アクア さん プロフィール

  •  
アクアさん: センシティブな日常
ハンドル名アクア さん
ブログタイトルセンシティブな日常
ブログURLhttp://sensitivelife.blog.jp
サイト紹介文非正規独身アラサー。うつ病。結婚するんじゃなくて、自力で働いてこの暗闇を抜け出したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 71日(平均8.1回/週) - 参加 2018/11/06 22:42

アクア さんのブログ記事

  • 人生に正解はない
  • 少し前まで、治らない病気を“受け入れて”なんとか諦めて生きていこうと試みていた。でもどうしてもできなかった。障害者年金を受け取って障害者として恥ずかしげもなく死ぬまでただ生きていくなんて、絶望以外の何でもなかった。障害を持っていることが恥ずかしいとか、そんなことを言ってるんじゃないよ。 働かずに自力でお金を稼ぐことなく、障害を言い訳にすれば死ぬまで自動的にお金が入ってくることが恥ずかしい。息をして [続きを読む]
  • 言葉にならない
  • 復讐とか見返してやるとか、そういう強い気持ちをバネに頑張れる人間がこの世にいることは知っているけれど、私はそういうタイプではない。むしろ黒い感情に飲み込まれてしまうタイプ。間接的な復讐なんて相手が気づかなければ意味がないから、いっそ直接暴言や暴力で解決してしまおう!と考えるどうしようもないタイプ。私は根が単純でバカなんだと思う。弱い立場(私なら非正規)の人間がこうして発信し、這い上がろうとする姿を [続きを読む]
  • そんな怖い世界ばかりじゃなかった
  • 世界は悪意でできていると思っていた、人はみんな憎みあっていて、隙あらば蹴落としてやろうとしていると思っていた。だから私は他人に見捨てられないように、期待に沿えるように、過剰な努力をしていた。子供の頃からずっとそうだったのかもしれない。その見返りには高すぎる評価が返ってきたし、上司には異様に気に入られた。だけど自分が死んでしまった。こんなのは本当に自分なのだろうか、といつも葛藤していて自分のセルフイ [続きを読む]
  • 怒りの炎
  • アンチ派遣だから何回も同じこと書くけど、派遣には未来がない。時給が多少高いのと引き換えに、正社員様に見下される。仕事を頑張れば「ハケンのくせに生意気」と言われ、手を抜けば「どうせハケンだからね(笑)」と言われる。身分制ゆえの抜け出せない地獄。派遣はエタヒニン。そして派遣の実際の定年は45才前後と言われている。私はどうしても月20万ぽっちで割り切れなかった。割り切ることが自分にとって良い選択だとも思えなか [続きを読む]
  • 空気になりたい
  • 「存在感がない」「どこにいるのかわからない」というセルフイメージをよそに、私はとにかく目立ってしまう。それは10000%見た目のせい。目立とうとしたことはない。できる限り空気になりたいし、存在感を消しているつもりでいる。それなのに「○○さんて見つけやすいよね」と言われる。わかっている。昔からどこにいても1人だけ見つかりやすい。怒られやすいし褒められやすい。目立つのが好きならそれでいいだろうが、私はそっとしてお [続きを読む]
  • 想像力が止まらない
  • 現実は想像に呑み込まれて、何をしていても上の空だ。私はずっと目を開けて寝ているのかもしれない。それすら覚えていない。病気の一部なのか性格なのかわからないけれど、とめどなく溢れ続ける想像に太刀打ちできないときがある。朝になれば収束して、夜になればまた溢れる。その繰り返し。いつから私は、こうだったっけ。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 泥まみれの前向き
  • 超えられそうもない目標にチャレンジする人生には、大いに意味がある。底から這い上がるために、地獄はあるんだと思う。なーんてな。本当に精神状態が地獄の底だったころはそんなこと思えなかったよ。死ぬことしか考えられなかった。心身が健康であってこそ(健康ではないんだけど)、前向きに考えられるし目標を持てる。昔の俺、もう少しだけ時を待て。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 100億光年非正規の憂鬱
  • 事務系のバイトにしては時給高いでしょ(ドヤァ って社長に言われた。時給1000円のどこが高いのwwww仕事内容も楽なわけじゃないし・・・。でも派遣をやると、時給はよくても正社員からゴミを見るような目で見下されるからね。派遣も派遣で見下されてる自覚があるから、それなりの仕事しかしない。悪循環。派遣制度は悪。私の年でアルバイトだと、世間様( )に見下されるけど、派遣だと正社員様( )から直々に見下される。みんなはどっち [続きを読む]
  • 男は敵
