春總 のい子 さん プロフィール

  •  
春總 のい子さん: 「私」は、ただ「反応」しているだけ。
ハンドル名春總 のい子 さん
ブログタイトル「私」は、ただ「反応」しているだけ。
ブログURLhttps://www.haru-noi.com/
サイト紹介文アラフォー独身女子(でも彼女はいます)。最近、美弥るりか様にハマりはじめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 26日(平均4.3回/週) - 参加 2018/11/15 23:56

春總 のい子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タテマエでいいから差別しないでほしい 〜LGBT問題について〜
  • 昨日、「アメトーク」を見ていたら、パンサーの菅が、新宿2丁目に通っていて、恋愛対象として同性もありかもしれないと思っていると言っていた。気持ち悪いと突っ込まれることもなく、少し変わったエピソードとして捉えられているような雰囲気だった。本音のところでは人それぞれどう思っているのかはわからないけれど、そんなことはとりあえずどうでも良くて、表面上、嫌悪感を表していないところが良かったと思った。 [続きを読む]
  • 風邪を引きたくなければ、身体からのメッセージを聞くことが大切
  • 体調を崩しやすい時期になってきた。 私は1度体調を崩すと、なかなか治らない。ウイルスと戦う体力がないので熱は出ず、短期決戦ができない。長期戦しか道はない。 私は風邪が喉につくタイプで、長期戦は非常に辛い。気持ち悪くなるほど飴を舐める。横になると咳が酷くなるので、満足に眠ることもできない。吐くほど咳き込んだりする。 あまりに辛いので、2009年の秋から、風邪を引いたときには記録を付け、原因と対処法 [続きを読む]
  • 風邪を引きたくなければ、身体からのメッセージを聞くことが大切
  • 体調を崩しやすい時期になってきた。 私は1度体調を崩すと、なかなか治らない。ウイルスと戦う体力がないので熱は出ず、短期決戦ができない。長期戦しか道はない。 私は風邪が喉につくタイプで、長期戦は非常に辛い。気持ち悪くなるほど飴を舐める。横になると咳が酷くなるので、満足に眠ることもできない。吐くほど咳き込んだりする。 あまりに辛いので、2009年の秋から、風邪を引いたときには記録を付け、原因と対処法 [続きを読む]
  • 『グッディの怒り』は、現代の日本を生きる女性たちへの応援歌
  • 1日1BADDYどころか、2BADDY、3BADDYと観てしまう今日この頃。頭の中を侵略されている。わからないことがあると、「わからないっ、わからないっ」(byグッディ捜査官&ポッキー巡査)と歌声が聞こえてくる。探し物があるときには、「どこにいったのっ!」(byスイートハート)の声が・・・。呆れるくらい繰り返し観ていても、ひたすら、るりか様ステキ?とか、ちゃぴ様かわゆい?とか、地球の被り物 [続きを読む]
  • 気持ちは取っておけない。
  • 「幸運の女神には前髪しかない」という有名な言葉があるけれど、私の人生においては、あまりピンとこない言葉だ。そんなにアグレッシブな生き方はしていない。もう少し穏やかな表現の方が、私には合っている。幸福というものは見つけたときに取らねばならぬということ―その場所に印をつけておいて、もっとつごうのよいときに取りにもどってもむだだ、そのときにはもうないのだから 『赤毛のアン』より引用大学生の [続きを読む]
  • 『部屋とYシャツと私』は、美しい狂気の世界
  • 今更ながら、なぜか『部屋とYシャツと私』。今更な理由は、数か月前に私がやっとこの曲の歌詞をフルで知ったからというだけのことで恐縮なのですが。この曲が世に出た頃には、音楽的には気に入ったものの、タイトルなどから自分の考えとは合わない曲だと思い、歌詞をちゃんと聞いていなかった。「あなたのために綺麗でいさせて」というメッセージのみ受け取り、他は完全に聞き流していた。あらためて最後まできちんと歌 [続きを読む]
  • 良いことも、悪いことも、次々にやってくる。
  • 『良いことも、悪いことも、次々にやってくる。』これは、3年くらい前から意識するようになったこと。「良いこと」が訪れてほしいと思う時の「良いこと」って、ある程度平和なときにプラス要素として訪れて、その後しばらくそれを噛みしめる時間があって、みたいなイメージをしてしまいがちだけれど、実際には、良いことも悪いことも次々に訪れて、幸せとも不幸とも普通とも言えない状況に身を置くことが少なくない。 [続きを読む]
  • こちらの好みを変えさせる、恐るべき宝塚!
