大澤明彦 さん プロフィール

  •  
大澤明彦さん: 大澤明彦社会保険労務士事務所
ハンドル名大澤明彦 さん
ブログタイトル大澤明彦社会保険労務士事務所
ブログURLhttps://ameblo.jp/ohsawa4797/
サイト紹介文働き方改革関連法案などの最新情報(お役立ち情報)を公開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 20日(平均7.7回/週) - 参加 2018/11/19 23:42

大澤明彦 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 医師の働き方改革 時間外労働規制のあり方について
  • みなさん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 第13回医師の働き方改革に関する検討会が12月5日に開催されました。この中で、「医師の時間外労働規制についての基本的な考え方(案)」について資料が公表されています。 以下、資料の抜粋です。 (大きな方向性) ・ 労働時間管理(宿日直、研鑽の取扱いを含む)の適正化とともに、・ 医療機関内のマネジメント改革(タスク・シフティングや勤務環境改善等)、地域医療提供体 [続きを読む]
  • 一括有期事業開始届が廃止されます。
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。厚生労働省は、労働保険の一括有期事業の事務手続き簡略化を図るため、11月30日付で省令・告示の改正を交付し、平成31年4月1日から施行されます。 改正の趣旨と主な内容は以下の通りです。1)一括有期事業に係る地域要件(一括されるそれぞれの事業が一定の地域範囲(連接する都道府県等で行われること)を廃止します。 2)一括有期事業を開始したときに事業主が労働基準監督署に [続きを読む]
  • 平成 30 年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況について
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 厚生労働省より、平成30年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況について、資料が公表されました。 (結果の概要) (抜粋) 1 賃金の改定の実施状況 平成30年中における賃金の改定の実施状況をみると、 「1人平均賃金を 引き上げた・引き上げる」企業割合は89.7%(前年87.8%)となっている。 2 賃金の改定額及び改定率 平成30年中に賃金の改定を実施し又は予定していて [続きを読む]
  • 入管法改正案が衆院通過
  • みなさん、こんばんは、社会保険労務士の大澤です。 外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は27日夜の衆院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、衆院を通過しました。 人手不足で、外国人の受け入れをすること自体に反対ではありませんが、衆議院での審議時間が17時間程度と、大事な法案にも関わらず、短すぎませんか?国会の会期末が迫っているのはわかりますが、延長してもっと審議 [続きを読む]
  • 様式第 23 号(労働者死傷病報告)の記載内容変更について
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 e-Govのパブリックコメント欄に「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案に係る意見募集について」掲載されています。 内容は、「労働者が外国人である場合に、労働者死傷病報告において、当該労働者の 国籍・地域及び在留資格を報告させることとする。」というものです。公布日:平成 30 年 12 月下旬(予定)、 施行期日:平成 31 年1月1日(予定)のようです。 (労働者死 [続きを読む]
  • パワーハラスメント防止対策 法制化へ向けた方針を提示
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 第 11 回 労働政策審議会雇用環境・均等分科会 が11/19に開催され、この中で、パワーハラスメント防止対策等について 話し合われました。 総論として1)職場のパワ ーハラスメント防止は喫緊の課題であり、現在、法的規制がない中で、対策を抜 本的に強化することが社会的に求められている。2)職場のパワーハラスメントの定義や考え方、企業が講ずべき措置の具 体的内容を明確 [続きを読む]
  • 国民年金第3号被保険者に「国内居住要件」を検討
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。土日は、暖かくて過ごしやすいお天気でしたね。 政府は、外国人労働者の受け入れ拡大に備え、厚生年金の加入者が扶養する配偶者について、年金の受給資格を得るには国内の居住を要件とする方向で検討に入った。2019年度中にも、国民年金法を改正する方針だ。現在は、配偶者に居住地要件がないため、外国人労働者の配偶者が海外に住んでいても、必要な要件を満たすと、国民年金 [続きを読む]
  • 社労士試験合格発表
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。今日は、朝から暖かいですね。今年は、エルニーニョ現象の影響で暖冬になると予想されているようです。寒さに弱い私としては、朗報です。 さて、昨日は、社労士試験の合格発表の日でした。  【第50回社会保険労務士試験の結果概要】(1) 受験申込者数 49,582 人 (2) 受験者数     38,427人(3) 受験率      77.5%(4) 合格者数    2,413人(5) 合格率       [続きを読む]
  • 医療保険 母国の家族除外へ
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。今日は、立冬ですが、雨も止んで暖かいですね。 政府・自民党は、日本で働く外国人が母国に残した家族について、日本の公的医療保険制度の対象から原則として除外する方針を固めました。来年の通常国会に健康保険法改正案を提出する方向で検討を進めるようです。ただ、外国人に対する差別的な取り扱いとなることを避けるため、日本人労働者の家族が生活拠点を海外に移して日本国内 [続きを読む]
  • 「過重労働解消キャンペーン」が実施されています。
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 厚生労働省は、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンを行うことを公表しました。「過労死等防止啓発月間」の一環として「過重労働解消キャンペーン」があり、長時間労働の削減等の過重労働解消に向けた取組を推進するため、著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた重点的な監督指導などが行われます。(実施期 [続きを読む]
  • 平成30年版過労死等防止対策白書 が公表されました
  • 皆さん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。今日から11月もスタートし、今年もいよいよ残すところ、2ヶ月となってしまいました。急に寒くなり、風邪も流行っていきいるようですので、体調には十分ご注意ください。 厚生労働省が、「平成30年版過労死等防止対策白書」を公表しました。今回は、特に過労死が多く発生していると指摘のある「教職員」「医療」「IT」について労働実態などを重点的に分析し、業界特有の働き過ぎや [続きを読む]
  • 確定拠出年金 65歳まで延長を検討
  • みなさん、こんにちは、社会保険労務士の大澤です。 厚生労働省は、公的年金に上乗せできる確定拠出年金について、原則60歳までとなっている加入期間を65歳まで延長する方向で検討に入りました。60歳を超えても働き続ける人が増えている実情を踏まえ、掛け金を払い込める期間を延長し、老後の備えを手厚くするのが狙い。厚労省の社会保障審議会企業年金部会で議論を経た上で、2020年の通常国会に確定拠出年金法の改正案 [続きを読む]
  • 過去の記事 …