わか さん プロフィール

  •  
わかさん: 言葉を吐く.
ハンドル名わか さん
ブログタイトル言葉を吐く.
ブログURLhttps://waka0105.hatenablog.com
サイト紹介文「第53回NHK障害福祉賞優秀賞受賞」5年間の摂食障害(拒食・過食嘔吐)の克服記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 67日(平均4.5回/週) - 参加 2018/11/11 22:15

わか さんのブログ記事

  • 竹口です。生きてます。ちょっと省エネ営業します。
  • いつもブログを読んでくださる皆さんへ。竹口和香です。年始早々にネット上から姿を消しておりすみません・・('ω')涙このブログですが、恐らくしばらくは週1あたりの更新となります。もしくは1月末までお休みをいただく可能性もあります。自分の中で今後進む方向をじっくり考える時間を作ります。ちゃんと地に足つけて、活動を続けていくための時間です。ブログを始めて3ヶ月、色んな事がありました。正直こんなに [続きを読む]
  • 《2019年!謹賀新年》適切な抱負と危ない抱負の話
  • あけましておめでとうございます??1週間ほど更新を止めてしまいました。年末年始のツイッターのタイムラインは両極端でしたね。行事で盛り上がる投稿と、行事だからこそ苦しい投稿と。そして、いろんなSNSで去年の振り返りと今年の抱負を見ますね。私もカンタンに振り返りと抱負は書きだしたけど、あまり時間が取れていなくてまだ整理がついていない状況です( i _ i )振り返りと抱負は心の整理になるただ年が [続きを読む]
  • 《2018年ラスト》年末年始のSNSが賑やかで苦しい方へ。
  • 2018年最後の記事。年末特有の行事ではしゃぐ事もせず、あまりテレビを見る習慣もないので更々年末感はないけど言ってみました。笑なので一緒に振り返ってみませんか??2018年、振り返るまえにフェイスブックやインスタ、ツイッターは今年の振り返りと来年の抱負で埋め尽くされている頃ですね。忘年会や年越しイベントの楽しそうな様子で埋め尽くされている頃ですね。友達の「今年もお世話になりました??」という [続きを読む]
  • メンタルダウンして「なんかつらい」を伝える言葉を見つけた
  • 2018年も終わりですね。平成最後の週はどんな週でしたか?今週もお疲れ様でした。今年もお疲れ様でした。みんなみんな、よく生きた。よく頑張った。平成最後のメンタルダウンが来た実は私、平成最後の週に東京の片隅で もがいていました。笑というのもね、まあ予想はしてたんやけど。笑今週仕事で22時までに帰れる日がなくてメンタルダウンのフラグ立ってる。私は夜が遅くなる日が続くと生活が狂っていく。そし [続きを読む]
  • ボロボロでも休めなかった摂食障害の私
  • 「何もない時間が嫌い」私を含め、摂食障害である多くの方がそう言います。これだけ心が叫んでいるのに、これだけ体がボロボロなのに、何もない時間が、休む時間が、怖くてしょうがない。休みをとってこそ、生きるエネルギーを貯められる。休みをとってこそ、いろんなことにパワーを使える。何もない時間や心身を落ち着かせる時間は、生きるための時間。だけど、怖くて怖くて、休めないんです。私はなぜ休むことが嫌 [続きを読む]
  • 《後編》元摂食障害の私の恋愛記。旦那さんが教えてくれたこと。
  • 今回で恋愛記事は一旦区切り〜!▼前回はこちらwaka0105.hatenablog.com私にとって、摂食障害であることは罪でした。理解されない苦しみと、耐え難い孤独と、手元にあるのは私が犯した罪。あの日、私がトイレに駆け込んで食べ物を吐き出した日から「こんなダメな私でごめんなさい」が始まった。自信なんてこれっぽっちもなくて、「こんなダメな奴が子供だなんて嫌だろうな」「こんなダメな奴が友達だなんて嫌だろうな [続きを読む]
  • 【質問返し】拒食症の人をみてどう感じますか?
  • peingを始めたので早速頂いた質問のお返事をします。??質問ありがとうございます( ^ω^ )昔、拒食症のひとをみてどう思いましたか?昔、というのは私が拒食症になる前のお話で大丈夫かな?(・ω・)ノ昔は拒食症や過食症なんてテレビの中の話だと思っていました。実際にある話、でも自分には関係のないもの。よくわからないもの。それは、拒食症の人を見て思う感情も同じでした。よく知らないから自分には関係ない。 [続きを読む]
  • 障害を公表するメリットとデメリット #NHK障害福祉賞 記録③
  • 「障害」「病気」「コンプレックス」苦しみや悩みを公表することは、きっと誰もが怖いです。私もずっとずっと怖かった。作品を書く1年前までは、私の摂食障害を知る人は片手に及びませんでした。それぐらい、障害を人に伝えることは当事者にとって重すぎる。今回は、障害を公表するメリットとデメリットについて感じたことを書いてみます。 障害を公表するメリット メリット①:障害で一番つらい [続きを読む]
  • 個性を障害にするのは誰だ#NHK障害福祉賞 記録①
