蘭 さん プロフィール

  •  
蘭さん: 創価で美女になるブログ♡
ハンドル名蘭 さん
ブログタイトル創価で美女になるブログ♡
ブログURLhttps://waraku0503.blogspot.com/
サイト紹介文創価学会は、ネットや世間的にどう見られているかリサーチした上で自分の意見を発信!毎日更新♡
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 61日(平均9.9回/週) - 参加 2018/11/18 07:38

蘭 さんのブログ記事

  • 主人ともう一度、改めて新年の決意をしました
  • 思い立ったら決意を書く朝の本当に慌ただしい中だったのですが2人とも、改めて今年の決意を言い合いました。まず、昨年の反省点として体調管理ができていない⇒そのことで広宣流布を阻んでいることがわかりました。健康は自己責任なのかとはいえ、体調管理なんて自己責任だし自分で意識するしかない問題ですよね。お題目あげて、風邪ひかないように、じゃなくって普段の生活習慣に対する意識があるかどうかですよね。なので、まず [続きを読む]
  • 友人と対話できませんでした。
  • 昨日は友達らとアポで久しぶりに楽しく「会話」はできましたが「対話」という大事なことはできなかったです。原因 体調不良が続いているなんとなく言える雰囲気ではなかったわたし的には、マンツーマンのほうが言いやすい勉強不足お題目不足 と、言い訳がいくつも出来てきます。ですがまだ期限はあるので諦めず、自信をもって頑張りたいです。頑張りたい、という気持ちがある限り道は拓けてると信じて・・・ [続きを読む]
  • 座談会で司会、から感じた決意
  • 座談会で司会をしてきました。お話をキチンと聞ける空間いつもは、子どもの面倒を見ながらの会合参加ですが今回は家族は置いてきて1人参加。しかも、間近で皆さんのお話を聞けて襟を糺す気持ちで参加してきました。人前で話す準備人前で発表することって想像以上に気を遣いますね。声のトーン、大きさ、笑顔。いつも参加者側だと気づかない大切なことを学べたと思います。また、機会があったら開催者側のお仕事を手伝いたいです。 [続きを読む]
  • 選挙への体制整わず
  • ※とりあえず日常のプライベートブログは閉鎖してこちら一本でいきたいと思います。=====チラシを渡すことがなかなかできず公私ともに忙しい。たまたま、近所の地区幹部さん(婦人部)に昨日ばったりお会いしたらチラシの戦いを頑張っているよう。公明の勉強区議の実績チラシの携帯今できる、小さなことから始めようと思う。意識が習慣を変える。 [続きを読む]
  • 創価の匿名ブログと言う名でやってきたが・・・
  • 実はもう1つブログをやっていまして、そちらはほぼ実名というか自分の日常のことを書いています。アクセス解析を見て1つわかったことがあります。こちらの創価ブログを見てくれているとあるかたがわたしのプライベートのブログを発見したようでいかれてしまいました。いつかはこうなると思っていたのですがこちらの創価ブログは完全匿名でやっています。宗教のことや学会の思う部分を、自由気ままに書いてきたのでそれは楽しく書 [続きを読む]
  • 社会で光る桜梅桃李の勝利劇をその2
  • ある大手デパートの美術サロンで働く女性がいた。代田ゆうこは、「職場で勝利の実証を示し先生に報告しよう」と決めていた。しかし、その美術サロンでの仕事とは一日中立ち、来られるお客さまをにこやかに迎える、といった仕事だった。 引用:人間革命― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2019年1月6日 初めは、この仕事に就けたことに喜びを感じ、功徳と思っていた。しかし、きちんと背筋を伸ばして立っていなければなら [続きを読む]
  • お題目 = 苦行か? ୧?*´?`*?૭?
  • こんにちは!皆さんは、お題目を日にどれくらいあげていますか?朝晩合わせてです。=====よく、女子部時代は最低でも「1日、30分はすること」と言われていました。=====そうそう、婦人部になって思ったのですが結婚すると上記のように、本気で指導してくれる人って減りますよね。もう、激減レベルです・・・女子部の時のように「仕事に対する姿勢」やら「題目の時間」についてを上から目線で(失礼)言ってくれる人が [続きを読む]
  • じゃあ、どうして選挙を頑張るのか?
