heamontology さん プロフィール

  •  
heamontologyさん: today is new days
ハンドル名heamontology さん
ブログタイトルtoday is new days
ブログURLhttps://ameblo.jp/heamontology/
サイト紹介文ぺーぺーの血液内科医の日々のつぶやきです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 30日(平均3.7回/週) - 参加 2018/11/12 23:14

heamontology さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 救急当直
  • 今日は救急当直出番の日です。明日の朝8:30まで救急車+ウォークイン対応です。あー嫌だ。。。イレウスや心筋梗塞や交通外傷…慣れない救急出番はずっとドキドキしています。明日の朝まで大変なやつが来ませんよーに!! にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 骨髄検査2
  • 先日、骨髄検査について詳しく書いたわけですが、実は私も骨髄検査を受けたことがあります。 なぜか?と聞かれると経験してみたかったからです。こんな風に言うと怒られるかもしれません。 でも経験してみたかったんです。私はまだ血液内科の道に進んで数年のぺーぺーです。そんなペーペーの私でも骨髄検査は多くて週に3~6回程度することもあります。 ふと、自分は一生のうちに何回骨髄検査をするのだろう?と。患者さんにいろい [続きを読む]
  • 帰国後
  • アメリカ血液学会から帰国して初出勤日はなかなか大変でした!やっぱり1週間近く留守にするといろいろ起こってしまうもので…。帰国早々、受持患者さんの急変があってICUに入れたりバタバタでした。結局、日が変わるまで帰宅できず…。なかなかアメリカ疲れも抜けません。早いこと実臨床の感覚を取り戻さないと…。学会に行って、世界中でみんなすごいいろいろなことを考えてて、血液内科の世界は日々進んでいて、世界には本当に [続きを読む]
  • ASH3
  • ASH1日目が終わりまして…。 疲れた〜。朝7:30から始まって夜22:00すぎまで…。 もう知識の海に溺れています。この膨大な新しい知識をきちんと整理して自分のものにできるのか…。 今回の学会では自分のipadやiphone、パソコンをサブディスプレイにして発表スライドが見られるのでめちゃくちゃ便利です。 ちなみに今年のASHはCAR-Tの話で持ちきり!! CAR-Tとは…癌免疫療法の一つで、免疫細胞のひとつであるT細胞を患者さんから [続きを読む]
  • ASH2
  • アメリカ血液学会(ASH)にきています 全然学会とは関係ないですが…行きの飛行機は映画三昧笑 万引き家族、search、検察側の罪人…飛行機乗るとついつい映画をみてしまいます今回はsearchがおもしろかった! そんなこんなでサンディエゴに無事に到着しました アメリカと日本は規模が違う!!!到着した空港のロビーで学会のregistrationできる!すごーい!学会行きのシャトルバスも15路線くらいでてるし、街ゆく人はみんなASHのカ [続きを読む]
  • 骨髄検査
  • 骨髄検査といえば血液内科の必須検査です。でも骨髄検査って響きがまずよくないです。患者さんに「骨髄検査しましょう」というと、きまって嫌な顔をされます。まず骨髄自体がイメージできないからだと思います。なんとなく怖い…的な。 まず骨髄検査とはどんなものかというと…白血球や血小板、赤血球は骨髄という骨の中にある部分で作られます。白血球や血小板、赤血球に異常があるかもしれない場合、その工場をみない限り、なか [続きを読む]
  • また新しい1日
  • 先日、このブログでもお話ししたNさんが亡くなられたと在宅医の先生から連絡がきました。 自宅に帰って数日後のことだそうです。幸いにも、最期は苦しまずにスーッと眠るようにだったそうです。 あまりにも早すぎる…。1ヶ月は厳しいかな…くらいに考えていたのですが。おうちに帰ってホッとしたのでしょうか。おうちに帰って本当によかったのか、それとも最期をおうちで迎えられてよかったのか。 答えはないとはわかっててもグル [続きを読む]
