時節は来ると風が言う さん プロフィール

  •  
時節は来ると風が言うさん: 日本史編纂所
ハンドル名時節は来ると風が言う さん
ブログタイトル日本史編纂所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/a23121222
サイト紹介文古代から現代まで日本史を網羅して抉り出してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 33日(平均4.9回/週) - 参加 2018/11/10 16:45

時節は来ると風が言う さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 火縄銃と弓矢の関係 ドン・ロドリゴ日本見聞録
  •  火縄銃と弓矢の関係 スペインのセビリア市に「ビブリオテーカ・インダア」と呼ぶ東洋史料を専門に保管している図書館がある。そこの17世紀の綴りの中に「1610年6月20日(当時の日本は大陰暦なので慶長15年4月29日にあたる)Juan Cevic文書」というのがある。彼は帆船サン・フランシスコの船長で、この前年フイリピンから新イスパニア向けの航海の途中、日本近海で難破し、嘘か本当か分からぬが「五十 [続きを読む]
  • 鉄砲は女の武器だった 肘鉄砲起源説
  • 肘鉄砲起源説鉄砲は女の武器だった江戸の町火消「を組」の新門辰五郎の娘芳は、十五代将軍慶喜の側室だったのは、あまりよく知られていない。これを取りもった者が水戸の権臣原忠之進だったのである。この原を調べていくと「われ銃をとらず」と叫んで斬りつけてきた旗本二人のために、彼は京上長者町の水戸京屋敷の長屋で文久三年八月十四日に惨殺され最後をとげたことが判ってきた。従来の説では、この二人は高橋伊勢守の門弟で、 [続きを読む]
  • 古墳は誰が造らされたのか 騎馬民族の風習 お裾分けの意味
  • 古墳時代お裾分けの意味騎馬民族の風習古墳は誰が造らされたのか先ず、日本列島は暖流と寒流が突き当たり、そして通りぬけてゆく地理的な条件の島国だということを頭に入れてもらいたい。これは海洋潮流学の世界では常識である。さて、紀元前から古墳時代にも、アラブやインド、マレーシァ方面から、この日本列島へ様々な民族が漂着している。中国説では北京原人ともいうがこれは何万年も大昔の話である。 考古学では従来は4世紀 [続きを読む]
  • [転載]奇怪なり「ねぶた祭」 ねぶた祭りとなまはげ祭の由来
  • 奇怪なり「ねぶた祭」ねぶた祭りとなまはげ祭の由来秋田の奇祭「ナマハゲ」が、ユネスコの無形文化遺産に登録された。「来訪神」と云い、日本各地に類似した祭りがある。だがこれはそんな生易しいものではない。「農作物増産強要恫喝イベント」ともいうべき悲惨な祭りの裏返しなのである。以下は拙の別館(大日本国史大義)2018/7/30「奇怪なり、ねぶた祭りとなまはげ祭の由来」からの転載となります。この文は、以前ニフティの歴史 [続きを読む]
  • 豊臣秀吉に抵抗した葛西晴信
  • 豊臣秀吉に抵抗した葛西晴信故高柳光寿博士(前日本歴史学会長)によるに拠る。この本は吉川弘文館から昭和三十七年に出版されている。この葛西という姓はとても珍しく、一名のみしか出てない。以下にその内容を記す。生誕日は不明なるも1590年に没している。官命は左衛門大夫。奥州葛西七群を領し、葛西城主。葛西晴胤の子で、早世した兄義重のあとを嗣ぐ。天正十八年、小田原征伐の時、秀吉に伺候しなかったので八月九日領地を没収 [続きを読む]
  • 何故日本人は無宗教なのか(第二部)私は天朝教宗旨とは何か
  • 宗旨とは何か何故日本人は無宗教なのか(第二部)アインシュタインは予言していた私は天朝教「宗旨違い」と言えば日蓮宗と浄土宗との違いのごとくに思われがちだがこれは全く違うのである。私がその言葉を初めて聞いたのは亡父からだった。父は敗戦後、満州から引き上げてきて、爆撃のなかった京都に一時身を寄せていた。その際泊ったのが安土の総見寺だった。昭和二十年、庫裏に泊めてもらったその際、夜陰秘かに、当時貴重だった牛 [続きを読む]
  • ブログ訪問と、ナイスを付けて下さった読者に感謝致します
  • ブログ訪問と、ナイスを付けて下さった読者に感謝致します。以下の方々、御常連も初めての方にも御礼申し上げます。本来なら、各御人のゲストブックに御じゃましての御挨拶なのですが、この場をもっての簡略を宥恕下さい。なほ、名簿に漏れた方々には失礼を御詫びいたします。末永能登守14611514 さん tha***** さんせえちゃんさんこうちゃさんsekiyann さん 中江の瀬戸 さん 百合香 さん 捨離 さん tamuさん さんGSA_Tougane さん [続きを読む]
  • 何故日本人は無宗教なのか 神君徳川家康 毛利元就
  •   何故に日本人は無宗教なのか◆神君徳川家康◆毛利元就の実像◆デフォルメされている千利休の実像 以前の仁侠映画で、鶴田浩二主演の、『組長』という映画があった。関西の親分が、大政党の黒幕らしい政界実力者に札束の山をわたして政治工作をし、関東のてきやと、「愛国同志会」の結成式を橿原神宮社頭であげ、そこで各親分が、「七十年安保に際して、お国のために、左翼や新左翼を叩き殺す」と、宣誓してから、「君が代 [続きを読む]
  • 日本人のルーツはインドか?