  • 苦手です学会員の中で「選挙、好きです」と言える人は何人いるでしょうか・・・?「うぉーーー!今年は2回もあるのかーーー!」と雄たけびをあげたくなることはよくあります。平社員であるわたしでもこうなんですからこれが、地区婦人部長あたりなら忙しさは目に余るものがあります・・・??それでも、やっぱり選挙のたびに頑張れるのはどうして?自分の殻を破るツールまず、選挙の日が近づくにつれて勉強会があります。勉強会と [続きを読む]
  • なぜ、学会員は辞めずに継続しているのか?
  • なぜ、学会員は創価学会をやめないのか?①・同志に会うと元気が出るから・地域や近所、家族を大切に、と常々言われているから・一般【風評】とは違いいわゆる常識的である・感謝の気持ちを持っていける。・今や全世界に広がり、世界平和を朝晩の御記念で祈れる自分が嬉しい― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2019年1月4日 なぜ、学会員は創価学会をやめないのか?②・生死の輪郭を知ることができるから・困難を宿命と [続きを読む]
  • 聖教新聞感想⇒20190104
  • 久しぶりの聖教新聞。皆さんも読みましたか?毎日届いているのがパタッとなくなるとラクだなぁ〜という気持ちとちょっぴり寂しい気持ちと・・・やはり、聖教新聞は元気の源です。今日もいい話しが満載(*^^)v聖教新聞感想⇒創価。4面「今年一年一番幸せだったことは?」「俺は、いつも幸せや」まさに絶対的幸福境涯ですなーー― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2019年1月4日 聖教新聞感想⇒体験「広宣流布への行動を最後 [続きを読む]
  • 選挙活動と自分の言い訳
  • 体調不良などが続いていました。19日までに渡さないとならない公明のチラシをまだ一人も配ってません(;^_^Aやばいーー!どういうわけか魔というか行けない理由が出てきて未だ大量のチラシが手元にあります。今年は選挙なので自身の悩みを掛けて大いに戦いたい!気持ちだけはあるのですがここぞという時に、勇気を出したい。以前、住んでいた地区婦人部長さんが「題目をあげると迷いが確信に変わる。だから、題目あげてたら言いた [続きを読む]
  • 学会本部へ行ってきたよ!1月2日池田先生のお誕生日
  • 意義ある日に出向くことが大事信濃町はたくさんの人が来てましたよ〜あと、「勤行会」へ参加するのにけっこうな列を並びました。子連れだと、こういうの厳しいですよね。待ったのは30分くらいかな。その後4階で短い唱題会と先生のスピーチを聞けました!(代読)年初めにお金を使うのは学会本部でありたいそして、家族でランチをして仏壇屋と本屋へ寄っていろいろ買い物もできましたね。今年は月1で本部に来たいな!都内に住ん [続きを読む]
  • PL教ってどんな宗教?宗教比較その3
  • パーフェクト リバティー教団 (PL)“おしえおや”によって開示された「人生は芸術である」という真理に基づいて人間表現の本質を解明し、日常生活での実践を通して幸せをもたらす確かな道を示すとともに世界平和の実現に貢献することを目的として1946年(昭和21年)9月29日に立教された宗教団体です。Q:PLの神様は何です教主(おしえおや)パーフェクト リバティー教団第三代教祖、御木貴日止(みき たかひと)師のことを、 [続きを読む]
  • 創価学会の人と結婚したくない
  • いろいろな理由があると思います。自分は、無宗教で通したいだとかとにかく宗教が嫌い、など。=====私自身は、物心ついたころにイヤイヤ入信したのでその気持ちがわからないわけではないです。宗教アレルギーといいましょうかとにかくそんなことをやっているなんて恥ずかしくて他人には言えないというのが本音でした。=====しかし、今はもし仮に「創価学会やめてください」と言われてもまた「いえ、入れてください」と懇 [続きを読む]
  • 各・新興宗教の教義【幸福の科学で幸せになれるか問題】その2
  • 幸福の科学とは幸福の科学は1986年、大川隆法総裁によって立宗されました。立宗以来、真実の人生観に基づく「幸福」を広めるべく、活動を展開してきました。人間は、肉体に魂が宿った霊的な存在であり、心こそがその本質であること。私たちは、この世とあの世を何度も転生輪廻し、様々な人生経験を通して、自らの魂を成長させていく存在であること。神仏が実在し、過去も現在も未来も、人類を導いているということ。こうした霊的な [続きを読む]
  • ボリビアの同志〜聖教新聞感想20190101
  • 聖教新聞感想⇒創価11面映画「インターネットの世界をどういうふうに視覚化するのか。インターネットは便利は反面、自身のなさや不安など人の弱い部分につけこむ面がある」なるほど、それはそうかも・・― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2019年1月1日 聖教新聞感想⇒11面映画「壁を乗り越えることで強まる友情を見て欲しい」わたし自身も学生時代、共に壁を乗り越えた人たちは強い絆で結ばれている。― 蘭(ran)@ [続きを読む]
