AKI さん プロフィール

  •  
AKIさん: 犬も毎日 〜犬のためにできること〜
ハンドル名AKI さん
ブログタイトル犬も毎日 〜犬のためにできること〜
ブログURLhttp://lovepaws.livedoor.blog
サイト紹介文どうしたら犬に伝わるの?を大事にします。クリッカートレーニングも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 81日(平均5.9回/週) - 参加 2018/11/02 14:58

AKI さんのブログ記事

  • ダメ!に力は要らない
  • 先日の散歩でしゅんしゅんと信号待ちをしていた時のこと。「コラ!」「〇〇(犬の名前)!!」と大声が聞こえたのであたりを見たら、横断歩道の向こう側に同じく犬連れの男性が青信号を待っていました。犬はまだ一歳くらいと思われるゴールデンレトリーバーの若犬。首にはチョークチェーン(引っ張った分だけ締まっていく構造のチェーンの首輪)。男性はリードを鋭く引き上げながら大声で犬に何かを伝えようとしている様子・・・。 [続きを読む]
  • 「ダメ」を伝える(?)
  • 犬と暮らす人だけでなく、しつけの専門家の中にも、褒めることは大事だけれど、時には叱ることも必要だと言う人がたくさんいます。「ダメ!」を伝えることを禁じては犬の問題行動を制する手立てがなくなってしまうからと説明する人もいます。犬が危険なことをしそうになったら思わず「ダメ!」と叱りが口をついて出るのも人としては自然な行動ですし、ごもっともです ですが、トレーナーとしてもう一歩踏み込んでお伝えしたいなと [続きを読む]
  • 行動がふえる仕組み ⑤ 困った行動の定着対策
  • 前回までは行動が増える仕組みについて書いてきました。今日は困った行動が出てしまったらどうやって修正するのか、そのトレーニング方法の例を。あくまで例です。参考程度に。例えばうちのしゅんしゅん。来た当初(2015年)は人が苦手でした。散歩中にたとえ犬好きな人でも寄ってこられるとへっぴり腰で吠えること吠えることこれを放っておくと苦手なものを吠えて遠ざけるという行動が習慣化してしまう可能性大。すぐ修正(あえて [続きを読む]
  • 行動がふえる仕組み ④
  • 予告より一日遅れてのアップです。って、実は昨日うっかり下書きをアップしてしまい 友達に教えてもらって慌てて引っ込めました。来ていただいた方には失礼しました。汗汗気を取り直して。行動はどうやって増え、維持させれるのでしょうか?その仕組みを 簡単にですが 数回に分けて書いています。読んでいない方はこちらを読んでね (「行動がふえる仕組み ①」、「行動がふえる仕組み ② 、行動がふえる仕組み ③)今日はリンク [続きを読む]
  • 行動がふえる仕組み ③
  • 行動はどうやって増えるのか?について数回に分けて書いています。今日はその3回目。前回までをまだ読んでいない方はこちらを読んでね。「行動がふえる仕組み ①」 「行動がふえる仕組み ②」 動物が行動する原因は行動の前でなく後にある、というところまで書きました。直後にメリットがあった行動は生起頻度が上がります。犬のトレーングに応用する際は、直後にご褒美を提示することで望ましい行動を増やしていきます。褒める [続きを読む]
  • 冬の散歩のお楽しみ
  • 行動が増える仕組みのお話の最中ですが、ちょっと休憩 一年で一番寒い季節になってきましたね〜カイヌシの散歩のお楽しみはあったかい飲み物です。ベンチで休憩ホットワインこちらはシナモンスティックつき(タバコじゃないよ 笑)あったまるねぇ〜〜 スパイスが効いたチャイも美味しい。手袋、毛だらけ近所の公園はお店だらけ。ついつい散歩が長くなるのでした。散歩は犬も人も楽しく〜にほんブログ村 [続きを読む]
  • 行動がふえる仕組み ②
  • 昨日(「行動がふえる仕組み ①」)のつづきです。増やしたい行動があるとき、どうすればいいのでしょうか。犬に確実にオスワリをさせたい、フセをさせたい、マテをさせたい・・・。何かを教えるときは、行動が出た直後に分かりやすいメリットを与えるのが一番効果的です。タイミングよくメリットを与えられれば、その行動は強化が起きた分だけ(メリットがあった分だけ)増えていきます。犬にとってのメリット(嬉しいこと、つま [続きを読む]
