ちょむすけ さん プロフィール

  •  
ちょむすけさん: ちょむすけの徒然なるままに。
ハンドル名ちょむすけ さん
ブログタイトルちょむすけの徒然なるままに。
ブログURLhttp://tyomusuke.com
サイト紹介文ちょむすけが日々思ったことを綴る雑記。もっと主観的な世界へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 30日(平均11.4回/週) - 参加 2018/11/15 17:52

ちょむすけ さんのブログ記事

  • 脂質と炭水化物の摂取の仕方
  • 脂質と炭水化物の摂取配分タンパク質の摂取が、筋肉を作る上で重要であるの対し脂質と炭水化物の摂取は主に体脂肪をコントロールする上で重要な栄養素となります。PFCバランスに沿って考えると、筋肉を求めている人、例えばちょむすけは、P=34%になります。脂質と炭水化物は残りの66%を占めています。ボディメイキングを成功に導くか否かは、脂質と炭水化物の摂取配分によって決まります。高脂肪食と低脂肪食牛乳やチーズなどの通 [続きを読む]
  • PFCバランスについて
  • PFCバランスとは?PFCバランスとは、P: タンパク質(Protein)F: 脂質(Fat)C: 炭水化物(Carbohydrate)のバランスです。頭文字をとってPFCバランスと呼ばれます。平均的なPFCバランスと筋肉を増やしたい人向けのPFCバランス 一般的な食生活のPFCバランスは、P=15%F=25%C=60%このくらいの比率になるようです。一方、筋トレの効果を十分に得るためには、筋肉の元になるタンパク質摂取の割合を高くする必要があります。筋トレ [続きを読む]
  • 酵素ダイエットが嘘か本当か。
  • 酵素ダイエットというものが巷では流行っているという話で、ちょむすけも時流にのり、本を読んで内容をしらべてみました。栄養学と酵素栄養学酵素が大事であるという考え方は酵素栄養学という学問からきているみたいです。随分、既存の栄養学を批判したいみたいで、低糖質、低タンパク質、低脂質、高食物繊維、高酵素うたっている学問のようですね。一般の栄養学は、糖質、タンパク質、脂質は3大栄養素と言われ、もっともしっかり [続きを読む]
  • アルコール依存症の身体障害
  • 何年にも渡って大量の飲酒をしていると、様々な体の障害を引き起こします。アルコールによる身体障害の原因は2つあります。1つ目はアルコールそのものの臓器に対する毒性で、それによって全身の臓器に障害が生じます。2つ目は栄養障害で、食事をとらないで飲み続けることから生じます。肝障害肝臓は栄養素の貯蔵や代謝、老廃物や有害物質の解毒など様々な働きをしています。アルコールや薬なども肝臓で代謝されます。肝臓は予備能 [続きを読む]
  • アルコール依存症の離脱症状
  • アルコール依存症の離脱症状の特徴アルコール遺脱症状群には、次のような特徴があります。酒を飲むのをやめたり、飲む量が減ったときに出現します。そのまま飲まずにいれば、たいてい数日のうちによくなります。大部分の離脱症状は、飲酒によって体内のアルコールの量をあげることによっても消失します。離脱症状は、出現する時期によって、大きく二つの群に分けることができます。早期離脱症状群飲酒を辞めて数時間すると出現し、 [続きを読む]
  • 小分けにして食べるとダイエットにすごくいい!
  • 【前提】マクロ管理法で1日の摂取栄養素を把握する同じカロリーを摂取するならば、回数を分けた方がいいです。なので、小分けにして食事を取ることはダイエットにとてもいいことです。しかし、前提があります。あなたが取るべき1日の摂取カロリーと摂取栄養素を把握してください。その栄養素をとることを前提として、同じカロリーを摂取するならば、回数を分けた方が圧倒的にいいということです。合わせて読みたい・ダイエットする [続きを読む]
  • ダイエットでのお酒の付き合い方。
