春瀬たぬき さん プロフィール

  •  
春瀬たぬきさん: 物語の作り方
ハンドル名春瀬たぬき さん
ブログタイトル物語の作り方
ブログURLhttps://everydaynovelcreate.blogspot.com/
サイト紹介文自分の作品が日の目を見なかったとしても、自分なりの方法論や哲学は残しておきたい
自由文ネットの普及で誰もが表現者となれる現代において、いい作品を書いていてもなかなか報われないことがあります。そんなときに、覗いていただけたら、と。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 13日(平均11.3回/週) - 参加 2018/11/04 10:18

春瀬たぬき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 社会派エンタメ小説の超大作!格闘技を巡る少年たちの生き様を見逃すな!
  • 画像:いらすとやこの小説はブログ主である春瀬由衣が師匠と勝手に呼んでいる天河真嗣さんのウェブ小説です。カクヨムで公開されている本作、すでに78万文字を突破している超大作であり、まだ完結はしていません。執筆動機は筆者の友人が言ったという「人を傷つける格闘技に意味はあるのか」という問いだといい、必然的にその問いに答える小説となっています。筆者自身は格闘技を愛する人間ですが、業界として斜陽になってしまって [続きを読む]
  • 魂揺さぶる自分探しの戦い
  • 辺獄の空中庭園←小説へのリンクはこちらから!ダンジョンものと呼ばれるような、仲間とともに妖魔あふれる敵地を踏破するなどという単純な物語ではない本作。主人公はれっきとした現代社会の住人で、闘う相手は不気味な靄、仲間は少女ただ一人。作中ではデジャブ(既視感)の対義語であるジャメヴ(未視感)を取り扱っている。何度も同じ時空をさまよっているにもかかわらず初めての経験のように錯覚してしまう少女月白と主人公は [続きを読む]
  • 深夜に読んではいけない……?めっちゃ飯テロな小説
  • 「異世界だろうと、ここをキャンプ地とする!」←小説へのリンクはこちら画像引用:いらすとやこれは究極の飯テロ小説である。主人公の異世界への行き方:車で気づかずにやること:カレーを作る全体的に:めっちゃほのぼのそんな属性の小説は、壮大な冒険譚や胸を熱くする青春群像劇、恋をしたくなる恋愛小説とも異なる趣がある。というか、なんでカレーを作るだけでこんなにおもろいのだろう。例によって私が書いたレビューを再掲 [続きを読む]
  • 空戦と友情の小説
  • 蒼き翼のモランデル←小説へのリンクはこちらから画像引用:いらすとや本作は「小説家になろう」にて投稿されている中編小説であって、埋もれている良作であると考えるので、ここに推薦文を書きたいと思う。以下、小説ページに載せた自分のレビューを再掲する。空戦と喪失と友情投稿者: 春瀬由衣 [2018年 08月 19日 06時 46分]初めは研修程度の軽い気持ちで派遣された内戦で、主人公は長年の飛行士仲間を失う。代わりに実験経験の [続きを読む]
  • デジタル社会に浮き上がる人の死「dele」
  • テレビドラマ化もされた、新時代のミステリー「dele(ディーリー)」についての書評です。 引用:アマゾンミステリー界隈の作家から流れてくる「ミステリーを書く上での作法」の1つに、冒頭でとりあえず死体は転がしとけ、というものがあります。人が死なないミステリーというのも無きにしも非ずですが、ミステリーという分野に読者が求めるのはやはり謎が解けた爽快感であったり正義のために奮闘する主人公側に感情移入したりという [続きを読む]
  • 断絶は、繰り返す「86−エイティシックス−Ep.4 」
  • originally posted in 2018-8-3086シリーズの最新刊、Ep.4の書評です。以下ネタバレが含まれますのでご注意ください。 引用:アマゾン★。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。★共和国人のレーナとエイティシックスのシンは、連邦で再会する。彼らの共闘は、共和国北部の地下にあった。今作で特徴的なのは、連邦によってレギオンから?救われた?立場の共和国臨時政府のなかで、ある勢力が台頭していること [続きを読む]
