瓜江カナタ さん プロフィール

  •  
瓜江カナタさん: 瓜江カナタ
ハンドル名瓜江カナタ さん
ブログタイトル瓜江カナタ
ブログURLhttp://kun.hatenadiary.jp/
サイト紹介文19歳社会人。人生1度きり。楽しく生きる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 65日(平均2.7回/週) - 参加 2018/11/03 12:58

瓜江カナタ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 1/1 ゴンザガ大の八村塁 [CSUベイカーズフィールド戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、ゴンザガ大のホームで八村塁率いるゴンザガ大とCSUベイカーズフィールドとの一戦を書いていきます。日本は既に年を越していますが、アメリカではまだ12/31日なので、この試合が年内最後の試合となります。ゴンザガ大としては年内を気持ちよく終わらせる為に、勝利したい試合。今週のAPランキングで先週から1つ順位が上がって7位になったゴンザガ大。連勝していき、徐々に順位を上げていっている [続きを読む]
  • 12/19 ゴンザガ大の八村塁 [テキサス大アーリントン校戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、ゴンザガ大のホームで行われた、テキサス大アーリントン校との対戦を書いていきます。ゴンザガ大は、先日の試合でノースカロライナ大に負けた為、APランキングが4位から8位まで落ちてしまいました。テネシー大、ノースカロライナ大と上位ランキング大学に負けてからの気持ちの切り替えが大事という事で、今日試合はゴンザガ大にとって大事な試合。試合開始。ゴンザガ大は試合序盤から主導権を握り [続きを読む]
  • NBA選手の名言集 Part3
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、NBA選手の名言集 Part3という事でNBA選手の力強く、元気が出る名言をお届けします。NBA選手の名言集 Part1はこちら→ https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/15/224606NBA選手の名言集 Part2はこちら→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/26/210437〜NBA選手の名言集〜○アレン・アイバーソン(Allen Iverson)・「何も無いところからスタートしてここまで来たけど、まだやれることはた [続きを読む]
  • 12/10 ゴンザガ大の八村塁 テネシー大戦
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、NBAのフェニックス・サンズのホームコートで行われた、APランキング1位であり9連勝中のゴンザガ大と同ランキング7位のテネシー大との1戦を書いていきます。テネシー大はAPランキング7位とかなりの強豪大学。堅実なディフェンスが持ち味の大学です。今日も八村はスタートで出場。試合開始序盤から、テネシー大の攻撃に苦戦するゴンザガ大。八村も少し動き堅いように見えました。それでも徐々にペー [続きを読む]
  • スポーツとメンタルの関係性
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、スポーツとメンタルの関係性について僕なりに考えてみました。ちなみに僕は、小4から高3まで本気でバスケットボールをしていました。今では遊び程度でバスケを楽しんでいます。そんな、9年間スポーツをしてきた僕の観点から今日はお伝え出来たらいいなと思っています。あと僕は心理学を勉強しているわけでもないので、あくまでもスポーツをしてきた一個人の意見なのでそこの所宜しくお願いします [続きを読む]
  • 12/6 ゴンザガ大の八村塁 [ワシントン大戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、開幕から8連勝中と勢いに乗る八村塁率いるゴンザガ大とワシントン大の試合について書いていきます。ワシントン大学とは全米でも屈指の文武両道大学で、ノーベル賞受賞者を7名輩出しており、NBAのスラムダンクコンテストで3回の優勝を誇る175cmのスーパーダンカー、ネイト・ロビンソンの出身大学とでも知られています。今日も八村はスタートで出場。八村は試合開始早々、リムに積極的にアタックし [続きを読む]
  • 男子バスケ日本代表の未来が見えてきた
  • どうも、瓜江カナタです。なんと!今日のカザフスタン戦にも勝利し、4連敗からの6連勝で3位に浮上した男子バスケ日本代表。先日のカタール戦で19得点を挙げた、ニック・ファジーカスが今日のカザフスタン戦で41得点の大活躍。ニックの加入で今まで男子バスケに課題とされていた、リバウンドとインサイドでのオフェンスが大幅に改善された。豪州のバスケリーグに、活躍の場を移した比江島慎も安定の活躍で勝利に貢献した。しかし、 [続きを読む]
  • バスケ最高峰NBAのイケメン選手達 Part3
