koji さん プロフィール

  •  
kojiさん: 癒し人 Healer by Koji
ハンドル名koji さん
ブログタイトル癒し人 Healer by Koji
ブログURLhttps://blog.yuragi.me/
サイト紹介文龍使いの女神の力と龍使いの力を持つ癒し人の「御魂磨き」への道案内
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 13日(平均19.4回/週) - 参加 2018/11/08 16:02

koji さんのブログ記事

  • 神を知る
  • 【瀬織津姫】が身の裡に重なった今年の初め頃に・・・とある出来事がありました。ある高次元意識へと繋がるワーク中に【瀬織津姫】が現れて、参加している多くの人たちの【魂】を高次元に引き上げていました。姫の周りにはたくさんの龍たちが飛び交いながら、まるで子犬や子猫のように愛おしそうにすり寄っていました。その光景・・・というよりも【状況】を【姫の視点】で・・・・というよりも【姫】 [続きを読む]
  • 導かれし道
  • 蠍座木星時代の一年を終えて木星は射手座へと移行したそして現在は太陽星座の蠍座シーズンで、そこから射手座へと移行する手前ちょうど『節目』となるような時間死と再生を迎えてここから新たなスタートが始まります。ここでひとまず今年に入ってから激変した状況を、整理しまとめて節目としようと思います。先日も『ゆらぎセラピー』に関して簡単にまとめてみましたが、今年に入ってからの『激変』は [続きを読む]
  • 癒しを奏でるセラピー それが【癒奏術】です
  • 昨年、【癒奏術】のおおよそのカタチが固まっていたのですが、今年に入り新たに『ヒーリング』が加わったことで、【癒奏術】全体のカタチが変わりました。かなり『予定外』の出来事で『ヒーリング能力』が加わったことで、技術にさらに厚みが出てまいりました。そして、全体のカタチと方向性が一先ず・・・・一先ずですが整ってまいりましたので、ここでひとつの『節目』として【癒奏術】についてまと [続きを読む]
  • 大祓の龍
  • 祓いは払いなり大祓は大給いなり身体の不を祓う心の不を祓う魂の不を祓うそれらは全て払いなり支給なり罪穢れを祓うは浄罪なり魂の財で払う浄財なり財は宝なり祓い清める宝それは水水は瑞(みず)なり瑞は善なる心の真ん中良心から湧き出る泉穢れは気枯れそれを潤すは水(瑞)祓いは不を正で洗う不は負であり附であり腐であり怖であり賦であり・・・正は清であり聖であり静であり勢であり整であり・・ [続きを読む]
  • 【我(が)】の在り方 《追記》
  • ”あってはならず・・・ なくてはならず・・・”【我】を捨てよ【我】を無くせなどとよく言われますが【我】が無くなれば単なる【依存心】になってしまいます。【我】があるから自分という存在が主張できるわけでその自分を信頼することが『自信』となり『自立』となります。【我】は強ければ強いほど【自分】を盤石に確立できるわけです。しかし、【我】が強ければ強いほど他人との衝突、摩擦を引き [続きを読む]
  • 日本の司法の『背後霊』 【八咫烏 その参】
  • 日本の検察官は新人研修として、必ずアメリカのラングレーにある『ペンタゴン』へ出向する。『ペンタゴン』とはCIA本部のことである。検察官が諜報機関で研修する必要などあるのでしょうか?ただ、研修から帰ってくると、必ずといっていいほどCIAの『紐付き』になっている。『紐付き』とは『結び』であり『手綱』であります。検察とは警察が捜査をして固めた証拠をもとに、事件として裁判を行うところ [続きを読む]
  • 『世界に類を見ないほどの人格破壊』 【八咫烏 その弐】
  • 久しぶりにTwitterをチェックしてみたところ、かつてのフォロワーさんたちが未だ健在でした。もう10年くらい経つが、フォローを解除されずにいたのはありがたいです。2009年に政権交代が起こり、民主党政権が誕生した。その時の【蔭働き】の名残りのフォロワーさんたちです。既存の政党国会議員等の政治家さんたち某通信社、新聞社の記者フリーランスのジャーナリストたち政治経済の分析家、評論家そ [続きを読む]
