みーさん さん プロフィール

  •  
みーさんさん: 五・七・五で語る宝塚〜タカラヅカ川柳〜
ハンドル名みーさん さん
ブログタイトル五・七・五で語る宝塚〜タカラヅカ川柳〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/chaguma99/
サイト紹介文宝塚歌劇/ヅカ川柳/宝塚歌劇の観劇記録/宝塚関連遠征記録/宝塚備忘録など
自由文宝塚歌劇の世界や宝塚ファンあるあるを川柳で表現しています。
他、宝塚歌劇の観劇記録/宝塚関連遠征記録/宝塚備忘録など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 18日(平均8.6回/週) - 参加 2018/11/22 01:10

みーさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 噂の「蘭陵王」を観てみました!
  • 蘭陵王、何かとんでも作品なんて噂も聞こえつつ、いやいや素晴らしいという声も聞こえますので果たして名作なのか、迷作なのか、実際にこの目で見てみることにしました。 KAATは初めてなのでちょっとドキドキです。 肝心のお芝居ですが、アキラ(瀬戸かずや)さんのゲイ描写がガチすぎるとか、ロデオボーイのかちゃ(凪七瑠海)さんとか光るヌンチャク必要?とかツッコミどころは満載ですが、総じて言うとよい作品だったと思います [続きを読む]
  • ヅカ川柳 #117
  • 男らしい ジェンヌに学ぶ メーキャップ(解説)宝塚graphや歌劇のジェンヌさまのドアップ写真をみると皆様お化粧がすごい凝ってらっしゃることに気づきます。あーさ(朝美絢)ちゃんはアイシャドウが凄い凝ってるし…アイシャドウの入れ方とか普段メイクは参考になります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • スカーレットピンパーネル
  • 輝咲玲央さんに注目してからの星組第一弾はさゆみ(紅ゆずる)さんのお披露目公演、スカーレット・ピンパーネル(スカピン)でした。スカピンは一度、生で見たかったので、死に物狂いでチケットを取りに行きました。玲央様は執事のジェサップというお役でした。年齢的には初老の男性といったところでしょうか。ジェサップが舞台に出てきた瞬間に私のオペラがあがります。 美しいおじさま…なんて素敵なんでしょう。そして、すごく [続きを読む]
  • ヅカの先輩
  • 私が第一次ヅカブームだった20数年前、私はある生徒さんの会に入って、コアな活動をしていたのですが、その時に知り合ったのが、私が師匠と仰ぐヅカの先輩(仮にJさんとします)Jさんは、私より10歳年上なのですが、ファンとしてのイロハを色々教えてくださいました。この先輩に教えてもらわなかったら私は色々やらかしてしまっていたと思います。 私は生徒さんの卒業を待たずに自分が卒業してしまい、しばらくヅカ離れしてしまっ [続きを読む]
  • Killer Rougeに溺れた私
  • 私が完全にレオ様(輝咲玲央さん)のブレーキが壊れたのはこのショーを見て以来です。東京宝塚、梅田、青年館、台湾までずーっと見てしまいました。それぐらいこのショーは飽きませんでした。 オープニングからわくわくするメロディーで、赤いピタピタの革スーツ??的なお衣装で登場。玲央様はゆるパーマでやや金メッシュの前髪なのですが、これがまたセクシーで。 セクシー、ユー♪セクシー、ユー♪って歌ってますが・・・ これ [続きを読む]
  • エリザベート今昔物語
  • 私がタカラヅカ・スカイ・ステージを契約したきっかけは実はエリザベートの一挙放送があるとわかったからでした。 エリザベートというミュージカルはかれこれ25年以上前、学生時代にウィーンで見たのがはじめてでした。まだヅカヲタデビューする前で、宝塚がエリザを上演する前の話です。初演のエリザベートでした。当時、私はドイツ文学科の学生でウイーンやポーランドを旅行中でした。たまたま友人が、話題のミュージカルがある [続きを読む]
