ごましお さん プロフィール

  •  
ごましおさん: 発電の道を楽しむ
ハンドル名ごましお さん
ブログタイトル発電の道を楽しむ
ブログURLhttps://solar-club.jp/member/saiene/
サイト紹介文再エネで太陽光発電の復権を目指し非常用電源を使って地域貢献を広めていきたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 16日(平均7.9回/週) - 参加 2018/11/04 08:51

ごましお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 5分でできる発電所の20年シミュレーション
  • あなたの事業大丈夫でしょうか?前回の記事(分譲で最近増えてきているトラブル)で非常に強力な発電シミュレーションがすぐに出来ることがわかりました。次はその発電シミュレーション値を使って20年間の事業収支を見てみましょう。表面利回り10%だから20年後は投資が倍になるんじゃないのか?ですって?いやいや、ちょっと待ってください。お金出す前、その審査用紙にサインする前に冷静に事業収支確認してみませんか? 転記する [続きを読む]
  • 分譲で最近増えてきているトラブル
  • こんなはずじゃなかったのに自分自身も経験していることですが、予定どおり発電所で収益があがらないというトラブルって最近増えていないでしょうか?特に発電所に悪いところが見つからないのに売電金額が想定よりだいぶ低い。しかもそれが続く。こんなことが起こったら大変ですよね。うちは、「メーカーシミュレーションだから絶対大丈夫!!」と業者が言ってる。うちは、「実績をもとにした独自シミュレーションだから絶対大丈夫 [続きを読む]
  • 31年度案件を考えてみる
  • 31年案件到来FIT30年度案件もあとは関西電力の締め切りを残すのみとなりましたね。これからは30年度分の事業計画(設備認定)が上がってくるのを待つ形になりますので、31年度分をちょっと考えてみることにします。低圧発電所を運営して行く上で、いろいろ後から必要になってくる費用というものがどんどん出てきています。 ・託送量の事業者負担について・消費税増税における免税事業者の対応・出力制御対応(経済的出力制御含む) [続きを読む]
  • 広がる出力制御-7電力の見通しを読む
  • 7電力の報告書は一読の価値あり前回記事(これからの出力制御が分かるエネ庁系統ワーキンググループ議事)の続きです。今回は、11月12日に開催された「エネ庁系統ワーキンググループ」の本題である7電力の今後の出力制御の見通しについて触れます。開催資料http://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shoene_shinene/shin_energy/keito_wg/018.htmlこの膨大な資料の中に、沖縄電力から北海道電力までの主要3電力を除く今後の見通しが [続きを読む]
  • 遠隔監視装置を20万円以下で構築する
  • 組み合わせて監視装置を作ろう前回記事(【レビュー】10万円監視装置の実力)にびっくりするほどアクセスがありまして、皆さんの監視装置への関心の高さがうかがえますね。 監視装置を松竹梅に分けるとしますと、松は「エコめがね」とか「L-eye」とかそのあたりになりますかね。太陽光発電ムラ市場でもこれらの一部装置の取り扱いがあります。梅は、前回記事の前回記事の「Solar ReMon」や自作監視装置がそれに当たるかと思います。 [続きを読む]
  • 【レビュー】10万円監視装置の実力
  • Solar ReMonのデモ品を使ってみたいろいろ俯瞰した記事が続きましたので、身近な記事を書いてみます。ちょと前の事になりますが、ソーラーレモンのデモ品を借用しました。https://secure.dp3.jp/SolarRemon/ソーラーレモンとは、株式会社アーバンストリームさんの10万円以下で10年間通信費込みの監視装置です。他の監視装置は末端価格30〜50万円程度(工事費込み)ぐらいの価格帯が多い中、格安を誇る製品です。いかに格安といえど [続きを読む]
  • 5分で分かるイマドキの蓄電池事情
  • EVの最新技術ってどうよ前回の記事(太陽光で夢の生活)では設備使用率が低いまま再エネ率を上げると「共食い」になるとお話しました。それを避ける為には、設備使用率を上げるのが一番です。設備使用率を上げる為に注目すべき技術は蓄電池になります。その蓄電池についての最先端はこのあたり(東北電力の実証)がよい例なのかなと思います。系統の需給バランス調整にEVを使ってしまおうという実験です。実はEVってすごいんですよ [続きを読む]
  • 太陽光で夢の生活
  • 15年後はSuper Jack Pot太陽光を融資引いてやっておられる方はかなりの数おられると思います。多くの方は15年ローンで、まれに17年とかがおられる感じでしょうか。ローン完済の暁には売電収入がほぼほぼ手にでき、設備洗い変えもできるでしょうし他の分野へ再投資したり、もしくはその資金で生活したりと皆さん計画をお持ちだと思います。そんな、バラ色の15年後はどんな姿になっているでしょうか?CO2は削減できたのか?2033年、 [続きを読む]
