shin さん プロフィール

  •  
shinさん: 散歩で・・・
ハンドル名shin さん
ブログタイトル散歩で・・・
ブログURLhttp://fanblogs.jp/shinsanpo/
サイト紹介文散歩で見つけた風景や、旅先の思い出を写真で紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 6日(平均18.7回/週) - 参加 2018/11/06 13:43

shin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 11月の最初の日曜日、清掃活動に参加したときの桂島緑地の風景
  • 11月最初の日曜日。朝7時過ぎだろうか、桂島緑地の清掃活動に参加。良く晴れた朝は、空気が少し寒く感じられた。それでもわんちゃんの散歩は欠かせないようだ。遠くに、朝の景色を写真に納めている人が見えた。影が長いな。朝のすがすがしさが伝わるような情景だ。水面も穏やかで、空の青さがより鮮やかに見える。晴れた日の朝はいいな。緑地を一周する散歩道を歩きながら、ゴミや空き缶、ペットボトルなどを拾ってくる。心身と [続きを読む]
  • とみやスイーツ国際博覧会にて
  • 10月末の土日に、「とみや国際スイーツ博覧会」が開催された。宮城県富谷市の富谷スポーツセンターをメイン会場に、アリーナをはじめ隣接の武道館、駐車場などにたくさんの出店が並んだ。二日目の午後には売り切れの店が多く、半分近くの店がすでに閉店していたが、まだ開いている人気の店には、長い行列が出来ていた。富谷市の若生市長も駆けつけ、出店主へお礼の挨拶をして回っていた。たまたまそこにいた客にも挨拶をしながら [続きを読む]
  • 桂島緑地に秋の訪れ
  • 桂島緑地の南側バス通りの街路樹が色づき始めた。まだ緑の葉が多い中で、変化していく葉の色が目立つ時期である。公園のベンチの上に、秋の落とし物のように。外灯が見守る。 [続きを読む]
  • 今年の夏休み、お寿司のランチはちょっと贅沢?
  • 八月の夏休み、「たすけ」という店に寿司のランチを食べに行った。住宅街の中にあり知る人ぞ知るという、あまり目立たない場所にある。駐車場には大きな桜の木があり、春にはきれいな花が咲き乱れ、近所の人には喜ばれているだろう。奥にはカウンターがあり、店の主人がなじみのお客さんと談笑していた。カウンタから離れた窓側の上り座敷に席をとりランチを注文。1,550円。小鉢、サラダ、寿司、蟹の味噌汁、ドリンクと小さなデザ [続きを読む]
  • 地域の夏祭りで見つけたもの
  • 暑い日が続く八月の土曜日、地域の夏祭りがあった。小学校の校庭で、朝から準備がすすめられ、日差しが少し西に傾いた午後3時から始まった。昇降口前には、町内会ごとに作成された、七夕飾りも掲げられていた。金魚すくいならぬマジックボールすくいがあった。要領は同じようだが、時代が変わったなあ。小さな子供用に輪投げが用意されていた。子供にとってはそれなりに難しく、手持ちの輪をすべてクリアするのはなかなか大変そう [続きを読む]
  • 土曜日の昼「イタリアごはん Piccolo&おかずや 菜々草」でランチ
  • 先日の土曜日、妻に誘われイタリアンの店でランチとなった。以前に行ったことがあるからと、人間ナビゲーションに誘導されながら、車は閑静な住宅街に入った。店の名は「イタリアごはん Piccolo&おかずや 菜々草」。イタリアンなのか和なのか?和の雰囲気を残しながら、壁にはイタリアンのメニューが並んでいた。奥のガラスケースには和の料理やから揚げなど、様々な惣菜が入っていて、その隣に重量計が置かれていた。ランチタイ [続きを読む]
  • 岡山の桃「なつごころ」をいただく
  • 先日、岡山県の知人より桃をいただいた。それは、「なつごころ」という品種で、岡山県の中でも有名な桃の産地(清水白桃発祥の地)で知られる「一宮地区」にて、15年以上の歳月をかけ生み出された待望の新品種とのこと。一緒に入っていた紹介文によると、以下の内容が書かれていた。高糖度で果肉は柔らかく果汁がたっぷりで、酸味が少なく渋みのない「なつごころ」は、まさに「桃の理想の美味しさ」を兼ね備えた桃として、近年とて [続きを読む]