  • 宝塚ファンタジー
  • 私は輝咲玲央様のことを、以前のブログでも「彼」と書いてしまいましたが、さすがに男役さんを男らしいとは思っても、本当の男の方だとは思いません。ショー「killer rouge」では玲央様、完全にオスのスイッチが入っちゃってましたが…ちゃんと女性だと分かった上で、男役さんである玲央様を応援しています。(当たり前です…。)だって、あくまで男役さんはファンタジーですから…。以前、ツイッターで、こんな川柳をあげてみまし [続きを読む]
  • 私を本気で狂わせた男S
  • 私は今まで、宝塚をよく観てきたつもりです。 若い時分は会に入ってかなりコアな活動もしてきましたが、そこまでハマるほどでありませんでした。再デビュー後はせっせと劇場に足を運んで全組「組まわり」してフラットに観劇してきました。それが、期せずして危険な男(!?)に出会ってしまいました。その人こそ星組の輝咲玲央様。今までのヅカライフではやんちゃするほどの事はありませんでしたが、彼の前ではやんちゃといいます [続きを読む]
  • STUDIO 54
  • 今朝、スカステで再放送していましたね。 私は、アルジェの男で宝塚再デビューをはたしてから、月組が気に入って、過去の月組のDVDを見てみたのですが、そのなかでお気に入りなのがこの作品。憧花ゆりのさんを好きになったのもこの作品でした。 娘役とは思えないぶっ飛びロッカーな編集長キャラで ふりきってんな〜と笑いながら楽しく見ました。みりおちゃん(明日海りおさん)のZ-BOYとか、生で見たらさぞかし楽しかったんだろう [続きを読む]
  • ヅカ川柳 #116
  • ご贔屓の 夢見て二度寝で寝坊した(解説)今朝の私です・・・何だか夢枕に玲央様(輝咲玲央さん)が出てきたのですが、そのままうっとり二度寝しまいました。気がつくと、いつもはお化粧をし始める時間!!(´゚д゚`)一気に現実に引きずり戻されました。 楽しい夢は週末限定にしてほしいものです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 遠征のお楽しみ(東京 八王子)
  • 八王子オリンパスホール 宝塚歌劇団の全国ツアーでよく使われる八王子のホールです。全国ツアーと謳いながらも、23区内に住んでいる私にとっては八王子は遠征というよりはちょっと遠出くらいの感覚なのでここでの上演は日帰りで観劇できる範囲です。それでも旅のお楽しみ(お食事&観光&スパ)はしっかり楽しみます。2015年の宙組公演の際、チケットが取れなかったため、朝から当日券を取るために並んだのですが、朝早くから並ん [続きを読む]
  • 望春風
  • この歌、宝塚の台湾公演では必ず歌われる定番曲みたいです。今回の高雄公演でも御多分に漏れず望春風が歌われました。ショーの中でこの曲がかかると、隣にいた台湾人の殿方が口ずさみ始めたのです。近くの台湾人からもかすかに口ずさんでるのがわかりました。いいメロディだあと思いながら、この曲の事を何も知らなかった私。ある方に、歌詞の翻訳を見せていただいたのですが、この歌、青年に片思いする、乙女の気持ちを歌ったもの [続きを読む]
  • 宝塚との再会
  • 宝塚歌劇との出会いは真矢みきさんがトップになった頃・・・とプロフィールに書いたのですが、実は東京宝塚劇場が建て替えのため、1000days劇場を拠点にしたあたりで、しばし観劇をおやすみしてしまいました。 一度離れた宝塚を再び観ようと思ったのが2011年のこと。たまたま、シメ(紫苑ゆう)さんのブログを見てしまったのですが彼女の男役クオリティがすごすぎる!!!と衝撃を受けました。また宝塚を見てみたい!そう思いまし [続きを読む]
  • ヅカ川柳 #115
  • 外部でも 活躍してね カトリーヌ(解説)星組のパンチの聞いた娘役さんといったらカトリーヌこと華鳥礼良ちゃん。卒業されてしまうのが本当に残念ですが、彼女の場合、宝塚という枠の中ではその才能を持て余していたのではないかと思っています。卒業後は才能を存分に生かして活躍の場を広げてほしいですね。 [続きを読む]
