと思いました。男性の手が首周りに来ることや、首に何か巻かれると [続きを読む]
  • 牝奴隷の日課
  • ご主人様は、牝奴隷に日課を与えて下さっています。日常生活の中で、私がご主人様の牝奴隷としての存在意義と幸福感を感じられる時です。朝起きがけに奴隷誓約証を読ませて頂きます。この日課は、私がご主人様にお願いし加えて頂きました。ご主人様と一緒に一つ一つ添削して頂いた奴隷誓約証。大切なもの。婚姻届よりも重く尊いもの。ご主人様の言葉をお借りしますと、私のマゾ牝としての本気です。これを、朝起きたらすぐに読ませ [続きを読む]
  • 公開お仕置き
  • 以前のエントリー、満たされていく心でも綴らせて頂きましたところにも繋がるお話になります。ご主人様は、牝の嫉妬心をお仕置きに変えて下さいます。お仕置き、という名のご褒美だったりするといやらしいマゾ牝の私は感じてしまっているのですが。今回のご主人様から言い渡されたお仕置き。「今まで私に送った写真の中から、お前のいやらしい牝具合が分かる写真を一枚選びブログで晒せ」と…(//~//)今まで写真を上げたことはあり [続きを読む]
  • ご調教 続き
  • 「香織、何回逝った?お前ばっかり気持ちよくなったな。それでお前は満足か?」うう、ご主人様。ご主人様のおちんぽ様にご奉仕させてください。「そうだなぁ、ディルド持ってきてカメラの前に付けなさい。」はい…ご主人様。カメラの前に見えるようにセットする。唾液をたっぷり垂らし、ご主人様のおちんぽ様を心を込めてご奉仕させて頂く。唾液でいやらしい音を立て始める。「香織、私のチンポを見なさい。」そこにはご主人様のお [続きを読む]
  • ご調教 続き
  • 「ローターは入れたままでいいから。洗濯バサミで片方の乳首挟みなさい。」はいご主人様。洗濯バサミで左乳首を挟む。あぁ、痛い。痛すぎて震える程の痛み。指に、身体に、グッと力が入る。「痛いだろう。でも痛いだけか?ローター両方スイッチ入れて最大にしなさい」はい、ご主人様。うぅぅぅ、痛いです。スイッチ入れます。痛みと、快感が同時にやってくる。この痛みと快感は、ご主人様がこの私だけに下さっているもの。そう思う [続きを読む]
  • ご調教 続き
  • 「いいオブジェだ」ご主人様のそんな言葉が耳に入ってくる。「香織、足を思いっきり開き、ローターをひとつおまんこへ入れなさい。」はい、ご主人様。ローターをひとつおまんこへ入れます。濡れているおまんこはいとも簡単にそれを飲み込む。「香織、足を閉じるな。しっかり開け。ローターもうひとつあったな。それも入れるんだ」えっ、、2つとも入れるのですか…戸惑う私。前日に、外出先でローターをおまんこへ入れスイッチを入 [続きを読む]
  • ご調教
  • テレビ電話にて。ご主人様にお時間取って頂き、ご調教を受けさせて貰えました。前日より、ご主人様のご命令で外出先へローターを忍ばせスイッチを入れご報告をしたり…寝る前にクリトリスを触り逝く寸前で止めるを3回やりなさいとの宿題も頂いておりました。どんどん疼く牝の身体…「ご主人様、ご調教よろしくお願いします。」正座をし、手を前につき頭を床につける。顔を上げればそこには、画面いっぱいに私を蔑むように見るご主 [続きを読む]
  • この季節に想うこと
  • 11月に入り、少しずつ冷え込んできましたね。街もハロウィンから一気にクリスマスモード。木々達は、紅色に染まった葉を落とし風に吹かれ乾いた音を立て、土へと帰る。その様はまるで人生のようです。葉っぱの数だけ幸せの形があるように感じて…自然の温もりと儚さに、ちょっと切なくなります。私の?.女としての人生は、ご主人様に出会い始まったばかり。本当の自分を閉じ込めたまま生きていくことも、出来ました。でもそうしな [続きを読む]
  • 本当の自分
  • ご主人様の前では、どんな些細な小さな嘘も心の動きも、全部見透かされ、私の心はいとも簡単に裸にされます。自分に素直に向き合うしかありません。私は、毎日自分と向き合う機会を、ご主人様から頂いけることに感謝しています。今日私は、ご主人様に「お前は本当にはしたない牝だ」と言われました。私は、はしたない。という言葉をどう受け取れば良いのか、戸惑ってしまいました。はしたない牝って、酷い言い方過ぎる…本当の私を [続きを読む]
  • 私のM性への考察③
  • また思ったことがあったので書きます。※虐待などのグロテスクな内容もありますので、苦手な方はここでお辞めになった方が宜しいと思います。私は小さい頃に、祖父から虐待されていました。その頃は虐待なんて思わず、とにかく耐えていました。女に生まれてきたから、女は男よりも低いから。そのような意味不明な差別的目線が祖父の中にはあったんです。気性が荒くて、すぐに手が出る人でした。もう亡くなっているので故人の事はあ [続きを読む]
  • 強くなるということ