  • 新シリーズ 【八咫烏】
  • 以前の調査業時代から続けていたブログを閉鎖しましたので、こちらで現実的な世界の裏側を綴っていきたいと思います。【目覚める】ということは【真実】に『気付く』ことに他なりません。知らなかった真実隠されてきた真実目を背けてきた真実それらすべてを見て、感じて、認識すること。それが【目覚める】ということでしょう。目の前の現実さえ見えていなければ、次元の違う世界のことなど更にわかり [続きを読む]
  • 響(ひびき) 〜萬物のゆらぎ
  • 世のあらゆるものの差を取るとすべては【響き】であることがわかる石も土も水も火も、人も木も虹も雲も、音も味も香りも光も全ての中に【響き】がある五感を研ぎ澄ませて感じるそれぞれの【響き】微細な差異を感じ分ける感覚それを習合し変換するところそれが【心】五感は視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚人に【六根】あり目、耳、鼻、口、身、心第六番目の【根】が【心】その【心】が第六番目の【感】と [続きを読む]
  • 神は天地に在り 次元は上下前後左右に在り
  • 天国にも地獄にも神は在る神界という次元はこの世の三次元の外側で在り内側である上にもあり下にもあり前後左右四方八方ぐるりと取り巻きながら重なっている数字上で次元が上昇したからといって必ずしも上へ行っているわけではなく右へ行ったり左へ行ったり上へ行く者もあれば下へ行く者もいるこの世、この三次元で低い意識は四次元へ行こうが五次元へ行こうが低い意識でしかない四次元の下の方五次元 [続きを読む]
  • 目覚めを阻害する呪縛
  • かつてCIA(米諜報機関)は自分たちが行う陰謀の数々が、暴かれ指摘されたときに備えて『陰謀論』という言葉を作り出し、自分たちの陰謀を指摘する者を『陰謀論者』という【レッテル】を貼ることによって、攻撃の矛先を鈍らせる『布石』を打っていた。未だその布石は健在で、どんなに情報収集して証拠を集めても『陰謀論』という言葉を用いることで、陰謀を指摘する声を闇に葬ってきている。このよう [続きを読む]
  • パラダイム(概念規定) 〜言霊の呪縛
  • 『お金はエネルギーだよ』とスピリチュアル界ではよく言われています。『お金は愛だよ』とまで言う人もけっこういます。『お金』そのものがエネルギーなのではなく、お金に対する『人の意識』がエネルギーを与えています。『お金』に対する人の想いが強ければ強いほどエネルギーが与えられる。そして『力』を持ちます。『恐れ』の反対側にある『安心・安全』のところに『お金』を置くことで、『恐れ』 [続きを読む]
  • 浄玻璃(じょうはり)の鏡  〜黄金の子らへ
  • 閻魔大王不動明王黒龍心の奥深く地獄の入り口それは魂のある場所その漆黒の闇の中にそれらは佇んでいる生まれ変わり・・・再生するためには避けては通れない道それが【浄玻璃の鏡】地獄の閻魔大王が所有する鏡洗いざらい自分の全てを映し出す鏡浄玻璃の鏡それこそが魂の姿鏡の傍には鬼が立つそして鬼が云う『誠であるか?』鬼が云う・・・と書いて【魂】浄玻璃の鏡の前に立つ鬼こそ我が魂『御魂磨き』 [続きを読む]
  • Yuragi【桜傾-ouka-龍の章】は年内までです
  • Yuragi【桜傾-ouka-龍の章】はYuragi【桜傾-ouka-】の『大祓』の浄化ヒーリング+【龍との結び】のセラピーです年内いっぱいはYuragi【桜傾-ouka-】の料金のみでお受けいたしております。来年からはそれぞれ別の料金枠とさせていただきます。ーーーーーー魂の目覚めそれは生まれてきた『意思』への目覚めそのために『自分に還る』ことが大切です一生懸命生きる中で作り上げた『自分』の殻人目によく映 [続きを読む]
  • 白金の龍【九頭竜】 〜和合の理(ことわり)