  • 宝塚台湾公演〜高雄の巻〜(5)
  • 高雄公演2日目。 興奮の高雄初日公演の翌日、私は初日の観劇でみなさんが持っていたデコ団扇を持ってくれば良かったと激しく後悔しました。 この日は朝から夕方観劇にでかけるまでフリーの時間でしたので、当初別の予定を立てていたのですが、やはり団扇のことが気になっていると、台湾公演に精通したマダムから、こんな事を教えてもらいました。「海外公演は、日比谷やムラでできないことができるの。だからそれを思いっきり楽し [続きを読む]
  • 宝塚台湾公演〜高雄の巻〜(4)
  • さてさて、興奮したまま着席するとショーが始まりました。ここからが台湾公演の違うところ、オープニング、周りから一斉にキャーキャーの声が。それに皆さん、お手製のデコ団扇をもっていらっしゃって凄い盛り上がり。後ろの台湾人の若い子たちが、突然キャーキャーし始めたので、少しびっくりしましたが、これが台湾流なんですね。こういう雰囲気もまた海外公演ならではなのでしょう。高雄の劇場である至徳堂では、宝塚公演の際に [続きを読む]
  • 宝塚台湾公演〜高雄の巻〜(3)
  • さて、物販をあきらめ、劇場内へ。一階席はこんな感じです。意外とこじんまりした作り。(日本青年館より小さいかな)二階席からの眺めはこんな感じ。2階とか言いながら実は5階まで席が続いているのでかなりの急斜面です。お芝居は日本語での上演になるため両サイドに字幕がついていました。二階最後列だと字幕が見えるのかな。さて、サンダーボルトファンタジーですが、流石に2ヶ月もやっているとこなれてきた感がありますね。 [続きを読む]
  • 宝塚台湾公演〜高雄の巻〜(2)
  • さてさて、ついに台湾公演観劇です。朝からどしゃぶりでしたので、ちょっと寒い朝でした。南部の高雄といえど、11月はやはり朝晩や天候が悪いと肌寒い。体感だと17〜8度ではなかったでしょうか。一枚上に羽織らないと寒いです。この日は朝ごはん後に観光でした。心配していた雨も出かける頃にあがってきました。行ったところは高雄の名所ですがツアーの観光地めぐりなので慌ただしいですね。。。ついて写真撮ったら移動。今回 [続きを読む]
  • 宝塚台湾公演〜高雄の巻〜(1)
  • さて、私にとって初の台湾公演。ヅカファンを長いことやっていますが、台湾まで行こう!と思わせた人は初めてです。その方は輝咲玲央さん。彼のお姿はとにかく生で目に焼き付けるしかありません。そう思ったらもう行かないというより行くようにするしかないと思ったのです。当初、仕事の兼ね合いもあって行きたい選択肢であったものの行けないと思っていたのですが・・・無理やりスケジュールつけました。(忙しかったので若干顰蹙 [続きを読む]
  • 輝け!!スカイ・ステージ グランプリ 2018
  • 10月31日までスカイステージで募集していた『輝け!!スカイ・ステージ グランプリ 2018』早速応募してみました。設問内容は以下の内容ですが、私の書いた回答を公開しちゃいますね!皆さんはどの設問にどの方を選んだでしょうか。 (1)メチャクチャかっこいい台詞を言った人:  輝咲玲央さん (1)の理由・感想  サンダーボルトファンタジーの狩雲霄役で「お前は生きて英雄になれ!」がとてもかっこよかった。  原作 [続きを読む]
  • はじめての宝塚台湾公演(高雄)
  • 2018年も宝塚台湾公演は星組さんでした。 当初、台湾公演は行くつもりはなかったのですが、サンダーボルトファンタジーの配役を見て気が変わりました。大好きな輝咲玲央さんが主要メンバーである狩雲霄役。これで、もう行かないという選択肢はありませんでした。(仕事の都合さえつけば・・・) 今年の台湾公演からは台北に加えて高雄もあったのですが、私はこの台湾公演に行くにあたって高雄をチョイスしました。(理由は後日記載 [続きを読む]
  • 過去の記事 …