  • 行動がふえる仕組み ①
  • 今日は私が使っている犬のトレーニング法、行動の強化について。行動が増える仕組みの話です。シンプルに言うと、「結果として良いこと(メリット)があった行動は生起頻度が上がる」。いいことが起きると分かっている行動は増えるということネ。この理論の説明によく使われるのが電気をつけるという行動です。人は夜トイレに入るときに電気を点けますね。なぜでしょう。暗いから。と答えたくなりますが、ここでは「明るくなるから [続きを読む]
  • トレーニングって日常
  • 元旦にSNSでトレーニング模様をアップしたら、「元旦からトレーニングってすごいですね」と何人かの人からお褒めのメッセージをいただきました。笑われたのかな (笑)我が家の場合、トレーニングは犬たちにご飯をあげるのと同じで、元旦だからといってしないということではないのです。階段を降りるときにペットゲートを開けるまでちゃんと待たせておくのもトレーニング、玄関を出るときに慌てて走って出ないように(危ないのでね [続きを読む]
  • かまわないことのススメ
  • 静かな寝顔、まーるい背中、投げ出した足の肉球・・・。犬が寝ているとつい構いたくなったり触りたくなったり。スースーでも、寛いでいる時や眠っているときは愛犬にとって大事な休息の時間です。ムニャムニャ・・・あえて構わない、ということは実はとても大切なんです。覚えたことを脳内で整理する時間でもあるので、トレーニングの後の休息も特に重要と言われています。構わないことで、コミュニケーションにもメリハリが生まれ [続きを読む]
  • お散歩トリーツ
  • 今日はお散歩に携帯するトリーツ(オヤツ)のお話。新しいことを教える時にもトリーツを使いますが、すっかり覚えたことにもたまにはオヤツをあげて正しい行動の確認をします。 昨日のトリーツはこちら。ドライフードと、黄色っぽい丸いのはサメのお肉のフリーズドライ。すごい匂い!車が通り過ぎる時のマテの強化にはドライフード、猫を上手にやり過ごしたときは大好物のサメ肉、というように、犬にとっての難易度に合わせて使い [続きを読む]
  • 嗅ぎ初め
  • お正月もお盆も犬には関係なし。お散歩は通常運転です。皆さんの愛犬たちもお散歩初め、嗅ぎ初め、楽しんだかな? 匂いを嗅ぐことは犬の脳を刺激し、精神を安定させます。ストレス発散にも効果がありますよ。嗅覚の世界に生きている彼らにとって、嗅ぐことは心身の健康に欠かせない行為なのです。お散歩ではたくさん匂いを嗅がせて良い刺激を与えてあげることが、お散歩の満足感アップにつながりますお散歩は質も大事だよ。にほん [続きを読む]
  • 本年も。
  • 明けましておめでとうございます!今年も手元のことからコツコツと、を心がけてぼちぼちやりたいなーと思っています。記事の更新は4日からまた始める予定です今年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年もよろしくね! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 悲喜こもごも
  • 今年はなんだかいろいろありました。と振り返るのは私だけじゃないよね。今年の漢字が「災」って 多かったですね〜災害。自身も札幌で地震にあって、どこにいても普段の備えと心構えが大切なのだと痛感しました。そんなことやあんなことやいろいろあって個人的にもそれなりに波乱万丈 と言うのはちと大げさか の2018年でした。来年は年号が変わりますね。もっと明るい未来の見える年になりますように。今年はブログをとにかく読み [続きを読む]
  • エンジン全開でドッグランに出ない
  • ドッグランて便利ですよね。こちらは何もしなくても犬が勝手に運動して発散してエネルギーを使ってくれるし、他の犬とのコミュニケーションも学べるし・・・…と、「そうそうその通り!」と思った人はちょっと待った!ヒードッグランで起こる犬同士の事故は全て興奮した犬によるものです。エンジン全開状態の犬をおっ放しては事故のもとまずはランに入る前にちょっと周辺を歩いて匂い嗅ぎをさせて余分なエネルギーをガス抜きしてか [続きを読む]
  • 楽しいトレーニングの副作用!?