  • ダイエット中のお酒はOKかNGか実はお酒を飲んでもそのカロリーは実質脂肪として蓄積されることはありません。そのため、お酒を飲んでも太らないのです。しかし、ダイエットではお酒はNGであるという結論になります。実はお酒単体のカロリーでは太らないお酒の中に含まれているアルコールは、1g=7kcalのカロリーを含まれています。ざっくりとして例ですが、アルコール度数40%のウイスキーを100g飲んだとしましょう。そうすると、40 [続きを読む]
  • 食べても痩せられる。ダイエットを成功できる理由
  • 牛丼を食べてしまった。。。ダイエットしているのに牛丼を食べてしまった。今まで我慢してきたのに、頑張ってきたのに、これまでの頑張りは無になってしまったのか?溢れ出る後悔。自分は我慢できない人間なのだと自分を攻め、自己嫌悪におちいる。これでダイエットは失敗してしまったのか?ダイエットを成功に導くIIFYMの考え方そんなことはありません。一度牛丼を食べたくらいではダイエットは失敗しないのです。この考え方はIIF [続きを読む]
  • IIFYMというダイエットの考え方:マクロ栄養管理法
  • IIFYMとはIIFYMとは「If It Fits Your Macros」というアメリカ発端のダイエットの考え方をさします。日本語でいうと「マクロ(3大)栄養素の摂取量を守っていれば、、、」という意味になりますね。もっとざっくり言葉を変えると、「決められたマクロ(3大)栄養素のバランスの範囲内なら、何をたべてもいい」ということになります。合わせて読みたい・ダイエットする前に知っておきたい3大栄養素の知識 ・ダイエットの最強栄養マ [続きを読む]
  • ダイエットする前に知っておきたい3大栄養素の知識
  • ダイエットのために栄養管理をする必要がありますが、栄養管理を行う前にぜひ知っておいてほしい知識があります。それが3大栄養素です。細かい栄養を管理する前に、最もしっかり管理したい栄養素になります。3大栄養素は「タンパク質・脂質・炭水化物」の3つをさします。知識をしっかりつけて理解できるようにしましょう。タンパク質についてタンパク質は、体を構成する成分として欠かせない要素です。内臓や筋肉のほか、皮膚や髪 [続きを読む]
  • 筋トレのダイエットにおける効率!基礎代謝の意味とその効果
  • 筋トレは基礎代謝を増やす人間は生きているだけでエネルギーを消費しています。呼吸をしたり、体温を維持したりといった、生きているだけで使われるエネルギーを「基礎代謝」と言います。この基礎代謝をあげることがダイエットにおいて非常に重要になってきます。それは、基礎代謝が上がると運動をしなくても、生きているだけでカロリーが消費されるからです。たとえば、同じ量の食事を取っていても消費するカロリーが増えるため、 [続きを読む]
  • 吃音の原因についてのちょむすけの仮説
  • ちょむすけです。 今回は吃音の原因についてちょむすけが長年考え続け考え出した仮説をご紹介します。 はじめに 〜ちょむすけが23年間気づかなかった事実〜いろいろな過程を経て、ちょむすけは23歳の時から27歳の今まで、ずっと整体に通い続けています。 整体をはじめてから気づいたことがあります。 それはちょむすけは「体の力を抜くことができない」ということでした。 原因は色々あるので、必ずしも吃音がらみではないと思い [続きを読む]
  • 吃音が原因で自殺をする人々。ボクは吃音ドクターです。を読んで
  • ちょむすけです。 ボクは吃音ドクターです。を読んでいます。 いたる所に考えさせられる要素が散りばめられており、名著だなぁと思うばかりです。 今回はその中のテーマであった、吃音者の自殺について考えていきます。 まずは抜粋から。 自殺をした吃音者私の研究に協力してもらった人たちの中で、24歳の若さでなくなった吃音のある人のお通夜に呼ばれた。 3度目の放射線技師国家試験の合格発表前日、自宅で命を絶った。 実験に協 [続きを読む]