坂井 快衣 さん プロフィール

  •  
坂井 快衣さん: 四柱推命から教わる、すごくよくなる人間関係の作り方
ハンドル名坂井 快衣 さん
ブログタイトル四柱推命から教わる、すごくよくなる人間関係の作り方
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/egao-loving-2s/
サイト紹介文四柱推命を使って、夫婦子育て嫁姑など身近な人間関係に悩む女性に解決のヒントをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 35日(平均7.6回/週) - 参加 2018/11/15 21:14

坂井 快衣 さんのブログ記事

  • 四柱推命 恋愛・結婚の相談 焦りは危険がいっぱい(2)
  • ●四柱推命 恋愛・結婚の相談 焦りは危険がいっぱい(2) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(1)のつづきです。 前回では、鑑定で回答するのに少し悩む相談が2つあって ①結婚相手との出会いはいつ?②結婚したい相手との相性を教えて欲しい。 ①では、出会いや結婚という一大イベントでは、避けた方がよい時期というのがハッキリ出ていることをお伝えしました。 今回は②の【結婚したい相手との相性を教えて欲 [続きを読む]
  • 四柱推命 恋愛・結婚の相談 焦りは危険がいっぱい(1)
  • ●四柱推命 恋愛・結婚の相談 焦りは危険がいっぱい(1) こんにちは、坂井快衣、けいです。 鑑定で多いご相談がこの2つです。 ①結婚相手との出会いはいつ?②結婚したい相手との相性 (アラフォー主婦以外でも相談受けます?) 四柱推命をご存知の方は分かっていらっしゃるかもしれませんが、鑑定するとこの二つって、割と明確に答えが出てしまう相談なのです。 ①に関して言えば、年運、月運で言うと【劫財】【傷官】【 [続きを読む]
  • 四柱推命 劫財って財を奪うっていうけれど
  • ●四柱推命 劫財って財を奪うっていうけれど こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命の命式の中で不人気な星【劫財】(と、わたしが勝手に思っている) だけどわたしは、そんな【劫財】がすき。 訳は、わたしがそもそも ①人を学歴や地位で判断する人②人に圧をかけてくる人③人を馬鹿にする人④人に媚びる人⑤人をイジメる人 が超苦手で、そんな雰囲気を出してくる人が傍に来ただけで、脱兎のごとく逃げてしまうからで [続きを読む]
  • 四柱推命 昔モテモテ、今は良妻賢母の命式は存在するのか?
  • ●四柱推命 昔モテモテ、今は良妻賢母の命式は存在するのか? こんにちは、坂井快衣、けいです。 さっき、頭をよぎったことなのですが 若いときはすごくモテモテで、すっごくイケメンで金持ちの男性と結婚して、これまた美男美女の子どもを授かり、超幸せ♪ っていう女性として最高の命式って、いったいどんなのかなぁ・・・? やっぱり、十二運星のエネルギーが強くて、冠帯や建禄があって、命式内に天中殺とか刑なんかがな [続きを読む]
  • 陰転印綬のにおいがする小室さんの命式(2)
  • ●陰転印綬のにおいがする小室さんの命式(2) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(1)のつづきです。 命式を見てから、今の小室さんを見ると 【静か〜に、しかも確実に名誉を手に入れようと、鋭い感性と知恵を使って皇族と結婚しようとした、劣等感が強いがその事に気づいておらず、うつわを大きく見せようとした男性】 だとわたしは思います。 だけど、名誉や名声を手に入れようとしたのは、やっぱりお母さんのため [続きを読む]
  • 四柱推命 官星 女性にとっては男性の星
  • ●四柱推命 官星 女性にとっては男性の星 こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命では、女性が、男性との出会いや結婚がいつになるのかを知るのに使う星に【官星】という星があります。 大運や年運で【官星】が近づいてくる数年前から婚活を始めると、ちょうど【官星】が巡ってきたときに、結婚に至ると言われています。 そもそも【官星】とはどういう星かといいますと 日主(自分自身)を支配し、仕事で出世することを [続きを読む]
  • 陰転印綬のにおいがする小室さんの命式(1)
  • ●陰転印綬のにおいがする小室さんの命式(1) こんにちは、坂井快衣、けいです。 昨日、陰転した印綬の話を書いていたら.......なぜか頭の中にボンと小室圭さんが浮かんだ。 喜神(きしん)と忌神(きじん)は信(しん)じなくてもよい んっ、にっ、におうぞ! ということで早速命式を調べることに。 え? 【印綬】あるけれど【傷官】の人だったんだ。 ①年柱天干の傷官の位置が【孤独や孤立】 年間柱天干は傷官の凶意が協 [続きを読む]
  • 財星は、財運がある星だと思うのは早計な話
  • ●財星は、財運がある星だと思うのは早計な話 こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命での【財星】というのは、【偏財】と【正財】を言うのですが、こちらを単純に財運のある星と思うのは、違うんだな〜というお話をしたいと思います。 では、なぜ【偏財】と【正財】を財星と言うのか? それは、日主(自分自身)が支配し征服するもの(←これを剋すと言います)を財星と言い (例えば、日主丙火に剋される、庚金が【偏財 [続きを読む]
