みずき さん プロフィール

  •  
みずきさん: みずきのブログ 夫と死別のアラフィフ
ハンドル名みずき さん
ブログタイトルみずきのブログ 夫と死別のアラフィフ
ブログURLhttps://mizukicks.hatenablog.com
サイト紹介文夫は2017年12月に大腸がんで亡くなりました。つまらなくなった人生を楽しくしたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 31日(平均4.3回/週) - 参加 2018/11/12 23:06

みずき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 葬儀の効能
  • 一周忌が過ぎてからというもの、やる気が全く出ず、もう今年もあと僅かだというのに、大掃除どころか日頃の掃除すらままならない日々を送っています。流石にもう少し綺麗な部屋にして、年越したい・・・。この前、年内最後の仕事が終わりました、なんて文章を書きましたが、その時点でなんとひとつ仕事を忘れていて(ひどい話)昨日が本当の年内最後の仕事日でした。言い訳すると、その仕事は私が仲介という立場だったので(不動 [続きを読む]
  • 捨てすぎちゃった
  • 最近たくさんの方が、このブログに訪問いただいているようです。ほんとんどの方が、死別体験の方々なのでしょうか。そうじゃない方が読んでいただいていることも、存じ上げております。ありがとうございます。私は今は、心に余裕がないので、ほとんど他の方のブログは読むことができません。でも、死別を経験された方のブログには、たまにお邪魔しています。同じ境遇の方の話は、勇気付けられたり、励まされたり、涙したり。それ [続きを読む]
  • 納骨はお早めに
  • ふざけたタイトルに見えるでしょうが、本当にそう思った経験者です。私たち夫婦は、どちらも地方出身の東京在住。夫側の先祖代々之墓は、夫の実家近くにあります。その墓には「もう満員御礼で入れません」と言われていた夫。てことは、私も入れないってことね・・・(まさか、私は実家の墓に失礼しますってわけにもいかないでしょうし^^;)あと、あんまり遠いところに墓があっても、お参りに行けないしなあという気持ちもあり [続きを読む]
  • 言葉は大事
  • 昨日、年内最後の仕事が終了。っていうと、早い店じまいで楽そうに聞こえるかもしれませんが、表向きに終了ってだけで、裏ではいろいろやることがあります。どの仕事でもそうだと思いますが、「見えている部分」より「見えていない部分」が大切ですし、わざわざ「見えていない部分のこと」を伝える必要もないとは思うのですが、今は「見えていない部分を推し量る」ことがあまりなく、アピールしたもん勝ち的な空気を感じます。「言 [続きを読む]
  • 立ち直っていると思われたいのに
  • 昨日は日中、前の職場の方に誘っていただいて、ランチ(お疲れ様会)に行ってきました。とっても美味しいイタリアン、楽しいおしゃべり、ご馳走にまでなっちゃって、本当に嬉しかったし、ありがたかったし、こう言う時間を過ごしながら一歩ずつ、日常を取り戻していくんだろうなって思うのですが。その帰り、自宅に向かう道すがら、早々に暮れようとする空を見ていたら、やっぱり涙が出てくるんですよね。「どんなに楽しい時間 [続きを読む]
  • 一年が過ぎても
  • 今朝は冷たい雨です。しかも数日前からかぜっぽくて、喉が痛みます。寒暖の差が激しいと、体調がおかしくなりますね。こういう天候は勘弁願いたいところです。お昼には会食の予定ですが、出かけたくないなあ〜。命日から一日経ちました。でも何も変わりません。当たり前だけど。気持ち的にスッキリするとか、そんなちょっとした良い変化でもあれば、命日を迎え、越える意味を実感できるんですけどね。昨夜は、夫が亡くなったそ [続きを読む]
  • 命日
  • 意識しないで暮らそうと思っていたけれど、やっぱりそうはいかない。あれは、昨年のこの日の夜の入口だった。思い出すのは、良い思い出でと頑張ってみるけれど、最後の入院が最後の記憶だから、どうしたって。せめてパーッと晴れてくれたら、爽やかになれるのに、どんより曇っていて、朝カーテンを開けた時に悲しかった。今少し、雲の切れ間から陽が差し込んできたから、明るくなるのかな。参加してみました↓ にほんブ [続きを読む]
  • 命日前日に前向きなことを考える
  • 明日が命日です。とうとうきました、この日が。一周忌の法要は日曜日に済ませ、対外的なことで大きなイベントはしばらくありません。ちょっとした解放感を味わっています。もう少し良いことで解放感を味わいたかったけどなー。明日の命日は、フツーに過ごす予定です。夜だけは子どもたちと夫を偲びますが、昼間は仕事がらみでご招待いただいた会へ行ってきます。とりあえず、命日まで突き進んでいこうと決めたのが夏の終わりの [続きを読む]
  • 一周忌にお引越し
  • 昨日、一周忌法要が終わりました。お墓を購入した霊園に立派なホールや会食の部屋があったので、そこで行いました。多少お金がかかっても、全部霊園で手配してくださるので、面倒がありません。田舎を離れて暮らす私たちのような夫婦は、檀家になっている寺もありませんし、先祖代々の墓も遠方ですので、全てに用意が必要です。夫は生前、「お骨は海にでも撒いて、お墓にお金をかけないようにしたいなー。」なんて言っていましたけ [続きを読む]