  • 空き地にセイヨウミヤコグサの黄色の花が
  • ここは桂島緑地の東側の空き地。つまり、桂ガーデンプラザの駐車場西側にある空き地である。セイヨウミヤコグサが群生していて、黄色い花が咲いていた。このあたりでは結構広い空地のようになっていて、ちょうど今頃が、この花の開花時期となっている。花の形が面白い。<セイヨウミヤコグサ>(西洋都草)マメ科ミヤコグサ属の多年草で帰化植物である。日本全土の人里近い草原、道端に見られる。道路の法面などにも植えられている [続きを読む]
  • 松島の温泉宿「ホテル絶景の館」から
  • 遠くから親戚が来て、松島に宿をとった。一緒に夕飯を食べることになり、夕方に、松島の温泉宿「ホテル絶景の宿」を訪ねた。すべての客室から松島の島々が見える、オーシャンビューが売りの宿のようだ。窓際に海鳥が一羽飛んできて、じっと中の様子を見ていた。仲居さんから、窓を開けないように、と注意を受けた。一度餌をあげると、どんどんやってくるそうだ。夕日が沈むころ、西の空はきれいな夕焼けに染まっていた。【公式サイ [続きを読む]
  • アジサイの白い花を見つけた蜂
  • 木陰の中に、わずかに光が差し込んでいる。白いアジサイの花が、ぽっかり浮かんでいるようだ。蜂も見つけたのか、まさに、その白い花びらに止まろうとしてた。これは、ガクアジサイというアジサイの原種である。アジサイは土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われている。<詳しくは、ウィキペディアのアジサイを参照> [続きを読む]
  • モミジバフウという街路樹の幹から若葉が
  • 桂島緑地の南側。緩やかなカーブを描き、少しなだらかな坂道。バス通りで、車の通行も比較的多い車道と、石畳みの歩道。その間に、規則的に植えられている街路樹。モミジバフウという。街路樹に植えられることが多いそうだ。太い幹の間から、かわいらしい若葉が、小さな手を広げていた。【モミジバフウ】北米及び中米を原産地とする落葉樹。正式にはアメリカフウという。一般的にモミジバフウと呼ばれ、公園や街路に使われることが [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流の新緑の中で
  • 小雨に濡れた新緑の中を、一本の道が続いている。片側は斜面になっていて、うっそうと生い茂る木々。そして反対側は、奥入瀬の清流と人の手が加えられていない自然のままの木々。もう少し上流に行くと、有名な滝がいくつかあるが、帰りの時間が迫っていたため、次回の楽しみに、となってしまった。残念。 [続きを読む]
  • 睡蓮のそばを優雅に泳いでいく錦鯉
  • 桂島緑地の水面に浮かぶ睡蓮のそばを、優雅に泳いでいく錦鯉。しばらく見ていると、睡蓮の赤い花を少しだけ揺らし、葉の間にその美しい姿を隠してしまった。以前このあたりで、鯉に餌をあげている人がいた、という話を聞いたことがある。今は見かけないので、転居されたのだろうか。鯉を呼んでいるのか、手の平をたたく音が聞こえてきた。 [続きを読む]
  • 睡蓮の花が咲き始めた
  • 桂島緑地の上の堤で、睡蓮の花が咲き始めた。白い睡蓮とピンクの睡蓮。種類が違うようだ。夕方には花を閉じるところから、睡蓮という名前がついたとか。朝の涼しいうちに散歩しながら、水面に広がる優雅な花を楽しみたいものですね。 [続きを読む]
  • あやめの花が
  • 今頃の季節は、若葉がどんどん育っていて、どこを見てもすがすがしい気分になる。桂島緑地の南側にあるあづまやのベンチの腰を下ろし、周りの景色を見ながら小休止。近くで、青紫色のあやめの花が揺れていた。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …