Mark-LXiii さん プロフィール

  •  
Mark-LXiiiさん: Mark-LXiiiのブログ
ハンドル名Mark-LXiii さん
ブログタイトルMark-LXiiiのブログ
ブログURLhttps://www.mark-lxiii.com
サイト紹介文主に謎解きやゲームを実際遊んでその感想を述べる場所です。
自由文ブログ初心者ですが、自分なりに体験したことや感想を載せてます。気が向いたら読んでみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 36日(平均12.1回/週) - 参加 2018/11/14 16:01

Mark-LXiii さんのブログ記事

  • ピカブイ お金稼ぎ
  • 先日ついにピカブイの中で最も高価な王冠を買うことができました。その値段は999,999円!これを買えるようになるまで築いた貯蓄方法を4つ載せていきます。①地下通路ハナダ〜クチバ間とシオン〜タマムシを繋ぐ地下通路は落し物が多く、必ず毎日落ちるほど。何が落ちるかは以下の表をご覧ください。2つの通路を毎日歩くことで最も高価な「きんのたま」が1個、多いときは3個拾えます。しんじゅも高価なので少なくても1万円以上は稼 [続きを読む]
  • スマブラ 勝ち上がり乱闘をやってみた
  • 今回は色んな遊びから選べる「勝ち上がり乱闘」について載せます。勝ち上がり乱闘と聞くとトーナメントのイメージでしたが、わかりやすく言うと過去作の「シンプル」モードとほぼ同じで、決まった相手と6戦乱闘してボーナスステージを越えた先にいるボスを倒します。「灯火の星」に比べるとスピリッツによる強化やギミックも無いため、タイトル通り勝ち上がるシンプルなモード。受けるダメージが少なかったり、早い時間でクリア [続きを読む]
  • スマブラ 灯火の星 魅力と途中経過
  • 今回は少しずつ進めているアドベンチャーモード「灯火の星」について載せます。今作の目玉である灯火の星ですが、ファイター達と敵対している「キーラ」を倒すため、世界を駆け回りながら乗っ取られたファイターを解放しつつシンボルを倒していくモード。ムービーや会話シーンは殆ど無く、マップを巡って片っ端からシンボルをぶっ飛ばすので、Wii版であったアドベンチャーモード「亜空の使者」よりサクサク進め且つバトルボリュ [続きを読む]
  • マリオオデッセイの魅力について載せた記事
  • 今回は発売から1年以上経ったマリオオデッセイの魅力を紹介します。①15年振りの箱型マリオスーパーマリオ64を始め、3Dマリオのソフトはハードに合わせて1本以上ありますが、かつて箱型(決まったスペースの中を自由に移動できる)だと、どこへ向かえばわからないと声も多く、マリオといえば横スクロールのイメージもあり、ここ10年以上は横スクロールの延長上にある3Dがメインでした。先に発売された「ゼルダの伝説ブレスオブワイ [続きを読む]
  • ブログ初心者が「カエレバ」を設定してみた
  • アフィリエイトをやりたいけど、どうしたらいいんだ?と思った私が「カエレバ」を使えるようになるまでの流れを載せています。まずアフィリエイトがわからなかったので調べてみた結果、「自分や他人が商品を買ったときにそのうちの数%を還元するサービス」と判明しました。更に他人に利用してもらう方法は、自身のブログサイトにアフィリエイトを添付する必要があるようです。私の場合、自分の遊んだソフトの攻略や感想を書いた [続きを読む]
  • スマブラSP 実際にキャラ解放してみた
  • 先日載せた方法でキャラ解放を集中してやるとどのくらい時間がかかるかやってみました。改めてやり方を説明すると①スマブラを起動して「灯火の星」を選択②マップをプレイせずにすぐ辞める③挑戦者が現れるので撃破④ニンテンドースイッチのメニューへ戻りスマブラを終了以下①〜④を繰り返します。この方法だと10分ほどで2体増やすことができました。全て解放するには単純計算すると1時間で12体、初期の8体から全74体揃える [続きを読む]
  • スマブラSP キャラ解放 方法
  • まず私が実践している、手っ取り早くファイター(キャラ)解放する方法を載せます。手順は以下の通りです。①「灯火の星」のマップ画面へ行く(シンボルと戦わなくてOK)。②「灯火の星」を終了すると、挑戦者(隠しキャラ)が現れるので倒す。③倒した後にスイッチのメニュー画面に移動、スマブラを再起動。①〜③を繰り返す。③が一番重要で、実は一回キャラ解放をするとしばらく挑戦者が現れなくなりますが、スマブラを終了するこ [続きを読む]
  • スマブラの歌詞&エンジェランドでの会話
  • 今回はメインテーマの「灯火の星」の歌詞とスマブラで気になる点を載せていきます。まずメインテーマの「灯火の星」。実はスマブラ公式サイトで歌詞がアップされているので、見る方法を説明していきます。まずサウンドのページに移動します。すると丸で囲まれた星の光量がよく見ると変わっています。スクショはだと静止画なのでわからない点はご了承ください。スマホやタブレットの横持ちだと、この星がわかりにくいこともある [続きを読む]
  • スマブラ、灯火の星
  • ついにスマブラがやってきました!発売日になった瞬間からプレイしている方々を羨ましくみてましたが、昨日今日の2日間、わたしもスマブラ漬けでした。その中で気になっていたことをいくつかあげていきますね。まずは操作感覚。基本的には前々作のWii版や前作のfor版と一緒です。ただし発売前のダイジェストでもあったように、ジャストシールドや空中緊急回避などが変更しているので、これに慣れるまでが違和感を抱いてしまいま [続きを読む]
  • ピカブイストーリー、四天王編
  • バッジを7つ集めると、いよいよトキワシティのジムに挑戦できます。ジムリーダーはゆーてもサカキやろ?と原作をやっている方は思いますよね。実はライバルと主人公はトキワジムで異なるジムリーダーと戦います。……とだけ申し上げましょう。詳細はその目で確かめてください。ジムの中は原作同様ベルトコンベアが引いてますが、青色に乗ればジムリーダーの元へ辿り着くようになっているので、原作と比べるとかなり親切になっ [続きを読む]
  • ピカブイストーリー、グレンタウン編
  • 今回は南西の孤島、グレンタウンを目指します。セキチクシティでヒジュツ「ミズワタリ」を教えてもらうと、水上を移動できるようになります。かつて「なみのり」を覚えたポケモンに乗って移動していましたが、今回はサーフボードに相棒と乗って移動します。因みにラプラスやギャラドスに乗るとかつての「なみのり」を味わえます。セキチクシティからグレンタウンへ向かうと、途中の双子島を経由するため結構遠いので、マサラタ [続きを読む]
  • ピカブイストーリー、セキチクシティ編
  • ポケモンと言えば自転車がおなじみですよね。原作に限らず、シリーズを通して主人公の移動手段として活躍していましたが、今作では自転車には乗りません。その代わり乗ることのできるポケモンが10体以上います。ストーリー前半のクチバシティ辺りでゲットできる、ウインディやペルシアンは足が速く、お世話になる機会が多いことでしょう。実はポケモン毎に足の速さが異なり、大型のポケモンは狭いところで乗ることができないの [続きを読む]
  • ピカブイストーリー、ヤマブキシティ編
  • 今回はヤマブキシティへの入り方から載せていきます。東西南北にゲートがある街なので気軽に入れると思ったら、どのゲートも喉が渇いた警備員が通行を許可してくれません。原作を遊んだ子どもの頃もこの警備員がうざったい存在でしたが、今思うと水分補給も出来ないブラック企業で働かされている哀れな人達ですよね。肝心の通り方はタマムシシティで、ある意外な人からお茶をもらいます。そのお茶を渡しましょう。因みに1人に [続きを読む]
  • ポケモンGOでのメルタンゲット方法
  • 今回はピカブイとの連動によってポケモンGOで、捕まえられる幻のポケモン「メルタン」について迫ります。まずポケモンGOとピカブイを連動させて、ポケモンGOからピカブイにポケモンを1体でも送ると、ポケモンGOで「ふしぎなはこ」が入手できます。この際、メッセージは表記されず、道具に勝手に入っています。「何でポケモンを送ったのに手に入らないんだ?」と思ったかたは一度道具を確認してみてください。次に「ふしぎなはこ [続きを読む]
  • ローソンのコラボ新商品を食べてみた
  • この冬ゴディバとコラボした期間限定の新商品3つを、早速買ってみました。まずは「ホットチョコレート」(税込380円)は後味がしつこくないので飲みやすかったです。ホットチョコと聞いて、甘みが強いのかなと思いましたが、そこはゴディバのチョコでした。スッと飲めるよう、甘みのバランスが取れていました。店舗にもよると思いますが、温かさも提供されてすぐに飲めるほどなので、よほどの猫舌でない限りは警戒する必要は無い [続きを読む]
  • ピカブイでポケモンの性格厳選
  • 今回はポケモンの性格がステータスに与える影響と、その厳選について記載します。ステータス画面でギャラドスのとくこうやすばやさ、カビゴンのこうげきやとくこうをみてください。他と違い赤や青色なことにお気づきでしょうか。赤色は1.1倍上昇後、青色は0.9倍下降後の数値になっています。この特徴を活かすことで高い能力を引き伸ばすことや、低めの能力を補うことも可能です。カビゴンを例にすると、もともと高いこうげき [続きを読む]
  • ピカブイで個体値厳選