  • 日本人のルーツはインドか?浜中寛祐はその著書「契丹古伝」で、日本人のルーツは大陸渡来の朝鮮や満州人だとしたのに対して、、浜田秀雄も初めは同調していたが、大正時代になると、インド諸州の難民こそ祖先なりと主張した。その内容は、「縄文時代初期のまだ土器石器時代の三韓植民地だった日本列島へ進攻してきて、弥生時代に変えたのはインドのモン族とクメール族で、アヴマンテイ朝のインド人が、今の飛鳥に立てた天の王朝な [続きを読む]
  • 百田尚樹著「日本国紀」評論「古事記」「日本書紀」
  • 百田尚樹著「日本国紀」評論この本は2016年発売の「カエルの楽園」から二年、満を持して作者渾身の一冊といえよう。そして、本書を「日本国紀」と付けたのは「古事記」「日本書紀」が日本最古の正史と云われる「紀」を選択したことは誠に示唆的である。筆者が「本書は日本の通史であるから、歴史の大きな流れを追い必要最小限の出来事を記す」と言っているように、日本史を叙述した一書と位置付けられる。発売と同時に40万分売れ [続きを読む]
  • 韓国問題を歴史から掘り起こす 国辱的歴史学者
  • 韓国問題を歴史から掘り起こす 国辱的歴史学者(本稿は、朝鮮半島キナ臭い折、2018/8/8の記事に一部加筆しての再掲載である。https://blogs.yahoo.co.jp/a23121222/35130672.html 「日韓同祖論を斬る」と「韓国本位歴史は如何なものか、南北朝鮮に融和は禁止」の三部作として読んでいただきたい) 大分以前の話だが、国士館高校の腕白坊主共が先制攻撃のためか、朝鮮人高校生徒をぶん殴っては問題を起こした事があるが、在日 [続きを読む]
  • 日韓同祖論を斬る
  • 日韓同祖論を斬る皇室の紋である、十六弁の菊を始め、総ての家紋はアラブからであるとは〈天皇アラブ渡来説〉にも明白であるが、大正期までは太古に皇祖は朝鮮からという史論が軍部御用の歴史だった時期があった。当時は清国と戦うのには朝鮮半島を合併領有せねばならぬというのが、時の明治軍部の至上命題でした。そこで政府の御用学者として、星野恒に軍命令で、研究費というか稿料というか明治二十年代で五千円と言う、現今では [続きを読む]
  • 韓国本位歴史は如何なものか 南北朝鮮に融和は厳禁
  • 韓国本位歴史は如何なものか南北朝鮮に融和は厳禁従来の日本史が唐書に合わせ下敷にし作られてきたのに朝鮮歴史書の〈三国史記〉や〈三国通紀〉が和訳されだしてからは、韓史を基にして考え直す思考発生は如何なものか。日本と韓国歴史家の交流が始まってから、ますますもって黒潮や寒流を無視した、大陸渡来日本人説が広まりました。しかも北朝鮮側と違い韓国史学は極めて自由な立場で、日本列島歴史を韓国だけの立場からのみ解明 [続きを読む]
  • 江戸の実相 中条流(堕胎)から見える日本の人口問題
  •    江戸の実相 中条流(堕胎)から見える日本の人口問題 中条帯刀が陣中外道(現代の外科で軍医にあたる)として太閤秀吉に随伴して有名だったのが、泰平の世になり外科医の必要がなくなるにつれ、婦人科医をなす者が豊臣秀吉時代の彼の名をとって流派にした。「やみの子は中条流でながしけり」と、堕胎専門に手術を施していたらしく江戸の川柳にも数多く残っている。江戸の風俗の一端を知るにはこうした川柳が最適で、当時の庶民 [続きを読む]
  • 銭形平次誕生秘話 十手の役目  居合と抜刀術 の違い
  • 本篇は長文である。日頃、通説俗説を常識として信じている向きには、奇異に思われるだろう。しかし、信頼できる史料によって「常識」で解明すると真実が見えてくる。どうか、プリントアウトしてじっくり読んで頂くのも結構と思っている。なお、推敲に間違いがあればお許し願いたい。十手の考案者とその役目について記しておく。十手は、悪鬼邪気を引き拔くとされる千手観音から出た言葉なのである。そして、十手そのものを考案した [続きを読む]
  • 江戸時代剣術試合はなかった 剣術試合の始め