  • 退院
  • ちょっとバタバタして、更新が久々になってしまいました…。先週、受け持ちのNさんが退院しました。Nさんとは去年の6月からのお付き合いです。血小板減少で紹介されてきて、マルクをしてみたら骨髄異形成症候群でした。自覚症状が全くなかったので本人からしたら寝耳に水。え、こんなに元気やのに入院いるん?治療いるん?って何回も聞かれました。でも調べてみたら複雑核型でハイリスク、生存期間中央値は1年ないという予後不良 [続きを読む]
  • 学会準備
  • 学会準備に追われています。 お医者さんの仕事といえば診療がまず一番にあるわけですが、診療とひとことで言っても入院管理もあれば外来診療もあります。まぁでもそういうのがいわゆるお医者さんの仕事の一般的なイメージだと思います。しかーし、それ以外にもいろいろと実はお仕事はあるわけで…。 ものすごい大切なお医者さんの仕事に学会発表や論文執筆があります。まず目の前の患者さんを、自分の担当患者さんを治すために日 [続きを読む]
  • obinutuzumab
  • ガザイバの勉強会に行ってきたのでobinutuzumabについての論文を1本 「Obinutuzumab for the First-Line Treatment of Follicular Lymphoma」 濾胞性リンパ腫初発に対してObinutuzumabの保険適応が通った元の論文です。 同じCD20抗体であるRituximabとObinutuzumabを初発の濾胞性リンパ腫患者さんに使用するという前向きランダム比較試験です。 2011/7/6〜2014/2/4の期間に18歳以上でPS0-2の初発濾胞性リンパ腫患者(stage III or [続きを読む]
  • ガザイバ
  • 今日は今年の8月に発売された新薬のガザイバことオビヌツズマブの勉強会が東京であるので東京に来てます。 たま〜にこうやって東京の勉強会に呼んでもらえるのですが、ちょっとした旅行気分でワクワクします。 ガザイバはリツキシマブに続く抗CD20抗体で濾胞性リンパ腫で承認されています。使ってみたいなぁと思いつつ、なかなか適応症例がなく使えずじまい…。東京で頑張って勉強して使ってみたいものですね。 ここ最近は骨髄腫 [続きを読む]
  • 3日坊主
  • ブログ始めたけど、3日坊主になりかけてました。 昨日は忙しすぎて、気づけば1日終わってて…。そう、なぜなら外来day!外来の日は1日外来で大忙しです。私みたいなぺーぺーは外来に慣れておらず一人一人時間がかかります。私の外来は基本的に自分が入院で診てて卒業して行った患者さん達なのでイチから検査とかは少ないのですが…。 外来には白血病や移植での長い入院闘病生活を終えて、病気を克服した人達が通ってきてくれます [続きを読む]
  • 移植中の生活
  • 昔、同種移植後1ヶ月経たずに当院最短くらいで退院したA.Aさん。名言を残して退院されました。 「移植治療ってしんどいけど、先生や看護師さんの言うことを文句言わずに聞いて頑張ってたら、結局それが一番早く退院できるコツよね〜」 いや〜、ほんまにそうやなと。移植治療って、自分が経験したことはないけど、見ててもめちゃくちゃしんどいのはわかるんです。ほんまにみんなボロボロになって戦って、戦い抜いて…。何人もそう [続きを読む]
  • 外勤
  • 今日は外勤の日です。自分の病院以外の病院で血液内科外来をしたり、そこの病院に入院している血液内科患者さんを回診しにいったりします。外勤の日は午前中まるまる病院を留守にするので、朝早くから病院に行って受け持ち患者さんの指示を一通り出してから外勤先に行くので、朝はまぁまぁバタバタしています。今は担当患者さんが比較的落ち着いているので、安心して外勤にいけますが、状態が悪い患者さんがいる時やと、外勤中に [続きを読む]
  • 移植日
  • 今日は担当患者さんの自家末梢血幹細胞移植の移植日でした。移植っていうと一般の人はやっぱり手術を思い浮かべる人が多いです。やっぱり臓器移植っていうと心臓とか肺とか実質臓器をイメージするみたいで、よく手術室で行うのですか?!と聞かれたりしますが、残念ながら点滴です…。輸血と同じです。まぁまぁ地味です笑患者さんも拍子抜けする人も多いです。 でもよくよく考えると実はすごいこと!!点滴で末梢から輸注した幹細 [続きを読む]
  • 過去の記事 …