  • そもそも「個体値」って色々な攻略サイトで見るけど何?と思っている方はいると思います。色んな攻略サイトを見るとピカブイでは同じポケモンを連続ゲットしていくと個体値が4V確定のポケモンを捕まえられる!と見かけると思いますが、「個体値?4V?」ガチ勢の方は何を言ってるの?そんな方のために個体値に関わる用語を解説していきます。まずは「個体値」から。ポケモンには、HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ [続きを読む]
  • ピカブイでリセマラ
  • 攻略に役立つアイテムがいっぱい欲しい!そんなトレーナーの方に朗報です。ピカブイではハナダシティとクチバシティや、シオンタウンとタマムシシティを繋ぐ地下通路と、タマムシシティのゲームセンターで、落し物が続出しています。その量は日替わりで発生するほど。本来ならば落し物は交番に届けるべきですが、この世界では落し物を拾うと自分のものにできるので、どんどん拾っちゃいましょう。とはいえ落し物は目に見えません [続きを読む]
  • ピカブイ、原作には無い演出
  • 今回もポケモンピカブイの魅力に迫っていきます。ピカブイは原作と概ね同じストーリーですが、少し流れが異なったり、新たに挿入されている場面があります。ストーリーは変わらないだろうと思っていたぶん、その変化にびっくりしてしまいました。挿入部分が原作を知っていると、思わずにやけてしまう演出がニクいですね。因みにトップの写真も原作には無かった演出。勘が鋭い方は誰だかわかったと思いますが、そこで出てくるの⁉ [続きを読む]
  • 悔いが残った謎検
  • 11/24〜25に行われた第4回謎検の結果が本日出ました。ご覧の通り平均を辛うじて超えただけ。これだったら平均点と同じだったほうが、物珍しくてよかった気がします。因みに過去の成績は第1回82点第2回78点第3回70点と順調な(?)右肩下がりですね←振り返ると問題の質が過去3回より向上している感じがします。初回や2回目は問題の方向性が全体的に同じ雰囲気でした。ただ今回は問題自体に多様性があり、点数配分も一律2点から問題 [続きを読む]
  • ポケモンピカブイの魅力
  • 3日間プレイをして感じた魅力を今回は3つ載せていきます。1つ目は相棒のピカチュウやイーブイと遊ぶことができること。やってみたらわかりますが、メッチャかわいいんですよ。容量消費するだけのいらん機能やろ〜。と思っていましたが、いざやると見惚れてしまうカワイさ。頭を撫でたりすると喜んでくれますし、鼻辺りをくすぐるとくすぐったくて笑ったりと、部位によって異なる反応を示すのがまた面白いですね。実は服の着せ替 [続きを読む]
  • レッツゴーイーブイプレイ日記2
  • 前回のブログに載せ忘れたvsタケシの写真です。原作で手を胸の前でクロスさせている姿は、当時のプレイヤーをニヤケさせる演出ですね。前回の宣言通りどんどん進めています。ポケモンの悪い組織と言えばロケット団。昔から相手トレーナーには名前が1人1人ついていますが、ロケット団には名前では無くこんな感じで役職がつきます。原作のロケット団には男しかいなかったので、女の団員もいることに時代背景をうかがわせますね。 [続きを読む]
  • ついにポケモンイーブイスタート‼?
  • 発売から1週間、遂に手に入りました!実は手に入るまでにはいささか苦労しました。実体験なので実名公開しますが、発売前予約でヤマダ電機楽天市場店で予約していました。しかし発売日から3日経っても届かず。店員さんに理由を聞くと、セットで予約したスマブラスペシャルが発売していないため届けられない。と言われ別個で届けてくれるものだと思っていたのでビックリ。スマブラ発売日まで待てなかったので楽天ブックスで購入し [続きを読む]
  • 不思議な小部屋出現‼?
  • 東京にある「下北沢ナゾビル」で遊べ、かつてスクラップ(SCRAP)が開催した「洋式便所からの脱出」をリメイクした公演。つまり「洋式便所からの脱出」を遊んだ人は参加出来ないということ。この公演は制限時間10分で謎や暗号を解いて脱出を目指します。新宿にある東京ミステリーサーカス通称TMCにある「ある刑務所からの脱出」や「絶望トイレからの脱出」と同じシリーズもの。因みに私は洋式便所からの脱出に参加したので、今回は [続きを読む]
  • 「ルネと不思議な箱」感想
  • ついにスクラップ(SCRAP)出身の人気キャラクター、「ルネ」の最新作登場まであと1週間を切りましたが、今回は初登場作品にスポットを当ててみます。初作品のタイトルは「ルネと不思議な箱」。私は随分前に読んだ記憶があったので、調べてみると2016年10月19日。私が謎解きにハマって遊んだ月日も早いなぁ、と実感しました。話が逸れてしまったので、この作品について説明します。本といえば1ページ目から順番にめくるのが普通 [続きを読む]