  • 1日1宝塚!そんな日が続いてしまっている・・・。そして、繰り返し観るうちに、自分の感覚に変化が・・・。なんていうか、宝塚に対する感受性が高まった的な。最初は、異常ともいえる気障っぷりに圧倒されて、個々の演技がどうのこうのなんて正直よくわからなかった。気障!ということに目が眩んで細かいことは読み取れず、皆一律に気障という印象で。長年のファンの皆さんが演技に対して細かく感想を書いているのをただた [続きを読む]
  • 私は貧しい箱入り娘
  • 不惑を迎えんとするのに、実家に頼って生きている。本来私が払わなければならないものを、払ってもらっていたりして。実家が裕福かというと、決してそんなことはないのだけど、私が甘えられる程度の余裕はあるというか、ズルズルと甘えてしまっているというか。しかし、親のこの先も心配なわけで・・・。こうして書いているとダメ感がすごい・・・。流されるままに就いた仕事は、楽しいしやりがいもあるけれど、いか [続きを読む]
  • 宝塚の男役は、「気障」のプロフェッショナル
  • 昨日、はじめて宝塚版の「エリザベート」を観た。東宝版の「エリザベート」のDVDは、繰り返し観ている。総合的には東宝版の方がクオリティーが高いということは、心づもりした上で行った。東宝はオケを含めて出演者全員の表現力がしっかりしていて安定感があるけど、宝塚は出演者の力にバラつきがあり、上手な人がいる一方で心配な人もいる。(ゾフィー役の人が上手だったので専科の人かと思っていたら、組長だった。) [続きを読む]
  • 「世間」は疲れる。
  • 見ず知らずの人と身内の間に、「世間」はある。今日、母親に連れられて、実家の近所の小さなギャラリーへ行った。歩いて5分くらいなのに、私はそんなところにギャラリーがあることを知らなかった。実家に滅多に行かないから知らないのではなく、週4日実家へ行っているにも関わらず。母はギャラリーのオーナー夫妻と馴染みらしく、親しげに話していた。母の友達もいて、その娘さんもいたのだが、中学以来ぶりに会う私の同級 [続きを読む]
  • 「私」は、ただ「反応」しているだけ。
  • やる気を出したい、ポジティブになりたい、楽しくなりたい、そんなときには、「気持ち」をなんとかしようとアレコレ考えるのではなく、「周囲」を変えることにエネルギーを使った方が上手くいく。「周囲」の中には、自分の身体も含まれる。お風呂に入ってさっぱりするとか。井上陽水の名言↓温泉ってすごいですよね。悩みのある人で、温泉に2回ぐらい入って、まだ悩んでる人がいたら見てみたいなあって。3回目でまだ深刻 [続きを読む]
  • 今日は、雨宮まみの命日
  • ちょうど2年前、2016年11月15日、雨宮まみが亡くなった。40歳だった。知ったときにはまず驚いて、少し泣いて、少し泣いたことに驚いて、しかし、その後どんどん悲しくなっていき、結局、1日3回くらい号泣する日が数日続いた。パートナーは完全に引いていた(笑)私が、「能町みね子は、1日15回くらい泣いてるって!」と弁解したけど、友達でも何でもない私がそんなに泣くのはおかしい、と言われた。確かに [続きを読む]
  • 過去の記事 …