  • 昔、遠距離恋愛を経験した事があります。付き合ってた人が、就職と共に海外へ行っちゃうパターンでした。私の日常は何も変わらず、彼だけが居なくなりました。その虚無感と心細さに耐える事は、その時の自分にはかなり辛かったのをとても覚えています。私は元来の寂しがり屋の甘えん坊です…笑どうして私の前から居なくなるの。私の想い、何処にやればよいの。私のことはもう、どうでもよいの。もっと私を想って欲しい。、こんな、 [続きを読む]
  • 理想と現実
  • ご主人様とのやり取りは、そのほとんどがメッセージです。電話できるチャンスは決して多くはありません。文字でのやりとり。これは思った以上に難しいです。感覚的な事なら尚更です。ご主人様に出来るだけ自分の気持ちを端的にストレートにお伝えしようとしますが、、文才の無い私には、ご主人様にどれだけ伝わっているのか不安になる時があります。自分の想いは溢れているのに、実際にそれをご主人様に示せていない事も多々ありま [続きを読む]
  • 受け取る想いと。
  • ご主人様より、、、なんとお誕生日プレゼントを頂きました!!さぁ大変です!!無事受け取り、ドキドキしながら帰宅。初めてのご主人様からのプレゼント。ご主人様って、本当にこの世に存在して下さっているのだぁ…という、感動すら覚えながら恐る恐る開封…もうドキドキです。そこには、見た事ないモノ(もとい憧れていたもの)がたくさん詰まってありました…( ?? ˙ ? ˙??? )「香織を、牝にするモノだよ…」とおっしゃって [続きを読む]
  • ココロとカラダ 私の全部
  • ご主人様と出逢ってからもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。もしもこのブログを、初めから読んで下さっている方がいらっしゃるとしたら…おそらくなんですがその期間の短さに驚かれることと思います。なんたって、このブログの始まりは「奴隷誓約証」ですから…。私自身の感覚としては、まだ2ヶ月という思いと、あの出会いからもう2ヶ月も経ち、今私は奴隷誓約証を持ってご主人様に決意表明をし正式にご主人様の変態牝奴隷として飼 [続きを読む]
  • 私のM性への考察②
  • 先日、私のM性について自分なりの考えてを綴りました。ふとまた思う事があったので追記させていただきます。私の身体への興味は、自身に向けたものだけでは無く女性の身体、そのものが好きです。女性特有の曲線、しなやかな筋肉、柔らかそうな肌や唇。。話す度に見てしまっていました。誰から見ても綺麗な女の子は、やっぱり自分の中でもお気に入りでした。私って同性愛者なのかなって思った事は実は…過去に何度もあります。母の [続きを読む]
  • 満たされていく心
  • 私の中のM性。私の本質的な部分でありある意味何よりも大事な心の充実。ご主人様は? 本当の自分にとっての全て ?だと思う。「香織の不安を私も共有している。私に出来るのは、どんな小さな香織の不安もちゃんと聞いて一つ一つ潰していくしかない」どうしてご主人様はこんなにも私の心を包んで下さるのだろうか。私は、ご主人様にそれだけの事を返せているのか不安になる。今の私に出来ることは、ご主人様の変態牝奴隷としての誇り [続きを読む]
  • 初めてのご奉仕
  • 「香織、出したい。私が精子を出せるような動画を送ってこい」とのご命令が!初めての事に戸惑う私。でもご主人様が私に求めて貰える事が嬉しくてドキドキする。でも、、どうしたらいいんだろう迷いに迷って、考えていたら…「楽しみだ、早く抜きたいから急げ」四つん這いになり、毎朝の日課のポーズをとる。脚をググッと開き、恥ずかしいところ全部丸見えの状態に…。お尻を突き出し、両指で思いっきりおまんこを広げ、ご主人様に私の [続きを読む]
  • 踏み出す勇気
  • 私は怖かったのです。ご主人様を求めて一歩踏み出す勇気を持つこと。いやらしい妄想が現実となる事に強い憧れを抱きながらも、同時にとても怖かった。だって私のそんな姿を晒せるのは、心からの信頼と尊敬の気持ちが無いと、私には無理だから。ネットを見れば見るほど、自分のM性に合うS性を持ち備えた方と出逢える確率は絶望的と感じる。もし出逢えたとしても乱暴されたらどうしよう。信頼出来る関係が築けるとは思えなかった。だ [続きを読む]
  • 私のM性への考察。
  • 私のM性の目覚めは学生の頃。雑誌の特集を見て、SMの世界を知りました。「私も、こんな風にされたい!」身体中に電流が走ったかのような衝撃。私は、幼い頃から他人への奉仕欲が強い子でした。喜んでもらえる為には、私には何ができるかと考えること自体がとても好きでした。自分の存在意義を、他人を喜ばせることによって得ていました。そういう時は、とても充実して安心感がありました。今思えば風邪を引いた時の自分も好きでし [続きを読む]
  • 過去の記事 …