  • 男は絶対に何があっても敵だけど、女が味方とも思わない。ただ仲間になれる可能性があるという意味で、女のほうが僅かにマシか。今の職場は周りが全員男。社長の奥さんはたまに来るけど。自分以外全員男という「空間」にいるのは非常に居心地が悪い。判断を誤ったな・・・と思う。女は味方ではないけど、女性だけの空間は落ち着く。あくまで空間の話。コミュニティではない。そもそも私は女性に気に入られることはあっても男性には [続きを読む]
  • どこまでも歩くのだ
  • スケッチャーズのスニーカーパンプスを買った。会社帰りに40分かけて家まで歩くので、頑丈なやつがほしかった。見た目は地味だけど機能性はバッチリ。スニーカー用のギザギザの靴底が歩きやすい。そういえば若い頃って冬でも気合いで薄着してたよね。私は気合いで雪道を10cmヒールのブーツで歩いてた。でも年を取るごとにそういうのしなくなって、見た目より機能性を重視するようになって。若い子がキレイに見えるのは当然だと思う [続きを読む]
  • 「完治する」という体験
  • 免許更新に行った。5年前に免許を手に取って思っていたことはまだ覚えている。私に5年先は来ない、と。それまでに死ぬつもりだったから。私の病気を2つに分けると、1は完治済、2は死ぬまで治らない、ということになる。だから「精神病が完治した」とは言えないんだけど(現在も精神薬を飲んでるし)、でも病気1が「完治した」という体験は自分の中で大きい。180度世界が変わるような感覚だった。もちろん世界が変わったん [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。去年11月にひっそりと始めたブログでしたが、無事に年を越すことができました。更新を続けられるのは皆さまが応援してくださるおかげです。ありがとうございます。近年はブログアフィリエイトの影響か、純粋に日常や感情を書き綴るブログ(ポエムブログ)が減っていっているように思います。ブログアフィリエイトはうまくいけば小銭を稼げますが、定期的に訪れてくれる読者は去っていきます。私も [続きを読む]
  • 他人鏡
  • 人は鏡で自分の姿を確認できるけれど、そこには必ず主観が入る。主観を通さずに自分を見るには、他人を鏡として利用するほかない。服装に気を使っているのに、ものすごい浮き方をしている人がいる(特にメンヘラの女性に多い)。40代なのに10代のような短いワンピースを着てきて、イタさしか感じない人とか。個人的にはどんなに似合っていなくても浮いてても、好きな服を着ればいいと思うよ。ただ、そういう人は鏡でしか自分を確認 [続きを読む]
  • 諸刃の剣
  • 時給1000円しか貰えないのに、要求の度合いが高い。1500円ならやる気も出るんだけど・・・。私はあくまで「時給1000円のレベル」で仕事したいと思う。「ここで認めてもらいたい」とはあまり思わない。時給1000円ならもっと楽な仕事(精神的に)はたくさんある。それを選ぶ権利があるのは私なのだから。今の職場の良い点というのももちろんあって、「非正規だから」という理由では見下されない。あるのは正規/非正規の区分ではなく [続きを読む]
  • 今年も1年おつかれさま
  • 何も考えないようにしたい。気がつくとネガティブな未来でいっぱいになっている。成功した後に生じる悩みさえイメージして苦しんでいる。成功してから考えよう、と思うように努力している。若い頃は、成功以外にもっと「大切な何か」がある気がした。そのためにずっと遠回りしてきた。たとえば、他人に認められること、誰かに愛されること。その遠回りの過程で「私は私を認めることができる」と知った。これは何より大きな財産だ。 [続きを読む]
  • ぼくは勉強ができない
  • まだ4日間しか仕事してないですが、今の職場は独特な世界だな〜と思っていて、もうすでに辞めたいです。昨日は仕事納めということで食事会でした。男性が多いためか、BBQ・シュラスコ食べ放題のお店。みんな黙々と肉を食べ続けるし、酒が入っても堅物の会話そのものだし、一体何を喋っていいのか・・・。そんな中、私の通っていた高校の話題になりました。実は私の通っていた高校は偏差値75で有名な進学校で(私自身は75ではないん [続きを読む]
  • 竜宮城はありません
  • 今日は新しい職場へ出勤しました。可もなく不可もなく、不甲斐なく・・・。小さい会社なので家族経営のノリが気持ち悪いです。正直言って、半年後も働いている自分が見えない・・・。まあバイトなのでテキトーにやります。うろ覚えですみませんが、むかし闇金ウシジマくんを読んでいて「人口1億2千万人もいれば、どこかに納まる場所があるだろ」というような言葉があったのを覚えています。私にも納まる場所はあるのかなぁ、とたま [続きを読む]
  • もう苦しむことはない
  • 寂しくなくなったら終わりだなあと若い頃は感じていたけど、本当に寂しさを感じなくなってしまった。激混みのクリスマスにわざわざデートするカップル乙。どうぞ性なる夜をお過ごし下さい。一応性欲はあるんだけど、ヤりたくはない。人間に対する嫌悪感と潔癖が年々ひどくなっている気がする。ケーキおいしい。メリークリスマス。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 職業に貴賤は…ある!