  • 喜神(きしん)と忌神(きじん)は信(しん)じなくてもよい
  • ●喜神(きしん)と忌神(きじん)は信(しん)じなくてよい こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命では忌神と言われている変通星が4つあります。 それが、これ。 【劫財】【傷官】【偏官】【偏印】(【偏財】が入る場合もある) むか〜しは 【女性の場合、男の赤ちゃんを産んで守り育て、夫に仕え、親孝行する】 【男性の場合、裕福な家で何不自由なく育ち、貞淑な妻をもち、公職について真面目に働き、名誉をいただ [続きを読む]
  • てっちゃんといえば出川哲朗さんだよね♪
  • ●てっちゃんといえば出川哲朗さんだよね♪ こんにちは、坂井快衣、けいです。 最近【世界の果てまでイッテQ!】で出川哲朗さん、大活躍していますね♪ あのデビ夫人と対等にやっている姿にゃ、ホンマすげー(;^ω^)と思います。 わたしの独身時代は【抱かれたくない男No1殿堂入り☆】のてっちゃんですが、今では老若男女に愛されてすっかり癒し系ですよ! ちょっと気になって命式を出してみました。 特徴的なことを挙げ [続きを読む]
  • 家事や子育てにがんばっているアラフォー主婦のための簡易鑑定
  • ●家事や子育てにがんばっているアラフォー主婦のための簡易鑑定 こんにちは、坂井快衣、けいです。 わたしは、身近な人間関係のトラブルや、自分自身や相手のことをよく知りたいと思う女性向けに、四柱推命や算命学を使った鑑定をしています。 しかし、相手を知るためには、まず自分自身を良く知ることが不可欠です。 自分のことは自分が一番よく知っていると思いきや、生まれたときの環境や風土、両親のしつけや教育方針、学 [続きを読む]
  • 年運に印星(偏印・印綬)が来たら、強制ストップがかかりますぜ
  • ●年運に印星(偏印・印綬)が来たら、強制ストップがかかりますぜ こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命で、その方の運気を見るとき 1.大運−生まれてから亡くなるまでを、10年ごとに区切って、60干支で表す (60干支は【甲子・乙丑〜癸亥】と漢字2文字で表す干支のことです) 2.年運−年ごとに入れ替わる60干支 3.月運ー1年間で毎月入れ替わる60干支 4.日運−毎日入れ替わる60干支 この4つを使用します。 重要 [続きを読む]
  • 大好きな絵本作家 やなせたかしさん(3)
  • ●大好きな絵本作家 やなせたかしさん(3) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(2)のつづきです。 やなせさんの命式で印象的なのは、年柱と日柱に納音があることと、生年天中殺と生日天中殺と2つ天中殺があることなの。 納音というのはね、天干が同じ干で、十二支が冲の関係にあるもの。この場合【己丑】と【己未】が納音の関係。 年柱の地支は社会全般や仕事関係など自分を教育し練磨する関係の場所で、日柱の地支 [続きを読む]
  • 大好きな絵本作家 やなせたかしさん(2)
  • ●大好きな絵本作家 やなせたかしさん(2) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(1)のつづきです。 やなせさんって、ずっと第一線でご活躍なさっていた方だと思っていたのですが、絵本のアンパンマンが世に出だした頃は、やなせさんはすでに50歳代だったようです。 テレビで大ヒットしたときは69歳。 それまでは、漫画や絵本を描きながら、作詞家やデザイナー、司会者、舞台演出家など頼まれた仕事を多岐にこなして [続きを読む]
  • 大好きな絵本作家 やなせたかしさん(1)
  • ●大好きな絵本作家 やなせたかしさん(1) こんにちは、坂井快衣、けいです。 好きな著名人の方の命式を挙げようと思った時、一番最初に浮かんだのが、こちら やなせたかしさん なのだ? (NHKのサイトからお借りしました) 皆さんがご存知のアンパンマンの作者です。 絵本マニアのわたくしとしてはですね、子ども達が小さい頃にアンパンマンにお世話になったからといって好きな訳ではないのですよ。 アンパンマンと [続きを読む]
  • はあちゅうさんのブログを読んで、けんちゃんの命式を出してみました
  • ●はあちゅうさんのブログを読んで、けんちゃんの命式を出してみました こんにちは、坂井快衣、けいです。 昨日、はあちゅうさんのブログをフォローしました。 おさるの二人がなんともかわいい? しみけんさんとのお付き合いの中の葛藤や、彼を愛している気持ち、すごくすごく伝わってきて、最初から一気に読んでしまいました。(面白いよ〜) でね、はあちゅうさんのブログでは夫であるしみけんさん(けんちゃん)について [続きを読む]
  • 小学4年生の娘が悩む【感想タイム】から発展したお話
  • ●小学4年生の娘が悩む【感想タイム】から発展したお話 こんにちは、坂井快衣、けいです。 今日はちょっと四柱推命から離れたお話を♪ 今朝、娘から受けた相談です。 「今日クラブあるんだ。ドッチボールクラブのドッチするのはすんごい楽しいけれど、必ずクラブが終わるときに【感想タイム】があるの。そして、クラブ長が手を挙げていない人にも指名して感想を言わせようとするのね。それがすごく嫌なんだ〜、だってドッチし [続きを読む]