  • 似たもの同士の戦場 「86―エイティシックス― Ep.3」
  • originally posted in 2018-8-5えー、ハードなディストピアものの第3巻です。お待ちかねです。以下ネタバレを含むのでご注意ください★。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。★所感読み進めるごとに、「重厚な人間劇を書かれる……実に重厚だ……」と思うほど、読み応えのある第3巻。案の定レギオンには苦戦を強いられ、共和国を彷彿させる無謀な作戦に彼らは従うことになる。守るべきものも、帰るべき場所も [続きを読む]
  • ――安寧は、囚われと変わりないから 「86−エイティシックス− Ep.2」
  • originally posted in 2018-7-886−エイティシックス−Ep.2 ラン・スルー・ザ・バトルフロントのレビューです。※シリーズ2作目の本著ですが、以下の書評には1作目のネタバレが含まれます。ご注意ください※★。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。。o○o。★レギオンから土地を取り戻し、連邦の手によって再会したレーナとシン。これは彼らがレギオンの大侵攻から生還する前のお話。「行きつくところまで行きついて [続きを読む]
  • 彼らにとって死さえ自由の平原だった「86―エイティシックス― 」
  • originally posted in 2018-6-2486―エイティシックス― 電撃文庫 安里アサト著についての書評です。85の区画内に、優等人種の白人だけがのうのうと暮らし、ヒトとして認められなかった者(有色人種)だけが戦闘区域で次々と押し寄せる敵部隊に死んでいく……俗に86(エイティシックス)と呼ばれるようになった有色人種たちは、共和国の自由と平等の概念からはみ出した豚として扱われ死んでいく。そして共和国は、「人間の尊厳を [続きを読む]
  • 手に汗握る身分差恋と空戦「とある飛空士への追憶」
  • originally posted in 2018-4-18「とある飛空士への」で始まる恋と空戦の物語の一冊目の物語です。恋と空戦の物語とあるように、兎に角何に対しても手に汗握ってしまう作品。敵対しあう二つの国の民族の血を引く主人公狩乃シャルルは、混血児を指す蔑称の「ベスタト」という最下層民として帝政天ツ上の民と神聖レヴァーム皇国の民にいつもいじめられていた。 彼の母は幼い主人公を残し言いつけを守らなかったことである屋敷の召使 [続きを読む]
  • トイレから始まる急接近「ロールアウト|クジラの彼」
  • originally posted in 2018-3-13短編集「クジラの彼」より「ロールアウト」のご紹介です。【おすすめポイント】過去にご紹介した表題作「クジラの彼」と同様、自衛隊員の男性と一般人の女性のラブコメです。少しだけ異なるのは、女性側が航空機を設計するメーカーの社員であるという点です(接点あり)。現場で働く隊員の総意を背負う高科と、予算や設計の都合上からトイレの「コンパートメント化」(音が漏れない仕様と言った意味 [続きを読む]
  • コンビニ店員と客の物語「コンビニ物語〜カウントダウンシガレット〜」
  • originally posted in 2018-03-07エブリスタ発短編集「5分後に涙のラスト」2作目レビューです【おすすめポイント】なんでもないコンビニ店員が、ある客の不思議なタバコの買い方に気づくところから物語は始まる。一日経る度に一つ数字の小さいタバコを注文するその老人が30番を頼んだころに、店員は客の異変に気付く。面白いタバコの買い方をする客という認識からだんだんと思い入れが強くなり、主人公はカウントダウンを心の中で [続きを読む]
  • ー善と悪、破滅と復興ー「ソウルトランサー」
  • originally posted in 2018-3-2エブリスタ発、魂交換者たちの生きざまを描く 【おすすめポイント】廃墟となったテーマパークで、人格が入れ替わる謎の現象が起こる。重罪を犯した犯罪者に与えられるクライムレベル上位のハッカーを捕らえるはずが彼女と”ソウルトランス”されてしまった特対の青年は、深層を暴くべく地下深くの扉へ向かう。テーマパークの復活を願う美少女ハッカーと忌むべき思い出からそれを憎む特対の関係性 [続きを読む]
  • 過去の記事 …