  • 今日は第53回「NHK障害福祉賞」の授賞式でした。▼受賞者の方と▼NHKニュースです!映像に私も映ってますwww3.nhk.or.jpこの賞は、障害のある人やその周りにいる人が体験や思いを綴るNHKが主催する歴史ある作品コンクールです。なんとなんと。今回、私の作品は第一部門(障害当事者)の優秀賞に選んで頂きました!!感涙とても貴重な経験をさせて貰って、もう感謝、感謝、感謝、です。本当にありがとうございます。 [続きを読む]
  • 摂食障害の私に会ってきた。それでも私は再発しない。
  • 更新があいてしまった。お久しぶりです。生き返りました。照摂食障害という日常が蘇る先日、摂食障害の個人映画を観てきました。(事前にオンラインで観ていたので実は2回目)元当事者の私が観た結果、簡単に体調を崩しました。観たのはこちらの映画。《DieAter Documentary of Ed“摂食障害》〜振り返り〜摂食障害を題材にした個人映画映されるのは当事者の生の声作った人は高田馬場のコーヒー屋さんここから見れ [続きを読む]
  • テレビの「摂食障害」が変わった#NEWS23を観て
  • さっきNEWS23で原選手の摂食障害とクレプトマニアのニュースがやっていた。▼クレプトマニアについてwaka0105.hatenablog.com「摂食障害」という言葉の扱い方久々にリアルタイムで摂食障害の番組を見たのですが、なんだか、数年前のものとは、かなり変わった印象でした。ついこないだまで、「摂食障害は痩せていく病気です」「やせすぎ?!あの人は摂食障害か」「食べて吐いちゃう怖い病気です!!」こ [続きを読む]
  • 【今の私】元摂食障害の私が2ヶ月のブログで気づいたこと
  • ブログを始めて2ヶ月が経ちます。始める前は見えなかった世界が、気づきもしなかった思いが、たくさん増えました。そして、2ヶ月やってみての、一番の気づき。それは、「あれ、わたし特別じゃないじゃん!」でした。私は悲劇のヒロインだったほんまに嬉しいことで、毎日たくさんの方がブログを読んでくださって色んな方が色んな理由で連絡をしてくれます。「自分は病気じゃないけど、心が救われる」「この記 [続きを読む]
  • なぜか幸せなアイツは「自己中」で「鈍感」だった
  • 摂食障害がよくなる方法は意外にもシンプルだったりする。「自己中」で「鈍感」になること。自分が好きなことをして、自分が好きな人に会って、自分の好きな場所に住んで、自分の好きなものを食べる。そう、自分の意思を取り戻すことです。今まで知らず知らずで我慢していつしか殺してしまったものをもう一度自分の中に芽生えさせることだと思うんです。摂食障害は自分の声が聞けない状態シンプルだとは [続きを読む]
  • 【体験記】摂食障害じゃなくいっそのこと癌にしてくれ。
  • とっても、とっても不謹慎だけど、ずっとずっとこう思っていました。わかりやすい難病になれば、家族も、友達も、世間もみんな、「つらいよね」「かわいそうだね」って言ってくれたのかな。そうしたら、「つらいよ」「苦しいよ」ってもっと大きな声で、泣き叫べたのかな。こんなこと思ってしまう自分も、また惨めで、どうしようもなくて、大嫌いだった。自分がこの世で一番不幸だと、本気で思っていた。 [続きを読む]
  • 【体験談】自分に自信がなさすぎてAV会社に辿り着いた
  • 自分に自信がないと様々な支障が起きる。一番は人間関係。匙加減が本当にわからなくなるんです。摂食障害の人がみんな苦労するなんて一概には言えないけど、少なくとも私はとっても苦労しました。(という事に最近気づきました)「適切な」人間関係って難しい。誰にどれだけ深く関わるべきで、誰にどれだけの信頼を寄せて誰にどれだけ自分を開示していいのか。そもそも「いい人」「悪い人」の区別がつかな [続きを読む]
  • 「摂食障害は母子間の愛情不足で」という便利な暴言
  • 摂食障害の要因の1つと言われる自己肯定感の低さや自信のなさの背景として、「幼少期の親からの愛情不足」が唱えられることが多い。私はこの言葉が大嫌いです。親と子への便利な暴言もちろん、事実そういうケースも多くあります。摂食障害の方の中には複雑な家庭環境の子は少なくない。この言葉に救われる人もいるだろう。だけど、この言葉で片付けられたことで心に傷を負う人がどれだけいるんだろう。 [続きを読む]
  • 【体験記】とある日、過食嘔吐な私の1日
  • 調子に乗ってブログデザインを変えていたらいろいろ事故が起きて死にそうになっています。笑(しかも肝心なスマホ画面)過食嘔吐は地獄だ。4年前の日常を思い出してみようと思います。今では《過去》になりつつある私の地獄。今では、当時を思い出して泣くこともなくなった。怖くて人に話せなかった過去を話せるようになった。正直、思い出せなくなった、感じれなくなった感覚や感情もある。だけど [続きを読む]
  • 映画「DieAter Documentary of Ed“摂食障害”」
  • 番外編。DieAter Documentary of Ed“摂食障害”という摂食障害を取り上げた個人映画を観ました。公式HP:fujimoto-a | dieAter予告動画:www.youtube.com監督のふじもとあつしさんという方、本業はバターコーヒー屋さんなんだそうです。今回は、クラウドファンディングで資金を集めたそう。色んな意味を含めてまとめると、摂食障害当事者の「リアル」を映した映画。ネタバレもなにも、綺麗なストーリー性 [続きを読む]