  • 発電事業者ができること「非常用電源」
  • ご近所さんとは仲良くしたい電気業は電気を使ってくれる人がいるから成り立つ事業です。自宅付近でも、ちょっと馴染みの無かった場所であったとしてもそこを自分の土地として家を建てれば、まわりはご近所さんですね。発電所を建てたとしても、周りはやっぱりご近所さんですね。そんないつもお世話になっているご近所さんに何かできる事はないかな?と考えて自分ができること「発電」で何か役に立てないかと考えました。そしてたど [続きを読む]
  • 社会貢献ってなんですかね
  • よく社会貢献だなんだと言うと「綺麗ごとでメシが食えるか!!」とお叱りを受ける事があります。その場では適当に合わせていますが、私などは心で舌出してます(笑)。「役にも立たないところにどんな名目で金が落ちるの?」と真面目な顔をして一度聞いてみたいとも思っています。太陽光の先輩達は、我々にいくつかのノウハウと設備のコストダウンというメリットを残してくれました。その代償として、さまざまな分野から叩かれると [続きを読む]
  • 出力制御でのダメージを読む
  • 出力制御に関する記事がすごく注目度が高いので、もうちょっと事業者寄りの視点で書いて見ます。以前の記事(関西から見る出力制御)で書いた、種子島と同等の想定の場合、発電量に約15%程度影響があると書きました。九州本島がこれ以上の規模になるのかこれ以下の規模になるのか明確な解を持っている人はいないと思いますが、秋の段階で原発1基分(100万kW)の調整不能の余剰電力が発生している現在から見ると種子島レベル [続きを読む]
  • 全電力管区共通の出力制御と最強の単相パワコン
  • あまり知られていないので、触れるとアカンタイプのやつでしょうか?力率一定制御というのが去年あたりから出ておりまして、特に低圧発電所では全電力管区で一律のはずでして、皆様ご存知でしょうか?わが電力管区ではシレッとこのようなものがネット上にアップされております。一行で書くと「定格95%以上の運転時に無効電力を差し込んでね。」ということでして、この対応はパワコンが勝手にやることになっております。つまり、低 [続きを読む]
  • 未来の姿を共有する
  • 我々はちょっと冷静にこれ(出力制御の状況)を見るべきだと思います。電力の需給バランスを保つため、最エネは抑制されましたが、原発はそのままでしたね。「再エネは主力電源化へ」と言われているようですが、我々が超えるべきハードルの数は多く、そして高い。再エネに期待される位置づけは誇るべきものですが、実際のところ国や系統からは梯子外されているとも思える今の状態では「原発反対」と唱えたところで「太陽光止められ [続きを読む]
  • 意外と本気の出力制御
  • 休日も平日もそんなに電気の使用量が変わらない地域と、週休2日の工場やオフィスを大量に抱える地域で電力の需給バランス事情って同じはずないですよね。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36819890T21C18A0TJ2000/まあ、実際どこまで公平性を保てているかはまったくわかりませんが、先月の新聞記事によると8グループで輪番制御を行うとのことですね。http://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/shoene_shinene/shin_energy/ke [続きを読む]
  • 関西から見る出力制御
  • 関西は雨が降っておりますが、九州は予報によると晴れ今週も出力制御が発動されたようです。http://www.kyuden.co.jp/power_usages/pc.html 電力管区の需要が800万kWあたりから出力制御がかかるというのが最近の傾向のようですね。九州電力管区の低圧発電所では30分ほど制御かかったという発電所から9:00〜16:00で0%指示だよという発電所までいろいろ情報が乱れ飛んでいるようですが、九州電力Webでの公式発表としては、9:00〜16:0 [続きを読む]
  • 3ヶ月でわかるグランドカバー
  • 発電所の雑草対策はみなさん頭を悩ませる問題の1つだと思います。・再生砕石・基礎での対策・草刈・除草剤いろいろあるかと思います。手間やコストが結構かかると思います。うちでは「グランドカバー」ということであらかじめ草を育成して雑草の繁殖を防ぐ手法を取り入れようとしています。これは夏の拙庭の様子です。クラピアという植物をネットで購入しまずは拙庭で培養し発電所に移植する作戦を考えました。グランドカバーとし [続きを読む]
  • 京都北部10月の実績
  • 来る日も来る日も雨だった9月と比べると晴れの日が多かったように思える10月でした。 京都府北部の発電所、パネルが約70kWになります。発電量は1日200kWhを超える日がチラホラという状態になってきています。 夏場は気にならなかった山陰や木々や電柱電線などの影響がどんどん大きくなってくる秋から冬平成30年度の締め切り間近で悠長な事を言ってられない状態になってきましたが、「案件(土地)視察するなら冬場がいい」 [続きを読む]
  • 過去の記事 …