  • 我が家に来た当初、階段も登れず排水口もまたげなかったしゅんしゅん。克服するのに何週間かトレーニングしてへっちゃらに。(当時の様子「本当の安心は自分で克服することから」)やってもやらなくてもいいけど、出来たらいいことがあるよ! というスタンスでトレーニングしますので、しゅんしゅんにはほぼリスクがありません。犬は何をしても損をしない(叱られたり、無理強いされたりしません)トレーニングなのです。結果、克 [続きを読む]
  • オヤツ無しでもトゥラッタッタ〜 ♪
  • オヤツを使うトレーニングでは、オヤツをずーっと使い続けるわけではありません。トレーニングそのものを好きになったり、教えられた行動自体を楽しめるようになる、というのが目指したいゴールです。ある日のお散歩で。ドッグランに誰もいなかったのでちょっと入ってトレーニング・・・じゃなくて、もう遊び。 一つの一つの動作を教えるときはオヤツなどの報酬を使いますが、覚えたらいちいちあげなくてもいろんなことができるよ [続きを読む]
  • やってはいけないシツケ 5
  • 散歩中に犬がリードを引っ張ったり、何かに気を取られて動かなくなったりした時に、リードを引いてこっちに来させるという人は沢山います。そのときに、ゆーっくり引くのではなく、何度か短く強く引く、またはガツンと引き上げる人をよく見かけますね。リードショックと呼ばれるものですが、トレーナーさんや訓練士さんに「合図」として勧められる人も多いようです。そしてその際、犬は首が丈夫だから多少強く引いても大丈夫と説明 [続きを読む]
  • メリークリスマスも少しずつ・・・
  • こいちゃんは被り物、大丈夫です。否、迎えた当初勉強不足の私がむりやり大丈夫にしてしまった可能性も高い。このくらい朝飯前 でも 、しゅんしゅんは別です。手をかざされるのが苦手だったので、空の手から少しずつスモールステップで慣らして、被ってくれるようになりましたよ〜誰ですか笑ってるのはそんなこんなで、メリークリスマス 楽しいクリスマスを〜!にほんブログ村 [続きを読む]
  • お散歩でアテンションプリーズ!
  • 毎日のお散歩、どんな工夫をしていますか?犬の気の向くままに歩いたり、匂い嗅ぎをいっぱいさせたり、公園でオスワリなどの練習をしてみたり、仲良しの犬たちと挨拶させたり、逆に他の犬をスルーできるようなトレーニングをしたり・・・。身体的な運動欲求を満たすだけでなく、お散歩には犬の脳に刺激を与えて精神的を安定させ、生活の質(QOL)を上げるという大事な役割があります。特に何もせずに季節を感じながら歩くのももち [続きを読む]
  • 犬の気持ちって
  • 犬の気持ちになって、とか、犬の身になって・・・とはよく聞くフレーズですが犬の気持ちになるのはそう簡単でないかもしれません。犬自身が言葉で語らない限りは当てずっぽう。本当のことは分かりません。犬の立場に立ってみるためには、犬の世界を考えるという手があります。犬に限らず動物について知りたい時、その動物を取り巻く世界、つまり感知している世界(環世界と呼ばれます)について知ることが役に立ちそうです。生き物 [続きを読む]
  • オヤツがないとできません?②
  • オヤツがないと指示を聞かない犬、または飼い主さんがオヤツを持ってることを確かめてから指示に従う犬(いるよね?笑)はどうやって出来上がるのでしょうか。(「昨日の記事「オヤツがないとできません?①」)今日はその続きを。鉄則は、ご褒美は指示に従った後。そしてその時の注意点は、ご褒美の予感もご褒美になるので、オヤツの出現を予測させずに指示を出して、犬がその通りに行動するのを待つこと。「それではご褒美をあげ [続きを読む]
  • オヤツがないとできません?①
  • 正の強化、褒めるしつけはご褒美を使いますね。ご褒美の提示の仕方(与え方)が正しいと指示が聞ける犬になりますが、ちょっとしたタイミングの違いでオヤツがないと言うことを聞いてくれない犬になってしまうということが起こります。今日と明日はオヤツがないと言うことを聞かない犬ができるまで(笑)についてのお話を。まず、ご褒美についてのおさらい。ご褒美にはいろいろあります。オヤツだけではありません。(「ご褒美の話 [続きを読む]
  • で、クリッカーってなに?
  • クリッカーって聞いたことはあるけど、どんなもの?何に使うの?どんな時に鳴らすの?と思っている人も多いかもしれません。今日は正しく使えば魔法の道具になるかもしれないクリッッカーについて。クリッカーはプラスチックの本体に仕込まれた金属の板を押すとカチッと音の鳴る小さな道具です。カチッという音は正解の合図。それ以上でも以下でもありません。「え?それだけ?」と思いますか?でもタイミングを掴めば大きなインパ [続きを読む]
  • 犬とのやりとり、フィードバック
  • ご自分の愛犬がこちらの望む行動を取った時、フィードバックしていますか?フィードバックとは、「正しいよ」と伝えること。できて当たり前のことや、とっくに覚えたことでも、指示に従ったらきちんとフィードバックすることが犬に自信を持たせます。犬がお利口にしている時はいい子だねと伝えてください。何が正しい振る舞いなのかが伝えられる飼い主さんとは信頼関係が深まります。些細なことでもサボらずフィードバックを。今日 [続きを読む]