まこと@社会人向けメディア さん プロフィール

  •  
まこと@社会人向けメディアさん: 社会人のお悩み解決web
ハンドル名まこと@社会人向けメディア さん
ブログタイトル社会人のお悩み解決web
ブログURLhttps://societyperson.work/
サイト紹介文キャリアアップのための知識メディアとして社会人の悩みが解決できるサイトを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 41日(平均3.2回/週) - 参加 2018/11/07 11:40

まこと@社会人向けメディア さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • どこからセクハラ?事例による具体例を用いた線引きの例
  • 一般的なセクハラの認識と法律の認識は異なります。法律では、客観的な事実を基本に判断されるため、セクハラ被害者の感情は考慮されません。セクハラを受けたことにより、精神疾患(精神障害)を発症したり、職場での仕事がスムーズにいかなくなったりといった、第三者的事実がある場合に法律が適用されます。一般的なセクハラに該当しても、それを直接罰する法律がないのが現状です。 [続きを読む]
  • パワハラの事例と判断基準|該当しない時はどんなとき?
  • パワハラの判断基準は難しいです。どこからパワハラに当たるのか、判断できない場合は裁判例を参考にしてみましょう。パワハラと認められなかった判例もありますので、パワハラか判断を迷う場合は参考にしてみてください。また、業務上必要とされる指導はパワハラにあたりません。遅刻は就業規則に違反していますし、社員を評価するのは会社として正当です。業務に必要な異動も採用時の契約で定められている場合はパワハラにはあた [続きを読む]
  • パワハラ上司の末路|因果応報を待つのではなく適切な対応を
  • パワハラを行っていた上司が処分され、報いを受ける事例も数多くあります。大切なのは、ひどいパワハラを受けたら会社にきちんと相談をすることです。ハラスメント行為は懲戒処分の対象となります。また、訴訟する場合の相手は上司個人とすることもありますが、多くの場合は適切に処分を行わなかった会社を相手に訴訟を起こします。パワハラを黙認していた会社も処分の対象となるのですね。 [続きを読む]
  • 社会人2年目の結婚は早い?遅い?平均初婚年齢は29.4歳です
  • 社会人2年目は人生を考える時期です。結婚や出産、これからのキャリアを考えると悩みはつきません。 晩婚化が進んでいると世間では言われますが、実際のところはどうなのでしょうか。 社会人2年目は結婚ラッシュ? 23〜24歳の社会人2年目は、恋愛の話題になると 「好きってなんだろうね?」 っていう問いを、朝まで生テレビ並みに真剣に議論しがち〜 第一次結婚ラッシュを迎え、業務も本格化する中で、恋愛が哲学的になりがち〜 [続きを読む]
  • 【精神的理由で休むのは有効】仕事を休む理由14選
  • 最終手段は精神科うつかもしれないどうしても行きたくない、ズル休みをして解雇処分になるのは嫌な場合は精神科でうつの診断をもらうことができれば良いでしょうが、それも難しいと思います。うつと診断されなくても、適応障害やその他障害、うつの疑いがあるといわれる場合もあります。会社はうつの社員を抱えることを非常に嫌がります。会社の仕事や人間関係が原因である場合、会社に指導が入る可能性があるからです。実際に受信 [続きを読む]
  • 仕事を一週間休むにはそれなりの理由が必要です
  • 仕事を休むときの理由は必要ない仕事を休むのに理由なんて必要ありません。労働者は休む権利が有給休暇等で定められています。年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています。業種、業態にかかわらず、また、正社員、パートタイム労働者などの区分なく一定の要件を満たした全ての労働者に対して年次有給休暇を与えなければなりません。有給休暇の付与日数 ? 厚生労働省理由を聞かれた場合体調不良もっとも一般的で、かつ疑われに [続きを読む]
  • 目的や責任だけでない!?社会人と学生の7つ+αの違い
  • 学生と社会人の違いは就職活動でもよく聞かれる質問です。また、新社会人になっても学生気分が抜けないと困ります。「意識の違い」などの抽象的な言葉ではなく、具体的な自分の言葉で回答できるようにしておきましょう。目的学生時代の目的は学習学生時代の活動目的は、学習でした。授業での勉強や部活動における人間関係もすべて、社会生活を送るうえでの学習です。社会人の目的は利益を得ること公務員や非営利団体の場合は別です [続きを読む]
  • 若者社会人の悩みランキング:2位は労働時間、1位は!?
  • 社会人はさまざまな悩みを抱えているものです。この記事では、若者社会人の悩みをランキング形式でご紹介します。5位:職場の環境(照明、空調、騒音等)夏場のエアコン、冬場の暖房の問題はどの職場でも悩まされているようです。特に女性は、寒いと不満の声を上げる方も多いのではないでしょうか。男性と女性で体感温度は違うものですが、会社では数の多い男性の意見が通りがちです。働きやすい環境づくりが良い企業には求められま [続きを読む]
  • 過去の記事 …