  • 人間が嫌いだからって、工場のライン工や内職で一生を終えなければいけない理由なんてない!そんなのは職業差別、と言われるかもしれないですが、ライン工や内職で生涯年収3億に届きますか?届くならいいと思います。私は職業に貴賤は必ず「ある」と思うけれど、職業の貴賤より大事なのは、一生をかけていくら稼げるかということ。だから人間は上を目指すんです。病気になって言い訳ばかりしてきた。だって苦しかったから。でも病 [続きを読む]
  • 簡単・豚しゃぶ丼(ごまだれ)
  • 豚しゃぶ丼(ごまだれ)ってあまりメジャーじゃないのでしょうか?見た目は地味ですが・・・ごまドレッシングがあれば簡単に作れる優しい味の丼です。ちなみに学生の頃、学食で2日に1回は食べていた思い出の味です・・・(他の2日に1回はカラアゲ)。☆豚しゃぶ丼(ごまだれ)の作り方☆<材料>・ごはん・豚こま肉・もやし・ふえるわかめ<調味料>・ごまドレッシング・七味(*全部適量で)<<作り方>>1.ふえるわかめを水で戻 [続きを読む]
  • 「ぶつかりおじさん」は自覚がない
  • 女性ばかりを狙う「ぶつかりおじさん」は、ストレス社会が生んだモンスターか?http://bunshun.jp/articles/-/10078近ごろ問題になっている「ぶつかりおじさん」(=体当たり通り魔)にはさすがに遭ったことがないけれど、サラリーマン風の中年男性は、何があっても絶対に避けてくれない。それは前から歩いてくるのが「女」だから。「女」が避けて当然だと思っているし、何なら自分のほうがエライと思っている。そしてその心理は無 [続きを読む]
  • 職歴詐称について
  • 正社員のとき、給与計算や社保手続きをしていた。よく「雇用保険取得時に職歴詐称はバレる」と言われているけど、特にバレないと思う。雇用保険被保険者証の番号さえわかれば手続きできる。半分に切り取って出してくる怪しい人もいたし、番号だけ伝えてくる怪しい人もいた。でも怪しいからって、特に履歴書を引っ張り出したりはしない。そんな暇は全くなかったし、「他人の職歴詐称を暴いてやろう」という発想もなかった。ただ被保 [続きを読む]
  • 生きていくこと
  • 結局、水曜日に採用された会社に行くことにした。面接の交通費1000円と、半年後に正社員になれる可能性に釣られたのかもしれない。やっぱり長期で働くことに対しては不安しかない。職種も未経験だし。でも「何も続かない自分」という呪いも、乗り越えるしかないんだよなぁ。このまま短期バイトで働いたり派遣制度に甘んじれば、ろくでもない未来しか待っていない。何より、生きることに希望が持てない。働かずに受験に専念する、と [続きを読む]
  • 確保
  • 17時に面接に行って、18時に採用の連絡がきた。面接終了後30分も経っていない。今までで最短である。しかし悩む。家から近いのはいいけれど、時給が安い(1000円)。6h~7hと求人にあったのに、できるだけ7hで着てほしいらしい。辞めるときは(病気の場合をのぞき)半年前に言ってほしい、と。そんなバナナ。ちなみに雰囲気はふつう。驚いたのは面接後に交通費(1000円!)をくれたこと。面接で交通費が出るなんて、士業と病院くら [続きを読む]
  • たった20万ぽっちで人生を奪うなんて最低
  • 本日は再び面接である。明日も明後日も面接である。一番雰囲気のいいところで働きたい。雰囲気なんて、と思うかもしれないけど、面接では肌で感じる雰囲気(と違和感)が一番頼りになる。ちなみにすべて時短気味のアルバイト。時給は安いけれど、派遣という働き方に憤りを感じているのだから、やはり派遣制度にノーを告げるしかない。派遣という働き方は、人生を奪う。派遣は1日8時間程度の募集がほとんどで、フルタイム以外は極 [続きを読む]