かぶだいこん さん プロフィール

  •  
かぶだいこんさん: ブログヨロヅ〜歴史の面白さ、探してます
ハンドル名かぶだいこん さん
ブログタイトルブログヨロヅ〜歴史の面白さ、探してます
ブログURLhttp://fanblogs.jp/745519/
サイト紹介文歴史中心にそれにまつわるものを どなたでもわかるような砕いた文で紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 31日(平均6.3回/週) - 参加 2018/11/12 20:12

かぶだいこん さんのブログ記事

  • 風邪には気を付けよう!
  • はい、わたくし、風邪をひいてしまいました。季節の変わり目には風邪をひきやすいというのは本当ですね。かかる度に、そう思います。まずは養生したいですね、スープ飲みたい・・・まあ、そこまでひどくはないので、ゆっくり治しますか。投稿ペースが落ちていますね?まあ自覚はあるのですが、ゲームしたくて。でもゲームする時間すら確保できないんですよね今は(悲)どんなに投稿ペースが落ちようと、とりあえず100記事までは行 [続きを読む]
  • 風邪は万病のもと 風邪には気を付けましょう
  • 風邪。昔から存在する、誰もがかかる可能性のある病気、という事はご存知でしょう健康ならばすぐ治りますが、完全に治すことができない現時点で解決不能な病気でもあり、これの完治方法を見つけることができれば確実にノーベル賞モノ。まあ、簡単に発見できないから全ての病気の根源なんて言われるんですよね。言葉の由来は中国から?風邪は万病であると同時に百病のもとともいわれます。今からはるか昔、中国の「黄帝内経素問」と [続きを読む]
  • 来年は亥年 猪突しましょう
  • 早いもので、もはや一年が終わろうとしております。個人では多忙につき、趣味のゲームすら積んでいる状態・・・PS4はどんどんほしいものが出てきて困りますね。この状況でスイッチなんて手に入れたら、とてもではないですがやる時間がありません、ええ。只今、来年に向けて突っ走ろうとしている次第。こういう状態を表すときの言葉に「猪突猛進」という言葉があります。昔の人は良く考えましたよね。猪突猛進とは、目的に対してわき目 [続きを読む]
  • チョコレートが日本に来た後に
  • チョコレート。始まりはアメリカの紀元前ともいわれる、今ではお菓子を代表する食べ物ですね。メキシコから始まったといわれ、ヨーロッパを経て、日本に来たのは江戸時代のことです。最初のチョコレートは液体の飲み物であり、甘くない物でした。これに砂糖などを加えて甘くしたのが現代のチョコレート。今回は江戸時代に始めてチョコの表記が確認されてからの出来事を簡単に紹介します。寛政の時代に「しょくらあと」登場寛政の時 [続きを読む]
  • 古代編 銅鐸って?
  • 銅鐸ってなんて読むんですか?そもそもここからわからない方もいるかも・・・?まあそうですね、知らなくても、生きてゆけますから。学校でも習わなかったり、習ったりとまちまちですしね銅鐸読み方はドウタク。弥生時代に造られたとされる謎の器物。その名のとおり銅でできている鐘のようなものです。用途・・・不明大体の説は出ているのですが、確実にこれだというようなものはわかっていません。祭りの飾りだったり、田畑の測量に [続きを読む]
  • 土偶とはにわ 違いって?