  • 真っ白い身体に金の縁取りの鱗金色の鬣(たてがみ)金色の背金色の尾尻金色の爪白金とはプラチナ(白金)色とばかり思っていたがまさに白と金白金の龍の姿がそこにある白龍と金龍・・・二体の龍の姿が最近垣間見えなくなったと思っていた仲良く二体そろっていたのですが・・・・そしてしばらくして現れたのが白金の龍『陰陽和合の姿なり。どちらでもありどちらでもない。和合は悟り(差取り)。一体と [続きを読む]
  • 和合の道
  • こうやって記事を書く時に紡ぎ出している言葉が自分の言葉なのか『導き』の言葉なのかわからなくなってきている。わかるのは言葉のクセそれで判断がつくのだが自分で考えて言葉を紡いでいるようでも自分の言葉であって自分の言葉ではない導きであって導きでもないそれは『導く』ことが不要な状態でもある導くまでもなく『想い』が一体となるそれを『神人和合』の状態と言うのだろう。人と神が和合する [続きを読む]
  • 『渦』の理(ことわり)
  • 確定未来祈りは実相世界(霊界)で形を成してのち、現実世界に具現化される。意思があり信念を貫く自分があれば、思いを具現化できる。実相世界に現れた未来に対して、現実世界で『行程』が起こり始め、それをこなせば『思い』がそのまま具現化される。何事があっても『起きた現実を真摯に受け止め前進する』気概と信念があれば、未来は『確定』されるものである。そして未来が『確定』されると、その [続きを読む]
  • カジとミチ
  • 最近やたらと眠らされております。毎日10数時間・・・(=_=)zzz目が覚めるたびに怒涛のように押し寄せてくる導き・・・眠っている間に相当詰め込まれているんだろうな・・・と思います。『身体は後からついてまいる』とは言われるものの、しんどい・・・(>_ーーーーーーカジ家事は火事燃える火事ではなく霊(火・ヒ)の事火の御霊は女火事は巫女だから火事は舵である舵は火の役割だから女の役割である [続きを読む]
  • 磐長姫(いわながひめ)
  • 【皮膚は第三の脳】と言われるほど繊細、かつ独立性があるものです。肌が感じ取ったものを【脳】が感知はするのですが、【脳】から情報をリターンすることなく【皮膚】からの情報に呼応して皮下組織や神経たちは反応していきます。皮膚は情報のアンテナであり、筋肉・筋膜や神経と直に活動している『司令塔』でもあり、外界と体内を隔てるプロテクターの役割も果たしています。皮膚は呼吸もするし水分 [続きを読む]
  • 金の烏の導き
  • 先月末に『尾張一之宮へ・・・』の導きがあり、愛知県一宮市にある【大神神社】と【真清田神社】へ。更に同県瀬戸市にある【東谷山・尾張部神社】へ行ってきました。【大神神社】 【真清田神社】 【尾張部神社】 これら [続きを読む]
  • 創造の剣 恵みの剣
  • 十拳の剣(とつかのつるぎ)は人を殺める剣に非ず柄(つか)が拳(こぶし)十個分これは大地を切り裂く木の剣鋤(すき)鍬(くわ)に例えた智慧の剣大地から万物を生み出す智慧である土を掘り、耕し『生み出す』ための剣【創造の剣】である伊弉諾(いざなぎ)が十拳の剣で殺した【火之迦具土神】大地にある大元の【火】その火を智慧の剣で様々な用途を生み出した。食物を炊く火、金属を生み出す火、寒 [続きを読む]
  • アワの唄
  • 三次元という立体の世界に在りながら、人の意識は二次元に彷徨う立体の世界に在りながら、まるで平面世界を生きるが如くに紙面の上の右往左往している右か左か上か下かはたまた真ん中か・・・平面上の思考二次元の中に囚われた世界三次元の世界に在りながら、何故平面にしか世界が見えないのか?それは『片目』で見ているから・・・『片目の神』『一つ目の神』が支配する世界そこに広がる世界は【平面 [続きを読む]
  • 『魂を癒す』浄化と祓い そして龍
  • 祓いの力魂を癒すとは 身魂を本来の姿に還すこと長い間生きて来た中で身に着いた様々な癖想い癖、思考の癖、言葉の癖、行動の癖、見方聞き方の癖それらの癖のために起きている滞留いわゆる執着、囚われそういったものを祓い浄化して魂本来の『自分』を取り戻す身と魂を一致させ調和させるそれが【祓い】です身の滞りを祓い心の滞りを祓い魂に力を注ぎ込み想い癖が変わり思考癖が変わり見方聞き方の癖 [続きを読む]