  • 江戸時代剣術試合はなかった剣術試合の始め剣術試合はなぜ起こったのか藤田東湖の影響「剣術」といえば、双方が向き合い互いに木刀や竹刀をもって、叩き合いをする試合が、昔からあったように誤られているが、そんなことはない。幕末に頼山陽のごとく、その子の頼美樹三郎が勤皇の志士として獄死したため、その余栄をもって明治時代には、絶大な信用を博してしまった。このことを利用して、通俗史家が、「本朝編年史」を焼き直しし [続きを読む]
  • 日本ヤクザの発生史 神祇は仁義ではない
  •   日本ヤクザの発生史  神祇は仁義ではないかってこの日本列島へ、中国勢力が、国教として持ちこんできた仏教を強制信仰させるため各地に国分寺が作られた。しかし、そんなものに見向きもせず、抵抗して反抗して始末の悪い日本原住民の騎馬民族系が東方系ゆえ「東方瑠璃光」の東光薬師を奉じさせた。これは仏教は「西方極楽浄土」だが、原住民にも解り易くと「光は東方にもあり」としたものである。 がそれでも彼らは白頭山を [続きを読む]
  • 謎の青葉城帝座の間 仙台の袋槍の秘密
  • 謎の青葉城帝座の間 島原の乱に先立つこと五年、寛永十三年五月二十四日に伊達政宗は、七十歳で亡くなり、跡目は次男の忠宗がついでいた。処で、青葉城の別名がある仙台城の大広間には、「上々段の間」又の名を、「帝座の間」ともよぶ、十六枚の菊飾りのついた御座所があった。 伊達家代々の殿様が、この大広間を用いるときは、その上々段にまず拝礼し、下った城主の段に座をしめ、絶対にそこへはあがらなかったという謎の御簾の [続きを読む]
  • 本稿を愛読して下さる下記の読者に、満腔の謝意を表したい。
  • 本稿を愛読して下さる下記の読者に、満腔の謝意を表したい。ナイスを付けて下さる読者、初めての方、ご常連の方にも感謝いたします。なお、漏れた方々にはこの場をもって失礼をお詫びいたします。南風 さん日記 さん st5402jp さん TAKASHI さん庭園&公園を歩く(東京の四季) さん 杜悠遊 さん 百合香 さん 中江の瀬戸 さん hemn7921 さん 捨離 さんriku0710-0101 さん isannkmw さん 夢佳志 さん TJ Adventure さん 富士山便り [続きを読む]
  • 徳川慶喜の女が暴露した勝の実像 地上げの元祖・勝海舟
  • 地上げの元祖・勝海舟 徳川慶喜の女が暴露した勝の実像NHKで放映の西郷隆盛も美化されて描かれているが、彼は大久保らと組んで、明治革命を成就させ、その政府を転覆させようとした飛んでもない男である。薩摩軍、政府軍双方で13000人もの戦死者を出した国内戦をどう見るのか?また、勝にしても、美化されたものを信じている、海舟ファンには申し訳ないが、以下にその実像を記して置く。 土地成金とい [続きを読む]
  • 宝暦事件、徳川の秘密警察「京所司代」に見る警察国家の実態
  • 宝暦事件、徳川の秘密警察「京所司代」宝暦8年(1758)に関白近衛内前が京所司代松平輝高に密告して惹起された事件である。当時の堂上公卿、徳大寺卿以下みな閉門謹慎処分という、公家にしてはまことに苛酷な刑を言い渡された。寛永時代の〈武家諸法度〉で武家でさえ泰平の世での武術稽古はしてはならぬとされ、師範代を召し抱えただけで城地を召し上げられ、妻の里方へ、乱心として永預けにされた池田輝興三万七千石の例もあるの [続きを読む]
  • 大岡越前守は名奉行ではない 名古屋武士道 加藤剛
  • 大岡越前守は名奉行ではない 先頃、「大岡越前」の当たり役で有名な美男俳優「加藤剛」が亡くなった。御冥福をお祈りする。長期番組で視聴率も高く、「水戸黄門」と並んで庶民の人気も高かったという。これはテレビや映画の時代劇を、本物の歴史だと思いこんでいる庶民が如何に多いかという一例でもあろう。江戸時代町奉行は何十人も居たのに「大岡政談」という読み物が昔から次々と刊行され、この大岡越前守一人が名奉行だの、庶 [続きを読む]
  • 過去の記事 …