  • どうも、瓜江カナタです。今回はPart1、2に引き続いてPart3をお送します。アクセスpv数から見るに、中々好評だという事でこのテーマも今回で3回目を迎えます。Part3を迎えても、NBAにはまだまだイケメン選手がいます。お楽しみに!!Part1はこちら→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/14/114329Part2はこちら→ https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/18/211923〜イケメン選手達〜○ルカ・ドンチッチ (Luka Doncic)1人 [続きを読む]
  • 11/27 ゴンザガ大の八村塁 [ノースダコタステイト大戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、開幕から6連勝でノースダコタステイト大に挑んだゴンザガ大について書いていきます。ゴンザガ大は先週に行われたマウイ・インビテーショナルという、全米から16校の強豪集まり試合をする大会に参加しました。デューク大やアリゾナ大、イリノイ大など全米でも屈指の大学相手にゴンザガ大は見事、マウイ・インビテーショナル優勝を果たしました。八村塁はこの大会で見事MVPを獲得しました。決勝戦で [続きを読む]
  • NBA選手の名言集 Part2
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、NBA選手の名言集 Part2ということでNBA選手の力強く、元気が出る名言をお届けします。NBA選手の名言集Part1はこちら→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/15/224606〜NBA選手の名言集〜○ラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)・「満足した事は無い。いつも成長しようとしているし、失敗から学ぼうとしているんだ。」・「どうやって終えるかが、君の立ち位置を決めるんだ。」・「 [続きを読む]
  • 11/22 ゴンザガ大の八村塁 [デューク大戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、マウイ・インビテーショナル決勝のゴンザガ大VSデューク大について書いていきます。遂に決勝まで来たゴンザガ大。相手はAPランキング1位の超名門デューク大学。デューク大には、来年のNBAドラフトで1〜5位を狙える選手が3人もいます。ザイオン・ウィリアムソンやRJ・バレット、キャメロン・レディッシュです。八村からしたら、1番の因縁の相手はRJ・バレットでしょう。昨年の7月に開催されたU19ワ [続きを読む]
  • 11/21 ゴンザガ大の八村塁 [アリゾナ大戦]
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、11月21日(日本時間)ハワイで行われているマウイ・インビテーショナルの準決勝に臨んだゴンザガ大について書いていきます。準決勝の相手校はアリゾナ大学。アリゾナ大は昨年のNBAドラフト1位のデアンドレ・エイトンやゴールデンステイト・ウォリアーズ所属のアンドレ・イグダーラ、オーランド・マジック所属のアーロン・ゴードンなど数多くのNBAスター選手を輩出している名門校です。八村はこの日 [続きを読む]
  • 11/20 ゴンザガ大の八村塁 イリノイ大戦
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、本日からハワイで行われている、マウイ・インビテーショナルという大会に参加しているゴンザガ大について書いていきます。この大会には、全米屈指の名門でありAPランキングで1位のデューク大やAPランキングで8位のオーバーン大、昨年のNBAドラフト1位を輩出したアリゾナ大など超強豪が参加しているのもあり、NBAの数多くのGM(グランドマネージャー)が視察に来ているとの事です。初戦の今日はイリ [続きを読む]
  • バスケ最高峰NBAのイケメン選手達 Part2
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、Part1に引き続きバスケ最高峰NBAのイケメン選手達Part2をお送り致します。Part1はこちら→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/14/114329まるで、ハリウッド俳優?かのような顔立ちの選手もいるのでどうぞ見ていってください。〜イケメン選手達〜○J.J.・レディック(Jonathan Clay Redick)今回の1人目は、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに所属している、J.J.・レディックです。ま [続きを読む]
  • 11/16 ゴンザガ大の八村塁 テキサスA&M大戦
  • どうも、瓜江カナタです。今回は本日、16日に八村塁所属ゴンザガ大のホームで行われたテキサスA&M大戦について書いていきます。テキサスA&M大は昨シーズンの全米大学選手権でゴンザガ大と同じ16強。NBAのダラス・マーベリックスで活躍するデアンドレ・ジョーダンやミルウォーキー・バックスで活躍するクリス・ミドルトンの出身大学でもあり、全米でも名の知れた名門大学です。八村塁はこの日もスターターで出場。八村のこの試合最 [続きを読む]
  • NBA選手の名言集 Part1
