Mari さん プロフィール

  •  
Mariさん: 介護と看護:介護保険を用いたはじめての介護経験
ハンドル名Mari さん
ブログタイトル介護と看護:介護保険を用いたはじめての介護経験
ブログURLhttps://ameblo.jp/stimpro/
サイト紹介文救急救命病院から居宅介護まで、介護保険・医療保険制度の複雑さや、実際の介護の難しさを知りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 15日(平均2.8回/週) - 参加 2018/11/22 17:25

Mari さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 嚥下(えんげ)障害による肺炎の発症
  • 嚥下(えんげ)障害による肺炎の発症救急・急性期病院の退院と回復期リハビリ病棟のある病院への転院を5日後に控えた日、祖母は、急に息苦しさを訴えました。体温を測定したところ、39℃まで上昇していました。病院は、直ちに、様々な検査を実施し、発熱の原因を探ろうとしました。救急・急性期病院での治療期間、プリンやゼリーあるいはミキサー食といった経口による食物摂取が開始されてから、37℃代の微熱が続いていましたが、 [続きを読む]
  • 居宅介護か老人ホームか?介護の悩み
  • 居宅介護か老人ホームか?介護の悩み 年老いた親が、脳出血や脳梗塞等の脳卒中で倒れ、介護が必要となったとき、みなさんは、居宅介護を望みますか、それとも老人ホームへの転居を選びますか? 家族内で要介護の認定を受け、介護が必要となったとき、同居する家族は、居宅介護かあるいは老人ホームのいずれかを選択しなければなりません。この選択、非常に難しいものがあります。同居する健康な家族の人の意向と要介護を必要する [続きを読む]
  • 要介護認定と身体障害者認定の違い
  • 要介護認定と身体障害者認定の違い脳出血で左側手足が麻痺となり、地元の市役所の判定で「要介護4」と要介護認定された祖母につき、「身体障害者認定」の申請手続きについて同市役所に問い合わせたところ、頭の認知度は正常であるので、「身体障害者認定はできない」旨の返答がありました。このような返答があったのは、市役所の「介護保険課」であり、身体障害者の認定を取り扱う「福祉障害支援課」ではございません。祖母の状態 [続きを読む]
  • 回復期リハビリ病棟に転院することができない
  • 回復期リハビリ病棟に転院することができない前回のブログでは、急性・治療期の治療(一般病棟での入院)から回復期リハビリテーション治療(回復期リハビリテーション病棟への入院)への移行期間は、発病後2ヶ月以内であり、その期間を過ぎてしまいますと回復期リハビリテーション病棟に入院することができず、リハビリの治療が受けられないことをお話ししました。また、回復期リハビリテーション病棟に入院することができる期間 [続きを読む]
  • 脳出血の発症と救急・急性期治療
  • 居宅介護に至る経緯−脳出血の発症と救急・急性期治療−祖母が脳出血で倒れ、左側半身麻痺となりました。回復期リハビリ病棟でリハビリ治療を受けた後、老人ホームではなく、居宅介護の道を選択しました。救急救命病院から居宅介護まで、介護保険・医療保険制度の複雑さや、実際の介護の難しさを知りました。 2018年6月初旬の午前6時30分頃、いつも元気で動きまわっていた祖母が、起床し、トイレを済まして着替えのために、自身の [続きを読む]
  • 過去の記事 …