  • 埴輪(はにわ)と土偶。名前は聞いた事があるのではありませんか?どちらも土から生まれた人形です。そして、造られたとされる時代も近いのですが・・・この2つの違いは?あまり大した事でもないのですが、一応紹介したいと思います。といっても、すぐに証明を終了してしまえるのですが。埴輪・・・古墳時代に造られた馬、兵などを模した人形土偶・・・縄文時代に造られた主に女性などを模した人形です。これにて今回の紹介は終わります。 [続きを読む]
  • 時代年表 大和・飛鳥編
  • 卑弥呼による邪馬台国の統治があったとされる弥生時代。女王が即位したわけは、国内の争いをしずめるためといわれています。じっさい卑弥呼時代はおとなしかったようです彼女の死後、一度男の王が即位したようですが、邪馬台国内で争いが再燃したため、新しく女王が即位。ここから先はどうなったかは、今はわかっておりません時は進んで、ヤマト政権時代。各地に豪族と呼ばれる有力者が現れ、自分たちの領土獲得のため戦います。こ [続きを読む]
  • 小学生にだってわかるかも 封神演義 その3 
  • 拡大推奨、表をつくる気力がなかったので手書きですみません・・・前回までのあらすじ〜周の王様の師匠になった姜子牙さんは魔法のアイテムを仙人から貰って快進撃!聞仲という仙人だけど派閥の違う相手と戦ってからは他の仙人や超人の敵が現れてハチャメチャになりました。〜おわり今回は最後の部分の紹介と四大奇書に選ばれていない理由について考えてみます! [続きを読む]
  • 小学生にわかるかな? 封神演義 その2
  •  前回までのあらすじ〜封神演義とは人対人の戦いに仙人たちが参加して争い、命を落としていった人をまとめて神界に送って神様にしてしまおう、任せたよ姜子牙(太公望)さん!〜おわり天命でも殷の王朝が終わりを告げていたころ、当の殷王朝はというと、一番偉い王様が妲己(狐の妖怪)にたらし込まれて堕落。拷問やひどい政治を好むようになったので次第に人々の心は離れていきました。仙人界で仙人としての修行を積んでいた姜子 [続きを読む]
  • 小学生にわかるかな? 封神演義の世界観 その1
  • 先日封神演義(児童文庫)について紹介を行いました。今回は補足程度に勢力、世界観についての紹介をしていきたいと思いますよろしければどうぞご覧ください。殷王朝に対して周の王様が革命を起こす史実では殷の力が弱くなった&悪政が続いたため周の文王が太公望を軍師に迎えて蜂起。殷王朝を倒しにいく、という流れですが・・・大筋は変わりません。周の革命マーチが封神演義のメインの部分です。ここにフィクション要素を入れるの [続きを読む]
  • これからの指針 雑記なのでスルーしましょう。
  • 私は基本毎日記事を上げています。「とりあえずブログ初心者は毎日あげましょう」とか書かれていたからです。昨日は、仮眠をとったつもりだったのが気づいたら朝でしたorzそうして思いました。やっぱり睡眠時間を削ってまでやるものじゃないな、と。そう、ブログを毎日更新するためにネタや経験を拾ってきて、下手なりにうまくまとめて、他の作業もしてたら睡眠時間ないやこれ(笑)な状態がありました。ここは仕事している人の辛 [続きを読む]
  • 小学生でもわかる封神演義 児童文庫
  • 今回は久々に漫画でもなくマニアックな人の史実紹介でもありません。字ばかりの本です、しかも児童向けの。早速紹介していきたいと思います。成人している私から見ても魅力的な部分を3つほどにまとめてみました封神演義 上 / 許仲琳 【全集・双書】封神演義上、中、下、巻の3巻構成(完結済)封神演義、と聞くと某週刊少年誌で「封神演義」として連載していたものがありました。面白いそうなのですが、残念ながらこちらは未読なん [続きを読む]
  • 千歳飴って、おいしいですよね
  • 七五三にとって欠かせないものの一つ、千歳飴。余談ですが、11月になるとスーパーなどで千歳飴を模した不〇家のミ〇キーが発売されるのですが、甘くておいしい。しかも安いのでおススメです!いきなり脱線しましたね。本編に戻します。七五三の日に着物姿で袋に入った千歳飴を持った子供たちを見ると自分もこんな時があったんだなとほほえましくなります。今回は簡単な由来とちょっとしたうんちくを紹介させて頂きます!この飴は [続きを読む]
  • 11月15日って何の日? 七五三の由来
  • 11月15日は七五三の日ですね。これからの健康を願い、人生の通過儀礼として三歳から七歳の間の子供のお祝いをする行事ですが、いらっしゃるのではないですか?七五三の言葉は知ってるけど、由来までは気にした事ないよという方が。今回はこの七五三について軽くお節介ご紹介させて頂きます!そもそもこの行事、由来は平安まで遡るといわれております。お雑煮といい七五三といい、今の古き日本風の文化は平安時代発祥がおおいんです [続きを読む]