  • どうも、瓜江カナタです。 今回は、NBA選手による心にグッとくる名言を紹介していきます。想像を絶するほどの努力を積み重ね、今の地位がある彼らの言葉は胸に突き刺さりまくりです。過去の選手もいます!それでは、どうぞ!〜NBA選手の名言集〜○マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)・「高校時代は代表チームの選考から漏れた。9000回以上シュートを外し、300試合の勝負に敗れ、勝敗を決める最後のシュートを任されて26回も外し [続きを読む]
  • バスケ最高峰NBAのイケメン選手達 Part1
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、世界最高峰バスケットボールリーグのNBAのイケメン選手達を紹介していきたいと思います!これを機にバスケを好きになってくれたらなと思ってます!長くなると思うので、シリーズ化して書いていきます!今回はPart1です!〜イケメン選手達〜○ザック・ラビーン(Zach LaVine)シカゴ・ブルズの若きエースでNBAを代表するダンカーでもあります。2017年に左膝靭帯を断裂する重症を負いましたが、見事な [続きを読む]
  • 11/11 ゴンザガ大の八村塁 テキサスサザン大戦
  • どうも、瓜江カナタです。今回は前回に引き続いてゴンザガ大に所属する八村塁について書いていきます。本日11日にゴンザガ大のホームで行われたテキサスサザン大戦に八村塁は前試合同様、スターティングメンバーの1人に選ばれました。恐らく、今シーズンのほとんどはスタートのメンバーに選ばれそうですね。八村はこの試合のチーム最初の得点をステップバックからのジャンプシュートで決めます。ゴール下でバスケットカウントも取 [続きを読む]
  • 八村塁がアメリカで大活躍
  • どうも、瓜江カナタです。今回は現在、アメリカの大学バスケ界で大活躍中の日本の若き侍、八村塁について書いていきます。今月7日、日本時間11時にゴンザガ大の開幕戦、八村にとってアメリカ大学バスケ3年目のシーズンが始まりました。八村にとってはただの3年目のシーズンではありません。2019-20シーズンのNBAドラフトで上位を狙えるかどうかのシーズン、そう、八村はもう日本人初めてのNBAでドラフトがかかる可能性のある選手だ [続きを読む]
  • 僕が最も推しているアーティスト
  • どうも、瓜江カナタです。今回は僕が最も推している音楽アーティストを紹介していきたいと思います。僕の推しは知ってる方は数多く居るかもしれませんが、知っている方でも知らない方でもこのブログを読んでくれて好きになってくれたら良いなと思っています!どうぞ!〜僕推し〜○あいみょん 僕がオススメする音楽アーティストの1組目はあいみょんです。知っている方もいると思います。あいみょんは主に愛についての歌が多いので [続きを読む]
  • 悩みについて気になった事
  • どうも、瓜江カナタです。今回は、前回に書いた僕のが悩んでる症状の"どもり"について補足として気になった事を書いていこうと思います。前回の話はこちら→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/04/153656今回は短いです。 気になった事とは普段の日常会話だと最初の音に詰まったりしてうまく喋る事が出来ませんが、これが不思議な事に"歌を歌う時は言葉が詰まらない"のです!これは中学生ぐらいにふと気付いて、何でだろう [続きを読む]
  • 僕が幼少期から抱える悩み
  • どうも、瓜江カナタです。今回は僕が幼少期から19歳になった今でも抱えているある悩みについて書いていこうと思います。 僕は物心がついた頃からある症状に気付き、悩まされてきました。皆さんの周りにも1人や2人、いたかもしれません。それは、"どもり"です。正式名称は"吃音症"といいます。聞いた事がない症状だと思う方もいるかと思いますので、軽くどんな症状なのか紹介していきます。 "どもり"とは大きく分けて5つの違いがあ [続きを読む]
  • 高校時代の甘く苦い恋の話
  • どうも、瓜江カナタです。今回は僕の高校時代に経験した"甘く苦い恋"の話をしていきます。中学時代の苦い恋の話はこちらです→https://kun.hatenadiary.jp/entry/2018/11/02/190214高校時代は甘い恋から苦い恋に変わります(笑)。高校時代で僕が付き合ったのは1人だけで、今まで生きてきてこの彼女が今のとこ最初で最後です(笑)。僕は中学時代からあまり勉強をしてこず、受験生になって冬ぐらいから本気で勉強するよう [続きを読む]
  • 中学校時代の苦い恋の話
  • どうも、瓜江カナタです。今回は自分が中学校時代に経験した"苦い恋"の話をしたいと思います。自分は容姿端麗なんてお世辞でも言えない感じです(笑)。それでも、中学校時代は0人、高校時代は1人の女性と付き合う事が出来ました。自分は特に面白いとかスポーツができるとかなく、ごく普通の学生でした。中学校時代に好きになった女性は1人で僕の一目惚れでした。あれは部活に入って間もない頃でしたね。自分がバスケ部 [続きを読む]
  • 19歳社会人。悔やんでしまうあの時。
  • どうも、瓜江カナタです。高卒で製造業に就職し、働いている19歳です。今となっては、高卒で社会人になったのを少し悔やんでる自分がいます。自分が通ってた高校は偏差値は普通より下で、卒業後は6割が4年制大学、2割が専門学校、残りの2割が就職と大体毎年こうなってます。自分は高3になる少し前まで大学進学を希望していました。しかし、希望の大学には学力が足りず、ランクを下げるとなると三流大学ばかりで、それなら大 [続きを読む]
  • 過去の記事 …