  • 経験しないとわからないこと
  • 昨晩は、夫が生前お世話になっていた師匠の会へ伺いました。私なんて、何のお役にも立てないのですが、夫がいなくなった今も気にかけてくださいます。周りの人たちには、「ご主人の人徳ね」と言われますが、そんなにいい奴だったか〜?と思う自分もいて、私の性格の悪さもなかなかのもんだと思う、今日この頃です。有名人逝去のニュースでは、色々と考えさせられます。昨日、赤木春恵さんが亡くなったとのこと。今朝、娘さんが記 [続きを読む]
  • 夫との暮らしを振り返ってみる
  • 毎日、日記のようにブログが書けるといいのかなと思いながら、今は時間があるからそう思うだけで、忙しくなったらきっとそうもいかないのでしょう。元々、三日坊主タイプで、様々なことが続かない人生を送ってきました。現時点で一番続いたのが「結婚」だったのではないかと思います。結果的に強制終了となってしまいましたけど。他に強制終了となった例としては、「仕事」もそうでした。かつては音響効果の仕事をしていましたが [続きを読む]
  • 本当に、お気持ちだけで。
  • コラムニストの勝谷誠彦さんが亡くなったそうです。夫と同い年なので、とても他人事とは思えません。ご家族や周りの人は、今頃大変だろうなあ・・・とかね。こちらがテレビ画面を通して勝手に知っているだけの人なのに、気持ちが寄り添ってしまいます。身近な人の死別を体験すると、そうなりますよね。これ、私だけじゃないと思うんだけど、どうでしょう?今朝、ブログを開いて驚きました。読者がいきなり増えていたので・・・あ [続きを読む]
  • 最後の3日間
  • 前にも書いたけど、夫の命日は12月5日です。12月2日までは、普通に話もできました。でも、12月3日朝に病院へ行ったら、全く話ができない、というか、夫が何を言っているのかさっぱりわからなくなってしまったのです。そのまま、ちゃんと話ができないまま、12月5日に旅立っていきました。12月2日、もっと話をしておけばよかったと、それが今の私の一番の後悔です。もし、タイムマシンが存在して、一回だけ使わせ [続きを読む]
  • 1年経過すると増える話題
  • 夫が居なくなって1年経つ最近になって、増えてきたことがあります。「男作れ」「彼氏作れ」というダイレクトなものから、「そのうち相手も現れるでしょう」「ご縁がきっとある」的な、オブラートに包んだ感じのものまで、諸々ひっくるめて、「相手(パートナー)を作ってもいいんじゃない?」(今すぐでも先々であっても、時期の問題は置いておいて、という空気を漂わせながら)そういう話が会話の中に、出てくる機会が増え [続きを読む]
  • 一周忌は今週末
  • パソコンを新しくしました。ストレスが少なくなって嬉しい。定期的にブログが更新できる機会になるといいな。(仕事で使うために買ったんですけどね)近況報告を少しだけ。夫とはじめたイベントが、先週土曜日に一区切りしました。これから一年近くは大きなイベントがない状態に。しばらくは充電&勉強に努めます。それも、来年末に自分の責任のもとに始めるイベントのためです。近況報告終わり。(早っ!)未来の話じゃなくて [続きを読む]
  • 最後の入院の日が近づいてます
  • 今日午前中、お世話になっている方のお父様の葬儀と、巡り巡ったルートから聞きましたが、伺いませんでした。望まれていない優しさは、ただの押しつけと知った今、「自分のため」の行動は、冠婚葬祭(まあ、「冠」「婚」「祭」では良い場合もありますけど)では慎むようにしています。もちろん、相手が「是非いらしていただいて、故人を一緒に見送って欲しい」と望めば、飛んでいきますが、今回はそういうケースではなかったと思っ [続きを読む]
  • いろんなことが変わっていくよ
  • 1年も経てば、いろんなことが変わります。例えば。リビングの冬物のラグ。ワンシーズン使ったら汚くなって、クリーニングに出したけど、もうワンシーズン使ったらくたびれちゃって。結局捨てちゃった。とか。結婚当初に買ったオーブンレンジ。ターンテーブルが回る、化石のようなタイプだけど、動くから使ってた。ある日突然、動かなくなったので買い替え。とか。生活が変わったこともあって、夕食の調理に時間をかけられな [続きを読む]
  • もうすぐ命日がやってくる
  • 夫の命日は、12月5日です。このブログを書いている現在、あと3週ほどで命日がやってくるということになります。昨年の秋のことを、皆さんはどこまで覚えているでしょうか。私は、全てを覚えているとはもちろん言えませんが、いつもの年より、事細かに覚えている自信があります。そりゃそうです。夫が死に向かっている日々だったのですから。夫の周りに起こる全てのことに、神経を集中し、労力を注いだ日々だったからこそ、覚 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 私は、2017年12月に、横行結腸がんで夫を亡くしたアラフィフです。子どもが2人。上の子が大学生、下の子が高校生です。今は、とある分野のイベント運営をやっています。それも、今年の秋で一旦お休みしようと考えています…が、どうなるか、未だ不明です。というより、継続すべきか迷っています。ざっと書くと現状はこんな感じです。このブログに主に書きたいことは、夫との死別後のいろいろです。様々な感情、経験があり [続きを読む]
  • 過去の記事 …