  • 各・新興宗教の教義を比べてみませんか【その1創価学会】
  • 創価学会は、日蓮大聖人(1222〜1282)の仏法を信奉する団体です。「創価」とは価値創造を意味します。その価値の中心である「生命の尊厳」の確立に基づく「万人の幸福」と「世界平和の実現」が、創価学会の根本的な目標です。また、仏法の実践を通して各人が人間革命を成就し、真の幸福境涯を確立するとともに、生命の尊厳を説く仏法哲理を基調として、豊かな文化、人間性あふれる教育の創造を推進し、人類社会の向上に貢献するこ [続きを読む]
  • タレント松井絵里奈さん〜聖教新聞感想20181231
  • 新聞休刊にあたり新年号を少しずつ読み解いていきたいです!聖教新聞感想⇒松井絵里奈さん。浮き沈みの激しい芸能界で、「卑下しない」という境地に・・・!先生のご指導はいつも深い、いつも刺さる・・・― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2018年12月31日 聖教新聞感想⇒創価。「わたしには何の魅力もないし」わたしもよくそう思っていました。今もたまに思います。「魅力」ってどういうことが源となり人に魅力的に映 [続きを読む]
  • 大みそかですね〜〜今年の反省ってしましたか?
  • 大みそかは主婦が一番忙しい日皆さんのご家庭ではどうでしょうか?うちは、昨日の昼間には娘、息子を連れて買い出しに行きましたよ!大みそかの今日。晩御飯はお刺身、お蕎麦、できれば茶わん蒸しを作りたいですね( *´艸`)その後、明日のおせちの準備でしょうか。夫が子供を連れて外に連れ出してくれることも多い、年末休み。とても助かりますので、その間に掃除やお料理に勤しんでいます。しかし、こんなに忙しいのも今だけなん [続きを読む]
  • ボランティア・カフェさんに感心〜聖教新聞感想20181230
  • 昨日の感想をきちんとupできなかったので再度トライします〜=====ボランティア。出来るようで意外と難しい5面毎月キャンピングカーで珈琲のボランティア活動をされている佐藤さん。わたしこれ、最低でも100円とか有料だと思っていたのですが無償のよう・・・きっと心の籠った愛のある美味しい珈琲だと思います。こういう生き方素敵だなぁと感心しました( ノД`)自分の家のコトで精いっぱいだ〜というのが凡夫の生命。し [続きを読む]
  • プライバシーポリシー
  • 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ペ [続きを読む]
  • 英語で学ぶ創価〜その1牧口先生
  • Soka-Makiguchi History⇒He believed that education should serve the happiness of the students, rather than the needs of the state
    . His educational ideas, and his theory of value-creation (soka), which underlies his pedagogy, are explored in his 1930 work Soka
    Kyoikugaku Taikei .― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2018年12月29日 Soka Makiguchi⇒Makiguchi’s views complet
    ely contradicted the [続きを読む]
  • 日本人が無宗教です、と言うようになった経緯
  • 女優・清水富美加が「幸福の科学」に出家すると宣言したことで、にわかに注目の的となった「宗教」。しかし、現代は、多くの日本人が「無宗教」とされる。これは世界的にも特殊な傾向であり、多くの国の人々はキリスト教、イスラム教、仏教などを自覚的に信仰している。歴史上、日本人は宗教とどうかかわってきたのだろうか。 江戸幕府はキリシタン取り締まりのため、すべての人がどこかの寺の檀家となる寺請制度を導入した。だが [続きを読む]
  • 2019年の目標。考え中〜「学会本部へ月2回」
  • おはようございます。ブログが個別の読者が増え始めました。まだ60記事しかないですが。目標は200記事で、創価学会の正義をふんだんに記事にしていこうと思っています。2019年3月には200いくかなぁ。― 蘭(ran)@sgi-beauty-blog (@ran_souka) 2018年12月29日 当初、始めた理由は「書籍や新聞から、怪しさをなくしてメリットを感じ取って欲しい」だったのですが、どうしても日々の活動は伝えづらく、書籍や新聞頼 [続きを読む]