  • おらおっきくなりてえだ! 絵本「八郎」 紹介
  • 一度は読んだことがあるのではないでしょうか?今回は歴史のお話から一歩外して休憩したいと思います。この絵本を使って。八 郎作 斎藤隆介絵 滝平次郎少しだけ抜粋して紹介します。もう十分大きいです!むかし、秋田に、 八郎という名の山男が、住んでいました。八郎は、かしの木ほどもある 大男。もう大きいんですよね。彼。普通の人よりも一回りも二回りも大きいでしょう。それなのに彼はこう言います。あーあー、おら、も [続きを読む]
  • 時代年表 古代編〜
  • 古代。今からはるか1万年前から縄文時代と呼ばれる区分での時代は始まっていたようです。この頃は狩りや採集でご飯をまかなってきたといわれ、村ごとに協力して獲物を分け合ったりしていたらしいです。やがて日本に渡ってきた人により米と鉄器が伝わり、稲作が始まりますね。弥生時代と呼ばれるこの時代から、米と人が多くほしい各地の有力者が争い始めたといいます。はっきり言って地味な時代だと思いますし(笑)、だからこそど [続きを読む]
  • 由来紹介 お雑煮 
  • 新しい一年のはじまりとなるお正月。この日はおせちを食べたり、初詣したり、または何も食べず寝正月したり・・・楽しみ方は人それぞれだと思いますが、今回はお雑煮についてちょっとした紹介をしてみます。ルーツは平安、おめでたい食べ物お正月に食べるお雑煮の歴史は古く、由来は平安時代までさかのぼるといわれています。この頃の外国は狩猟主体ですが、中国や日本は耕作主体の農耕民族。餅は古くから日本人にとって、お祝いごと [続きを読む]
  • 楽毅さん 補足と戦国後日談
  • 前回の楽毅の紹介にて少ない活躍で伝説級の働きと紹介しましたが・・・思いませんでしたか?ちょっとパンチに欠けるんじゃ?と。そう思ったので、楽毅が5カ国共同チームの監督になったことのすごさの補足をば。そして彼の歴史に名を残した事が戦いだけではないということ、ついでにその後の中華大陸のあらましの紹介をさせていただきます五か国共同チームでの勝利もう簡単にいってしまいましょう。スポーツで特に一緒に練習していな [続きを読む]
  • 仕事は伝説級 だけど社長に恵まれなかった男 楽毅 紹介
  • 皆さんは楽毅という人物をご存知でしょうか?漫画「キングダム」を読んだことがある方なら名前は聞いたことがあるでしょう。作中でも伝説の将軍とされており、コーエーテクモゲームズのゲーム「三國志」ではお助けキャラとして登場するものすごく軍の扱いが上手い将軍です。君主に恵まれず、十分に活躍することができずに更迭されてしまう不運な武将なのですが、逆をいえば、その少ない活躍で後世まで伝わる伝説級の功績を上げた将 [続きを読む]
  • 神系ほのぼのギャグ 聖☆おにいさん 紹介
  • 今回は漫画紹介。2006年よりモーニング・ツーで連載中の中村 光先生作 聖☆おにいさんについてとりあげます天界からバカンス目的で降りてきたブッダとイエスの日常コメディ漫画。2018年現在連載中!この作品のコンセプト、世界観は、まず主人公が釈迦とキリスト。その2人が立川のアパートで暮らしている状況。(作者の姉が住んでいた場所がモチーフ)基本彼ら2人の周りで起きる出来事がメインのギャグもの。今作のポイ [続きを読む]
  • 小学生でもわかる源氏と平氏その2 そもそもゲンジとヘイシって?
  • そもそもGENJIやHEISHIって何?以前この時代についての児童文庫を紹介しましたが、そういえばこれらの名前のルーツを説明していませんでしたっけ小学校の授業でさわる範囲、「武士のおこりと源氏、平氏」ですが、まあほとんどの人はゲンジ(よくわかってない)と兵士と覚えるでしょう。かくいう私もそうでしたから。結論からいうと、源さんと平さん、です。そのまんまですねよくわからない人は、「昔天皇家の一族だった人がこれら [続きを読む]
  • 時代年表 鎌倉編〜
  • 当ブログではチンギス・ハーンについて、以前紹介させていただきました。チンギス・ハーンは鎌倉時代を中心に活躍した人物です。鎌倉時代と言えばやはりいい国作ろう鎌倉幕府ですよね!・・・違うの!?現在は1192年ではなくて1185年と教わっているらしいのは知ってはいますが、ではこれの語呂は?人々反抗、守護地頭、いい箱作ろう鎌倉幕府(1185)になっているようですねどちらも1185年、覚えやすいのは箱の方でしょうが・ [続きを読む]