  • 四柱推命 日主と 月支元命に思う
  • ●四柱推命 日主と 月支元命に思う こんにちは、坂井快衣、けいです。 四柱推命は、生年月日&生まれた時間を漢字8字で表して(←甲子、乙丑、丙寅〜癸亥までの60個の組み合わせを4つ使用)占うものですが いろんな場所からいろいろな性格や傾向が読み解けてしまい、頭がこんがらがりませんか? そこで、人の性格の30〜40%くらい(中には50〜60%という方も)を占めているのが【日主】と【 月支元命】なのですよ [続きを読む]
  • 戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(5)
  • ●戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(5) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(4)のつづきです。 母方の祖母の家で倒産のニュースを聞いたあの日のことは、今でも鮮明に覚えています。目に焼き付くってこういうことを言うんだな。。と思った。 そして父と再会したのはそのニュースの日から約2週間後でした。 それがね・・・打ちひしがれた父を想像していたのに、全く違った様子にビックリした。 なぜか超元気 [続きを読む]
  • 戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(4)
  • ●戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(4) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(3)のつづきです。 今回もあの見慣れた、父の命式をどうぞ(;^ω^) 日主(自分自身)庚金の人にとって、夏真っ盛りの地支午はさぞや強烈な業火だったと思われる。庚金の父にとっては自身の刀をガンガンに熱っされ、壬水の冷たい水をジュッとかけられる、当時それを延々に繰り返されていたような状況だったと推察できる。 こんな感じ [続きを読む]
  • 戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(3)
  • ●戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(3) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(2)のつづきです。 前回は【庚辰】についてお話しましたので、今回はその十二運星【養】についてお話したいと思います。(【養】は動物占いの「こじか」だよ♪) 【養】は【感性・情緒型】の外円に当り、一番遠いのが【結果・行動型】となります。 改めてのこの画像。。。 この【養】の人は、興味や関心の幅は狭く、安心安全を重 [続きを読む]
  • 戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(2)
  • ●戦場の太ったおっさんー実家が戦国時代ー(2) こんにちは、坂井快衣、けいです。 前回(1)のつづきです。 わたしは三兄弟の真ん中で、二つ年上の優秀な兄貴と、7歳年下で両親から猫っ可愛がりされた弟がいます。 しかし、兄は跡継ぎ息子として異常に構われ、弟は弟で可愛がるけれど基本放置、それぞれメッチャ大変だったと思います。 わたしは真ん中で、勉強もまともにできず、ろくろく女の子扱いもされず、わたしが反 [続きを読む]
  • 戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(1)
  • ●戦場の太ったおっさんー実家の戦国時代ー(1) こんにちは、坂井快衣、けいです。 少しわたしの子ども時代について書きたいと思います。 おそらく生まれたとき、我が家は資産家だったように思う。 父方も母方も、昔は大金持ちの家同士で、お見合い結婚だった。(らしい) 「うちはこんなにすごくて、由緒正しい家柄なのよ。」「昔はお手伝いさんがたくさんいて、借家もたくさん持っていてね」「こぉんなに立派な絵画や骨と [続きを読む]
  • 中学1年生の睡眠時間って、どのくらいなの?!
  • ●中学1年生の睡眠時間って、どのくらいなの?! こんにちは、坂井快衣、けいです。 ここのところ、息子の生活態度、特に就寝時間が遅いことや、寝たとしても夜中にムックリ起き、ずっと起きていることに対して、当人と壮絶なバトルを繰り広げていました。 天剋地冲 刑 生年天中殺 絶 持ち わが子の場合 しかし、本人は全く取り合わない。 そこに、ちょうど寒くなって息子の皮膚の乾燥から、かゆみがひどくなってきており [続きを読む]
  • 息子くんが救われた、小学校の先生のお話
  • ●息子くんが救われた、小学校の先生のお話 こんにちは、坂井快衣、けいです。 さて我が家のぶっ飛び少年は、小学校時代もっとぶっ飛んでいました。 彼は、嫌なものは嫌だと言い、納得できないことはことごとく抵抗して全身からほとばしるエネルギーで相手を圧倒し論破しようとします。 おそらく家での自分と同じように、学校でも思う存分自己主張していたようです。(この頃の彼は超前向きで、外の人間関係も安全だと思い込ん [続きを読む]